リボヌクレアーゼ に関する公開一覧

リボヌクレアーゼ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「リボヌクレアーゼ」の詳細情報や、「リボヌクレアーゼ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「リボヌクレアーゼ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,147件中)1/58ページ目

  1. 【課題】標的遺伝子の発現を阻害することができる二本鎖RNAi(dsRNA)二重鎖剤、治療用途に適したこれらのdsRNA剤を含む医薬組成物、および、様々な疾患の状態の治療のために、これらのdsRNA剤を投与することによって標的遺伝子の発現を阻害する方法を提供する。【解決手段】dsRNA二重鎖は、特に、一方または両方の鎖の切断部位またはその近傍に、一方または両方の鎖の3つ...

  2. 【課題】製剤せずに効率的RISCエントリー、最小免疫応答および標的外効果、効率的細胞取り込みおよび効率的および特異的組織分布により特徴付けられる、自己送達siRNAの提供。【解決手段】5’末端、3’末端および標的への相補性を有するアンチセンス鎖、ならびに5’末端、3’末端および前記アンチセンス鎖への相補性を有するセンス鎖を含む二本鎖の完全化学修飾核酸であって、前記アン...

    十分に安定化された非対称SIRNA

  3. 【課題】核酸を高効率で封入化し、高い(薬物:脂質)比率を有し、血清中での分解及びクリアランスから封入化核酸を保護し、全身性送達に好適であり、封入化核酸の細胞内の送達を可能にする好適な脂質−治療用核酸組成物の提供。【解決手段】下記構造を有する、脂質、又はその塩若しくは異性体を含む脂質粒子。式中、R1及びR2は、各存在において各々独立して、C10〜C20アルケニルであり、...

    治療薬を送達するための新規な脂質及び組成物

  4. 【課題】核酸を標的化する系、方法、及び組成物を提供する。【解決手段】新規DNAターゲティングCRISPRエフェクタータンパク質と、少なくとも1つのガイドRNAのようなターゲティング核酸成分とを含む天然に存在しない又はエンジニアリングされたDNAターゲティング系を提供する。かかる系の作製及び使用方法並びに使用、方法、及び組成物並びにかかる方法及び使用からの産物もまた開示...

    新規CRISPR酵素及び系

  5. 【課題】有害生物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)[式(I)中、Qは、Q1で示される基、又はQ2で示される基(●はベンゼン環との結合部位を表す)等を表し、Eは、C5−C6シクロアルケニル基等を表し、Lは、酸素原子又はNHを表し、R1及びnの組合せは、R1が水素原子であり、nが1である組合せ等を表し、R2は、メチル基等を表す。〕で示される化合物、又はそのNオ...

  6. 【課題】有害生物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)〔式(I)中、QはQ1で示される基(●はベンゼン環との結合部位を表す)等を表し、Eは、C1−C6鎖式炭化水素基等を表し、R1は、C1−C3鎖式炭化水素基等を表し、nは、0、1、2又は3を表し、nが2又は3である場合、複数のR2は同一又は異なっていてもよく、R2は、C1−C3鎖式炭化水素基等を表す。〕で示され...

  7. 【課題】有害生物の防除方法を提供すること。【解決手段】式(I)〔式(I)中、Qは、Q1で示される基、Q2で示される基、Q3で示される基又はQ4で示される基(●はベンゼン環との結合部位を表す)等を表し;R1は、1以上のハロゲン原子で置換されていてもよいC1−C4アルキル基等を表し;Eは、R2−CH=C−等を表し;R2は、シクロプロピル基等を表す〕で示される化合物、又はそ...

  8. 【課題・解決手段】本開示は、概して、核酸配列決定のための新規方法に関する。具体的には、本発明は、cDNAなしにRNAを直接配列決定するための液体クロマトグラフィー−質量分析(LC−MS)に基づく技術に関する。当業者であれば、この技術により、広範囲のRNA改変の存在、型および位置を決定しながら、単一ヌクレオチド分解能でRNA配列を同時に読み取ることができる。本開示は、予...

    直接核酸配列決定方法

  9. 【課題・解決手段】本明細書に開示されるのは、リソソーム蓄積症、神経変性疾患、および筋肉疾患などの、低下されたレベルのHsp70を呈する疾患のバイオマーカーとして機能するPBMCサンプル中の低下されたHsp70レベルの同定に基づく方法である。

    疾患のバイオマーカーとしてのPBMCサンプル中のHsp70タンパク質レベル

  10. 【課題・解決手段】本発明は、Bリンパ球の活性化誘導シチジンデアミナーゼを利用することによってBリンパ球をエンジニアリングするための方法を提供する。これにより、Casヌクレアーゼなどのエンジニアードされたヌクレアーゼの使用を回避することができる。エンジニアードされたB細胞は、カスタマイズされた抗体の産生やB細胞療法に有用である。したがって、本発明はまた、エンジニアードさ...

    内在性活性化誘導シチジンデアミナーゼを利用することによるBリンパ球のエンジニアリング

  11. 【課題・解決手段】ビタミン部分構造およびイオン性窒素含有基を含むカチオン性脂質が開示される。本明細書に提供されるカチオン性脂質は、例えば、リポソーム送達ビヒクルの成分として、mRNAおよびコードされたタンパク質の送達および発現に有用であり得、それ故に、1つ以上のタンパク質の欠乏に関連するものなどの様々な疾患、障害、および状態の治療に有用であり得る。

  12. 【課題・解決手段】本明細書に提供されるカチオン性脂質は、例えば、リポソーム送達ビヒクルの成分として、mRNAおよびコードされたタンパク質の送達および発現に有用であり得、それ故に、1つ以上のタンパク質の欠乏に関連するもの等の様々な疾患、障害、および状態の治療に有用であり得る。化297】。

    リン酸エステルカチオン性脂質

  13. 【課題・解決手段】式Iの化合物であるカチオン性脂質が開示される。本明細書に提供されるカチオン性脂質は、例えば、リポソーム送達ビヒクルの成分として、mRNAおよびコードされたタンパク質の送達および発現に有用であり得、それ故に、1つ以上のタンパク質の欠乏に関連するもの等の様々な疾患、障害、および状態の治療に有用であり得る。

    ステロイド性部分を含むカチオン性脂質

  14. 【課題・解決手段】本開示は、アルギナーゼアルブミン結合ドメイン(ABD)融合タンパク質、及びその調製方法と使用方法に関する。また、肥満、代謝障害、及び関連する合併症と併存症を治療するためにアルギニン枯渇を行う方法も提供される。

    癌、肥満、代謝障害及び関連する合併症と併存症のためのアルギニン枯渇剤の組成と応用

  15. 【課題・解決手段】本開示は、抗ネガティブ免疫チェックポイント抗体と組み合わせた、抗グロボ系列抗原(グロボH及びSSEA−4)抗体による、がん患者の処置であって、阻害されたT細胞活性をレスキューする処置に関する。

    抗グロボH又は抗SSEA−4抗体を、抗ネガティブ免疫チェックポイント抗体と共に使用することによる組合せ療法

  16. 【課題・解決手段】本開示は、胃腸(GI)管マイクロバイオームの検出および操作のデバイス、システム、および方法に関する。微生物の増殖を阻害する抗菌剤を特定することを含む胃腸管内の微生物の抗菌感受性を決定することが開示され、微生物は、対象のGI管からサンプルを回収した摂取可能なデバイスから取り出されたサンプルから得られる。微生物を同定するための試験が含まれ得る。小腸細菌異...

    胃腸のマイクロバイオームの検出および操作のためのデバイスおよびシステム

  17. 【課題・解決手段】除草活性二環式ベンゾイルピラゾール 除草剤としての一般式(I)の二環式ベンゾイルピラゾールが記載される。この式(I)において、A、X1およびX2は(CH2)n、OまたはS(O)nを表し、R、Ra、Rb、Rp1、Rp2およびRp3は、水素、ハロゲン、アルキル、アルキルオキシおよびシクロアルキルなどの基を表す。

    除草活性二環式ベンゾイルピラゾール

  18. 【課題・解決手段】本発明は、多発外傷患者におけるその後の外傷関連合併症の診断、予後診断、予測、リスク評価、および/またはリスク層別化のための方法に関するものであり、当該患者の試料を提供することを含み、当該試料は、多発外傷後に患者から単離され、試料中のproADMまたはその断片(複数可)のレベルを決定し、proADMまたはその断片(複数可)のレベルは、その後の外傷関連合...

  19. 【課題・解決手段】本発明は、リガンドの標的を選択する方法であって、前記リガンドが、少なくとも2つのループ配列によって隔てられている少なくとも3つの反応性基を含むポリペプチドと分子足場とを含み、前記分子足場が、少なくとも2つのポリペプチドループが前記分子足場上に形成されるような、前記ポリペプチドの反応性基との共有結合を形成する、方法を提供する。本発明はまた、前記標的、前...

  20. 【課題・解決手段】式(I)、(II)、(III)、(IV)、(V)、または(VI)の化合物であるカチオン性脂質が開示される。本明細書に提供されるカチオン性脂質は、例えば、リポソーム送達ビヒクルの成分として、mRNAおよびコードされたタンパク質の送達および発現に有用であり得、それ故に、1つ以上のタンパク質の欠乏に関連するもの等の様々な疾患、障害、および状態の治療に有用であり得る。

    チオエステルカチオン性脂質

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 58