注意欠陥多動障害 に関する公開一覧

注意欠陥多動障害」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「注意欠陥多動障害」の詳細情報や、「注意欠陥多動障害」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「注意欠陥多動障害」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(81件中)1/5ページ目

  1. 【課題】脳由来神経栄養因子(BDNF)の発現に依存する疾患あるいは症状の処置または予防におけるS1P受容体調節因子の使用。【解決手段】レット症候群を予防、抑制または治療するための医薬組成物であって、遊離形態または薬学的に許容される塩の形態の2−アミノ−2−[2−(4−オクチルフェニル)エチル]プロパン−1,3−ジオールを含有する組成物。

    S1P受容体調節因子の使用

  2. 【課題】認知機能を維持し、治療し及び/又は改善するα7−ニコチン性アセチルコリン受容体のアゴニスト又はパーシャルアゴニストとして好適な新規化合物及びその医薬組成物の提供。【解決手段】下式:(R)−201で例示するジェミナル置換キヌクリジンアミド化合物及びその医薬組成物。

    α7−ニコチン性アセチルコリン受容体のアゴニストとしてのジェミナル置換キヌクリジンアミド化合物

  3. 【課題】nOHの処置における使用のための、予測可能な薬物動態特性を有する安全かつ耐容性が良好なノルエピネフリントランスポーター阻害剤を提供する。【解決手段】本発明は、神経原性起立性低血圧およびその症状の処置のための、4−[2−(2,4,6−トリフルオロフェノキシメチル)−フェニル]ピペリジンまたはその薬学的に許容される塩の使用に関する。一態様では、本発明は、ヒト患者に...

  4. 【課題】脳障害を治療する、またはそれに関連した生物マーカーを同定する方法の提供。【解決手段】それを必要とする患者における認知障害を治療する、または認知機能及び/または学習を増強する方法であって、患者における脳活性の測定であるMRIシグナルを生成すること;前記患者の正常または異常な脳状態としての前記シグナルを同定すること;及び前記シグナル同定に基づいたGLYX−13の有...

    脳障害を治療する、またはそれに関連した生物マーカーを同定する方法

  5. 【課題】オレキシン2型受容体作動活性を有する複素環化合物の提供。【解決手段】式(I):[式中、R1は、置換基を示し;R2、R3、R4およびR5は、それぞれ独立して、水素原子、または置換基を示し;環Aは、さらに置換されていてもよい4ないし7員含窒素単環式飽和複素環を示し;環Bは、さらに置換されていてもよい環を示す。]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作...

  6. 【課題】オレキシン2型受容体作動活性を有する複素環化合物を提供すること。【解決手段】式(I):[式中、各記号は明細書記載のとおりである。]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作動活性を有し、ナルコレプシーの予防または治療剤として有用である。

    複素環化合物およびその用途

  7. 【課題・解決手段】本出願で開示されているのは、ピリミド[4’,5’:4,5]チエノ[2,3−c]ピリダジン−8−アミン化合物、ピリド[3’,2M,5]チエノ[3,2−d]ピリミジン−4−アミン化合物、ピラジノ[2’,3’:4,5]チエノ[3,2−d]ピリミジン−4−アミン化合物、ピリド[3’,2’:4,5]フロ[3,2−d]ピリミジン−4−アミン化合物およびピリミド[...

    ムスカリン性アセチルコリンレセプターM4のポジティブアロステリック調節因子

  8. 【課題】長鎖多価不飽和脂肪酸を含む栄養調合物を調製するための及び/又は該栄養調合物を投与するための方法及び装置の提供。【解決手段】長鎖多価不飽和脂肪酸(LC−PUFA)を含む栄養調合物であって、LC−PUFAの5%超が、モノグリセリド及び/又は遊離脂肪酸の形である、栄養調合物。栄養調合物は、クロモバクテリウム・ビスコサムのリパーゼ、シュードモナス・フルオレセンスのリパ...

    食餌性脂肪酸の要求を満たすための方法、組成物、及び装置

  9. 【課題・解決手段】ニコチン酸リボシド(「NAR」)、及び1−(2’,3’,5’−トリアセチル−β−D−リボフラノシル)−ニコチン酸(「NARトリアセテート」又は「NARTA」)を含むその誘導体;又は1−(2’,3’,5’−トリアセチル−β−D−リボフラノシル)−1,4−ジヒドロニコチン酸(「NARHトリアセテート」又は「NARH−TA」)を含む、ニコチン酸リボシドの還...

    NAD+を増大させる前駆体としてのニコチン酸リボシド又はニコチンアミドリボシド誘導体、及びその還元誘導体の使用

  10. 【課題・解決手段】本開示は、式(I)、(II)、および(III)のいずれか1つで表される化合物を提供する。本明細書に記載の化合物は、ヒストンメチルトランスフェラーゼ(例として、zesteホモログ1エンハンサー(EZH1)およびzesteホモログ2エンハンサー(EZH2))のインヒビターであり、広範囲の疾患(例として、増殖性疾患)を処置および/または予防するのに有用であ...

    EZH2インヒビターおよびそれらの使用

  11. 【課題・解決手段】本発明は、電位開口型カルシウムチャネル(VGCC)のサブユニットα2δ、特に電位開口型カルシウムチャネルのサブユニットα2δ-1に対して大きな親和性および活性、または電位開口型カルシウムチャネル(VGCC)のサブユニットα2δ、特に電位開口型カルシウムチャネルのサブユニットα2δ-1およびノルアドレナリン輸送体(NET)に対して二重の活性を示す一般式...

    疼痛および疼痛に関連した状態を治療するための新たなテトラヒドロピリミドジアゼピンおよびジヒドロピリドジアゼピン化合物

  12. 【課題・解決手段】エフェクターT細胞機能を増進するための、セレブロンを標的とする小分子について開示される。こうした分子の調製方法、及びさまざまな病態を治療するためのその使用方法についても開示される。

    エフェクターT細胞機能を増進するための、セレブロンを標的とする小分子

  13. 【課題】ドネペジルまたはリバスチグミンなどのアセチルコリンエステラーゼ阻害剤の効果を改善または増強することによるアルツハイマー病の治療方法の提供。【解決手段】アセチルコリンエステラーゼ阻害剤の効果を改善または増強するために、N−(2−(6−フルオロ−1H−インドール−3−イル)エチル)−3−(2,2,3,3−テトラフルオロプロポキシ)ベンジルアミンを有効1日量投与する...

    アルツハイマー病の治療方法およびその医薬組成物

  14. 【課題・解決手段】本発明は、SMAD7の阻害によってセリアック病を処置、防止、および/または管理する方法に関する。本発明はまた、トランスフォーミング成長因子−β(TGF−β)シグナル伝達活性の分析に基づいて、SMAD7アンチセンスオリゴヌクレオチドを使用してセリアック病の処置または管理の有効性をモニタリングする方法、およびSMAD7アンチセンスオリゴヌクレオチド処置を...

    SMAD7阻害を使用するセリアック病の処置の方法

  15. 【課題・解決手段】イカリインの誘導体が開示されている。本明細書中で定義されている式I〜Vを有する化合物が開示されている。これらの化合物をがん及び炎症の処置のために使用する方法も開示されている。

    イカリイン及びイカリチン誘導体

  16. 【課題・解決手段】ミトコンドリア障害、エネルギー処理低下障害(impaired energy processing disorder)、神経変性疾患、および加齢による疾患を含む酸化ストレス障害を処置もしくは抑制するための、または1つもしくはそれを超えるエネルギーバイオマーカーを調整するか、1つもしくはそれを超えるエネルギーバイオマーカーを正常化するか、もしくは1...

  17. 【課題・解決手段】オレキシン2型受容体作動活性を有する置換ピペリジン化合物を提供すること。式(I):[式中、各記号は明細書記載の通り]で表される化合物またはその塩は、オレキシン2型受容体作動活性を有し、ナルコレプシーの予防または治療剤として有用である。

    置換ピペリジン化合物およびその用途

  18. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物およびその薬学的に許容できる塩[式中、可変基R1、R2、R3、R4、R5、aおよびAは、本明細書において定義するとおりである];そのような化合物および塩を調製するためのプロセス;それらの調製で使用される中間体;およびそれらを含有する組成物、ならびに例えば、物質嗜癖、物質乱用、統合失調症(例えば、その認知症状)、認知障害(例え...

    6,7,8,9−テトラヒドロ−5H−ピリド[2,3−d]アゼピンドーパミンD3リガンド

  19. 【課題・解決手段】興奮性アミノ酸トランスポーター2(EAAT2)を活性化するピリダジン誘導体、及びグルタミン酸興奮毒性に関連する疾患、障害、及び状態を治療又は予防するためのその使用方法。

    EAAT2活性化剤としてのピリダジン誘導体

  20. 【課題・解決手段】本発明は、ホスホジエステラーゼ2の阻害剤であり、中枢神経系疾患及び他の疾患の処置に有用な、一般式(I)で示されるピラゾロ[1,5−a]ピリミジン−3−カルボキシアミドのスピロ環状エーテル誘導体に関する。加えて、本発明は、医薬組成物を製造するための方法及び本発明の化合物を製造するための方法に関する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5