実績時刻 に関する公開一覧

実績時刻」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「実績時刻」の詳細情報や、「実績時刻」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「実績時刻」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(90件中)1/5ページ目

  1. 【課題】所望の時刻に応じて、適切にサマリを生成する情報処理装置、情報処理方法、及びプログラムを提供する。【解決手段】情報処理装置は、動作に附随して生成される動作履歴を保存する保存手段と、動作履歴から、サマリを生成するサマリ生成手段とを備え、サマリ生成手段は、動作履歴のうち、所定の動作履歴に基づいて、簡易的なサマリを生成する簡易サマリ生成手段であって、所定の動作履歴は、...

    情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム

  2. 【課題】ジョブの異常に関する判定を、状況に応じて適切に実現する。【解決手段】対象のジョブが基準時刻までに終了したか又は基準時間内に終了したかに基づき、前記ジョブの異常に関する判定を行なう判定プログラムにおいて、ジョブの異常に関する判定を行なう際に監視する監視対象を該ジョブに対応付けて記憶する記憶部21を参照して、前記対象のジョブに対応付けられた監視対象を特定し、特定し...

    判定プログラム、判定方法、及び判定装置

  3. 【課題】高抵抗地絡の場合であっても確実に故障検知でき、かつ安価に実現可能な電力設備管理装置及び管理方法を提供することを目的とする。【解決手段】電鉄線路の給電区間に給電する電力を計測する電力設備装置と、電鉄線路を走行する列車についての運行情報を有する運行管理装置に連携されて、電鉄線路の給電区間に生じた故障を判定する電力設備管理装置であって、電力設備管理装置は、運行管理装...

    電力設備管理装置及び管理方法

  4. 【課題・解決手段】列車が運転曲線より低い速度で走行する場合でも、列車が指定された時刻通りに駅に到着するよう列車の円滑な走行を実現することを課題とする。この課題を解決するために、列車の計画ダイヤと、先行列車と後続列車との間の最小運転時隔と、各列車の運転曲線と、を記憶する記憶部と、列車の運行に遅延が発生すると、後続の列車が所定の駅を出発する出発予測時刻、及び、前記所定の駅...

    運転支援システム

  5. 【課題】 「個別ケア」の実践に不可欠な所謂「24時間シート」を短時間かつ正確に作成することができ、しかも作成された24時間シートに基づいて、個別ケアを適切に実践できるように現場スタッフを支援することができる。【解決手段】 被介護者の24時間に含まれる行為を分類して得られる分類項目を選択肢として提示するガイド手段と、分類項目に含まれる具体的な日課を被介護者から聞き取...

    個別ケア支援装置

  6. 【課題・解決手段】スケジュール配信コンテンツを含む複数のコンテンツを並列して表示するためのコンテンツ再生装置20を開示する。複数のプレーヤ部102〜104は、準備開始指示を受けると、コンテンツのタイプに基づく再生準備処理を行って待機状態に移行し、少なくともスケジュール配信コンテンツを、通信を介して接続された外部装置から取得する動画プレーヤ部を含む。コントローラ部101...

    コンテンツ再生装置およびコンテンツ再生方法

  7. 【課題】被処理体に対する処理効率を向上させることができる生産効率化装置を提供する。【解決手段】被処理体を処理する複数の処理装置2との間で情報を通信する第1通信手段と、前記複数の処理装置2間で被処理体を搬送する搬送装置32を有する搬送システム3との間で、該搬送装置32の制御に関わる制御情報を通信する第2通信手段と、前記第1通信手段にて通信した情報に基づいて、該情報の通信...

    生産効率化装置、生産効率化方法、コンピュータプログラム

  8. 【課題】列車の走行実績および運転整理の結果に対する、指定された任意区間/時間帯における輸送力の変動および乗客への影響度をリアルタイムに把握し、指令員に提供する。【解決手段】輸送力演算装置は、列車運行管理システム2からの情報を受信する実行ダイヤ受信部11、列車走行実績受信部12、ダイヤ変更装置入力履歴受信部13、予想時刻受信部14、ダイヤ変更詳細データ受信部15、乗車率...

    輸送力演算装置

  9. 【課題】運行計画と走行実績の間に大幅なずれが生じるまで、運行支障を検知することができない。【解決手段】 地上装置から設備情報を受信する通信処理部と、実績時刻を受信する実績ダイヤ更新部と、列車IDと駅IDとに対応する実行時刻と、受信された実績時刻との差を算出し、予め設定された閾値以上の場合、設備情報と過去事例記憶部に記憶された設備情報とが一致するか判定するダイヤ乱れ予...

    運行管理システムおよび運行管理方法

  10. 【課題】 「個別ケア」の実践に不可欠ないわゆる「24時間シート」の適性を簡単に評価することができる個別ケア支援装置、及びコンピュータを同装置として機能させることができるコンピュータプログラムを提供すること。【解決手段】 被介護者の実施する一連の行為をその種別に応じた複数欄に展開しかつ時間軸に沿って配列してなる介護予定表の適性を評価する装置であって、前記介護予定表と...

    個別ケア支援装置

  11. 【課題】交通機関で発生するイレギュラが影響する範囲を把握しやすくする。【解決手段】運行管理支援システム100において、データベース101は、便ごとに運行内容を示す便情報111と、引継要素を対象として便同士で行われる引継ごとに、引継元の便と引継先の便とを示すコネクション情報112とを記憶する。判定部104は、便情報111とコネクション情報112とを参照して、引継元の便の...

    運行管理支援システム及びプログラム

  12. 【課題】運転整理を行って得られた実績ダイヤに対する予期せぬ事象の分析作業を軽減するための支援技術を提供すること。【解決手段】実績ダイヤ中の着発事象それぞれについて、運転整理において予期した予測時刻と実績時刻とを比較し、その時間が所定の閾値以上である場合に、当該着発事象は不測遅延であると判定する。着事象の予測時刻は、当該列車の前駅の実績発時刻に、前駅と当該駅との駅間の計...

    プログラム及び運転整理結果分析支援装置

  13. 【課題】鉄道列車の乗客の推計をより正確に行うことができる鉄道列車乗客推計装置および鉄道列車乗客推計方法を提供する。【解決手段】この鉄道列車乗客推計装置(1)は、通信により或いは記憶媒体を介してデータ入力可能な情報処理装置から構成され、通信により或いは記憶媒体を介して自動改札の情報を取得する改札情報取得手段(11)と、通信により或いは記憶媒体を介して列車の運行時刻の実績...

    鉄道列車乗客推計装置および鉄道列車乗客推計方法

  14. 【課題】運行ダイヤの変更に基づく、運行情報の予測値の信頼性を運行情報の受け側で判断できるようにすることにより、受け側が運行計画の変更に対して適切に対応することが可能な、運行情報配信システムを提供する。【解決手段】複数の移動体の運行計画の変更に基づいて、移動体の運行における予測情報を設定し、予測情報に対する確定度を設定し、予測情報と確定度とに基づいて、運行関連情報の態様...

    運行情報配信装置

  15. 【課題】工程管理を容易にし得る通信システムを提案する。【解決手段】工場内に設置される機器を制御するためのコントローラと、コントローラとOPC通信により通信可能に接続される工程管理装置とを備えた工程管理システムにおいて、コントローラは、機器からの機器情報を格納するレジスタを備え、工程管理装置は、レジスタの記憶領域に対応付けられるタグを定義情報として格納する記憶部と、定義...

    工程管理システム、工程管理装置及び工程管理方法

  16. 【課題】負荷状況に応じてシステムをスケール制御し、仮想サーバの運用コストの無駄を減らす。【解決手段】クライアント端末からジョブの実行要求を受けた場合に、ジョブ管理データベースが記憶するそのジョブの実行条件と、リソース監視部が監視する負荷状況とに基づいて、そのジョブを実行させる台数分のサーバを決定してそのジョブを実行させる。さらに、その実行時間を実行結果として処理履歴デ...

    スケール制御サーバ、スケール制御方法、およびスケール制御プログラム

  17. 【課題】中央装置による列車運行の管理のための処理を削減した列車運行管理システムを提供する。【解決手段】列車の運行を管理する列車運行管理システムであって、各列車に搭載される車上装置を有し、前記車上装置が、自列車の状態に関する情報を含む列車情報を相互に通知し、前記自列車の列車情報と、他列車から受信した列車情報とに基づいて、前記自列車の運行のための運行管理情報を提示するものである。

    列車運行管理システム、列車運行管理システム用車上装置、および列車運行管理方法

  18. 【課題】工場内の作業員が生産の進捗状況を把握でき、生産効率を向上させる生産進捗監視システムを提供する。【解決手段】生産進捗監視システム2は、取引先毎に、食品受注アイテム毎の受注数及び合計である全受注数、盛付包装の終了予定時刻、終了予定時刻よりも所定時間前の目安時刻を記憶する受注情報記憶部6と、取引先毎に、食品受注アイテム毎の生産実績及び合計である全生産実績を記憶する生...

    生産進捗監視システム

  19. 【課題】 被介護者の暮らしの全体像や、暮らしぶりの変化を定量的かつ容易に把握することが可能な被介護者情報分析支援装置、及びコンピュータを同装置として機能させることができるコンピュータプログラムを提供すること。【解決手段】 被介護者の、少なくとも睡眠、食事及び排泄に関する生活リズムを含む生活リズムの実績時刻と、前記生活リズムに対応する数値情報を記録する記憶部と、前記...

    被介護者情報分析支援装置およびプログラム

    • 公開日:2014/11/13
    • 出願人: 秋葉都子
    • 発明者: 米澤章 、...
    • 公開番号:2014-211774号
  20. 【課題】多段階工程をもつ生産計画を作成するにあたり、各工程設備特有の制約条件を考慮しながら、生産計画を効率的に作成することを目的とする。【解決手段】生産計画の対象となる複数工程における1工程の工程設備に関して、稼働条件を取得し、要求量に応じて当該稼働条件によって生産される原料の生産量を、部品構成表を用いて求め、工程設備の上流工程のインプットとして、当該上流工程の稼働条...

    生産計画自動作成装置、生産計画自動作成システム、制御方法及びプログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10