実験水準 に関する公開一覧

実験水準」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「実験水準」の詳細情報や、「実験水準」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「実験水準」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(186件中)1/10ページ目

  1. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ後処理の考慮を不要にした反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】CaF2を用いない溶銑脱硫処理であって、質量%で、CaO濃度を35〜60質量%確保し、Al2O3をCaOの0.5〜0.8倍の割合で含有し、かつ、酸化鉄濃度を6質量%以上、SiO2濃度を5質量%以下の精錬スラグを用いて溶銑温度136...

    溶銑脱硫方法

  2. 【課題】吸収性物品の形状を、折り誘導線に沿って肌側に突出するような折れ曲がり形状に安定して維持し易くすることにある。【解決手段】互いに直交する長手方向と幅方向と厚さ方向とを有した吸収性物品である。液体吸収性繊維を有する吸収体を有する。前記吸収体は、前記厚さ方向の肌側に突出して折れ曲がるように誘導する折り誘導線を前記長手方向に沿って有する。前記吸収体は、前記折り誘導線を...

    吸収性物品

  3. 【課題】離型層の耐熱性が高く、加熱工程を経た後にも離型性が良好であり、電子機器物品内で用いられる保護層転写用工程フィルムや、固体高分子型燃料電池の触媒層転写用工程フィルムなどに好適に用いられる耐熱離型フィルムを提供する。【解決手段】基材フィルムと、前記基材フィルムの少なくとも一方の面に離型層を有する離型フィルムであって、前記離型層を形成している樹脂組成物が、ポリアリレ...

  4. 【課題・解決手段】本発明は、連続鋳造機で鋳造されている鋳片の二次冷却方法及び二次冷却装置であって、前記連続鋳造機は、鋳型の下方の二次冷却帯に、鋳片の厚み方向の両側から鋳片を支持する複数対の支持ロールを有し、前記連続鋳造機の鋳造方向に沿って隣り合う支持ロールの間に冷却装置が配置され、前記冷却装置は、冷媒を供給する冷媒管及び冷媒を鋳片上に拡げるための平板状の冷媒ガイド板を...

    連続鋳造鋳片の二次冷却方法及び二次冷却装置

  5. 【課題・解決手段】本発明の課題は、非特異吸着による偽陽性の問題を防止し、発生するノイズの増加を抑え、低濃度から高濃度にわたる広範囲の濃度域において測定対象物質の高精度の測定を実現することができるキット、方法及び試薬を提供することである。本発明によれば、測定対象物質と特異的な結合性を有する第一の結合物質で修飾された、標識を有する第一の粒子と、上記測定対象物質と特異的な結...

    測定対象物質を測定するためのキット、方法及び試薬

  6. 【課題】溶銑段階の処理で、CaF2を用いることなく、低コストでかつ高温での溶銑操業を回避した反応効率の高い溶銑脱硫方法を提供する。【解決手段】Si濃度が0.3〜1.0質量%の溶銑に対して、CaO濃度が35〜60質量%、(Al2O3+SiO2)/(CaO)が0.5〜0.8、(SiO2)≦0.8×(Al2O3)、酸化鉄濃度が6質量%以上の条件を満たす精錬スラグを用い、溶銑...

    溶銑脱硫方法

  7. 【課題】貴金属、セレン及びテルルを含む酸性液から、貴金属とセレンとテルルを個別に回収する方法を提供すること。【解決手段】貴金属、セレン、及びテルルを含む酸性液の処理方法であって、(1)前記酸性液に、液温を50℃以上の状態で二酸化硫黄、亜硫酸、亜硫酸塩のうちの少なくとも1種を供給して、前記貴金属、セレン、及びテルルを含む沈殿物を得る沈殿工程、(2)前記沈殿物を固液分離し...

    貴金属、セレン及びテルルを含む酸性液の処理方法

  8. 【課題】フィルム特性に対するフィルム形状のばらつきの影響を最小限に抑えたフィルム及びその設計方法を提供する。【解決手段】延性を備えたフィルムは、所定方向における第1斜面部の長さと頂上部の長さと第2斜面部の長さの和をLとし、所定方向に直交する方向における頂上部と底面部の距離をHとし、所定方向における第1斜面部の長さと頂上部の長さと底面部の長さと第2斜面部の長さの和をPと...

    延性を備えたフィルム及び延性を備えたフィルムの設計方法

  9. 【課題】有機溶剤を含まない紫外線硬化型モノマーを塗料として用いて、特定の高圧力による工程制御を伴うプロセスフローで均一な混合流体の塗工を行う場合に、平面性に優れ、外観品位が良好な塗膜を得ること。【解決手段】紫外線硬化型アクリル系モノマーを含む紫外線硬化型塗料を有機溶剤で希釈することなく8MPa以上の条件で1次混合器に供給する工程と、臨界圧力以上の二酸化炭素を前記1次混...

    紫外線硬化型塗料の塗工方法、紫外線硬化膜の製造方法および積層フィルムの製造方法

  10. 【課題】本発明は、発熱性及び温度保持性が良好であって、かつ安全性にも優れる加水発熱剤を提供する。【解決手段】活性度が異なる2種以上の生石灰組成物およびアルミニウム粉からなる主剤と、アルカリ金属塩を含有する助剤とからなる加水発熱剤である。

    加水発熱剤

  11. 【課題】 高い画像品質を実現可能な光電変換装置を提供する。【解決手段】 P型の不純物領域100は、シリコン層10の中であって受光面11に対して垂直な方向において電荷蓄積領域102に対して受光面11とは反対側の部位において硼素濃度が最大値を示す基準部110と、深さ方向Zにおいて基準部110に対して電荷蓄積領域102の側とは反対側に位置する深部111を有し、基準部11...

    光電変換装置および撮像システム

  12. 【課題】比較的厚い、例えば厚さ0.6m以上のセメント硬化体に対して、自己相関等の解析手法を用いなくとも、フーリエ変換処理のみで弾性波伝播速度を安定かつ効率的に測定する衝撃弾性波測定方法を得ることを目的とする。【解決手段】セメント硬化体の衝撃弾性波測定方法であって、半径Rが1.5cmを超え20cmより小さく、0.1kgを越え100kg以下の質量の球状打撃面を有する振り子...

    セメント硬化体の衝撃弾性波測定方法

  13. 【課題】金属を主体とする基材と含フッ素樹脂を主体とする樹脂層とを備える金属−樹脂積層体において、含フッ素樹脂層が有する有利な特性を充分に維持しつつ、基材と樹脂層との間で剥離が起こらない程度に充分な接着性が保持される金属−樹脂積層体を提供する。【解決手段】金属−樹脂積層体10は、基材20と、含フッ素樹脂層30と、を備える。基材20は、第1の表面40Aを有する金属層40と...

    金属−樹脂積層体

  14. 【課題】現場で実施することが難しい工程を要しないソイルセメントの強度判定方法および強度判定システムを提供する。【解決手段】あらかじめ把握されている、ソイルセメントに対する土質材料の質量比が所定の値であるソイルセメントの固結試料の強度と、セメントと水の質量比と、土質材料に対する所定の粒径以下の細粒分の土粒子の質量比との関係に、取得した土質材料に対する所定の粒径以下の細粒...

    ソイルセメントの強度判定方法および強度判定システム

  15. 【課題】窒化マグネシウム粉末として容易かつ高収率で製造する方法の提供。【解決手段】反応前段部に1100℃以上1500℃以下に加熱するゾーン及び反応後段部に100℃以上800℃以下に加熱するゾーンを連続して有する反応装置を用い、次の工程(a)及び(b)を連続して行うことを特徴とする窒化マグネシウム粉末の製造法。(a)アルゴンガス雰囲気下、金属マグネシウムを、1100℃以...

    窒化マグネシウム粉末の製造法

  16. 【課題・解決手段】本発明は、SLIT−ROBOシステムを利用した筋減少症の予防または治療用組成物に関することで、より詳細には、slit1、slit2、slit3、robo1、robo2、およびこれらの断片から選ばれた遺伝子またはその発現タンパク質を有効成分として含有する筋肉疾患の予防および治療用、または筋機能改善用組成物に関する。

    SLIT−ROBOシステムを利用した筋減少症の予防または治療用組成物

  17. 【課題・解決手段】本発明の課題は、非特異吸着による偽陽性の問題を防止し、発生するノイズの増加を抑え、低濃度から高濃度にわたる広範囲の濃度域において測定対象物質の高精度の測定を実現することができるキット、方法及び試薬を提供することである。本発明によれば、第一の結合物質で修飾された、標識を有する第一の粒子と、第二の結合物質で修飾された、標識を有しない第二の粒子と、上記第一...

    測定対象物質を測定するためのキット、方法及び試薬

  18. 【課題・解決手段】第一受付部81は、実験の操作を示す複数のノード、操作の結果を示す複数のノード、実験の操作と操作の結果との因果関係を示すエッジを含むグラフを入力として受け付ける。第二受付部82は、実験の操作と操作の結果との因果関係の程度を示す情報、またはその因果関係の強さを推定可能な過去の実験結果を入力として受け付ける。出力部83は、第一受付部81が受け付けた入力と、...

    実験計画最適化装置、実験計画最適化方法および実験計画最適化プログラム

  19. 【課題】添加量が多少過剰であってもコンクリートの凝結遅延が発生せず、強度や流動性が十分得られ、かつ、工程も簡便な高強度フレッシュコンクリートの製造方法を提供する。【解決手段】固形分濃度10〜30%のスラッジ水と、JIS A 5308「レディーミクストコンクリート」附属書D「トラックアジテータのドラム内に付着したモルタルの使用方法」の規定に適合する付着モルタル安定剤とを...

    高強度フレッシュコンクリートの製造方法

  20. 【課題】本発明は、焼結鉱製造工程の評価方法に関し、特に焼結鉱製造工程における焼結鉱強度と焼結鉱生産速度について、大規模実験を用いず、焼結鉱製造工程を模擬した実験と、固体燃料の燃焼速度とから簡便に評価することを可能にする方法を提供する。【解決手段】少量の焼結模擬試料を用い、燃焼条件を加熱装置、酸素分圧、送風量によって制御した焼結模擬試験と、燃焼に伴い発生したガスの分析結...

    焼結鉱製造工程の評価方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10