リボヌクレアーゼ に関する公開一覧

リボヌクレアーゼ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「リボヌクレアーゼ」の詳細情報や、「リボヌクレアーゼ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「リボヌクレアーゼ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(12,687件中)1/635ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明の実施態様は、ポリヌクレオチド配列決定のための鋳型を製造する方法に関する。特に、本発明は、遷移金属錯体、例えば、パラジウム錯体またはニッケル錯体による固体支持体上に固定化された二本鎖ポリヌクレオチドの1以上の第一鎖の開裂による、配列決定に備えたクラスター化ポリヌクレオチドの線形化に関する。さらに本発明は、Na2S2O4による、アゾベンゼンリンカ...

    表面結合オリゴヌクレオチドを化学開裂および脱保護するための組成物および方法

  2. 【課題】進行性肺癌である小細胞肺癌(SCLC)の予防、治療のための抗体構築物の提供。【解決手段】標的細胞表面にあるSCLC特異的腫瘍抗原であるヒトDLL3に結合する第1の結合ドメインと、T細胞表面にあるヒトCD3に結合する第2の結合ドメインとを含む二重特異性抗体構築物。さらに、この抗体構築物をコードするポリヌクレオチド、ポリヌクレオチドを含むベクター、及びポリヌクレオ...

    DLL3及びCD3に結合する二重特異性抗体構築物

  3. 【課題】疾患再発および遠隔転移の予防および/または治療のための、細胞傷害性薬物耐性の腫瘍開始性CSCを標的とする組成物及び方法を提供する。【解決手段】がん幹細胞などのLSDおよび/またはPKC−θ過剰発現細胞の増殖を阻害するため、リジンデメチラーゼ(LSD)阻害剤およびプロテインキナーゼCシータ(PKC−θ)阻害剤の使用を開示する。

    がん幹細胞を調節するための組成物およびその使用

  4. 【課題】突然変異タンパク質アミロイドβ(Aβ)アミノ酸配列に基づく免疫原性産物、および該免疫原性産物の使用方法の提供。【解決手段】アミノ酸配列、VFFAEDVGSNKGAIIG、と62.5%以上の同一性を有するアミロイドβ(Aβ)アミノ酸配列を含む免疫原性産物であって、Aβグロブロマー特異的抗体により認識される1つ以上のエピトープを含み、血小板因子4に対する交差反応性...

    突然変異タンパク質アミロイドβ(Aβ)アミノ酸配列に基づく免疫原性産物およびその使用

  5. 【課題】C/EBPα転写物を標的とするsaRNA及び前記saRNAを含む治療用組成物の提供。【解決手段】合成saRNAは、C/EBPα遺伝子の発現をアップレギュレートする単離された合成saRNAであって、特定の配列に対して少なくとも80%相補的であり、14〜30ヌクレオチドを有する。

    C/EBPアルファsaRNA組成物および使用方法

  6. 【課題】抗MUC16抗体及びその使用の提供。【解決手段】本明細書に提供されるのは、繋留型ムチンタンパク質であるMUC16のグリコシル化形態に免疫特異的に結合する抗体に関する組成物、方法、及び使用である。また本明細書に提供されるのは、癌などの障害を管理、治療、又は予防するための使用及び方法である。提供されるのは、抗体及びその抗原結合断片、並びにそのような抗体又は抗原結合...

    抗MUC16抗体及びその使用

  7. 【課題】CD38及びCD3に結合する二重特異性抗体の提供。【解決手段】CD38及びCD3に結合するヘテロ二量体抗体を含むヘテロ二量体タンパク質。a)i)第一可変Fcドメインと、ii)CD3に結合する単鎖Fv領域(scFv)と、を含む第一重鎖と、b)i)第二Fc可変Fcドメインと、ii)第一可変重ドメインと、を含む第二重鎖と、c)第一可変軽ドメイン及び第一定常軽ドメイン...

    CD38及びCD3に結合する二重特異性抗体

  8. 【課題】既存のがんの処置の有効性を増強することができる処置レジメンを提供する。【解決手段】本発明の一実施形態は、がんに罹患している患者を処置する方法であって、コビシスタットおよび抗がん剤の投与を含む方法を提供する。別の実施形態は、がんに罹患している患者において抗がん剤の効果を増強するための方法であって、(a)該抗がん剤、および(b)コビシスタットを該患者に投与するステ...

    がんの処置での使用のためのコビシスタット

  9. 【課題・解決手段】本開示は、血液疾患/異常、例えば鎌状赤血球症、ヘモクロマトーシス、血友病、およびベータサラセミアを処置するための方法および組成物を提供する。例えば、本開示は、HBG1/2のプロモーターを標的化して胎児型ヘモグロビンの発現を増大させる点変異を作り出す治療的なガイドRNAを提供する。別の例として、本開示は、HBB、第VIII因子、およびHFEの変異を標的...

    アデノシン塩基編集因子の使用

  10. 【課題・解決手段】本発明は、CD123に特異的に結合する抗体を提供する。本発明は、さらにそのような抗体を含む免疫コンジュゲート(例えば抗体薬物コンジュゲートまたはADC)、抗体をコードする核酸およびそのような抗体を得る方法に関する。本発明は、さらにCD123を発現する細胞と関係する症状(例えば癌または自己免疫疾患)の処置のためのこれらの抗体およびADCの使用に関する療...

    CD123に特異的な抗体および抗体−薬物コンジュゲートならびにその使用

  11. 【課題・解決手段】提供されるものには、対象の血友病Aをエキソビボ又はインビボで治療するための材料及び方法が含まれる。また提供されるものには、ゲノムに、詳細にはアルブミン遺伝子の遺伝子座にFVIIIコード遺伝子をノックインするための材料及び方法も含まれる。

    血友病Aに対する遺伝子編集用組成物及び方法

  12. 【課題・解決手段】組成物およびその使用方法であって、この組成物がアルデヒドを放出することができる1つ以上の成分と、1つ以上の抗凝固剤またはキレート剤と、1つ以上の多糖とを含む、組成物およびその使用方法。組成物は約4〜約6のpHを有する。

    溶血、凝固調節および細胞外小胞の安定化のための組成物

  13. 【課題】移植ドナー及びレシピエントをマッチングするため及び疾患感受性を決定するために用いることができる、主要組織適合遺伝子複合体(MHC)の中央領域におけるガンマゲノムブロックにおける一塩基多型(SNP)を同定する方法の提供。【解決手段】以下の工程を含む、移植の必要があるレシピエントに対する移植ドナーを同定する方法:a)移植の必要があるレシピエントのMHCガンマブロッ...

    主要組織適合遺伝子複合体一塩基多型

  14. 【課題】腎臓の炎症の早期検出が可能なマーカーの提供。【解決手段】本開示は、対象由来のサンプル、例えば尿サンプルにおけるP2Y14および/またはUDP−グルコースのレベルを測定することにより腎臓の炎症を検出するためのアッセイおよび方法に関する。本開示はまた、P2Y14阻害剤を投与することにより腎臓の炎症を処置するための方法にも関する。

    炎症を検出および/または処置するための組成物および方法

  15. 【課題】RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物を提供する。【解決手段】ターゲティング配列を含み、修飾ポリペプチドと共に、標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾を与える、DNA標的化RNA。部位特異的修飾ポリペプチド。標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾の方法。標...

    RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物

  16. 【課題】癌治療において治療目的で使用することができる抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体及び抗体薬物コンジュゲート(ADC)の提供。【解決手段】以下のa)からc)の特性を有する抗ヒトEGFR抗体又はその抗原結合部分。a)特定のアミノ酸配列内のエピトープに結合するか、又は、競合結合アッセイにおいて、特定のアミノ酸配列を有するEGFR変異体IIIとの結合に関して、別の特定...

    抗EGFR抗体及び抗体薬物コンジュゲート

  17. 【課題】動物において、DMPKのmRNA及びタンパク質の発現を低減させる方法、化合物及び組成物の提供。【解決手段】10〜30個の連結したヌクレオシドから成り、DMPK核酸の等しい長さの標的領域に対して相補的な少なくとも8個の連続的な核酸塩基を含有する相補的領域を含む核酸塩基配列を有する修飾オリゴヌクレオチドを含む化合物、医薬的に許容可能な担体または希釈剤を含む組成物、...

  18. 【課題】筋ジストロフィを処置するためのエキソンスキッピング組成物の提供。【解決手段】ヒトジストロフィン遺伝子における選択された標的部位に結合して、エキソン53スキッピングを誘発することができるアンチセンス分子が記載されている。一局面において、ヒトジストロフィン遺伝子において選択された標的に結合してエキソンスキッピングを誘発することができる、長さが20〜50のヌクレオチ...

    筋ジストロフィを処置するためのエキソンスキッピング組成物

  19. 【課題】 コロラドハムシに対する抵抗性が高められた植物及びその製造方法、並びに植物におけるコロラドハムシに対する抵抗性の判定方法を提供すること。【解決手段】 S.chacoense、S.tuberosum及びS.lycopersicum由来の、スピロソラン骨格23位水酸化酵素遺伝子及びスピロソラン骨格23位アセチル基転移酵素遺伝子が、コロラドハムシ抵抗性を担うレプ...

    コロラドハムシに対する抵抗性が高められた植物、及びその製造方法、並びに植物におけるコロラドハムシに対する抵抗性の判定方法

  20. 【課題】機能的α1,3ガラクトシルトランスフェラーゼを欠く動物に由来する組織生成物の提供。【解決手段】本発明は、機能的α1,3ガラクトシルトランスフェラーゼ(α−1,3.GT)のいずれの発現も欠く、動物に由来する組織を提供する。そのような組織は、整形外科再構築および修復、皮膚修復および内部組織修復のような異種移植の分野において、または医療機器として用いることができる。...

    機能的α1,3ガラクトシルトランスフェラーゼを欠く動物に由来する組織生成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 635