放電ダル加工 に関する公開一覧

放電ダル加工」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「放電ダル加工」の詳細情報や、「放電ダル加工」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「放電ダル加工」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(102件中)1/6ページ目

  1. 【課題】高強度の鋼帯に対しても、十分な伸び率を付与すると共に、平坦度に優れた鋼帯の製造を可能とする調質圧延方法および鋼帯の製造方法を提供する。【解決手段】直径が250mm以上350mm以下のワークロールを備える多段式圧延機により、降伏応力が650MPa以上1300MPa以下の鋼帯を調質圧延する調質圧延方法であって、多段式圧延機のバックアップロールとして、各々が軸方向に...

    調質圧延方法および鋼帯の製造方法

  2. 【課題・解決手段】本発明は、第1ワークロール(2)と第2ワークロール(4)とを備え、パスラインを有する圧延ギャップが第1ワークロール(2)と第2ワークロール(4)との間に画成されるロールスタンドによってストリップを圧延するための方法に関する。ストリップの表面構造をプロセス信頼性が高い方法で制御でき、更には従来技術の諸欠点が回避される圧延方法を提供するという技術的課題は...

    ストリップを圧延エンボス加工するための方法および装置

  3. 【課題・解決手段】本出願はアルミニウム合金、そのアルミニウム合金を調製する方法、そのアルミニウム合金を含む、自動車のパネルなどの金属部品を作製する方法、及びそのアルミニウム合金から作製された自動車部品を開示する。

    多目的な熱処理可能アルミニウム合金、ならびに関連方法及び用途

  4. 【課題】アルミニウム合金を含む、自動車のパネルなどの金属部品を作製する方法を提供する。【解決手段】半連続鋳造した合金鋳塊を500℃超で2時間以上均質化し、コイリング温度280〜400℃にて中間的な厚さに熱間圧延し、冷間圧延に1回または複数回通して最終的な厚さにし、圧延のままの表面仕上げとするか、または最適化したシボ加工仕上げを施し、連続焼なましラインにおいてストリップ...

    多目的な熱処理可能アルミニウム合金、ならびに関連方法及び用途

  5. 【課題】 予備の圧延実験を必要とせず計算のみで十分に高い精度のピーク面圧と転写率との相関性を求めることができ、これにより荷重一定制御条件下での調質圧延後の鋼帯の表面粗さを所定の範囲に調節することのできる調質圧延方法、調質圧延装置、及び鋼帯の製造方法を提供すること。【解決手段】 鋼帯に対して圧延荷重を一定に制御した状態でワークロールにより調質圧延を行う調質圧延方法で...

    調質圧延方法、調質圧延装置、鋼帯の製造方法

  6. 【課題・解決手段】タンク製造工程でのプレス加工性、シーム溶接性およびタンク内面側の耐食性、特にタンク内面側の気相部での耐食性(以下、耐湿性と称す。)のそれぞれに優れ、かつ、新興国市場でのグルーバル調達性に優れた自動二輪車用として最適な自動二輪車燃料タンク用鋼板および燃料タンク部材を得る。片面めっき鋼板からなる自動二輪車の燃料タンク用鋼板であって、算術平均粗さRaが0....

    自動二輪車燃料タンク用鋼板および燃料タンク部材

  7. 【課題・解決手段】鋼板の表面形状を圧延成形するためのロールを提供する。ロール表面には複数の凸状ダル加工点が設けられ、各々のダル加工点とロール表面との間の接合部の形状は円形またはほぼ円形であり、当該円の直径は、50〜150μmであり、各々のダル加工点の突起高さは、2〜12μmであり、隣接するダル加工点同士の重畳量は、10%未満であり、1平方ミリメートル当たりのロール表面...

    鋼板の表面形状を圧延成形するためのロールおよびその製造方法

  8. 【課題】冷間圧延機による冷延鋼板の製造において、ロールの振動を防止することで、この振動に起因する鋼板の製品品質の低下を防止し、かつ、ロールベアリングの磨耗も防止できる冷延鋼板の製造方法および冷間圧延機を提供する。【解決手段】圧延スタンドの固有振動数と、ロールの振動周波数とを算出し、ロールの振動周波数が圧延機の固有振動数の予め設定した%の範囲と一致しないように、圧延スタ...

    冷延鋼板の製造方法および冷間圧延機

  9. 【課題】冷間タンデム圧延機で圧延を行うに際して、被圧延材の切断に伴って圧延速度が減速された場合でも、板厚変動を抑えつつ、安定した圧延を行うことができる冷間タンデム圧延機の圧延方法を提供する。【解決手段】被圧延材1の切断のために圧延速度の減速が開始され、予め定めた圧延速度になった時点で、その時にロードセル7が計測した最終スタンド(第5スタンド)の圧延荷重P0を板厚制御装...

    冷間タンデム圧延機の圧延方法

  10. 【課題】冷却ロールによる冷却効率と均一性を向上する。【解決手段】本発明の冷却装置は、通板方向に移動する被冷却材10に対して接触しながら回転する少なくとも1つの冷却ロール1を備え、冷却ロール1は、冷却ロール1の内部に設けられた冷媒供給路4及び冷媒排出路5と、冷却ロール1のロール周面2に形成された複数の凸部30と、ロール周面2に形成され、冷媒供給路4を通じて供給された冷媒...

    冷却装置及び冷却方法

  11. 【課題】荷重一定制御のような問題が生じず、また、高価なオンライン表面粗さ計がなくても、コイル内での変動があっても表面粗さを目標値に精度よく制御することができる鋼帯の調質圧延方法を提供すること。【解決手段】以下の式で表される粗さ転写パラメータpが一定となるように、圧延荷重および/または出側張力を調整して調質圧延する。p=α・pp+β・f ただし、pp:ピーク面圧(MP...

    調質圧延方法および調質圧延装置、ならびに鋼帯の製造方法

  12. 【課題】グロー放電発光分光分析法による測定結果から、金属AlおよびAl酸化物が混在している金属材料の表面近傍におけるAl酸化物の定量を容易に可能とする方法を提供する。【解決手段】本発明の金属材料の表面近傍におけるAl酸化物の定量方法は、グロー放電発光分光分析法による、金属AlおよびAl酸化物が混在している金属材料の表面近傍におけるAl酸化物の定量方法であって、前記金属...

    金属材料の表面近傍におけるAl酸化物の定量方法

  13. 【課題・解決手段】原料の噛み込み性を高め、効率よく原料を処理でき、良好な噛み込み性を長期間維持できる食品加工用ロールを提供することを目的とする。食品加工用ロールは、食品を変形あるいは粉砕する食品加工用ロール(1)であって、表面に散在するレーザーダル加工により形成される複数の凹部(2)を備えることを特徴とする。また、食品加工用ロールの製造方法は、食品を変形あるいは粉砕す...

    食品加工用ロールおよび食品加工用ロールの製造方法

  14. 【課題】特別な装置や工程が必要なく簡易な製造方法で、表面のスパングルムラのない溶融亜鉛系めっき鋼板を得る溶融亜鉛系めっき用鋼板の製造方法を提供する。【解決手段】鋼板表面の凹凸の大きさの分布が十点平均粗さ(Rzjis)が1〜5μmであり、中心線平均粗さ(Ra)が、0.1〜1.5μmである冷延鋼板を、冷間タンデム圧延の最終スタンドに供給し、前記最終スタンドは、圧延荷重を0...

    溶融亜鉛系めっき用鋼板の製造方法

  15. 【課題】高速で電気めっきを行う場合でも、通電ロールへのめっき液の巻付きを抑制し、鋼板と通電ロールとの間のスリップの発生を抑制することができる通電ロールのスリップ制御方法および電気めっき鋼板の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】冷延鋼板を、めっき液中に浸漬し、通電ロールから鋼板に電流を流して連続して電気めっきをする際に、前記通電ロールの表面の保水量を74.6...

    通電ロールのスリップ制御方法および電気めっき鋼板の製造方法

  16. 【課題】ワークロールから鋼板へのスケールの転写を抑制する。【解決手段】熱延鋼板10に曲げ変形を付与して鋼板10の表面からスケールを剥離するワークロール11を備えたテンションレベラー4である。前記ワークロール11の表面は、周方向及び軸方向に、線長1インチ当たりの凸数密度(PPI)が200以上650以下である。

    テンションレベラー

  17. 【課題】0.2%以上の伸張率及び70m/min以上の圧延速度で、引張強度1180MPaクラス以上、降伏強度980MPa以上の超高張力鋼板に対し調質圧延を施すこと。【解決手段】本発明の発明者らは、ワークロール3の表面平均粗さを10.0μm以上とすることによって、引張強度1180MPaクラス以上、降伏強度980MPa以上の超高張力鋼板に対して、既設の調質圧延機で対応可能な...

    鋼板の調質圧延方法及び超高張力鋼板

  18. 【課題】鋼帯の調質圧延を行うに際して、オンラインで使用可能な程度の短い計算時間で精度良く圧延荷重を推定することができる鋼帯の調質圧延の圧延荷重推定方法および装置を提供する。【解決手段】鋼帯の調質圧延における操業因子設定条件と実績伸び率と実績圧延荷重をデータベースとして蓄積し、予測対象である次コイルの操業因子設定条件と目標伸び率と、重み付けによる類似度が高い実績データに...

    鋼帯の調質圧延の圧延荷重推定方法および装置

  19. 【課題】マトリクス樹脂を強化繊維基材に良好に含浸することができる繊維強化樹脂シートの製造方法及びその製造装置を提供する。【解決手段】一対の押圧部材の間に、強化繊維が一方向に引き揃えられた強化繊維基材Fと、流動可能な状態のマトリクス樹脂Pとを供給し、一対の押圧部材11、12で、強化繊維基材Fとマトリクス樹脂Pとを押圧することにより、強化繊維基材Fにマトリクス樹脂Mを含浸...

    繊維強化樹脂シートの製造装置及びその製造方法

  20. 【課題】輪転機用のローラーの表面に装着される金属板が輪転機用のローラー表面に対してずれることを確実に防止することができる輪転機用のローラーを提供することを目的とする。【解決手段】版胴は、表面に金属板が装着される輪転機用のローラーであって、前記表面に、前記金属板が前記ローラーの径方向中心側に変形して当接することにより前記金属板が位置決めされる、散在した複数の凹部を備える...

    輪転機用のローラー及び輪転機用のローラーの製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6