ライゲーション に関する公開一覧

ライゲーション」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ライゲーション」の詳細情報や、「ライゲーション」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ライゲーション」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(24,062件中)6/1,204ページ目

  1. 【課題・解決手段】生体試料から分析物を単離するための、カートリッジコンポーネント、カートリッジ、システム、および方法が開示される。様々な態様では、カートリッジコンポーネント、カートリッジ、システム、および方法は、複合流体からの最小の量の材料を必要とする、迅速な手順を可能にしうる。

    使い捨て可能な流体カートリッジおよびコンポーネント

  2. 【課題・解決手段】本発明は、ケノデオキシコール酸(CDCA)および関連化合物を、ウルソデオキシコール酸(UDCA)および関連化合物に変換する共役生体内変換方法に関する。また、クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)由来の新規NADP+依存性7α−ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ(7α−HSDH)、その補因子スイッチ突然変異体の...

    ケノデオキシコール酸のウルソデオキシコール酸への共役自己完結型(self−sufficient)生体内変換および前記方法において適用可能な新規酵素突然変異体

  3. 【課題・解決手段】目的タンパク質を活性な可溶性組換タンパク質として形質転換体中で発現させるための効率的な方法として、以下の工程を含む、基準体に比して、組換体あたりの活性が向上した酵素を製造する方法を提供する。(1)基準体のアミノ酸配列において1以上のシステインが他のアミノ酸残基に置換されたアミノ酸配列を有する変異体を発現する組換体を作成する工程、(2)基準体の活性10...

    変異型酵素の製造方法及び変異型アルコールアシルトランスフェラーゼ

  4. 【課題・解決手段】Δ12-デサチュラーゼ及びΔ6-デサチュラーゼの発現を促進させたナンノクロロプシス(Nannochloropsis)属に属する藻類を培養し、脂肪酸又はこれを構成成分とする脂質を生産させる、脂質の製造方法、並びに、Δ12-デサチュラーゼ及びΔ6-デサチュラーゼの発現が促進されている、ナンノクロロプシス属に属する藻類の形質転換体。

    脂質の製造方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、実用化に適した変異型トリプトファン酸化酵素を提供することを目的とする。すなわち、本発明は、野生型トリプトファン酸化酵素の少なくとも1つのアミノ酸残基が変異しており、トリプトファン酸化酵素活性および/または安定性が野生型トリプトファン酸化酵素よりも高い、変異型トリプトファン酸化酵素、およびその用途を提供する。変異型トリプトファン酸化酵素は、モ...

    トリプトファン酸化酵素およびその用途

  6. 【課題・解決手段】優れた標的細胞傷害性を有するキメラ抗原受容体(CAR)発現細胞の作製。ヒト顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)受容体に特異的に結合する標的結合ドメインと、膜貫通ドメインと、細胞内シグナル伝達ドメインとを有するキメラ抗原受容体(CAR)タンパク質をコードするポリヌクレオチドが導入された遺伝子改変細胞を提供する。

    遺伝子改変細胞及びその作製方法

  7. 【課題・解決手段】本明細書で提供するのは、特に、例えば約150bp〜1.5Kb長の短鎖DNA断片のトランスポザーゼ5媒介タグ化および増幅のための様々な方法である。幾つかの態様では、本方法は、バーコードトランスポザーゼを使用し第1のプライマー配列を用いたDNA断片のタグ化、次に例えばランダムまたは遺伝子特異的プライマーを使用して、第2のプライマー配列を導入するためのプラ...

    トランスポザーゼランダムプライミング法によるDNA試料の調製

  8. 【課題・解決手段】本発明は、ナノポアおよび光学的検出を用いて、DNA、RNAなどを含むポリヌクレオチド等の少なくとも2つの型のモノマーの直鎖を含むポリマーを分析するための方法に向けられる。一部の実施形態では、わずか2つの異なる種類のヌクレオチドが、標的ポリヌクレオチドのセンス鎖とアンチセンス鎖の両方において選択された種類のヌクレオチドについて識別可能な光学的シグナルを...

    二色ナノポア配列決定

  9. 【課題・解決手段】ナノ孔センサを用いて、例えば、特定する際に存在する誤差を補正し、電気信号をサンプル中の標的分析物または参照分析物の量に相関づけることによって、サンプルにおける標的分析物(例えば、特定のポリヌクレオチド配列)の真の部分存在量の改善された推定値を決定するための方法および組成物を、本明細書に開示する。

    サンプル中のポリヌクレオチド配列の部分存在量

  10. 【課題・解決手段】ガイドRNA(gRNA)によって認識される二本鎖DNAに切れ目を導入するエンドヌクレアーゼによる切断のために、特異的なウイルス配列を標的化するためのgRNAを含む、CRISPR−エンドヌクレアーゼ遺伝子編集組成物。例えばHIVの5’−LTRに広がる最小限プロモーターの制御下にCas9をコードする遺伝子を置くことで、HIV−1のトランス活性化因子タンパ...

    遺伝子編集戦略によるHIV−1のネガティブフィードバック調節

  11. 【課題・解決手段】本発明は、CRISPRを基礎とするゲノム操作のための共有的及び/又は非共有的方法で互いに会合されたCRISPR核酸配列とDNA修復鋳型とを含むハイブリッド核酸構築物に関する。さらに、少なくとも1つのCRISPRポリペプチドをさらに含む分子複合体が提供される。複合体内の全ての成分は物理的に近接している。さらに、ハイブリッドRNA/DNA配列及び/又は分...

    ゲノム操作のためのハイブリッド核酸配列

  12. 【課題・解決手段】対象に早期細胞療法選択肢を提供し、リスクがより高い治療モダリティを回避する潜在的利益を提供するための方法および組成物が提供される。がんまたは他の増殖性障害などの疾患または状態を有するまたは有する疑いのある対象を治療するための方法および組成物が提供される。一部の実施形態では、がんは、B細胞増殖性障害などのリンパ腫もしくは白血病またはCD19+B細胞悪性...

    早期治療選択肢としての養子細胞療法

  13. 【課題・解決手段】組換えアデノウイルスベースのベクターワクチンを構築及び生産するための方法及び組成物が提供される。特定の態様では、アデノウイルスに対する既存の免疫を有する対象において高度に反応性の抗HPV及び抗腫瘍免疫応答を生じさせる処置方法における使用のための、標的抗原、例えば、HPV E6及び/又はHPV E7の新規抗原の遺伝子を含むアデノウイルスベクターを用いる...

    ヒトパピローマウイルス(HPV)関連疾患の処置のための組成物及び方法

  14. 技術 併用療法

    【課題・解決手段】本発明は、癌及び病原体関連疾患の治療のための併用療法を対象とし、上記併用療法は:(1)PD‐1又はPD‐1の天然リガンドに結合できる分子(例えばダイアボディ、scFv、抗体、TandAb等);及び(2)疾患抗原を発現する標的細胞(例えば癌細胞又は病原体感染細胞等)の標的転換殺滅を仲介できる分子(例えばダイアボディ、BiTe、二重特異性抗体、CAR等)...

    併用療法

  15. 【課題・解決手段】本明細書では、がん治療のためのキメラ抗原受容体(CAR)、より特定すると、CD33モノクローナル抗体に由来するscFvを含有するCARが提示される。このようなCARを含有する免疫エフェクター細胞と、急性骨髄性白血病(AML)および再発性または難治性AMLなどの増殖性障害を処置する方法とが提示される。

    CD33特異的キメラ抗原受容体

  16. 【課題・解決手段】本発明は、化学修飾を有するガイドRNAおよびCRISPR−Cas系におけるその使用に関する。この化学修飾されたガイドRNAは、標的ポリヌクレオチド配列に対する特異性が増強されたものである。本発明は、化学修飾されたガイドRNAをポリヌクレオチドの切断またはニッキングに、および高特異性ゲノム編集に使用する方法にも関する。

    化学的に修飾されたガイドRNAを使用する高特異性ゲノム編集

  17. 【課題・解決手段】カチオン性のペプチドまたはポリマーおよびリピドイド化合物を含む、核酸化合物の送達のための組成物を提供する。核酸化合物は、任意の化学修飾型および非修飾型のDNAまたはRNAであり得る。組成物中のリピドイドの量は好ましくは、カチオン性のペプチドまたはポリマーと比べて少ない。

    核酸カーゴ用のハイブリッド担体

  18. 【課題・解決手段】ある特定の実施形態において、腫瘍ネオ抗原又はネオエピトープに対する免疫応答を生成する方法及び組成物が提供される。特定の実施形態において、アデノウイルスに対して既存の免疫を有する個体におけるワクチン接種を可能にする、腫瘍ネオ抗原及びネオエピトープをコードする核酸配列を含む組み換えアデノウイルスベースのベクターワクチンを構築及び産生する方法が提供され得る...

    ネオエピトープワクチン組成物及びその使用方法

  19. 【課題】リード配列を迅速かつ効率的にマッピングする。【解決手段】配列解析装置(1)は、核酸配列から読み取られた複数のリード配列を取得するリード配列情報取得部(111)と、それぞれのリード配列を、単一の参照配列を参照してアライメントすることにより核酸配列を決定する配列決定部(113)と、を備え、参照配列は、少なくとも、第1の再編成配列、および前記第1の再編成配列とは異な...

    配列解析方法、配列解析装置、参照配列の生成方法、参照配列生成装置、プログラム、および記録媒体

  20. 【課題・解決手段】本発明は、癌生体試料における少なくとも1つのスーパーエンハンサーの存在または非存在をヒストン修飾H3K27acのシグナル強度に基づいて判定するための方法に関する。本発明は、少なくとも1つのスーパーエンハンサーの存在または非存在を判定することによって、被験者における癌の予後を判定するための方法、癌または胃腸疾患に対する被験者の感受性を判定する方法、およ...

    癌のエピジェネティックプロファイリング

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 1204