定格回転状態 に関する公開一覧

定格回転状態」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「定格回転状態」の詳細情報や、「定格回転状態」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「定格回転状態」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(110件中)1/6ページ目

  1. 【課題】メンテナンス時期の推定精度の向上を図ることができる真空ポンプの提供。【解決手段】監視装置100は、ベース温度センサ6により経時的に検出された複数のベース温度Tbに基づいて、ベース温度Tbが閾値である所定温度T2に達するメンテナンス時期を推定する推定部105と、推定された前記時期に基づくメンテナンス情報を出力する表示部104および出力部108とを備える。

    監視装置および真空ポンプ

  2. 【課題】ポンプ消費電力がポンプ使用中に一時的に過大になるのを抑制することができる真空ポンプの提供。【解決手段】ターボ分子ポンプは、ポンプロータ10をモータMで回転駆動して真空排気するポンプ本体1と、ポンプ本体1を加熱するヒータ5と、ポンプ本体1およびヒータ5を制御する制御装置2とを備え、制御装置2は、モータ電流が所定電流値以上の場合にはヒータ5の電力を制限する。

    真空ポンプ

  3. 【課題】エンジンのオーバーヒートを防止できるコンバインの原動部構造を提供する。【解決手段】エンジン(E)とラジエータ(30)の間に、ファン(45)を設け、エンジン(E)で駆動される油圧ポンプ(62)からの送油によってファン(45)を駆動する油圧モータ(50)を設け、ファン(45)の回転軸(46)を第1ブラケット(40)で支持し、油圧モータ(50)を第2ブラケット(55...

    コンバインの原動部構造

  4. 【課題】ショートブレーキ時のブレーキ電流を検出することが可能なモータ駆動装置およびモータシステムを提供する。【解決手段】PWM変調回路は、ブレーキ電流を流す際に、3相のロウサイドトランジスタM1(u,v,w)を全てオン状態に制御し、ブレーキ電流がシンク方向である相が1相の期間では、当該1相のセンス用トランジスタM3s(u,v,w)をオン状態に制御し、2相の期間では、3...

    モータ駆動装置およびモータシステム

  5. 技術 起振装置

    【課題】起振装置において、駆動源の容量を低減し、ひいては省エネルギーを実現する。【解決手段】起振装置20は、偏心部材18と、電動モータ(駆動源)と、流動体30と、を備える。偏心部材18は、水平な回転軸線18aを中心として回転可能に支持されるとともに、その回転軸線18aに対して偏心した偏心空間Sを内部に有する。前記電動モータは、偏心部材18を回転させる駆動力を発生させる...

    起振装置

  6. 【課題】ラジエータファンを正逆転に切換えて駆動する電動モータの耐久性向上と共に除塵を効果的に行わせようとすること。【解決手段】エンジン4と、ラジエータ43と、電動モータ48によって駆動されるラジエータファン44とを備え、電動モータ48は正逆転切換可能に構成し、ラジエータファン44は予め設定した正転時間ts又は予め設定した逆転時間trに切り換わる構成とした乗用芝刈機にお...

    乗用芝刈機

  7. 【課題】外乱対応に優れた動作とスパイクノイズ混入の影響の低減との両立を図ることができる磁気浮上制御装置の提供。【解決手段】磁気浮上制御を行う制御部44は、電流設定信号isetに対する電流検出信号Ip,Imの偏差Δ2に基づく電圧相当信号V1、および、電流設定信号isetに基づく電圧相当信号V2を生成する電流制御部417p,417mを備え、電圧相当信号V1および電圧相当信...

    磁気浮上制御装置および真空ポンプ

  8. 【課題】モータが故障に至る前に、モータ異常を検出することが可能な真空ポンプのモータ駆動装置を提供する。【解決手段】真空ポンプのモータ異常検出装置は、モータの正常動作時におけるモータのモータ制御値を取得し(S23)、取得したモータ制御値に基づいて、モータの異常判定閾値を記憶する(S24)処理を実行する記憶処理部と、モータのモータ制御値を取得し、取得されたモータ制御値と、...

    真空ポンプのモータ異常検出装置および真空ポンプシステム

  9. 【課題】低振動な磁気軸受式真空ポンプの提供。【解決手段】変位変調波信号を分解能倍率K(ただし、K>1)で増幅した信号に基づいて、所定位置を含む第1変位領域における高分解能変位信号X1k(t),Y1k(t)を生成する第1変位信号生成部としての処理系Aと、変位変調波信号の差分信号に基づいて、第1変位領域を含むより大きな第2変位領域における通常分解能変位信号X1(t),Y1...

    磁気浮上式真空ポンプ

  10. 【課題】モータ電流や電磁石電流の高調波成分を低減することができる真空ポンプの提供。【解決手段】真空ポンプは、ロータと、ロータを回転駆動するモータ36と、ロータを磁気浮上支持する磁気軸受と、磁気軸受に駆動電流を供給する励磁アンプ100と、出力電圧が可変なDC電源42Bと、励磁アンプ100をPWM制御する制御部44とを備えている。そして、制御部44は、軸受負荷の大小を判定...

    真空ポンプ

  11. 【課題】始動開始当初に大きな電流が流れるのを抑えることができるマグネットポンプ装置を提供すること。【解決手段】吸入口24及び吐出口28を有するポンプケーシング4と、ポンプケーシング4の外側に配設された駆動マグネット8と、駆動マグネット8を回転駆動させるための駆動モータ10と、ポンプケーシング4の内側に回転自在に配設された従動体6と、駆動モータ10を回転制御するための制...

    マグネットポンプ装置

  12. 【課題】無負荷運転或いは軽負荷運転時における未燃焼ガスや未燃焼エンジンオイルの発生を防止したエンジン駆動発電機を提供する。【解決手段】エンジン駆動発電機1に,エンジンの冷却水を加熱するための電気ヒータ44を設け,この電気ヒータ44を,ヒータ用電源回路74を介して発電機本体3に接続すると共に,エンジン駆動発電機1の出力端子台71に接続された電気機器5の消費電力が所定の加...

    エンジン駆動発電機

  13. 【課題】蒸気タービンの起動時からタービン定格回転数に至る過程において、全周一群構造を実現し、隣接する動翼の連結部材の接触面間における接触反力の増加が抑制できる蒸気タービンを提供する。【解決手段】実施形態の蒸気タービン10は、根元から先端に亘って捻じれた翼部40と、翼部40の先端に形成され、翼部40の背側と腹側にそれぞれ延伸されたシュラウド41とを備える動翼22を、ター...

    蒸気タービン

  14. 【課題】回転停止近傍における複雑な磁極位置検出方法を用いることなく、モータ起動を確実に行わせることができる、モータ駆動装置の提供。【解決手段】モータ駆動装置は、永久磁石型同期モータを駆動するためのインバータと、永久磁石型同期モータの逆起電圧を検知する逆起電圧検知部と、逆起電圧検知部で検知された逆起電圧に基づいて、モータロータの磁極位置および回転周波数を推定する推定部と...

    モータ駆動装置および真空ポンプ

  15. 【課題】自動制御によって簡単に刈取作業開始姿勢にすることができ、作業性を向上することができるものでありながら、誤操作を起こしにくく、エンジン回転数を作業者が任意に調整できるコンバインを提供する。【解決手段】アクセルレバー(アクセル手段)と、脱穀クラッチと、刈取クラッチと、エンジンの回転数を検出するエンジン回転センサ32(エンジン回転検出手段)と、刈取作業を制御する制御...

    コンバイン

  16. 【課題】作業者の目視判断によらず、また作業者が不在の場合でも、燃料の無駄な消費を効果的に抑制できる車載給電制御装置を提供する。【解決手段】水中ポンプ3と電気的に接続可能に構成され、車載発動発電機30からの電力を水中ポンプ3へ給電制御する車載給電制御装置であって、車載発動発電機用起動スイッチの投入を検知して前記車載発動発電機30を起動制御した後に、水中ポンプ3の負荷状態...

    車載給電制御装置、車載給電制御装置の制御方法及びポンプ車

  17. 【課題】機械的な要素を用いて作業クラッチレバーとスロットルレバーとを連結した場合、それらが常に連動する。電子制御で連動する構成とするとコスト高になる。よって発明が解決しようとする課題は、作業クラッチレバーを休止位置から作業位置に操作する場合にのみ、作業クラッチレバーとスロットルレバーが連動し、その他の場合は作業クラッチレバーとスロットルレバーが独立して動作すると共に、...

    コンバイン

  18. 【課題】ポリゴンモーターの起動時間に関わる動作環境温度に応じて、より早く画像形成を開始できるようにする。【解決手段】画像形成装置のコントローラーは、検出された温度が予め設定された設定温度以上である場合、画像形成の開始指示操作が行なわれる以前にポリゴンモーターを定格回転速度よりも遅い速度で回転させておき、開始指示操作に呼応してポリゴンモーターの回転を定格回転速度の回転ま...

    画像形成装置および画像形成装置の制御方法

  19. 【課題】エンジンの始動状態から作業を行うときの操作の簡略化を図ることができる作業車の操作制御装置を提供する。【解決手段】エンジンの出力にて駆動される走行装置及び作業装置と、エンジンの出力を作業装置に伝達する入り状態と伝達を遮断する切り状態とに切り換え自在な作業クラッチと、エンジンをアイドリング回転速度で回転させるアイドリング状態と定格回転速度で回転させる定格回転状態と...

    コンバインの操作制御装置

  20. 技術 作業車

    【課題】作業を行うための適正な準備ができていない状態で、運転者が誤って車体を走行させて作業を開始させることを回避させることが可能な作業車を提供する。【解決手段】エンジンの回転数を検出するエンジン回転数センサ53と、エンジンの出力が作業装置に伝達されている駆動状態であるか否かを検出する操作体位置検出用センサ43と、運転者に対する報知作動を行う表示ランプ54と、表示ランプ...

    作業車

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6