平衡巻線 に関する公開一覧

平衡巻線」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「平衡巻線」の詳細情報や、「平衡巻線」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「平衡巻線」の意味・用法はこちら

1〜11件を表示(11件中)1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】電池の正端子は、電池状態情報を通信するためのアンテナのグランドプレーンとして機能してもよい。電池の正端子は、第1の表面積を含んだ第1の導電性外面を含んでもよい。電池の負端子は、第1の表面積よりも小さい第2の表面積を含んだ第2の導電性外面を含んでもよい。アンテナインピーダンス整合回路は、通信回路、アンテナ、および電池の正端子に電気的に接続されてもよい。...

    正極電池端子アンテナのグランドプレーン

  2. 【課題】広帯域高周波、マイクロ波、またはミリ波ミキサシステムを提供する。【解決手段】ミキサシステムは、バランおよびミキサを含む。バランは、不平衡ポート201と、平衡ポート202、203と、互いに密にかつ磁気的に逆に結合される第1および第2のインダクタ204、205と、第1または第2のインダクタに磁気的に結合されない第3のインダクタ206とを有する。ミキサはバランの平衡...

    広帯域高周波、マイクロ波、またはミリ波ミキサシステム

  3. 技術 回転電機

    【課題】高次の高調波を低減することが可能な回転電機を提供する。【解決手段】この回転電機は、スロット12の数Nsを永久磁石22の極数Pと電圧の相数mとで除算した値である毎極毎相スロット数qが、分母が奇数であるとともに、分子が偶数である分数であり、複数のスロット12に配置される巻線14の電気的位相であるスロットベクトルは、各々のスロットベクトルの間のスロットベクトルピッチ...

    回転電機

  4. 【課題・解決手段】本発明により、従来設計がなされた同サイズのモーターと比較して、トルクを増加することができる最適化されたモーター設計が可能となる。さらに本発明により、スムーズで、リプルがなく、低速動作可能なモーターが得られる。上記の利点を備えたスロット/磁極比率を開示することを通じて、これらの進歩を提供する。

    高効率永久磁石ブラシレスモーター

  5. 【課題】電気接地変位電流を実質的に小さくするための方法および装置を提供すること。【解決手段】エネルギー伝達エレメント入力巻線とエネルギー伝達エレメント出力巻線とを有するエネルギー伝達エレメントである。一形態では、エネルギー伝達エレメント入力巻線は、エネルギー伝達エレメント出力巻線に容量結合されている。エネルギー伝達エレメントは、電気接地に容量結合されている。エネルギー...

    巻線構成要素によって生成される電気接地変位電流を、追加巻線を必要とすることなく実質的に小さくするための方法および装置

  6. 電子装置のためのアンテナ

  7. 【課題】一つのフェイズドアレイとその表裏の接続方法及び最も簡単な指向性合成回路の組み合わせにより、最小寸法、最小質量となる直交4ビームの超音波ドップラー送受波器を提供すること。【解決手段】超音波振動子を配列したフェイズドアレイの表面の結線と切替回路及び整相回路で結線方向と直角方向に位相分布を作り、位相分布方向の右上左下方向に前後2ビーム、前1ビーム、後1ビームの3種類...

    超音波フェイズドアレイ送受波器

  8. 【課題・解決手段】コギング推力を無くしたムービングコイル形のリニアモータを提供する。可動子(3)のコアをブロックコア(31)、(32)、(33)に分割し、各ブロックコアは、磁石ピッチPmの8倍の長さで9個のティース(4)を等ピッチPtでそなえ、各ブロックコアを相互間に磁石ピッチの2/3の間隙を設けて推力の方向に配置し、第1のブロックコア(31)は、ティース(4)を3個...

    リニアモータ

  9. 【課題】本発明は、二次電流の高調波によって引き起こされる一次電流の高調波を低減できる可変速誘導回転電機を提供することを目的とする。【解決手段】巻線形誘導回転電機の二次側の1極1相当たりのスロット数を偶数とし、同極同相で且つ電気角で30°ずれたスロットに挿入された巻線を分割して引き出し各々ダイオード整流器に直結して、二次回路のインピーダンスの殆どがインダクタンス分である...

    可変速誘導回転電機装置

  10. 【課題】電力系統に接続された同期機に対し、特定次数の系統高調波電流の吸収能力を与える如く機能する励磁制御装置の提供を目的とする。【解決手段】変流器7の検出信号中の6n±1次の3相高調波電流を高調波検出器4aで選択的に通過させ、この通過信号を回転座標変換回路4bにて系統基本波角周波数で回転する回転座標系の直交2軸上の成分として3相/2相変換すると共に,前記6n±1次3相...

    同期機の励磁制御装置

  11. 【目的】スロット数に制限を与えることなく、巻線ピッチの選定を適切に行うことのみによって誘起電圧の高調波成分を抑制できるようにする。【構成】図2は、起磁力高調波による誘起電圧の高調波成分について検討したものであって(a)は回転子巻線ピッチを80.0%にしたときの各固定子巻線ピッチ毎の誘起電圧の変化を示したグラフ図であり、(b)は固定子巻線ピッチを83.3%にしたときの各...

    交流励磁同期発電機