リボヌクレアーゼ に関する公開一覧

リボヌクレアーゼ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「リボヌクレアーゼ」の詳細情報や、「リボヌクレアーゼ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「リボヌクレアーゼ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(8,560件中)1/428ページ目

  1. 【課題】エンドトキシン低回収(LER作用)を抑制するための手段及び方法の提供。【解決手段】以下の順序で、(細菌細胞を用いて作製された)抗体の試料中の低濃度の細菌エンドトキシンを測定するための方法。i)マグネシウムイオンを試料に添加する段階、ii)試料を希釈する段階、iii)5.7〜8.0のpH値を有する試料を、エンドトキシンフリー水溶液に対して透析する段階、およびiv...

    エンドトキシンの測定のための、改良された細菌エンドトキシン試験

  2. 【課題】抗ウイルス又は抗細菌応答、特に、I型IFN、IL-18、及びIL-1βの産生を誘導することができるオリゴヌクレオチド、並びにそれらのインビトロ使用だけでなく治療的使用の提供。【解決手段】脊椎動物におけるウイルス感染、細菌感染、寄生虫感染、腫瘍、多発性硬化症、アレルギー、自己免疫疾患、免疫抑制、及び免疫不全から選択される疾患及び/又は障害を予防及び/又は処置する...

    5’リン酸オリゴヌクレオチドの構造および使用

  3. 【課題】本明細書において、多価および多重特異的結合タンパク質、結合タンパク質を作製する方法、ならびに癌、腫瘍および/または異常なDLL4および/もしくはVEGF発現または活性によって特徴付けられる他の血管新生依存性疾患の診断、監視、阻害、予防および/または処置法を提供する。【解決手段】VD1−(X1)n−VD2−C−(X2)nを含むポリペプチド鎖を含む結合タンパク質で...

    抗VEGF/DLL4二重可変ドメイン免疫グロブリンおよびこれらの使用

  4. 【課題】コエンザイムQ10など疎水性活性薬剤の、非経口投与に好適な製剤を提供する。【解決手段】水溶液;分散されて粒子のコロイド状ナノ分散液を形成する疎水性活性薬剤;ならびに分散安定化剤およびオプソニン化低減剤のうちいずれか1種類を含む、被験体への静脈内投与に好適な治療用製剤であって、活性薬剤のコロイド状ナノ分散液が、200nm未満の平均サイズを有するナノ分散粒子に分散...

    コエンザイムQ10(CoQ10)の静脈内投与用製剤およびその使用方法

  5. 【課題】洗浄性能、洗剤安定性及び/又は保存安定性を含む1つ以上の特性が親DNaseに対して変化している新規DNase変異体を含み、洗浄プロセス、並びに、洗濯組成物、手洗い及び自動食器洗浄組成物を含む食器洗浄組成物等の洗剤組成物において使用するのに好適である、洗剤組成物を提供する。【解決手段】DNase親の変異体と洗剤組成物補助剤とを含む洗剤組成物であって、DNase親...

  6. 【課題・解決手段】保存のための生体分子ベースの情報の生成および使用のための組成物、デバイス、システムおよび方法が本明細書において提供される。さらに、ポリヌクレオチド合成(脱保護、伸長、または切断など)を制御するアドレス可能な電極を備えるデバイスが提供される。本明細書に記載の組成物、デバイス、システムおよび方法は、生体分子ベースの情報の保存、密度、および検索の改善を提供する。

    DNAベースのデジタル情報ストレージ

  7. 【課題・解決手段】本開示は、ペプチドまたは多価ポリペプチドと抗癌剤とを含む医薬組成物に関する。一部の実施形態では、抗癌剤はペプチドまたは多価ポリペプチドにコンジュゲートしている。本開示はまた、ペプチドまたは多価ポリペプチドを使用して、癌を処置するかまたは癌細胞増殖を低減する方法にも関する。一部の態様では、ペプチドまたは多価ポリペプチドは、抗癌剤の有効性、抗癌剤の癌細胞...

    糖鎖模倣ペプチドを用いて癌を処置する組成物および方法

  8. 【課題】これまでの抗-TNF抗体には、幾らかの免疫原性、低い親和性、低いアビディティーをまだ有する抗体またはフラグメントを生成し、あるいは細胞培養、スケールアップ、生産および/または低収量に問題がある。これらの1以上の問題を克服し、ならびに既知の抗体またはそれらのフラグメントが改良された抗-TNF抗体またはフラグメントを提供する。【解決手段】少なくとも1つの抗-TNF...

    抗−TNF抗体、組成物、方法および使用

  9. 【課題】免疫障害及び炎症障害の治療のためのIL−33活性を調節する方法を提供する。【解決手段】redIL−33タンパク質のST2依存シグナル伝達を減弱させ又は阻害し、かつIL−33−DSBのRAGE媒介シグナル伝達を減弱させ又は阻害する、抗IL−33抗体又はその抗原結合断片を提供する。

    新規IL33型、変異型のIL33、抗体、アッセイ及びそれらの使用方法

  10. 【課題】対象における腎機能を評価するための方法および組成物を提供する。【解決手段】C−Cモチーフケモカイン16、C−Cモチーフケモカイン14およびチロシンプロテインキナーゼ受容体UFOからなる群から選択される1種または複数のマーカーの測定が、腎機能損傷、腎機能低下、および/または急性腎不全(急性腎障害とも呼ばれる)に罹患している対象、および/または罹患するリスクのある...

  11. 【課題】ApoA−1融合ポリペプチドならびに関連する組成物および方法の提供。【解決手段】ApoA−1融合ポリペプチドに関する組成物および方法が開示されている。融合ポリペプチドは、ApoA−1ポリペプチドまたはApoA−1ミメティックに対応する第1のポリペプチドセグメントを含み、例えば、典型的には、可動性リンカーを介して第1のポリペプチドセグメントに対しカルボキシル末端...

    ApoA−1融合ポリペプチドならびに関連する組成物および方法

  12. 【課題・解決手段】本出願は、ex vivoおよびin vivoの両方において、2A型アッシャー症候群を有する患者を処置するための材料および方法、ヒト細胞においてUSH2A遺伝子を編集するための材料および方法、IVS40変異を含むUSH2A遺伝子を編集するための材料および方法、IVS40変異を含むUSH2A遺伝子を有する患者を処置するための材料および方法、ならびに細...

    2A型アッシャー症候群の処置のための材料および方法

  13. 【課題・解決手段】本明細書に開示された実施形態は、RNA標的化エフェクターを利用して、アトモル感度のCRISPRベースのロバストな診断を提供した。本明細書に開示されている実施形態は、DNA及びRNAの両方を、同等のレベルの感度で検出し得、かつ単一塩基対の相違に基づいて非標的から標的を識別し得る。さらに本明細書に開示される実施形態は、便利な分布およびポイントオブケア(P...

    CRISPRエフェクター系に基づくマルチプレックス診断

  14. 【課題・解決手段】本発明は、MUC17に結合する第1のドメイン、ヒト及びマカクCD3ε鎖の細胞外エピトープに結合する第2のドメイン並びに任意選択的に特定のFc様式である第3のドメインを含むことによって特徴付けられる二重特異性抗体コンストラクトを提供する。さらに、本発明は、抗体コンストラクトをコードするポリヌクレオチド、このポリヌクレオチドを含むベクター、そのコンストラ...

    MUC17及びCD3に向けられる二重特異性抗体コンストラクト

  15. 【課題・解決手段】エンゲージャー分子をコードする1つ以上の核酸を含む腫瘍溶解性ウイルスが、本明細書に記載される。いくつかの実施形態では、腫瘍溶解性ウイルスは、エンゲージャー分子及び1つ以上の治療用分子をコードする1つ以上の核酸配列を含む。さらに、腫瘍溶解性ウイルスを含有する医薬組成物及び腫瘍溶解性ウイルスを使用したがんの治療方法が、本明細書にて提供される。

    治療用ポリペプチドの腫瘍溶解性ウイルス送達

  16. 【課題・解決手段】水溶性繊維構造体と濃縮酵素組成物とを含む水溶性単位用量物品の形態の、布地上に活性剤を送達する家庭用ケア組成物、並びに当該物品の作製方法、及び当該物品を使用して布地を処理する方法が本明細書に記載される。

    酵素を含む水溶性単位用量物品

  17. 【課題・解決手段】本発明は、概して、環状ポリリボヌクレオチドの医薬組成物及び調製並びにその使用に関する。

    環状ポリリボヌクレオチドを含む組成物及びその使用

  18. 【課題・解決手段】本発明は、HMGB1遺伝子を標的とする、RNAi剤、例えば、二本鎖RNA(dsRNA)剤に関する。本発明はまた、HMGB1遺伝子の発現を阻害するためにこのようなRNAi剤を使用する方法、並びにHMGB1関連疾患、例えば、代謝障害又は非アルコール性脂肪肝疾患、例えば、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を予防及び処置する方法に関する。

  19. 【課題】 キウイフルーツかいよう病Psa3系統に対する耐病性又は感受性を、効率的に判定する方法を提供すること。【解決手段】 前記かいよう病に対し耐病性を示すキウイフルーツ野生種シマサルナシと感受性を示す交雑後代等とのゲノム配列を、次世代シーケンサーを用い網羅的に解析し、比較した。さらに、前記かいよう病に対する耐病性に関する形質調査の結果を用い、当該耐病性と相関があ...

    キウイフルーツかいよう病Psa3系統に対する耐病性又は感受性の判定方法

  20. 【課題】病害虫に対する優れた防除効果を発揮する農薬組成物及び病害虫防除方法を提供すること。【解決手段】エタボキサム及び下記式(1)で示される化合物からなる化合物群Aより選択される1種以上の化合物と、プロピレングリコール、グリセロール、2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン、5−クロロ−2−メチル−4−イソチアゾリン−3−オン、2−n−オクチル−4−イソチアゾリン−3...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 428