双投式電磁接触器 に関する公開一覧

双投式電磁接触器」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「双投式電磁接触器」の詳細情報や、「双投式電磁接触器」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「双投式電磁接触器」の意味・用法はこちら

1〜5件を表示(5件中)1/1ページ目

  1. 【課題】負荷が誘導性負荷または容量性負荷などであっても、商用電源が復電した際に切替装置および負荷へのストレスを低減させる。【解決手段】給電システム1は、電力調整装置2と、切替装置3とを備える。電力調整装置2は、商用電源9が停電した場合に連系運転から自立運転に切り替え、商用電源9が復電した場合に自立運転から連系運転に切り替える。切替装置3は、負荷への給電路を商用回路33...

    給電システムおよび切替装置

  2. 【課題】定常給電中は有接点スイッチを介して給電を行うことで、発生する電力損失を極力少なくすると共に、電源の異常発生時には高速で異常側電源を完全に切離して、その後に待機側電源からの給電を開始するようにして確実かつ1/4サイクル以内の高速で切換えることができる。【解決手段】常用側交流電源1と待機側交流電源2の切換スイッチである双投式電磁接触器6と、この双投式電磁接触器6の...

    無瞬断電源切換装置

  3. 【課題】停電切替時、計画切替時において1/4サイクル以下という実用上無瞬断の自動切替が可能であり且つコンパクト化が可能な無瞬断切替装置を提供する。【解決手段】無瞬断切替装置は、電源端子A及びBと負荷端子Cとに接続され且つ負荷端子Cを選択的に電源端子A又はBに接続する双投式主切替スイッチ5、電源端子A及びBに接続されると共に半導体スイッチ7と電磁接触器8との直列回路(7...

    無瞬断切替装置

  4. 【課題】2系統のUPSシステムの位相差を容易に把握することができ、UPSシステム切換時の信頼性を向上させることができる無瞬断系統切換装置を提供することである。【解決手段】単独運転可能な常用系と待機系との2台の無停電電源装置UPS11a、11bと負荷17との間に設けられた開閉器15と、開閉器15の両側と負荷17との間にそれそれ並列接続されたサイリスタスイッチ16a、16...

    無瞬断系統切換装置

  5. 【課題】商用系統に分散型電源を系統連系する系統連系システムにおいて、発電機やインバータを効率よく運転することができ、発電機の能力に応じて電力会社から受電する電力を最小限にしてコストを低減することができる系統連系システムを提供することである。【解決手段】単相3線式の電力系統に分散型電源を系統連系する系統連系システムにおいて、前記分散型電源が単相2線式の交流電圧を出力する...

    系統連系システム