リボヌクレアーゼ に関する公開一覧

リボヌクレアーゼ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「リボヌクレアーゼ」の詳細情報や、「リボヌクレアーゼ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「リボヌクレアーゼ」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(12,588件中)6/630ページ目

  1. 【課題】CD269(BCMA)に結合する抗体若しくは抗体断片に関し、それによるCD269とその天然型リガンド(BAFFとAPRIL)間の相互作用の遮断、及び多発性骨髄腫と自己免疫疾患のようなプラスマ細胞を媒介とした疾患の治療でのそれらの使用。【解決手段】VHドメイン及びVLドメインを含み、該VHドメインは、特定の配列と少なくとも90%の配列同一性を持つ配列を含み、およ...

    CD269(BCMA)に対する抗体

  2. 【課題】有害節足動物の防除方法を提供すること。【解決手段】下記式(I)[式中、各記号は明細書中に記載の定義を表す。]で示される化合物又はそのNオキシドは有害節足動物を防除することができる。

  3. 【課題】有害節足動物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)[式中、Qは、式Q1で示される基、式Q2で示される基、又は式Q3で示される基を表し、式中、各記号は明細書中に記載の定義を表す。]で示される化合物、又は当該式(I)で示される化合物又はそのNオキシドは有害節足動物を防除することができる。

  4. 【課題】有害節足動物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)[式中、Hetは、式Het1で示される基又は式Het2で示される基を表し、Q1は、酸素原子等を表し、Q2は、酸素原子等を表し、A1は、窒素原子又はCH等を表し、A2は、窒素原子又はCH等を表し、A3は、窒素原子又はCH等を表し、A4は、窒素原子又はCH等を表し、Tは、1以上のハロゲン原子を有するC1−C...

  5. 【課題】新規な心臓安全性バイオマーカー、例えば分子心臓安全性バイオマーカーの提供。【解決手段】薬物誘発毒性と関連するマーカーの同定に有用であるプラットフォーム技術であって、初代ヒト細胞に基づくモデルから開始してヒト臨床サンプルまでの階層内の及びそれを横断した分子相互作用を統合する。このアプローチにより、潜在的な薬物であるNME(フェーズI臨床試験を開始する準備を行って...

    薬物誘発毒性マーカーを同定するための照合による細胞に基づくアッセイ

  6. 【課題】細胞内への機能的なエフェクター蛋白質の、超荷電蛋白質によって媒介される送達のための組成物の提供。カチオン性脂質およびカチオン性ポリマーを用いる機能的なエフェクター蛋白質の送達のための組成物の提供。【解決手段】機能的なエフェクター蛋白質は、転写調節因子、リコンビナーゼ、ヌクレアーゼ(例えば、RNAによってプログラミング可能なヌクレアーゼ、例えばCas9蛋白質、T...

    機能的なヌクレアーゼのための送達システム

  7. 【課題】トランスサイレチン(TTR)アミロイドーシスに伴う疾患の診断及び治療に利用できる新規TTR抗体及びワクチンと利用可能なTTRペプチドの提供。【解決手段】TTR特異的であり、ミスフォールドしたTTR種、ミスアッセンブルしたTTR種及び/又は凝集したTTR種と結合することができる新規なヒト由来抗体、及び本抗体を用いたTTRアミロイドーシスに伴う疾患の診断法及び治療...

    トランスサイレチン(TTR)アミロイドーシスに対する抗体療法及びそのためのヒト由来抗体

  8. 【課題】miR−21を標的とする修飾オリゴヌクレオチドを用いたアルポート症候群の処置のための方法。【解決手段】ある種の実施形態では、miR−21を標的とする修飾オリゴヌクレオチドは、アルポート症候群を有する被検体の腎機能を改善する、および/または線維症を減少させる。ある種の実施形態では、miR−21を標的とする修飾オリゴヌクレオチドの投与は、アルポート症候群を有する被...

    アルポート症候群の処置方法

  9. 【課題】腱の治癒および腱の生体力学的特性を調節するための方法を提供する。【解決手段】腱傷害および腱の生体力学的特性の調節におけるマイクロRNA29ならびにその前駆体およびミミックの使用。特に、テノサイトでの1型コラーゲン合成の方が、3型コラーゲンの合成よりもmiR−29に対する感受性が低く、このため、コラーゲンサブタイプ間のバランスを1型コラーゲンに傾くよう調節し、治...

    腱治癒を調節するための物質および方法

  10. 【課題】核酸系治療薬の製剤化および送達の最適化に有用な特徴を有するポリヌクレオチドの提供。【解決手段】特定のポリペプチド群から選択される目的のポリペプチドをコードする少なくとも1つの単離mRNAに哺乳動物の細胞、組織又は生体を接触させることを含む、前記目的のポリペプチドをインビボで産生する方法。

    タンパク質のインビボ産生

  11. 【課題】感染初期に過剰な二本鎖RNA(dsRNA)を特定する異種又は天然の核酸を含んでなる組換えポックスウイルスの提供。【解決手段】感染初期に過剰な二本鎖RNA(dsRNA)を特定する異種又は天然の核酸を含んでなる組換えポックスウイルスであって、1以上の共刺激分子をコードする異種核酸、及び/又は、1以上の感染性疾患関連抗原又は腫瘍関連抗原をコードする異種核酸を含んでよ...

    ポックスウイルスベクターを用いて増強された免疫応答を誘導するための組成物及び方法ベクター

  12. 【課題】目的タンパク質を発現及び/又は分泌するように能力を改善された宿主細胞を提供する。【解決手段】目的タンパク質を製造するための組換え宿主細胞であって、宿主細胞が、遺伝子操作する前の宿主細胞と比較して、ある特定のアミノ酸配列、別の特定のアミノ酸配列、他の特定のアミノ酸配列又はその機能的相同体に示されるとおりのアミノ酸配列を有するノックアウト(KO)タンパク質をコード...

    目的タンパク質を発現させるための組換え宿主細胞

  13. 【課題】多環式カルバモイルピリドン化合物およびそれらの薬学的使用の提供。【解決手段】ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の処置において使用するための、下記式(Ia)の化合物。[式中、A’はC3〜7単環式シクロアルキルおよび4から7員の単環式ヘテロシクリルからなる群から選択され、R1はH、C1〜4アルキルなどを表し、R2はH、C1〜〜3ハロアルキルなどを表し、R3は少なく...

  14. 【課題】非侵襲様式で患者の免疫系を刺激して抗腫瘍剤として作用する、ペプチドの提供。【解決手段】特定の配列からなるアミノ酸配列の群から選択されるいずれか1つのアミノ酸配列からなるペプチド。

    NSCLCをはじめとする肺がんなどの数種の腫瘍に対する新規免疫療法

  15. 【課題】神経幹細胞微粒子、その製造方法、及び、治療用組成物の提供。【解決手段】外因性のタンパク質、核酸、脂質、薬物、プロドラッグ、治療薬、又は、診断薬を含む神経幹細胞エキソソーム。エキソソームは神経幹細胞株に由来するものとすることができる。神経幹細胞株は、CTX0E03(ECACCに受託番号04091601で寄託されている)などの条件的不死化された幹細胞株とすることができる。

    幹細胞微粒子

  16. 【課題】ヒト機能性角膜内皮細胞およびその応用を提供すること。【解決手段】本発明は、ヒトの眼前房内に注入することにより角膜障害または疾患を処置する技術を完成させる。具体的には、本発明は培養ヒト角膜内皮細胞が複数の亜集団から構成されているが、そのほとんどが患者への注入に適していないことを見出した。特定の亜集団であり、生化学的かつ機能的表現型により特徴付けられる成熟分化ヒト...

    ヒト機能性角膜内皮細胞およびその応用

  17. 【課題】ヒト機能性角膜内皮細胞およびその応用を提供すること。【解決手段】本発明は、ヒトの眼前房内に注入することにより角膜障害または疾患を処置する技術を完成させる。具体的には、本発明は培養ヒト角膜内皮細胞が複数の亜集団から構成されているが、そのほとんどが患者への注入に適していないことを見出した。特定の亜集団であり、生化学的かつ機能的表現型により特徴付けられる成熟分化ヒト...

    ヒト機能性角膜内皮細胞およびその応用

  18. 【課題】分子の末端構造の変化をかいして修飾mRNA分子の製造および最適化する方法および組成物を提供する。【解決手段】本願発明に係る合成単離末端最適化mRNAは、(a)目的とするポリペプチドをコードする、結合ヌクレオシドの第1の領域と、(b)少なくとも1つの翻訳エンハンサー要素(TEE)を含む前記第1の領域に対して5’側に位置する、第1の末端領域と、(c)前記第1の領域...

    化学修飾mRNA

  19. 【課題】有害生物に対する優れた防除効果を有する有害生物防除組成物を提供すること。【解決手段】オキサゾスルフィルおよび不活性担体、又は、オキサゾスルフィルと、群(a):殺虫活性成分、殺ダニ活性成分及び殺線虫活性成分からなる群、群(b):殺菌活性成分、群(c):植物成長調整成分、群(d):薬害軽減成分、群(e):共力剤、群(f):忌避成分、群(g):殺軟体動物成分、群(h...

    オキサゾスルフィルを含有する有害生物防除組成物及びその用途

  20. 【課題】免疫療法のための調節粒子の提供。【解決手段】ナノ粒子組成物が開示される。ナノ粒子組成物は、典型的に、少なくとも1つ、好ましくは2つまたはそれを超える活性薬剤を含み、これらのうちの1つは、送達ビヒクルの中に負荷された、その表面に結合された、および/またはその内に密封された免疫調節化合物である。送達ビヒクルは、ポリマーコアおよび脂質シェルを含むナノリポゲルまたはP...

    免疫療法のための調節粒子

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 630