塗り作業 に関する公開一覧

塗り作業」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「塗り作業」の詳細情報や、「塗り作業」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「塗り作業」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(164件中)1/9ページ目

  1. 【課題】正確な圃場面地図データを生成するための、新しい技術の提供。【解決手段】圃場作業車は、圃場の畔に対する作業を行うために走行車体に装備された畔作業装置と、測位データに基づいて算出された畔作業装置の畔に対する作業箇所の位置座標に基づいて、畔と圃場面との間の境界線上の境界点の位置座標を算出する境界位置算出部61と、境界位置算出部61によって経時的に算出された境界点の位...

    圃場作業車及び圃場地図データ生成システム

  2. 技術 左官用鏝

    【課題】一つの柄に各種の鏝板を交換して使用でき、塗る面に応じて適切な手の持ち角に柄の方向を変換して使用できる左官用鏝を提供する。【解決手段】鏝板1の上面に直立させた鏝首3に鏝板1の上面と平行な柄1を備えた左官用鏝において、鏝首3に、鏝板1の上面に固着した横断面が同径同形の2本の六角ビット5と、柄2の下面に固着した各六角ビット5に嵌合可能な六角ソケット6と、六角ソケット...

    左官用鏝

  3. 【課題】主に、内装の品質向上を図りつつ作業効率を良くすることができるようにする。【解決手段】複数枚の内装用面材21をつなぎ合わせて内装面22を構成する。内装面22の隣接する内装用面材21間の目地部23に、目地部23を上へ向けた状態で下塗りパテ24を塗布する。内装面22を目地部23が下へ向くように上下反転すると共に、天井面20に組み込んで箱枠状の建物枠12を製造する。そ...

    建物ユニットの内装施工方法

  4. 技術 コーナ材

    【課題】 化粧シートの切断時に連結部が切断されることを防止し、角隅部まで確実に化粧シートを貼付けることができるコーナ材を提供する。【解決手段】 合成樹脂から成り、各一側部11a,11bが間隔ΔL1をあけて平行に延びる一対の帯状部2a,2bと、一対の帯状部2a,2bよりも軟質の合成樹脂から成り、各一側部11a,11bを連結する連結部3と、一対の帯状部2a,2bのうち...

    コーナ材

  5. 【課題】容易にかつ均一に洗濯物に直塗りが行える直塗り装置およびこれを取り付けた洗濯機を提供する。【解決手段】本発明の直塗り装置29Aは、凹形状の洗剤保持部29、33と、洗剤保持部29、33の内部に設けられる移動体30とを備え、洗剤保持部29、33の前板33に洗剤流出孔33a1を有し、移動体30は、洗剤流出孔33a1から一部が外方に露出するように付勢されて洗剤流出孔33...

    直塗り装置およびこれを取り付けた洗濯機

  6. 技術 畔塗り機

    【課題】 畔塗り機による畔塗り作業において、畔際、及び畔の下端部の土を切り崩して畔側に寄せることで、畔の法面部の下端部を深くして整形することである。【解決手段】 耕耘ユニットU1 と、畔塗りドラムユニットU2 と、土壌固化材供給ユニットU3 とを備えた畔塗り機Aであって、前記耕耘ユニットU1 の耕耘軸18は、畔Rの長手方向Pと直交する方向に沿った長さを有し、当該耕...

    畔塗り機

  7. 【課題】作業部が自動角塗り作業が可能な状態にあるか否か判断すること。【解決手段】農作業機のリモコン装置は、走行機体の後部に装着される農作業機に設けられアンテナで受信した電波に含まれる指令信号に応じて前記農作業機の作動を制御する無線通信制御装置に、前記指令信号を含んだ電波を送信する通信部と、制御部とを備え、前記制御部は、前記農作業機の作業部のオフセット位置及び向きに基づ...

    農作業機のリモコン装置

  8. 【課題】本発明は、依頼者が負担するリフォーム費用を軽減させ、依頼者の施工へのモチベーションを向上させることができるリフォーム請負システム、及びリフォーム請負方法の提供を目的とした。【解決手段】本発明のリフォーム請負システム10は、依頼者C1からリフォームを請け負うためのものであって、リフォーム総額を算出する施工費管理部32と、依頼者C1により施工が行われた分に相当する...

    リフォーム請負システム、及びリフォーム請負方法

  9. 技術 作業車両

    【課題】圃場における作業安定性を向上させること。【解決手段】作業車両1は、作業機4と、昇降部41、HCBと、制御部3bとを備える。作業機4は、機体2後部に設けられ、対地作業を行う。昇降部41、HCBは、作業機4を機体2に対して昇降させる。制御部3bは、作業機4を降下させる場合に基準高さで作業機4の降下速度を減少させる第1のモードと、対地作業を行う作業機4の地面に対する...

    作業車両

  10. 【課題】 施工時にパテ材を塗布した際のパテ材との接合性に優れるだけでなく、壁面に固定する際のパテ塗り作業時において、コテやヘラの壁面からの乗り上げを引っ掛かりなくスムーズに行える建築用コーナー材を提供すること。【解決手段】 合成樹脂製の帯状薄板から成り、かつ、使用時にアングル状に屈曲させて壁面の出隅部分や入隅部分に取り付けられる建築用コーナー材において、前記コーナ...

    建築用コーナー材

  11. 【課題】無線化されたリモコン装置の電源の消費電力を抑える。【解決手段】農作業機のリモコン装置は、走行機体の後部に装着される農作業機に設けられアンテナで受信した電波に含まれる指令信号に応じて前記農作業機の作動を制御する無線通信制御装置に、前記指令信号を含んだ電波を送信する通信部を備え、前記農作業機の作業部が自動角塗り作業の可能なオフセット位置、姿勢及び高さにあるか否かを...

    農作業機のリモコン装置

  12. 【課題】リモコンで走行機体の遠隔操作ができない場合、走行機体に搭乗した作業者が走行機体の操作を確実に行い、またスピーカの音を確実に聞けるリモコンホルダを提供する。【解決手段】走行機体の走行とともに進行しながら畦塗り作業を行う畦塗り機の遠隔操作が可能なリモコン200を装脱可能に保持するリモコンホルダ180は、リモコン200を装脱可能に保持する収容凹部180aと、リモコン...

    リモコンホルダ

  13. 【課題】 内壁の出隅部分に張ったクロスのシワや破れを防止できるだけでなく、出隅部分への取付け時に行うパテ塗り作業を効率的かつ低コストで行える建築用コーナー材を提供すること。【解決手段】 壁面の出隅部分に取り付けられるアングル状のプラスチック薄板から成る建築用コーナー材において、前記コーナー材本体1を、壁面に対向させる内側面を備えた一対の平板部11・11と、これらの...

    建築用コーナー材

  14. 技術 コテ刷毛

    【課題】 長尺のコテ刷毛の塗布面に係る荷重を略等分布にすることで、均一な塗布ができるコテ刷毛を提供する。【解決手段】コテ刷毛本体1の両端を長手方向に向かって一定の曲率で曲げ加工等をすることにより、コテ刷毛を壁面等の被塗装対象物に押し当てた際に、コテ刷毛本体1の長さ方向端点から徐々に当該壁面等の被塗装対象物に接し、最終的にコテ刷毛の塗装部全面が壁等の被塗装対象物に略等...

    コテ刷毛

  15. 【課題】複雑な工程や、施工時期の工程上の制約などを解消し、熟練者でなくても施工できる、小型船用防舷材の取付け工事の施工材料、施工方法を提供する。【解決手段】接着式防舷材1の船体51への接着面にまず接着ライナー3を貼り付け、次いで接着ライナーに重ならない余白部に接着剤2を塗布する。その後、接着面を船体側面に押し当て、接着ライナーの粘着力で防舷材を船体51に粘着させ、その...

    接着式防舷材を取付けた船舶及び、接着式による防舷材の船体への取付け工事方法。

  16. 【課題】作業者に合うオフセット位置に作業部を容易に移動可能な農作業機のリモコン装置を提供する。【解決手段】リモコン装置100は、作業部のオフセット位置を記憶する指令信号を送る作業位置記憶スイッチ101aと、農作業機の各種作動を制御する指令信号を送る指令スイッチと、各種作動を制御する指令信号データを記憶する記憶部111と、スイッチ101aや指令スイッチのオン時に指令信号...

    農作業機のリモコン装置

  17. 【課題】1回のパテ塗り作業の工程だけで目地処理を行うことができ、その分、工期を短縮することができるうえに、下地部材間の繋ぎ補強強度の低下も防止することができる内装用目地処理テープを提供する。【解決手段】建物内の下地部材3,3間に形成される目地溝4の部分に貼設して目地処理を行うための内装用目地処理テープ1であって、テープ本体1Aの長手方向に延びる一直線上のみに並んで、複...

    内装用目地処理テープ及び内装用目地処理方法

  18. 【課題】 第一に、パテを塗った状態で出隅コーナーが鋭くならないように仕上げることができ、第二に、流通過程や施工現場においてコンパクトに重ねた状態で梱包運搬できるようにする。【解決手段】 建築物の屋内出隅コーナー(30)に施工される内装仕上材の下地として壁面上に配されるアングル型のコーナー下地材(1)は、アングル型の二辺を形成するフランジ(2R,2L)が交わる角部(...

    コーナー下地材

  19. 【課題】 施工後にヤセが発生することが無く、下地調整が容易な内装下地の目地処理材を得る。【解決手段】 隣接した石膏ボード同士の継ぎ目の凹部に装着される内装下地の目地処理材であって、 凹部の両側縁の各々に当接する両翼部と凹部の底部方向に垂下した垂下部とを備えた断面がT字状の本体部を備え、 前記本体部の垂下部が加熱により軟化する素材で構成されたもの。

    内装下地の目地処理材及び目地処理工法

  20. 【課題】木材、合成木材、樹脂材への塗布において、安全性に優れ、照射された光の錯綜した屈折による劣化が発生するおそれがないばかりか、水性で取り扱い等が容易で漆などの塗料に混合してもなんらの問題なく塗り作業が可能な新規な水系抗紫外線剤の提供を目的としている。【解決手段】紫外線吸収剤とヒバ由来成分および植物精油成分からなる植物由来成分とを有効成分としシリコンゴムエマルジョン...

    水系抗紫外線剤、抗紫外線特性を有する塗料ならびに抗紫外線特性を有する資材。

    • 公開日:2013/11/28
    • 出願人: 畠勇
    • 発明者: 畠勇
    • 公開番号:2013-237739号
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9