左官作業 に関する公開一覧

左官作業」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「左官作業」の詳細情報や、「左官作業」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「左官作業」の意味・用法はこちら

201〜209件を表示(209件中)11/11ページ目

  1. 【目的】防火性能に優れ建築用耐火ボードの提供を目的とする。【構成】建築用耐火ボードは、無機質系基板2の表面に、エトリンジャイトを主たる成分とする耐火被覆層3が積層されてなることを特徴とする。また、前記耐火被覆層3は、エトリンジャイトの他に、100〜1000℃で不燃性ガスを放出する無機化合物および/または酸化チタンを含有するものであることが好ましい。

    建築用耐火ボード

  2. 【課題】黒色や朱色の墨によって2種類の墨出し器を必要とする面倒さ、取扱い上の不利、作業上の不合理に対し、黒色、朱色、白色など複数色の墨が一つの器具から簡単、容易に出せると共に、取扱い易く、作業性の向上、保管上の有利さなど、合理的で実用上有益な墨出し器を提供すること。【解決手段】器具主体内部を複数分割した独立の筒体を設けると共に、それぞれ後部から先端に、墨糸巻取部、墨注...

    建築工事用墨出し器

  3. 【課題】軽量で耐荷重性能が良く、断熱効果が高く、且つ施工性の優れた屋上用断熱ブロックを提供すること、およびこの断熱ブロックを使用した建物あるいはコンクリートスラブへの重量の負担を軽減する屋上断熱構造を提供すること。【解決手段】(1)波形形状を有する無機材質板とフラットな形状を有する無機材質板とを複合化してなる屋上用軽量断熱ブロック。(2)コンクリートスラブの上に防水シ...

    屋上用軽量断熱ブロックおよび屋上断熱構造

  4. 【課題】下水道マンホール内下部に設けるインバート成形作業を容易にする。【解決手段】予め2枚の欠円板に分割した円板をマンホール内部へ導入後円板に組立てる。この円板の下面に仮組みされた直状の自在中子を面内方向に湾曲させながら、その両端をマンホールの流入配管口と流出配管口の流れ軸方向に合わせて円板に固定する。円板の設置高さを調整後、支持金具をマンホール直壁の内面に押し付けて...

    自在中子付インバート成型々枠

    • 公開日:1997/02/25
    • 出願人: 菅原健
    • 発明者: 菅原健
    • 公開番号:1997-053246号
  5. 【目的】良好な施工性,透水性および下地材への追従性が得られる舗装修正材を提供する。【構成】舗装修正材18は、結合剤を樹脂系とし、かつ、砂あるいは再生ゴムチップ等の骨材100重量部に対して1重量部ないし10重量部とする。

    舗装修正材

  6. 【構成】例えばセメント100重量部に対し、軽量骨材、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウム、砂および石こう等の中から選択される1種または2種以上の無機質粉粒体を10〜500重量部配合した組成物等からなる耐火材2を、剛性基板1上に積層してなる外壁用パネル。【効果】外壁用パネルPを建築躯体に取り付けるだけで大壁等の外壁を形成できるので、モルタル塗工作業等、高い熟練度が必要な湿...

    建築物の外壁用パネル

  7. 【目的】コンクリート建築物の手摺取付作業の職種を合理化してその作業を行う技能者を減少し、一体化した手摺の取付けを一括で施工して完了し、作業能率を向上して工期が短縮しコストを安くできて実用上有益なコンクリート建築物における手摺の取付方法およびその取付装置を提供する。【構成】手摺(a)の手摺支柱(1)の下面には外周面を凹凸状に形成した固定ボルト(2)を突設し、コンクリート...

    コンクリート建築物における手摺の取付方法およびそ                        の取付装置

  8. 【目的】左官小屋を工場製のユニット式の仮設ハウスとすることにより、設置、撤去が容易で経済的であり、見栄えが良く、左官用材料を安全に保管し、しかも作業能率の向上を可能とするユニット式の左官小屋を提供する。【構成】左官小屋は、仮設ハウス1の桁行き方向の両側の床を混練場bに構成するとともに、両方の混練場bに上床の支持材4cを設けて一方の混練場bの支持材4c上に移動床4を取外...

    ユニット式の左官小屋

  9. 【目的】より高い耐火性能を有する耐火被覆材を提供する。【構成】耐火被覆材の組成として、未焼成バーミキュライト、無機質繊維、水硬性セメント及び/または水ガラスよりなるバインダー、および、700℃以内に分解する炭酸水素化合物、1000℃以内に分解する炭酸塩化合物、800℃以内に分解する水酸化化合物のうちいずれか一種または二種以上を必須要素とし、さらに任意要素として、再乳化...

  1. 1
  2. ...
  3. 6
  4. 7
  5. 8
  6. 9
  7. 10
  8. 11