左官作業 に関する公開一覧

左官作業」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「左官作業」の詳細情報や、「左官作業」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「左官作業」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(207件中)1/11ページ目

  1. 【課題】下階に立てるサポートを無くすことができ、複雑な形状のバルコニー床を精度良く簡単に構築することのできるバルコニー床のプレキャスト施工方法を提供する。【解決手段】躯体10の床に定着するスラブ筋32を側面から突出させたプレキャストのバルコニー床22を製作する工程と、躯体10におけるバルコニー床22設置面に沿って配置されている大梁12と直交する方向に支保用受梁16を突...

    バルコニー床のプレキャスト施工方法

  2. 【課題】打設されたコンクリート構造物の表面を平滑な面で、ピンホール、アバタ、クラック等の無い平坦面とし得る透水性のある型枠用シート及びそれを用いた型枠を提供する。【解決手段】不織布原反を圧縮成形した一体的な型枠用不織布シート10であって、表層10aの繊維密度が裏層10bの繊維密度よりも大きく、表層の表面に位置する熱可塑性樹脂繊維同士が熱融着して表面の粗さの平均偏差が裏...

    型枠用不織布シート及びそれを取り付けた型枠

    • 公開日:2019/08/01
    • 出願人: 馬場茂 、...
    • 発明者: 馬場茂
    • 公開番号:2019-127722号
  3. 【課題】 本発明の目的は、熟練を必要とせずに簡単に塗り壁材の乾燥を防止することが可能な左官工事用シートおよび塗壁仕上げ方法を提供することである。【解決手段】 本発明は、塗り壁材の乾燥を防ぐためやモルタルやコンクリートの養生に使用される左官工事用シート100であって、硬質な素材で形成され長手方向に伸張した壁面固定部10と、前記壁面固定部10の一端に設けられたフィルム...

    左官工事用シートおよび塗壁仕上げ方法

    • 公開日:2019/02/07
    • 出願人: 清水豊
    • 発明者: 清水豊
    • 公開番号:2019-019556号
  4. 【課題】 熟練者と学習者との間における属性(性別、年齢、体格、筋力、身長、握力、腕の長さ、脚の長さ等)の差違を考慮して、学習者に過度の負担を掛けることなく、熟練動作を適切に教示する。【解決手段】 熟練者の属性に関するデータを取得するための熟練者属性データ取得手段10と、熟練者の動作データを取得するための動作データ取得手段20と、取得した動作データを、熟練者の属性に...

    熟練動作教示システム

  5. 【課題】 定型防水面材を用いた防水床部の改修方法であって、既存の防水床部と同じ防水仕様で施工することができ、改修工事自体をより容易にすることができるとともに、防水性能への信頼性を高めることができる防水床部の改修方法を提供する。【解決手段】防水床部の改修方法は、所定形状に形成され床下地3上に敷設された既設防水面材2の上に、新設防水面材4を重ねて施工する防水床部の改修方...

    防水床部の改修方法

  6. 【課題】 施工管理業務の省力化を図るとともに正確かつ適切に施工状況を把握して、施工情報の蓄積を継続的に行うことを可能とする。【解決手段】 作業者または作業機械の少なくとも一方からなる工程判別対象の動作を撮影する撮影手段10と、撮影手段10で撮影した動作映像に基づいて工程判別対象の動作パターンを解析する動作パターン解析手段20と、工程判別対象に関する複数の動作パター...

    工程判別システム及び工程判別方法

  7. 【課題】塗装、防水、左官工事の際の塗布面と塗布面外との見切りを美しく、鮮明に綺麗に行う事の出来る縁切りマスキングテープを提供する。【解決手段】材質が紙或いは樹脂で厚みが0.1mmから0.3mmで幅が10mmから30mmの片面接着型のテープで接着面aの最端に太さが0.05mmから0.3mmのステンレス、タングステン、鋼鉄等或いは金属以外のフィラメント全般を材質としたワイ...

    縁切りマスキングテープ

  8. 【課題】VR空間内において作業を実施でき、しかも、適切な作業を実施した状態を体感させることができる作業動作教育システムを提供する。【解決手段】建設現場の作業を教育するシステムであって、教育を受ける作業者が装着し作業者に視認させるVR画像を表示するVR画像表示装置2と、作業者が保持する鏝モデル5と、作業者が装着する、作業者の体に力を加える駆動部10と、鏝モデル5の動きに...

    現場作業教育システム

  9. 【課題】鉄筋コンクリート補修用防せい材及び断面修復材として使用可能なポリマーセメントモルタル組成物を提供することを提供すること。また、より簡素で、補修した部分の鉄筋を充分に防錆した上で補修できる鉄筋コンクリートの補修方法を提供すること。【手段】セメントと、亜硝酸塩、ポリマーディスパージョン、膨張材、フライアッシュ、遅延剤、消泡剤、有機繊維及び細骨材を含有し、特定の亜硝...

  10. 技術 左官用鏝

    【課題】一つの柄に各種の鏝板を交換して使用でき、塗る面に応じて適切な手の持ち角に柄の方向を変換して使用できる左官用鏝を提供する。【解決手段】鏝板1の上面に直立させた鏝首3に鏝板1の上面と平行な柄1を備えた左官用鏝において、鏝首3に、鏝板1の上面に固着した横断面が同径同形の2本の六角ビット5と、柄2の下面に固着した各六角ビット5に嵌合可能な六角ソケット6と、六角ソケット...

    左官用鏝

  11. 【課題】耐久性を向上させたコンクリート基礎を提供する。【解決手段】コンクリート基礎10Aは、立ち上がり部12(121、122)を有し、立ち上がり部12の側面および天端面には、コンクリートの中性化を抑制する養生シート30が設置されている。

    コンクリート基礎およびその製造方法

  12. 【課題】コンクリート基礎の施工と、コンクリート基礎への養生シートの設置とを同時に行うことができるコンクリート基礎の製造方法を提供する。【解決手段】コンクリート基礎10Cは、立ち上がり部12(121、122)を有し、立ち上がり部12の内周面の高さ方向全長に養生シート30が一体化され、外周基礎121の外周面の高さ方向全長に化粧シート500が一体化され、立ち上がり部12の内...

    コンクリート基礎およびその製造方法

  13. 【課題】柔らかなコンクリートでも仕上げ作業ができる床仕上げ用ロボットを開発することを目的とする。【解決手段】駆動用モータと回転する鏝機構を備えた鏝装置とバッテリーとを機体フレームに装着した床仕上げ用ロボットであって、機体フレームと、機体フレームの中央で、下方に駆動用モータを配置し、機体フレームの長手方向の前後に鏝装置を配置し、機体フレームの上方側であって、前後の鏝装置...

    床仕上げロボット

  14. 【課題】コンクリートやモルタルを保護し得る、被覆モルタルであり、左官施工性、ポンプ圧送性、垂れ抵抗性、付着性、形状寸法安定性及びひび割れ抵抗性に優れ、更に耐酸性に優れる耐食性モルタル組成物を提供。【解決手段】セメント用ポリマーを実質的に含まずに、(A)セメントと、(B)高炉スラグ微粉末と、(C)フライアッシュと、(D)膨張材と、(E)カルシウムとアルミニウムを化学成分...

  15. 【課題】ポンプ圧送性に優れ、従来の吹付け材料よりも高吐出性が得られ、厚吹き性が向上し、吹付け後から短時間における強度発現性に優れ、左官仕上げ性においても従来の補修材と同等以上であるセメントモルタル吹付け工法を提供する。【解決手段】セメント100質量部に対して、骨材100〜300質量部、急硬材1〜15質量部、収縮低減剤0.1〜8.0質量部、長さ12mm以下の短繊維0.0...

    セメントモルタル吹付け工法

  16. 【課題】消臭効果のある漆喰組成物を用いた漆喰粘着シートの提供。【解決手段】合成樹脂製フィルム基材1の一方の表面に、消石灰、着色・体質顔料及び水溶性結合材樹脂を含有する漆喰顔料層2が、80〜200g/m2の塗布量にて設けられており、合成樹脂製フィルム基材1の他方の表面には、粘着剤層3及び剥離ライナー4がこの順に積層されており、漆喰顔料層2を構成する固形分のうち、着色・体...

    漆喰粘着シート

  17. 【課題】木材に空いた蟻道に樹脂を注入して補強する方法であって、注入の確実化、防蟻性の確実化、補強機能の確実化を図る。【手段】補修剤10は、エポキシ樹脂等の樹脂10aを主剤として、これにガラスバルーン10bのような強度低下材料と、チアメトキサム10cのような防蟻剤とを混合した構成になっている。ガラスバルーン10bの存在により、硬化後の補修剤10は木材部分と同様のしなりを...

    木材の補修方法及びこれに使用する補修剤

  18. 【解決する課題】鉄筋コンクリート床に熱媒体パイプを適正に設定する。【課題を解決するための手段】 鉄筋(12)を縦横に網目状に組んで構成される上部鉄筋層(12A)と下部鉄筋層(12B)と、これら上部鉄筋層と下部鉄筋層との間に暖房や冷房用の熱媒体を通すための熱媒体パイプ(14)を配管し、生コンクリートを打設して鉄筋コンクリート床を作るのに使用するパイプホルダー(10)。...

    熱媒体パイプホルダー及び該ホルダーを用いて鉄筋コンクリート床を造る方法

  19. 【課題】この発明は、建築工事において戸建住宅、集合住宅、公共施設建築等の内装仕上げを中心に、漆喰仕上げを1工程内で二段塗り工法で完成させる工法システムの提供。【解決手段】せっこうボード等により構成された壁面の表面を漆喰塗りで仕上げる場合に、本工法に適した粘度特性に調整した二段塗用漆喰組成物を発砲ポリウレタン製多孔質ローラカバーにより構成されたローラにより漆喰組成物を塗...

  20. 【課題】厚塗りが可能で、過大な曲げモーメントやせん断力を受けても、ひび割れを微細なレベル(通常0.1mm程度)に抑制できるという硬化型セメント系複合材料の利点を生かしながら、補修面が急勾配、鉛直、天井面に対して塗りつける際の施工性(厚塗り、垂れ、剥離)と所定の品質を確保できる補修用硬化型セメント系複合材料およびそれを用いた補修工法を提供する。【解決手段】補修面に塗りつ...

    補修用硬化型セメント系複合材料およびそれを用いた補修工法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 11