後保持部材 に関する公開一覧

後保持部材」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「後保持部材」の詳細情報や、「後保持部材」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「後保持部材」の意味・用法はこちら

121〜140件を表示(142件中)7/8ページ目

  1. 【課題・解決手段】[目的] 任意数のタイル表面を弾力性のある保持部材で保持し、これを金型内に鉄板を介して載置して、該金型内にモルタルコンクリートを充填し、プレス成型した後、タイルが接着されたコンクリートブロックを取り出し、保持部材を外すことにより、手作業に比べて、タイル剥離もなく、施工が簡単で経済的な、タイルが接着された化粧平板および化粧ブロックの製造方法を提供する...

    化粧平板および化粧ブロックの製造方法

  2. 技術 給紙装置

    【課題】給紙装置の送出される用紙の斜行を防止し、分離ロールの着脱及びロールを保持する保持部材の着脱を容易に行うことができるようにした。【解決手段】用紙送出用分離ロール10の軸11を両端支持とし、少なくとも一方の支承部は軸11の上側と下側で支承する位置が異なる形状とし、軸の下側を支承する支承部21、31を軸中央側とし、また、軸の上側を支承する支承部22、32が弾性的に軸...

    給紙装置

  3. 【課題】略水平に保持した基板に対し処理液例えば現像液の供給を行なう場合において、現像液を撹拌し、均一性の高い現像処理を行うこと。【解決手段】表面に処理液(現像液)が液盛りされたウエハWを保持部材4により振動できる状態で保持し、ここにスピーカ3により第1の共振周波数の音波を発生させて、ウエハWを第1の共振モードで振動させ、次いでウエハWに対してスピーカ3により第2の共振...

    液処理方法及び液処理装置

  4. 【課題】プリフォームを十分に冷却しながら射出成形サイクルタイムを短縮し、しかも少ないブローキャビティ数でブローキャビティの稼動率を向上させた高効率、高生産率のブロー成形装置を提供する。【解決手段】プリフォームから容器をブロー成形する装置において、プリフォーム又は成形後の容器を一つずつ支持して搬送路上を搬送する複数の搬送部材330と、無端状駆動部材と、外部から供給される...

    ブロー成形装置

  5. 【課題】複数個の摩擦材セグメントを従来例よりも短時間でコアプレートの貼付面に貼付でき、それによって貼付条件のばらつきに起因する摩擦材セグメントのコアフ゜レート上での位置ずれを防止することができる、クラッチ用摩擦板の製造方法及び製造装置を提供することである。【解決手段】クラッチ用摩擦板の製造方法は、保持部材4の一面70aに複数個の摩擦材セグメント2を円周状に収納する収納...

    クラッチ用摩擦板の製造方法及び製造装置

  6. 【課題】材料費及び施工費用が低額となり、また構築した擁壁において経年使用によってアンカーバーが腐食した場合には、手軽に擁壁を補修することができる擁壁の構築方法を提供する。【解決手段】擁壁の構築方法であって、地盤上に取付孔を明けた第1段の壁体を立設し、この第1段の壁体の後方に取付孔の高さまで、下部盛土を供給して締め固め、この下段盛土上に第1段の壁体の取付孔を通してアンカ...

    擁壁の構築方法

  7. 【課題】抜枠鋳型のサンドメタル比や鋳物砂の砂性状が変わる場合においても適正な鋳物砂の分離を成す抜枠鋳型の鋳物砂分離装置を提供することを目的とする。【解決手段】注湯済みの枠付鋳型から砂鋳型を抜き上げる鋳型抜き上げ機2と、抜き上げられた抜枠鋳型Mを送り出す水平送出し機8と、該水平送出し機8の先端下方に設けられて、開き目の大きな第1格子9と開き目の小さな第2格子10とで構成...

    抜枠鋳型の鋳物砂分離装置。

  8. 【課題】ルシフェラーゼ等の発光試薬を試料に作用させて微生物量を高精度で検出する。【解決手段】検査面を拭き取り微生物を採取する測定シート2、該シート2をその表面に保持固定する保持部材3、及び該保持部材3と係合し発光量を測定する測光装置4でATPの測定装置1を構成する。微生物を採取後、測定シート2にATP試薬次いで発光試薬を散布し該シート2を発光させ検査面の微生物量を測定する。

    発光による微生物量の測定装置

  9. 【課題】水洗トイレ用水洗タンクの排水弁開閉装置として用いた場合、一定時間出力軸が排水口を開状態に保持し、一定時間後出力軸が瞬時に排水口を閉状態にし、小さな駆動力で足り、機械的強度を大きくする必要がなく、操作時の感触、操作性が良好な遅延作動装置を得る。【解決手段】原位置から一方向と反対方向に回転することができる出力軸7、出力軸7をどちらか一方に回転させたとき出力軸を所定...

    遅延作動装置

  10. 【課題】カートン表面の滑りの良否に関係なく、取出部に落下したカートンの位置を正規の位置に容易に修正して搬送不良の発生を防止できるようにする。【解決手段】カートンマガジン1から落下する途中のカートンKの前端部が摺接することによって、その前,後端縁が搬送方向に対し所定方向である直交する方向にほぼ一致するようにこのカートンKをガイドするガイド体45を設けている。そのため、落...

    箱詰め装置

  11. 【課題】粘着性のある特に水分の多い泥の付いた物質の解砕、選別、分級のための装置を提供する。【解決手段】泥掻き板1が、分離円板20の面に僅かな横の遊びで垂直に立っている帯状の鉄板であり、円板の外側の周辺では、円板の半径Rに対して相対的に鋭角αで保持部材10に弾力的に保持され、それ自体はその自由端6で円板を支持している軸21及びそのボス19に、ほヾ接線状に接している。

    粘着性のある特に水分の多い泥の付いた物質の解砕、選別、分級の為の装置

  12. 【目的】簡易な構成で受像紙上への不要カプセルの転写を防止でき、画像汚れの無い画像形成装置を提供することを目的とする。【構成】画像形成装置60内部には、カプセル保持部材44と、前記カプセル保持部材44にマイクロカプセル1を塗布するマイクロカプセル塗布部20と、露光部10と、転写部材45が設けられている。前記カプセル保持部材44は、円筒形状であり無数の貫通穴5を有している。

    画像形成装置

  13. 【課題・解決手段】本発明は、ヘルド又はドロツパのようなハーネス素子を経糸上に設けるための経糸引込み機に関する。通常このような経糸引込み機は、ばらばらにすることができるハーネス素子の積層体を受け入れてハーネス素子を分離装置へ供給する装置を備えており、分離装置は少なくとも1つの分離部材及び隔離部材を持ち、これらの部材は、積層体のそのつど一番前のハーネス素子を積層体から分離...

    ばらばらにされたハーネス素子を移送装置へ引渡す装置及び方法

  14. 【課題】基板を水平な姿勢にまで回動させ、その後の塗工を容易にすることができる基板回動装置を提供する。【解決手段】長方形の基板28の角部を保持する4つの保持部材160〜166と、4つの保持部材160〜166を設けた基板支持台154と、基板支持台154を垂直な姿勢から水平な姿勢まで回動させる回転アーム168、168とを有し、基板支持台154を傾斜した状態で固定して基板28...

    基板回動装置及びそれを使用した基板の塗工システム

  15. 【課題】分離工程で強固な吸着が得られ、その後保持部材から簡単に取りはずすことができるなど後の工程が容易になる半導体層の分離方法とその分離方法を用いた太陽電池の製造方法を提供する。【解決手段】半導体層4と半導体基板1の間に分離層2がある基板を用意する(a)。半導体基板1の分離層2との反対側の面を、半導体基板1と保持手段としての支持台15の間に薄くひいた水を冷却した氷層1...

    半導体層の分離方法および太陽電池の製造方法

  16. 【課題】ブローキャビティの稼動率を向上させた高効率、高生産率の射出延伸ブロー成形装置と方法を提供。【解決手段】プリフォーム成形ステーション10はプリフォーム成形ピッチにてN≧2個のプリフォームを同時に射出成形する射出成形部14を有する。ブロー形成ステーション300は移送ステーションを介して移送されたプリフォームをプリフォーム成形ピッチより広いブロー成形ピッチで搬送路に...

    射出延伸ブロ—成形装置及び方法

  17. 【課題】ロール本体の側壁に取付孔を形成することなく、ロール本体の長手方向中間部に設けた釣合重りでもって動的バランスを確保する。【解決手段】ロール本体1の長手方向中間部内面に、接着剤によって、略円筒状の短い保持部材3が固定される。保持部材3は、その周方向所定間隔毎に、複数の収納凹部4が形成されている。ロール本体1の両端に固定されたフランジ部材11、12に形成された開口2...

    ロールおよびその製造方法

  18. 【課題】射出成形サイクルタイムを短縮し、しかも少ないブローキャビティ数でそのブローキャビティの稼動率を向上させる。【解決手段】プリフォーム成形ステーション10では、射出成形部14で、N(N≧2)個のプリフォーム1を射出成形後、比較的高い離型温度にて射出キャビティ型を離型する。射出コア型によりプリフォーム1を冷却しながら、プリフォーム1をプリフォーム取出部に搬送する。取...

    射出延伸ブロー成形装置及び方法並びにブロー成形装置

  19. 【課題】トンネル内周を分割するセグメントの個数を少なくし、これによってセグメントの組付作業を軽減することができるシールド掘進機を提供すること。【解決手段】掘進機本体4と、掘進機本体4の前面に設けられたカッタディスク6と、掘進機本体4に周方向に間隔を置いて配設された複数個のシールドジャッキ28aと、掘削されたトンネル内面を覆うためのセグメントを組付けるためのエレクタ装置...

    シールド掘進機

  20. 【課題】被覆の保持力の調節を不要とし、被覆除去作業の容易化を図る。【解決手段】本発明工具1は、一対の保持部材2,3と、光ファイバ心線51の被覆57を径方向外側から切り込む複数の分割刃16と、保持部材2,3を近接離間自在に連結するスライド機構13と、保持部材2,3の離間移動時に被覆57との摩擦力により移動して被覆57を保持部材2,3の内面に押し付ける押圧手段32とを備え...

    光ファイバ心線の被覆除去工具及び被覆除去方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8