実験方法 に関する公開一覧

実験方法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「実験方法」の詳細情報や、「実験方法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「実験方法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(19,142件中)1/958ページ目

  1. 【課題・解決手段】経口摂取することにより、筋肉の柔軟性を高める組成物を提供する。n−3系高度不飽和脂肪酸を有効成分として含有する経口摂取により筋肉を柔軟化させるための組成物である。n−3系高度不飽和脂肪酸は、遊離脂肪酸、低級アルコールエステル、又はn−3系高度不飽和脂肪酸を構成脂肪酸として含有するグリセリド又はリン脂質の形態が好ましく、具体的には、エイコサペンタエン酸...

    筋肉を柔軟にするための組成物

  2. 【課題・解決手段】多能性幹細胞を、ヘパリン結合性増殖因子を含む培地を用いて体細胞に分化誘導する方法において、ラミニンE8フラグメントとヘパラン硫酸プロテオグリカンの増殖因子結合部位を含むフラグメントとが連結したコンジュゲートを細胞に接触させることを特徴とする分化誘導方法を提供する。本発明により、多能性幹細胞から任意の体細胞へ高効率で分化誘導することができる。

    多能性幹細胞から体細胞への分化誘導方法

  3. 【課題】液中における超微細気泡を短時間で効率よく脱泡することができる超音波脱泡方法及び装置を提供すること。【解決手段】本発明は、直径1μm以下の超微細気泡を含む被処理液W1に対し、200kHz以上の超音波を照射することにより、被処理液W1中の超微細気泡を消滅させてその数密度を減少させる超音波脱泡方法に関する。この場合、400kHz以上の超音波を20W以上のパワーで10...

    超音波脱泡方法及び装置、脱泡滅菌水の製造方法

  4. 【課題】所望とする性状の金属ナノ粒子を比較的簡単にかつ確実に得ることができる金属ナノ粒子の製造方法を提供すること。【解決手段】本発明は金属ナノ粒子の製造方法に関する。まず、加圧溶解法で作製した直径1μm以下の超微細気泡を含む金属ナノ粒子合成用溶液4を容器7内に導入する。その際、溶液4中における超微細気泡の数密度を1×109/mL以上に調整し、かつ溶液4のpHを9以下に...

    金属ナノ粒子の粒径制御方法、粒径分散値制御方法、粒子形状制御方法、金属ナノ粒子の製造方法

  5. 【課題】コンテンツの映像の上に重ねた文字情報を見やすく表示する。【解決手段】文字スーパー合成装置1において、映像特徴量計算部11は、複数の映像フレームからなる1カット又は1シーンあるいは1映像フレームを文字レベル制御単位とし、背景映像の映像信号に含まれる映像フレームの輝度に基づく映像の特徴量を文字レベル制御単位で計算する。文字レベル制御部13は、計算された特徴量に基づ...

    文字スーパー合成装置及びプログラム

  6. 【課題】洗浄性能を向上させることができるドラム洗濯機を提供する。【解決手段】内部に水を溜める外槽3と、外槽3内に回転自在に支持される断面凹状のドラム4と、外槽3内の水を汲み上げてドラム4に通じる循環流路31,32に供給する循環ポンプ40と、を備え、循環流路31,32に供給された水を吐出する吐出部は、ドラム4の開口部4b側と底面部4d側とに設けられている。ドラム4の底面...

    ドラム洗濯機

  7. 【課題】ハマナス抽出物を含む食品組成物及びその製造方法の提供。【解決手段】i)ハマナス果実を水で洗浄して熱風乾燥するステップ、ii)前記i)ステップで熱風乾燥したハマナス果実を粗粉砕するステップ、iii)前記ii)ステップで粗粉砕したハマナス果実に溶媒を加えて抽出した後に濃縮してハマナス果実抽出物を得るステップ、及び、iv)前記iii)ステップで得られたハマナス果実抽...

    ハマナス抽出物を含む飲料の製造方法

  8. 【課題・解決手段】本発明は、加工残留応力分野に属し、パラメーター反転計算により残留応力加工パラメーターを調整する方法を開示している。当該方法は、(a)残留応力分布曲線より当該残留応力分布の特徴を示す特徴指数を取得するステップと、(b)残留応力を調整する加工パラメーターの初期値を予め設定し、且つ特徴指数の初期値を計算し、加工パラメーターによる特徴指数の変化を示す曲線を作...

    パラメーター反転計算により残留応力加工パラメーターを調整する方法

  9. 【課題・解決手段】本発明は、抗ヒトIL−17Aモノクローナル抗体、その製造方法及び用途を提供する。本発明に係る抗ヒトIL−17Aモノクローナル抗体は、ヒトIL−17Aに特異的に結合し、IL−17Aによって誘導される各細胞系がIL−6等の炎症性サイトカインを分泌することを効果的に抑制し、免疫介在性炎症反応に関連する疾患を治療対象とする薬品の製造に有用である。

    抗ヒトインターロイキン−17Aモノクローナル抗体、その製造方法及び用途

  10. 【課題・解決手段】目的タンパク質を対象のCNSといった目的組織に送達し、さらに対象の中枢神経系への治療用タンパク質の投与によって処置可能な病状を処置するための、核酸構築物、それを有するトキソプラズマ、それを含む医薬組成物、および方法を提供する。

    タンパク質を中枢神経系(CNS)に送達するための、組換え寄生虫

  11. 【課題】吸収された生理血の防水性と細菌繁殖の主要原因である湿気を下げることができる女性用の生理用ナプキンを提供する。【解決手段】女性用の生理用ナプキンに関し、肌に接触して分泌物を透過させる透過性の内部シート100と、前記内部シートと融着結合する外部シート200と、前記内部シートと前記外部シートとの間に介在して前記内部シートを透過した分泌物を吸収する吸収パッド300とを...

    女性用の生理用ナプキン

  12. 【課題】特定の二環式含窒素複素環化合物のPDE7阻害剤としての新規用途、並びにPDE7阻害作用を有する新規二環式含窒素複素環化合物又はその薬理的に許容し得る塩を有効成分とする医薬組成物の提供。【解決手段】式(II)で代表される特定の化学構造を有する化合物又はその薬理的に許容し得る塩を有効成分とするPDE7阻害剤。[RIIはH等;LIIは単結合等;CyIIは、置換/非置...

  13. 【課題】肝臓、肺または腎臓の線維症及びがん等の、GREM1が関連する疾患または障害を治療する手段の提供。【解決手段】ヒトグレムリン−1(GREM1)に特異的に結合する単離されたヒトモノクローナル抗体またはその抗原結合性フラグメント、前記ヒトモノクローナル抗体等および薬剤的に許容できる担体または希釈剤を含む医薬組成物、ならびに、前記ヒトモノクローナル抗体等または前記医薬...

    ヒト抗GREM1抗体

  14. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)のピペリジン誘導体(式中、Ar1、Ar2、RAr1、R1、R2及びR3は明細書中に記載の通りである。)、それらの製造、それらの薬学的に許容される塩及び医薬としてのそれらの使用、式(I)の化合物を1又は2種以上含有する医薬組成物、そして特にCXCR7受容体調節剤としてのそれらの使用に関する。化1】。

    ピペリジンCXCR7受容体調節剤

  15. 【課題・解決手段】本開示は、E3ユビキチンリガーゼの酵素活性を活性化させるための化合物、及び縮小したE3ユビキチンリガーゼ酵素活性を有する対象における疾患又は障害を処置する方法に関する。一部の実施形態においては、本開示は、式(I)の化合物もしくは式(II)の化合物、又はその薬学的に許容される塩を提供する。

    Parkin酵素機能の小分子活性化因子

  16. 【課題・解決手段】本開示の実施形態は、混合触媒系、具体的には拘束幾何触媒およびビフェニルフェノール触媒を用いたオレフィン重合により生成された、多峰性エラストマーに関する。多峰性エラストマーは、熱可塑性オレフィン中に耐衝撃性改良剤として組み込むことができる。

    多峰性エラストマー生成用混合触媒系

  17. 【課題・解決手段】本発明は、操作が簡単で、反応条件が温和で、反応時間が短く、収率が高く、より安全で大規模生産に適する、ヒドロニドンの製造方法を提供する。本発明はアンモニア水で中間化合物の粗製品を処理することで、触媒に残った銅イオンの除去にも、産物の析出にも有利である。

  18. 【課題・解決手段】本発明の下記配列[一般式I]で表現される抗生ペプチド及びこれを含む抗生ペプチド組成物は、23個のアミノ酸配列よりなる抗生能を有する野生型LPcin−Iに比べてグラム(+)菌株及びグラム(−)菌株に対して顕著に高い抗菌活性を有する。また、野生型LPcin−Iに比べてアミノ酸の個数が少ないので、合成が容易であるだけなく、生産費用を節減するのに非常に有利で...

    病原菌に対する抗生活性を有するペプチド及びこれを含む抗生ペプチド組成物

  19. 【課題・解決手段】体腔における狭窄の処置のための薬物被覆バルーンカテーテルおよびそれを使用する方法に関する種々の実施態様が開示される。体腔狭窄の標的部位に治療剤を送達するための薬物被覆バルーンカテーテルは、主直径を有する細長いバルーンを含む。バルーンカテーテルは、バルーンの外表面を覆うコーティング層を含む。コーティング層は、1以上の水溶性添加物および治療剤の初期薬物負...

    体腔用薬物被覆バルーンカテーテル

  20. 【課題・解決手段】本出願のキメラタンパク質は、FVIIIに結合したvWFドメインのために、投与された場合に有意に延長されたインビボ半減期を有し、そのため、血友病A治療薬として用いられた場合に、患者の利便性を高め、医療費を削減することができる。

    FVIIIおよびVWF因子を含むキメラタンパク質、ならびにそれらの使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 958