支障移転工事 に関する公開一覧

支障移転工事」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「支障移転工事」の詳細情報や、「支障移転工事」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「支障移転工事」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(29件中)1/2ページ目

  1. 【課題】交換所に入局することなく、所外線路の接続点にて、光ファイバの通信モニタが可能とする。【解決手段】光回線終端装置12から出力される上り光信号を少なくとも通信継続を維持可能な状態で既設の光ファイバ13から漏洩させる曲げ部131を形成する側方光入出力部と、曲げ部131に対向配置され、上り光信号の通信速度に応じて上り光信号を受光可能な受光面積を有するアバランシェフォト...

    通信モニタ用受光装置とその漏洩光取得方法

  2. 【課題】漏洩光を確実に捕捉することの可能な光ファイバ側方入出力装置を提供する。【解決手段】光ファイバ側方入出力装置は、曲げ部3を形成された光ファイバ1に曲げ部を介して光を入出力する光ファイバ側方入出力装置である。この光ファイバ側方入出力装置は、曲げ部3に断面を突き当てられ、断面を介して曲げ部に入射光を入射可能な入射用光ファイバ5と、曲げ部3と断面との間に設けられ、曲げ...

    光ファイバ側方入出力装置および光通信切替システム

  3. 【課題】伝送装置間の通信負荷が少ない場合であっても、現用光線路と迂回光線路の二重化光線路間の遅延差を測定し得る二重化光線路の光路遅延測定方法とその測定装置を提供する。【解決手段】ONUから送られる光信号(ランダム性を有する)を試験光として利用することで、信号処理及び結果表示部でランダムパルス信号のパルス列の類似性(相関)の一致から遅延差を計測する。信号処理及び結果表示...

    二重化光線路の光路遅延測定方法とその測定装置

  4. 【課題】バックアップ用途以外の目的での無線ネットワークの利用を制限すると共に、バックアップに利用する無線アクセス回線の帯域を適切に確保できるようにする。【解決手段】データベースDBのバックアップ制御テーブルに、ユーザ側装置USが無線エリア内に存在する小エリアの無線基地局BSA,BSF、中エリアの無線基地局BSGおよび大エリアの無線基地局BSHのそれぞれについて、有線ア...

    ネットワークアクセスシステムとその制御装置、回線バックアップ制御方法およびプログラム

  5. 【課題】スプリッタ下部の光ファイバ心線に接続されたONU(Optical Network Unit:光回線終端装置)の動作状態を、スプリッタ上部の光ファイバテープにて短時間で一括して確認し得る光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法を提供する。【解決手段】光ファイバテープ心線モニタ用受光装置301は、側方光入出力装...

    光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法

  6. 【課題】スプリッタ下部の光ファイバ心線に接続されたONUの動作状態および前記ONUのMACアドレスを、スプリッタ上部の光ファイバテープにて短時間で一括して確認し得る光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法を提供する。【解決手段】光ファイバテープ心線モニタ用受光装置301は、側方光入出力装置のプローブファイバ20の先端そ...

    光ファイバテープ心線モニタ用受光装置、光ファイバテープ心線モニタ方法、及び光回線モニタ方法

  7. 【課題】メタルケーブルの心線対照に係る作業を、所外側の作業者が所内側の作業者と同期して行うことなく迅速かつ適切に行うことを可能とする。【解決手段】対照心線特定装置100は、被対照心線319を介して伝送された対照信号を受信すると、被対照心線319を特定する心線番号情報、及び複数の対照心線301〜30nそれぞれの使用状況を示す回線状況情報を含む回線表示制御情報を生成し、こ...

    心線対照システム、心線対照方法、プログラム及び情報端末装置

  8. 【課題】伝搬速度に起因する誤差を許容遅延量以内に抑制し得る二重化光線路の遅延量調整装置を提供する。【解決手段】現用線路11と迂回線路12とにより二重化を確立するときに、伝送装置16から出射された波長λ1の信号光1の群速度v1、伝搬時間差調整器19で変換された波長λ1’の群速度v1’、波長λMEAの群速度vMEA、伝送装置15から出射された波長λ2の信号光2の群速度v2...

    二重化光線路の遅延量調整装置及び光線路切替方法

  9. 【課題】スプリッタ下部の光ファイバ心線に接続された光回線終端装置(ONU)の動作状態を短時間で確認し得る。【解決手段】光スプリッタ151上部の光ファイバ心線に曲げファイバ31を形成し、曲げファイバ31にプローブ32を対向配置し、プローブ32の後段にプローブ32の光ファイバ321のコア直径以上の受光直径を有するAPD331を対向配置し、プローブ32の光ファイバ321の曲...

    光ファイバ心線モニタ用受光装置及びそのモニタリング方法

  10. 【課題】通信光と近接する波長を持つ試験光を使用しながら、本来の通信に影響を与えることなく、既設伝送路と迂回伝送路との間の遅延量を精度良く調整できるようにする。【解決手段】現用光ファイバ102と迂回路との間の光路長差を一致させるための遅延制御を行う際に、迂回路構成ユニット10において、加入者側の伝送装置101から送信された上り信号光2000および局側の伝送装置100から...

    光伝送路二重化装置および方法

  11. 【課題】現用光線路から迂回光線路へのインサービスでの無瞬断切替を可能とする。【解決手段】本発明の迂回光線路システム10は、迂回開始端Sおよび迂回終了端Eにそれぞれ接続された所内光カプラ13および所外光カプラ14に両端が接続された迂回光線路16と、迂回光線路16の途中に設けられ、迂回光線路16を伝搬する信号の伝搬遅延量を調整する伝搬遅延量調整部17とを備えている。そして...

    迂回光線路の構築方法および迂回光線路システム

  12. 【課題】曲げたファイバへの側方光入出力を行う光学系において、出力光の受光を効率よく行い、入力光を高結合効率で対象物に入射できる光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法を提供する。【解決手段】ファイバプローブとしてレンズ付光学系13を用いて、受光はマルチモード大コアファイバ12、入射はシングルモードファイバ11を使用することによってマルチモード大コアファイバ...

    光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法

  13. 【課題】主光ファイバとの結合効率を入射方向及び出射方向とも改善できる光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法を提供する。【解決手段】光ファイバ側方入出力装置は、光ファイバ1を曲げた際の放射における第一回目の放射の方向に沿ってマルチモードファイバ12を設置し、第二回目の放射の方向に沿ってシングルモードファイバ11を設置し、マルチモードファイバ12で漏洩光を受...

    光ファイバ側方入出力装置及び光ファイバ側方入出力方法

  14. 【課題】伝送装置間を結ぶ光ファイバによる現用光線路に対し、光カプラを用いて光ファイバによる迂回光線路を結合して構成される二重化光線路で、両光線路を伝搬する信号の伝搬遅延量の一致もしくは不一致を確実に判定する。【解決手段】現用光線路を伝搬する光信号と迂回光線路を伝搬する光信号とをそれぞれ電気信号に変換するSFP23,24と、電気信号に変換した両信号を合波するOR回路25...

    信号二重化可否判定装置、信号二重化可否判定方法及び光線路の架設方法

  15. 【課題】既設光ファイバとプローブ光ファイバとの間で十分な光結合効率を得ることができ、より安定な光線路切替装置を提供する。【解決手段】既設の現用光線路#1に2箇所の曲げ部11、12を形成し、2箇所の曲げ部のうちONU1側の曲げ部11の曲げ半径を、現用光線路#1の全光信号が放射される限界曲げ半径より大きい曲げ半径とし、旧OLT21側に位置する曲げ部12を急峻とし、曲げ部1...

    光線路切替装置及び光線路切替方法

  16. 【課題】光パルス試験器において、スプリッタ下部の支障移転工事における工事前後の測定作業の利便性を高める。【解決手段】被測定光ファイバに光パルスを入射し、入射端に戻ってくる光を時間領域で測定する測定処理部と、操作受付部と、表示部と、操作受付部を介して第1測定開始指示を受け付けると、測定処理部に測定を開始させ、測定終了後に第1測定データとして記録し、操作受付部を介して第2...

    光パルス試験器

  17. 【課題】 接続部において、通過損失を増加させることなく、高パワー光の自己集束を抑えて損傷の発生しないようにする。【解決手段】 オイル状の屈折率整合剤12で充填された収容容器11の内部に、接続対象である第1、第2の光ファイバ13,14の端部全体を収容し、それぞれの端面が光軸上で対向するように突き合わせて配置固定する。屈折率整合剤12には、室温環境で光ファイバのコア部...

    光接続装置及びその接続方法

  18. 【課題】 光ファイバ接続替えによる物理的切断が生じても、瞬断を発生させない。【解決手段】 現用光線路光ファイバ1に対して光信号の入出力を行う一対の側方光入出力機構3,3’により迂回路光ファイバ2を現用光線路光ファイバ1に接続する。迂回路光ファイバ2にはその光通信を遮断・開通するための光スイッチング機構5と、光信号の増幅を行う光増幅機構6と、迂回路光ファイバ2にて光...

    光通信線路切替装置及びこの切替装置を用いた光通信線路切替方法

  19. 【課題】本発明は、OTDR測定と芯線対照を同時に行うことができる光ファイバ測定装置、光ファイバ測定システム及び光ファイバ測定方法を提供することを目的とする。【解決手段】本願発明の光ファイバ測定装置11は、変調光LK及びパルス光LPが重ね合わされた合波光LFを発生する光出力部21と、光出力部21の発生するパルス光LPが光ファイバ100aで反射された戻り光LBを受光する受...

    光ファイバ測定装置及び光ファイバ測定方法

  20. 【課題】本発明の課題は、迂回回線中で、一対の入力用偏波分離カプラと出力用偏波合成カプラ間に構成される偏波保持光ファイバよりなる二重化光線路の分岐比を偏波コントローラで変えながら光路長を変化させることにより、低損失で光路長を調整する光線路の光路長調整方法及び装置を提供するものである。【解決手段】本発明は、一対の入力用偏波分離カプラ13と出力用偏波合成カプラ18間に構成さ...

    光線路の光路長調整方法及び装置

  1. 1
  2. 2