リソゾーム酵素 に関する公開一覧

リソゾーム酵素」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「リソゾーム酵素」の詳細情報や、「リソゾーム酵素」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「リソゾーム酵素」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(88件中)1/5ページ目

  1. 【課題】CNSにおけるアリールスルファターゼA欠乏症に罹患した対象を治療するための方法及び組成物の提供。【解決手段】ヒトインスリンレセプター抗体由来の内因性血液脳関門(BBB)レセプターである、免疫グロブリン重鎖若しくは軽鎖及びアリールスルファターゼAに対する抗体を含む二機能性融合抗体。

    CNSにおけるアリールスルファターゼA活性を増加するための方法および組成物

  2. 【課題】特定の医薬標的に対する免疫応答を引き起すとともにそれを標的とすることが可能な医薬目的のための新規な多官能性化合物の提供。【解決手段】1つ以上のエフェクター部分及び1つ以上のバインダー部分を含む合成二官能性非抗体化合物に関し、エフェクター部分はリンカーを介してバインダー部分と操作可能に連結され、エフェクター部分は少なくとも1つの病原体パターン認識受容体(PRR)...

    医薬目的のための新規な多官能性化合物

  3. 【課題・解決手段】滑膜細胞の増殖を適切に抑制できる滑膜細胞増殖抑制剤を提供する。式1を含有することを特徴とする。小胞体ストレス応答を阻害し、小胞体ストレスにて滑膜細胞をアポトーシスに誘導し、滑膜炎を抑制する。関節リウマチは滑膜細胞の異常な増殖により分泌されるサイトカインや蛋白分解酵素によって関節軟骨、ひいては関節を破壊するが、IRE1を抑制することにより、XBP1遺伝...

    滑膜細胞増殖抑制剤及び滑膜細胞の増殖抑制方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、CNSにおけるアリールスルファターゼA欠乏症に罹患した対象を治療するための方法および組成物を提供する。該方法は、ヒトインスリンレセプターおよびアリールスルファターゼAに対する抗体を含む二機能性融合抗体の全身投与を含む。

    CNSにおけるアリールスルファターゼA活性を増加するための方法および組成物

  5. 【課題】 養鶏において、品質の高い卵を生産可能とするとともに、その生産性を向上させる方法を提供すること。【解決手段】 品質および生産性が向上した鶏卵を生産する方法であって、MRE共生菌群の胞子形成に伴う細胞融解で生じる免疫賦活物質を養鶏用飼料に添加して得られる添加飼料、及び/又は当該免疫賦活物質を飲料水に添加して得られる添加飲料水を採卵鶏に給餌する工程を有し、前記...

  6. 【課題】医薬目的のための新規な多官能性化合物の提供。【解決手段】本発明は、1つ以上のエフェクター部分および1つ以上のバインダー部分を含む合成二官能性非抗体化合物に関し、エフェクター部分はリンカーを介してバインダー部分と操作可能に連結され、エフェクター部分は少なくとも1つの病原体パターン認識受容体(PRR)に対するリガンドであり、バインダー部分は腫瘍細胞のマーカーと結合...

    医薬目的のための新規な多官能性化合物

  7. 【課題・解決手段】有機物を分解する方法を提供し、有用な低分子有機物を提供する。有機物を分解する方法であって、分解対象となる有機物を用意する工程と、前記有機物に、有胞子好気性細菌の胞子形成に伴う細胞融解で生じる母細胞融解酵素群を適用する工程とを有するものであることを特徴とする。

    微生物の胞子化に伴う母細胞分解酵素を利用した有機物の分解方法

  8. 【課題・解決手段】本発明は、自然免疫及びそれに続くリンパ球の免疫を、細胞を痛めつけることなく活性化させることのできる効果的な免疫賦活物質を有する免疫増強組成物を提供することを目的とするものであり、バシラスsp.(Bacillus sp.)(FERM BP−11209)、リシニバシラスフシフォルミス(Lysinibacillus fusiformis)(FERM ...

    免疫増強組成物及びそれを製造する方法

  9. 【課題】 病害虫に強くまた雑草との競合にも強い生命力を持つ植物を育成する方法を提供すること。【解決手段】 外的又は内的ストレスに対する免疫又は生理活性が増強した植物を育成する方法であって、目的の植物に、有胞子好気性細菌の胞子形成に伴う細胞融解で生じる免疫賦活物質を有する植物免疫増強組成物を適用する工程を有し、前記免疫賦活物質は、前記有胞子好気性細菌を培養し、得られ...

    植物の育成方法およびそれに使用する組成物

  10. 【課題】細胞内における所定の生体物質の局在を制御する酵素の特定を通じて、当該生体物質の局在と疾患との特定する方法を提供すること、さらに、当該疾患の診断支援のための方法、当該疾患の治療薬のスクリーニング方法、及び当該疾患のモデル細胞を提供する。【解決手段】細胞内における所定の生体物質の局在の撹乱と疾患との関連を特定する方法であって、生体物質を検出可能に標識した試料細胞に...

    細胞内における生体物質の局在制御関連酵素の特定方法

  11. 【課題・解決手段】本発明は、細胞分泌プロセスを調節する方法を含む。より具体的には、本発明は、炎症細胞中の小胞又は顆粒からの炎症媒介物質の放出に関連する機序を阻害することによって、炎症細胞からの炎症媒介物質の放出を調節又は低下させることに関する。これに関して、本発明は、炎症細胞中の小胞からの炎症媒介物質の分泌を伴う疾患における薬理学的介入のためのいくつかの新規細胞内標的...

    炎症媒介物質を制御するための方法及び該方法において有用なペプチド

  12. 【課題・解決手段】腫瘍細胞抗原に結合する抗体または抗体断片を投与することによって、癌を診断し、検出し、または治療する方法であり、該癌は正常な隣接組織に対して上昇した腫瘍細胞抗原を発現する。該方法は、腫瘍細胞抗原KIAA1815、LOC157378、FU20421、DSCD75、GPR160、GPCR41、およびSLC1A5に結合する抗体の使用を含む。さらなる局面におい...

    抗−腫瘍細胞抗原抗体療法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、粒子マトリックスが少なくとも1種の活性薬剤が埋め込まれた少なくとも1種のタンパク質に基づくナノ粒子、タンパク質マトリックスに埋め込まれた少なくとも1種の活性薬剤を有するナノ粒子の製造方法、および、前記ナノ粒子の腫瘍の処置のための、特に化学薬剤に耐性を示す腫瘍の処置のための使用に関する。

    腫瘍細胞における耐性を克服するためのタンパク質ベースの担体システム

  14. 【課題・解決手段】本発明は、ロイコトリエン(特にロイコトリエンB4)阻害作用を有し、アレルギー、喘息、炎症、癌等の疾患の予防・治療に有用な化合物に関する。

  15. 【課題】異なる型の神経細胞中に分化する能力を有し、それにより細胞がニューロン細胞が投与される第一の位置から腫瘍細胞が存在する位置までの移動能力を有し、複数のニューロン細胞が腫瘍を囲むように周囲を移動する能力を有すること;そして浸潤性腫瘍細胞の跡をたどって浸潤性および転移性腫瘍を治療する能力を有するヒト神経幹細胞もしくはヒト神経幹細胞子孫のクローンの提供。【解決手段】生...

    脳腫瘍の治療のための移植可能な神経前駆および幹細胞

  16. 【課題・解決手段】本発明は、1つ以上のエフェクター部分および1つ以上のバインダー部分を含む合成二官能性非抗体化合物に関し、エフェクター部分はリンカーを介してバインダー部分と操作可能に連結され、エフェクター部分は少なくとも1つの病原体パターン認識受容体(PRR)に対するリガンドであり、バインダー部分は腫瘍細胞のマーカーと結合する。このエフェクターは、宿主の免疫応答を誘導...

    医薬目的のための新規な多官能性化合物

  17. 【課題・解決手段】本発明は神経疾患の、C5a受容体の活性を変調する能力を有する新規な環状ペプチドおよびペプチドミメティック化合物による治療に関する。前記化合物は好ましくはC5a受容体の拮抗剤として作用し、多形核白血球、単球、リンパ球および/またはマクロファージ上のC5a受容体に対抗して作用する。本発明の好ましい形態において神経疾患は、神経変性疾患、神経免疫疾患、血液脳...

    補体C5a受容体モジュレーターを使用する神経疾患の治療

  18. 【課題】加齢黄斑変性症及び関連状態を治療するために、AIM脂質複合体を提供。【解決手段】投与の必要な哺乳動物に、可溶性型又は微粒子型のApo A-I Milano("AIM")タンパク質、又はAIM:脂質複合体を投与することを含み、Apo A-I Milanoを、脂質又はリン脂質と複合体化でき、適切なリン脂質を含有する Apo A-I Milano粒子を用いた治療を含...

  19. 【課題・解決手段】本発明は、とりわけがんを処置する方法、がんを処置するための組成物、ならびにがんを診断および/または検出するための方法および組成物を提供する。とりわけ、本発明はFZD10過剰発現に関連するがんを処置、診断および検出するための組成物および方法を提供する。

    がんを処置、診断または検出する方法

  20. 【課題】蜂の子のタンパク質の分解を充分に行い、高品質の蜂の子加工飲食品を効率的な製造方法を提供する。【解決手段】乾燥させた蜂の子を粉末化して水に懸濁し、脂質分解酵素を添加して蜂の子の脂質を分解した後、タンパク質分解酵素を添加して蜂の子のタンパク質を分解する。また、タンパク質の分解を行った後、糖質分解酵素を添加して糖質を分解する。このとき、リパーゼを添加して脂質を分解し...

    蜂の子加工飲食品の製造方法、及び蜂の子加工飲食品

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5