極性分布 に関する公開一覧

極性分布」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「極性分布」の詳細情報や、「極性分布」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「極性分布」の意味・用法はこちら

41〜60件を表示(201件中)3/11ページ目

  1. 【目的】成形品等に形成した場合において、可塑剤の無配合または少量配合で成形品に所要の柔軟性及び実用化レベルの靱性を容易に得ることができ、しかも、成形品に実用化レベルの水分関連物性のものが容易に得られる澱粉誘導体を提供すること。【構成】エステル化と共に、ポリエステルのグラフト化がなされている澱粉。エステル化の対応酸が、炭素数2〜18の飽和・不飽和脂肪酸類、芳香族カルボン...

    エステル化ポリエステルグラフト化澱粉

  2. 【目的】成形品等に形成した場合において、可塑剤の無配合または少量配合で成形品に所要の柔軟性及び実用化レベルの靱性を容易に得ることができ、しかも、成形品に実用化レベルの水分関連物性がもの容易に得られる澱粉誘導体を提供すること。【構成】エステル化と共に、ポリビニルエステルのグラフト化がなされている澱粉。エステル化の対応酸として、炭素数2〜18の飽和・不飽和脂肪酸類、芳香族...

    エステル化ビニルエステルグラフト重合澱粉

  3. 【目的】液晶の特性に起因するクロストーク現象を低消費電力で解消すること。消費電力の最適化が計ること。【構成】表示パネル駆動方法において、フレーム時間内に於ける印加電圧の極性を1水平走査時間を最小単位として反転する。また、前記印加電圧の極性反転の頻度をクロストーク現象の大小の程度に合わせて設定する。

    液晶パネルの駆動方法

  4. 【目的】像担持体上のほとんどの残留トナーは第1回収手段に入力して回収され、紙粉は第2回収手段に入力して回収され、この間両回収手段の印加電圧を回収のために最適な電圧に設定することができて、残留トナー及び紙粉の除去、回収を長期間にわたって良好に実施することができる画像形成装置におけるクリーニング装置を提供する。【構成】像担持体6上の残留トナーの電荷と、該像担持体の表面電位...

    画像形成装置におけるクリーニング装置

  5. 【目的】界磁磁石の所要量を半減させた、安価な平滑電機子巻線を有する整流子電動機。【構成】4個以上の電機子コイル1に対し同数の整流子4の片数を配し、それぞれのコイルを軸周に沿って並べ、コイルの巻き始めと前置コイルの巻き終り、コイルの巻き終りと後置コイルの巻き始めを対応する整流子片に接続して全体として電機子巻線を環状に接続し、刷子の通電に際し、電機子コイルの軸周辺のアンペ...

    平滑電機子巻線を有する整流子電動機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 11