モール に関する公開一覧

モール」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「モール」の詳細情報や、「モール」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「モール」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(3,673件中)1/184ページ目

  1. 【課題】オキサジアゾリン化合物又はその塩類及び該化合物を含有する農園芸用殺菌剤並びにその使用方法の提供。【解決手段】一般式(I)で表される化合物又はその塩類。[式(I)中、Qは、Q1又はQ2を示し、R1、R2、R3及びR4はそれぞれ独立に、H、ハロゲン原子、アルキル基、アルコキシ基等を示す。]。

  2. 【課題】優れた殺虫、殺ダニ効果を有する、新たな病害虫防除剤を提供する。【解決手段】エチレンジアミン四酢酸−アルカリ金属−マグネシウム、エチレンジアミン四酢酸−アルカリ金属−マンガン、エチレンジアミン四酢酸−アルカリ金属−鉄、エチレンジアミン四酢酸−アルカリ金属−銅、エチレンジアミン四酢酸−アルカリ金属−亜鉛などのエチレンジアミン四酢酸錯塩と、必要に応じて、酸化第二銅、...

  3. 【課題】カートリッジに充填されたポリオール液剤及びポリイソシアネート液剤に、外部から水蒸気等が透過して混入するのを抑制し、さらに発泡剤を含有するポリオール液剤の保管時の漏洩を防止可能なカートリッジを提供する。【解決手段】本発明は、ポリオールと発泡剤を含むポリオール液剤が充填された第1のパウチ容器11Aと、ポリイソシアネートを含むポリイソシアネート液剤が充填された第2の...

    パウチ状カートリッジ及び混合吐出システム

  4. 【課題・解決手段】本発明は、細胞内でのホスホネオアンチゲンの発現レベルを増加させる(例えば、がん細胞の表面上でのホスホネオアンチゲンの発現を回復させる)ことにより腫瘍抗原性を増加させる方法および組成物を提供する。本発明はまた、免疫細胞によるホスホネオアンチゲンの認識を強化する方法および組成物を提供する。

    T細胞による認識を強化するよう抗原性を調節する方法

  5. 【課題・解決手段】本開示は、7nAChRの調節剤として有用である式Iの化合物、そのような化合物を含む組成物、及び疾患、特にはアルツハイマー病、パーキンソン病、及び統合失調症における認知機能障害などの中枢神経系の障害、並びにL−DOPA誘発運動障害及び炎症を予防、治療または改善するためのそのような化合物の使用に関するものである。(I)。化1】。

    スピロピペリジン系ニコチン性アセチルコリン受容体アロステリック調節剤

  6. 【課題・解決手段】これだけに限定されないが、a)臓器もしくは組織の線維症;b)実質臓器移植片拒絶;またはc)心筋梗塞でも心筋虚血でもない心疾患などの障害を有する対象を処置するための方法が開示される。これらの方法は、障害を有するまたは有するリスクがある対象を選択するステップと、対象に、細胞外マトリックス由来の単離されたナノ小胞の治療有効量を投与するステップであって、ナノ...

    IL−33を含有するマトリックス結合型小胞(MBVS)およびそれらの使用

  7. 【課題・解決手段】本明細書では、キメラ抗原受容体を発現し、CISHを発現しないNK細胞を作製するための方法が提供され、さらに、CAR NK細胞を投与することによって疾患を治療するための方法が提供される。

    免疫チェックポイント遮断によりキメラ抗原受容体を発現するように操作されたナチュラルキラー細胞

  8. 【課題・解決手段】コンピュータ実装される交換方法が提供される。本方法は、ビットコイン・キャッシュ・ブロックチェーンのような一つまたは複数のブロックチェーンに対して実行されてもよい。本方法は:第1のユーザーから第2のユーザーに第1のベールに包まれた秘密値(H(A0))を、第2のユーザーから第1のユーザーに第2のベールに包まれた秘密値(H(B0))を通信する段階と;それぞ...

    ブロックチェーンを使って原子的スワップを実行するためのコンピュータ実装されるシステムおよび方法

  9. 【課題】構成員の福祉を向上させることができる福祉型ディスカウントモールシステム及びその運営方法を提供する。【解決手段】 福祉型ディスカウントモールシステムであって、供給者の供給商品情報と顧客団体の顧客団体情報を受信するウェブサーバと、前記供給商品情報及び前記顧客団体情報を保存するDBサーバと、福祉提供テンプレートを生成するテンプレート生成サーバとを含むことによって、...

    福祉型ディスカウントモールシステム及びその運営方法

  10. 【課題・解決手段】特定のヘテロアリール−1,2,4−トリアゾール及びヘテロアリール−テトラゾール化合物を適用する新規方法並びに植物、その植物繁殖材料及び植物に由来する産物に見出される特定の有害生物の防除におけるその使用であって、ヘテロアリール−1,2,4−トリアゾール及びヘテロアリール−テトラゾール化合物は、請求項1に記載の式(I)のものである、新規方法及びその使用。

    植物、その繁殖及び植物に由来する産物に対する損傷を防除するために1種以上の特定のヘテロアリール−1,2,4−トリアゾール及びヘテロアリール−テトラゾール化合物を適用する方法

  11. 【課題・解決手段】本出願は、OX40およびCD134としても知られている腫瘍壊死因子受容体スーパーファミリーメンバー4(TNFRSF4)に対する完全ヒトモノクローナル抗体を提供する。本出願はまた、ヒト化トランスジェニックラットを使用したハイブリドーマの生成方法、抗OX40抗体をコードする核酸分子、抗OX40抗体の発現に使用される発現ベクターおよび宿主細胞も提供する。本...

    OX40に対する完全ヒト抗体、それを調製する方法、およびその使用

  12. 【課題】有機金属化合物とそれを含む有機発光素子及び有機発光素子を含む電子装置を提供する。【解決手段】本発明の有機金属化合物は、下記化学式1で表される。〔化1〕 M(L1)n1(L2)n2 上記化学式1で、M、L1、L2、n1、及びn2に関する説明は、それぞれ明細書に記載された箇所を参照する。

    有機金属化合物とそれを含む有機発光素子及び有機発光素子を含む電子装置

  13. 【課題】フロントピラーの剛性の確保と運転席からの車両外側の視認性の確保との両立を図ることができるフロントピラー構造を得る。【解決手段】第1フレーム部32B及び第2フレーム部32Cのそれぞれにおいて、平断面視における運転者18の視線方向と直交する方向の幅寸法W1、W2が、標準瞳孔間距離A以下の寸法に設定されている。このため、運転者18がシート16側のフロントピラー30を...

    フロントピラー構造

  14. 【課題】個々の店舗のレイアウト情報や棚割情報を外部に提供することなく、各店舗が店舗内での利用者の移動に関する情報を外部から入手する。【解決手段】端末装置は、利用者とともに施設内を移動して施設内に配置されたビーコンから電波を受信し、各ビーコンの識別情報と、ビーコンを基準点とした利用者の移動量と移動方向を示す情報とをサービス提供装置に送信する。サービス提供装置は、端末装置...

    情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置

  15. 【課題・解決手段】本明細書は、1つもしくは複数の活性薬剤がリンカーを介して抗CD19抗体に結合された抗体薬物複合体(ADC)に関する。リンカーは、活性薬剤を抗体に共有結合させるユニットを含むことができる。本明細書はさらに、CD19と特異的に結合するモノクローナル抗体、およびその抗原結合フラグメント、バリアント、多量体型、または二重特異性抗体に関するが、加えて、さまざま...

    抗−CD19抗体薬物複合体に関連する組成物および方法

  16. 【課題】簡単な構成でモールと窓部材の保持性を向上させる車両用ドアのモール取付構造を提供する。【解決手段】車両用ドアを構成するドア本体部に取り付けられるモールの取付構造であって、モールが、窓開口内に位置する窓部材の周縁を保持する窓保持部材に対して、車外側から当接する第1の当接部と、ドア本体部に対して車内側から当接する第2の当接部と、を有するようにした。これにより、モール...

    車両用ドアのモール取付構造

  17. 【課題】シール部の耐久性とシール性能に優れる車両ドア用モールを提供する。【解決手段】車両用ドアを構成するドア本体部に取り付けられる車両ドア用モールにおいて、ドア本体部に取り付けられるモール本体と、モール本体から突出してドア本体部に接触してシールするシール部と、を有し、シール部が、モール本体の車内側に位置する基部と、基部から突出して該基部よりも車外側に位置するリップ部と...

    車両ドア用モール

  18. 【課題】ルーバーの風向調整機能を損なうことなく、エアコン吹出部にドリンクホルダ等の車載用物品保持具を取り付けることが可能な車載用物品保持具ならびにその取付構造を提供する。【解決手段】車載用物品を収容する物品収容空間16を有する車載用物品保持具本体12、車載用物品保持具本体12の背面側上部に配設され、通気口とルーバー104との間の隙間Xに挿入される挿入部材22、リブ11...

    車載用物品保持具およびその取付構造

  19. 【課題】2つのワイヤレスデバイスの方位をアラインする方法を提供する。【解決手段】第1のワイヤレスデバイス552aは、既知の位置および既知の方位にある。第2のワイヤレスデバイス552bからの信号554aは、第1のワイヤレスデバイスの複数の受信エレメントを介して受信される。第1のワイヤレスデバイスは、複数の受信エレメントにおける信号の位相差を測定し、この差分に基づいて、第...

    ワイヤレスデバイス方位の誘導アライメント

  20. 【課題】デバイスから受信される信号の位相差に基づいてデバイスのロケーションを決定するための方法を提供する。【解決手段】複数の領域から送信される信号についての予想される位相差が決定される。予想される位相差は、受信デバイスの複数の受信要素の各々において受信されたときの、信号の差である。デバイスから受信された信号の位相差を予想される位相差と比較することによって、デバイスのロ...

    位相差に基づくロケーション決定

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 184