型開き状態 に関する公開一覧

型開き状態」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「型開き状態」の詳細情報や、「型開き状態」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「型開き状態」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,097件中)1/205ページ目

  1. 【課題】フレームの一部分が突出する発泡成形品を成形するための発泡成形品用金型であって、劣化し難い発泡成形品用金型、及び発泡成形品を提供する。【解決手段】発泡成形品用金型30は、フレーム91の突出部93が挿通する挿通部40を有する凹型(第1金型)と、凹型に対して相対移動する凸型(第2金型)と、閉鎖壁50とを備える。閉鎖壁50は、凹型の挿通部40により構成されて成形空間S...

    発泡成形品用金型、及び発泡成形品

  2. 【課題】 洗浄剤によって押出ピン32に付着したダストを洗い流すことにより、押出ピン32に付着したダストを除去する。【解決手段】 キャビティ23に連通するように可動金型21に形成された第1通路31、および第1通路31を移動可能に挿通された押出ピン32を備え、該押出ピン32を、その先端が第1通路31におけるキャビティ23側の第1開口部311から突き出るように移動させる...

    金型装置及び成形品の製造方法

  3. 【課題】基材が反る事態を抑制することが可能な成形構造体を提供する。【解決手段】繊維及び熱可塑性樹脂を含み、板状をなす基材30と、基材30の端面35Aと接合する延設部55を有する樹脂成形体40と、基材30を構成する面のうち延設部55とは反対側を向く主面34Aに少なくとも貼り付けられた樹脂シート60と、を備え、樹脂シート60の成形収縮率は、基材30の成形収縮率よりも大きい。

    成形構造体

  4. 【課題】転写用基材上に、少なくともハードコート層が積層された転写型ハードコートフィルムであって、当該転写型ハードコートフィルムの成形性と転写用基材の剥離性に優れており、さらに、転写用基材を剥離した後のハードコート層の耐摩擦性及び耐候性に優れた、転写型ハードコートフィルムを提供する。【解決手段】転写用基材1の上に、少なくとも、ハードコート層2を有し、ハードコート層2が、...

    転写型ハードコートフィルム、及び当該フィルムを利用したハードコート体の製造方法

  5. 【課題】ジャーナルピースを設けることなく、クランク打音を抑制できるシリンダブロックのジャーナル軸受構造及びその製造方法を提供する。【解決手段】クランク軸5のジャーナル部を軸支するジャーナル軸受部10を有するシリンダブロック1のジャーナル軸受構造において、前記ジャーナル軸受部は、前記ジャーナル部に対応した略半円形の凹面である軸受面14を頂面部11に有し、前記軸受面から該...

    シリンダブロックのジャーナル軸受構造及びその製造方法

  6. 【課題】ゲート孔とランナの開口との隙間からの樹脂漏れを容易かつ確実に防止することができるマニホールド及びこれを用いた多段式金型装置を提供する。【解決手段】マニホールド12は、第1の金型14(1)の側面に設けられたランナ20(1)に溶融樹脂Jを送り込む第1のゲート部38(1)を備える。ゲート部38(1)が有するノズル42(1)は、溶融樹脂Jを流す流路42a(1)と、ラン...

    マニホールド及びこれを用いた多段式金型装置

  7. 【課題】ワイヤハーネスの分岐部形成作業の精度及び作業性を向上させて省人化及び自動化することが可能で安価なワイヤハーネスを提供する。【解決手段】ワイヤハーネス13は、幹線32と、幹線32の途中における分岐部11から分岐される支線30と、分岐部11に隣接する幹線32の上流側及び下流側をそれぞれ覆う一対の筒状の幹線保護管15,16と、分岐部11に隣接する支線30を覆う筒状の...

    ワイヤハーネス

  8. 【課題】2面以上にわたって連続する露出部を有する射出成形品の製造において、コスト増大を回避しつつ各面の露出部にバリを発生させずにインサート成形可能な金型装置の提供。【解決手段】この金型装置11は、第1型20、第2型30、スライド型41、押さえ部材51を備える。第1型20及び第2型30は、型閉め時にキャビティ5を形成する。スライド型41は、第1型20及び第2型30の一方...

    射出成形品成形用の金型装置、射出成形品の製造方法

  9. 【課題】板材をプレス加工してから板材の端部同士を突き合わせて溶接することによって筒状のトーションビームを得る場合に、溶接部の溶接品質を高めるとともに安定させる。【解決手段】板材をプレス加工によって管状に成形する際に、板材の一端部及び他端部をコイニング加工し、コイニング加工の後、板材の一端部及び他端部を突き合わせて溶接する。

    トーションビームの製造方法

  10. 【課題】シートパッドにクリップを強固に設置する。【解決手段】シートパッド20は、成形型40で成形された発泡体で構成される。シートパッド20は、シートパッド20の一面から凹むように成形された溝部22の底に配置して発泡体に埋め込まれたクリップ24を備えている。溝部22におけるクリップ24の横側には、溝部22の開口側から溝部22の底へ向かうにつれて溝部22の幅方向中央へ張り...

    シートパッドおよびその製造方法、成形型

  11. 技術 成形金型

    【課題】成形品を製造する際に成形バリを容易に除去でき且つ所謂トラレを抑制できるようにした成形金型を容易に製造でき、また、成形品を効率的に製造できるようにする。【解決手段】本発明の成形金型10は、相互間にキャビティを形成する第一金型1及び第二金型2を有する成形金型であって、第一金型1は、成形ピン4の一端部を保持するための複数の保持部1hを有し、第二金型2は、成形ピン4の...

    成形金型

  12. 【課題】収縮性部材62を固定型3と可動型4で形成したキャビティ5にセットして発泡性樹脂11の発泡成形を行なう場合の発泡不良問題を解決する。【解決手段】発泡性樹脂11のキャビティ5への充填後、発泡性樹脂11を発泡させる前に、可動型4を所定量後退させることにより、収縮性部材62に対する圧縮を解除して該収縮性部材62を復元させる。その後、キャビティ5を拡大させて発泡性樹脂1...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  13. 【課題】収縮性部材62を固定型3と可動型4で形成したキャビティ5にセットして発泡性樹脂11の発泡成形を行なう場合の発泡不良問題を解決する。【解決手段】固定型3をキャビティ末端側の温度がゲート側の温度よりも高くなるように加熱する。これにより、発泡性樹脂11のキャビティ5における流動性を高めて、低い射出圧で発泡性樹脂11をキャビティ5に充填できるようにする。これにより、発...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  14. 【課題】所定部材(表皮材62)が固定型3の成形面3a又は可動型4の成形面4aに部分的にセットされる場合において、発泡性樹脂11全体で均一な大きさの気泡が得られる、発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置を提供する。【解決手段】キャビティ5における所定部材がセットされていない側に対応する第1対応部5aから発泡性樹脂11の供給を開始して、第1対応部5aに供給された発泡性樹脂1...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  15. 【課題】所定部材(表皮材62)が固定型3の成形面3a又は可動型4の成形面4aに部分的にセットされる場合において、発泡性樹脂全体で均一な大きさの気泡が得られる、発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置を提供する。【解決手段】可動型4を、所定部材がセットされない側に対応する第1分割部4Aと、所定部材がセットされる側に対応する第2分割部4Bとに分割しておき、可動型の第2分割部4...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  16. 【課題】所定部材(表皮材62)が固定型3の成形面3a又は可動型4の成形面4aに部分的にセットされる場合において、発泡性樹脂11全体で均一な大きさの気泡が得られる、発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置を提供する。【解決手段】キャビティ5への充填開始後でかつ可動型4の後退の開始前に、キャビティ5における所定部材がセットされていない側に対応する第1対応部5aにおける発泡性樹...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  17. 【課題】所定部材(表皮材62)が固定型3の成形面3a又は可動型4の成形面4aに部分的にセットされる場合において、発泡性樹脂11全体で均一な大きさの気泡が得られる、発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置を提供する。【解決手段】キャビティ5における所定部材がセットされている側に対応する第1対応部5aから発泡性樹脂11の供給を開始し、かつ、第1対応部5aへの発泡性樹脂11の充...

    発泡樹脂成形品の成形方法及び成形装置

  18. 【課題】コアバック時における不要な箇所への射出材料の流れ込みを防止して、第一層の一部を覆うように第二層を射出成形してなる二層構造の射出成形品を低コストに製造する。【解決手段】第一層2を成形した後、第一層2の一部を覆うように第二層3を成形するに際し、第一層2の成形面21,31を有するコア30及びキャビティ20を使用して第一層2を成形し、第一層2が成形面31に保持された状...

    射出成形品の製造方法、及び射出成形金型

  19. 【課題】第二層の成形時における開口部への射出材料の流れ込みを防止して、第一層のうち第二層で覆われた部分に開口部を設けてなる二層構造の射出成形品を低コストに製造可能とする。【解決手段】第一層2を成形した後、第一層2の一部を覆うように第二層3を成形すると共に、少なくとも第二層3に開口する開口部4を形成するに際し、キャビティ20に設けられた成形面21の一部21aを有するスラ...

    射出成形品の製造方法、及び射出成形金型

  20. 【課題】第二層の意匠面にゲート跡を残すことなく、第一層の一部を覆うように第二層を形成してなる二層構造の射出成形品を容易に製造可能とする。【解決手段】固定型20と可動型30の一方にシール用ブロック60を設けて、第二層3の射出空間42を形成する際、シール用ブロック60を第一層2の側と密着するように移動させて、第二層3の射出空間42の周囲42aを前記シール用ブロック60でシ...

    射出成形品の製造方法、及び射出成形金型

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 205