支障移転工事 に関する公開一覧

支障移転工事」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「支障移転工事」の詳細情報や、「支障移転工事」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「支障移転工事」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(79件中)1/4ページ目

  1. 【課題】曲げたファイバへの側方光入出力を行う光学系において、出力光の受光を効率よく行い、入力光を高結合効率で対象物に入射できる光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法を提供する。【解決手段】ファイバプローブとしてレンズ付光学系13を用いて、受光はマルチモード大コアファイバ12、入射はシングルモードファイバ11を使用することによってマルチモード大コアファイバ...

    光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法

  2. 【課題】主光ファイバとの結合効率を入射方向及び出射方向とも改善できる光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法を提供する。【解決手段】光ファイバ側方入出力装置は、光ファイバ1を曲げた際の放射における第一回目の放射の方向に沿ってマルチモードファイバ12を設置し、第二回目の放射の方向に沿ってシングルモードファイバ11を設置し、マルチモードファイバ12で漏洩光を受...

    光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法

  3. 【課題】バックアップ用途以外の目的での無線ネットワークの利用を制限すると共に、バックアップに利用する無線アクセス回線の帯域を適切に確保できるようにする。【解決手段】データベースDBのバックアップ制御テーブルに、ユーザ側装置USが無線エリア内に存在する小エリアの無線基地局BSA,BSF、中エリアの無線基地局BSGおよび大エリアの無線基地局BSHのそれぞれについて、有線ア...

    ネットワークアクセスシステムとその制御装置、回線バックアップ制御方法およびプログラム

  4. 【課題】スプリッタ下部の光ファイバ心線に接続されたONU(Optical Network Unit:光回線終端装置)の動作状態を、スプリッタ上部の光ファイバテープにて短時間で一括して確認し得る光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法を提供する。【解決手段】光ファイバテープ心線モニタ用受光装置301は、側方光入出力装...

    光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法

  5. 【課題】スプリッタ下部の光ファイバ心線に接続されたONUの動作状態および前記ONUのMACアドレスを、スプリッタ上部の光ファイバテープにて短時間で一括して確認し得る光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法を提供する。【解決手段】光ファイバテープ心線モニタ用受光装置301は、側方光入出力装置のプローブファイバ20の先端そ...

    光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法

  6. 【課題】メタルケーブルの心線対照に係る作業を、所外側の作業者が所内側の作業者と同期して行うことなく迅速かつ適切に行うことを可能とする。【解決手段】対照心線特定装置100は、被対照心線319を介して伝送された対照信号を受信すると、被対照心線319を特定する心線番号情報、及び複数の対照心線301〜30nそれぞれの使用状況を示す回線状況情報を含む回線表示制御情報を生成し、こ...

    心線対照システム、心線対照方法、プログラム及び情報端末装置

  7. 【課題】伝送装置間を結ぶ光ファイバによる現用光線路に対し、光カプラを用いて光ファイバによる迂回光線路を結合して構成される二重化光線路で、両光線路を伝搬する信号の伝搬遅延量の一致もしくは不一致を確実に判定する。【解決手段】現用光線路を伝搬する光信号と迂回光線路を伝搬する光信号とをそれぞれ電気信号に変換するSFP23,24と、電気信号に変換した両信号を合波するOR回路25...

    信号二重化可否判定装置、信号二重化可否判定方法及び光線路の架設方法

  8. 【課題】既設光ファイバとプローブ光ファイバとの間で十分な光結合効率を得ることができ、より安定な光線路切替装置を提供する。【解決手段】既設の現用光線路#1に2箇所の曲げ部11、12を形成し、2箇所の曲げ部のうちONU1側の曲げ部11の曲げ半径を、現用光線路#1の全光信号が放射される限界曲げ半径より大きい曲げ半径とし、旧OLT21側に位置する曲げ部12を急峻とし、曲げ部1...

    光線路切替装置及び光線路切替方法

  9. 【課題】下部光分岐カプラにて上り試験信号光を入射しなくても上り試験信号光が得られるようにする。【解決手段】上り信号光を下部光分岐カプラ201にて分波し、その一方で得られる上り信号光の波長を試験信号波長に変換することで試験信号を得る。これにより、上部光分岐カプラ202において合波された上り信号光と試験信号光から光路長差を検出することが可能となり、上り信号光から試験信号光...

    光伝送路の二重化装置およびその二重化方法

  10. 【課題】光パルス試験器において、支障移転工事における工事前後の測定作業の利便性を高める。【解決手段】被測定光ファイバに光パルスを入射し、入射端に戻ってくる光を時間領域で測定する測定処理部と、操作受付部と、表示部と、操作受付部を介して第1測定開始指示を受け付けると、測定処理部に測定を開始させ、測定終了後に第1測定データとして記録し、操作受付部を介して第2測定開始指示を受...

    光パルス試験器

  11. 【課題】 二重化光線路の各光線路間の光路長を正確に一致させる。【解決手段】 伝送装置11,12間を結ぶ現用光線路13に迂回光線路14をWIC15,16により光結合した二重化光線路において、迂回光線路14中に試験光の光周波数をシフトする光周波数シフタ19と光路長を空間光学系により調整する光路長調整装置20を介在させ、一方のWIC15の空きポートからチャープパルス光に...

    二重化光線路の光路長差検出調整装置

  12. 【課題】光ファイバ側面における信号光の入出射効率を向上させるローカル信号光ファイバカプリング方法及びローカル信号光ファイバカプリング装置を提供することを目的とする。【解決手段】本ローカル信号光ファイバカプリング方法は、第1光ファイバ4の結合部6のコア径が他の部分のコア径より小さくなるように第1光ファイバ4を延伸する第1手順(図1(a))と、第1光ファイバ4の結合部6を...

    ローカル信号光ファイバカプリング方法及びローカル信号光ファイバカプリング装置

  13. 【課題】本発明の課題は、通信光の二重化時に生じる光干渉雑音を低減させる二重化線路による光通信切替システムを提供することにある。【解決手段】本発明は、所内伝送装置(送信機)1と所外終端装置(受信機)6との間に第1の光通信線路(現用線路)3と第2の光通信線路(迂回線路)4を接続して二重化線路を形成し、第2の光通信線路(迂回線路)4の中に前記通信光の光周波数を変化させる光周...

    二重化線路による光通信切替システム及び方法

  14. 【課題】通信が可能な状態と通信断の状態を交互に繰り返す場合であっても、より速やかに故障箇所を特定する。【解決手段】ユーザ宅に、光ファイバ伝送路で発生したエラーを検出するエラー検出部13と、エラー検出部13がエラーを検出したときに、光ファイバ伝送路に試験光を入射して光ファイバ伝送路の状態を測定するOTDR12とを備えた光ファイバ伝送路モニタ装置1を配置する。これにより、...

    光ファイバ伝送路モニタ装置及び光ファイバ伝送路モニタシステム

  15. 【課題】伝送ケーブルを抜去して運用回線を切り替える方法は、作業者が多重伝送装置に入力する伝送ケーブルを抜去して、伝送信号に障害信号を挿入するため、作業者が多重伝送装置を設置している局舎へ行って作業を実施する必要があった。また、ケーブル抜去の作業の人為的なミスやケーブル接続部にゴミ付着や故障の可能性があった。【解決手段】多数の伝送信号を一つの回線で伝送している多重伝送装...

    多重伝送装置、多重伝送装置を備えた冗長構成ネットワークおよび冗長構成ネットワークの障害信号の挿入方法

  16. 【課題】現用線路を伝搬する光信号の波長と迂回線路を伝搬する光信号の光波長の一致を防止する。【解決手段】制御装置の制御により、前記局側伝送装置からの光信号の波長を計測し、前記加入者側伝送装置からの光信号の波長を計測し、前記現用線路の遅延量と前記迂回線路の遅延量とを一致させ、前記迂回線路を介して前記局側伝送装置に送信される光信号の波長を調整して、前記現用線路からの光信号と...

    光通信線路切替装置及びその光波長調整方法

  17. 【課題】試験光を入射することなく光路遅延を測定可能とする。【解決手段】OLT11及びONU12間を結ぶ現用光線路18に対して迂回光線路19の両端部をそれぞれ光カプラ13、14により結合して構成される二重化光線路において、ONU12から発せられる第1の波長の上り信号光を下流側光カプラ14にて現用光線路18及び迂回光線路19に二分岐し、分岐された上り信号光を試験光として迂...

    二重化光線路の光路遅延測定方法とその測定装置

  18. 【課題】通信品質を劣化させずに光通信線路切替を可能とする。【解決手段】対向する局側伝送装置と加入者側伝送装置が現用線路を介して信号光を送受信し、伝送装置間のフレーム往復時間の測定値に基づいて通信のタイミングを管理する通信タイミング管理機能を備えた光通信システムに用いられ、前記現用線路と信号伝達時間が一致する迂回線路を構築し、通信状態を維持しながら別の新規線路に切り替え...

    光通信線路切替装置、光通信線路切替方法及び光信号パワー調整方法

  19. 【課題】本線路に対する副線路の正確な光路遅延の把握及び長短判別を光線路の一方端側から測定可能とする。【解決手段】時間tの関数である波長λ1のランダムパルス光信号を生成して光サーキュレータ119によって副線路19に入射した後、光カプラ14から本線路18に送出し、反射フィルタ118によりランダムパルス光信号を反射させ、その反射光信号を光カプラ14にて二分岐し、一方は副線路...

    二重化光線路の光路遅延測定方法とその測定装置

  20. 【課題】光スイッチ数が増えても、固定遅延の累積を抑制する。【解決手段】3×3光スイッチ161〜16(M+1)の機能として、光路長調整用の遅延光ファイバを通過して次の光スイッチに行く経路と、遅延光ファイバを通過しないで次の光スイッチに行く経路に加えて、以降の光スイッチへの接続を飛ばして、N×1光スイッチ18によりダイレクトに出力する経路(短絡路)の選択ができるようにし、...

    離散的光路長調整装置及び離散的光路長調整方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4