分子状態 に関する公開一覧

分子状態」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「分子状態」の詳細情報や、「分子状態」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「分子状態」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(203件中)1/11ページ目

  1. 【課題】第一に、金属ないしは合金からなる物質で覆われた熱可塑性エラストマーの原料の集まりを製造する。第二に、前記原料の集まりを、安価な原料を用い、極めて簡単な処理で製造する。第三に、熱融解し、圧縮変形した原料を、金属ないしは合金からなる物質が、継続して覆い続ける。第四に、隣り合う圧縮変形した原料を覆う金属ないしは合金からなる物質が互いに金属結合し、隣り合う圧縮変形した...

    金属ないしは合金の性質と自己発火せず着火しない不燃性を兼備する熱可塑性エラストマーからなる成形体の成形方法

    • 公開日:2020/03/26
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2020-045393号
  2. 【課題】複合材料の破断を予測することのできる複合材料の解析方法及び複合材料の解析用コンピュータプログラムを提供すること。【解決手段】複合材料の解析方法は、コンピュータが、複合材料をモデル化した複合材料モデルを含む複合材料の解析用モデルを作成する第1ステップと、解析対象となる複合材料モデルに属し、粒子間結合で結合された少なくとも一対の粒子の粒子間距離に閾値を設定する第2...

    複合材料の解析方法及び複合材料の解析用コンピュータプログラム

  3. 【課題】粒子間結合の破断箇所の特定が可能となる複合材料の解析方法及び複合材料の解析用コンピュータプログラムを提供すること。【解決手段】複合材料の解析方法は、コンピュータが、特定物質をモデル化した特定物質モデルを含む特定物質の解析用モデルを作成する第1ステップと、解析対象となる特定物質モデルに属し、粒子間結合で結合された少なくとも一対の粒子の粒子間距離に閾値を設定する第...

    複合材料の解析方法及び複合材料の解析用コンピュータプログラム

  4. 【課題】生物学的経路の調節相互作用の学習および同定用のシステムならびに方法を提供する。【解決手段】経路モデルが、複数の経路要素を含み、少なくとも2つの経路要素が進路を介して互いに結合し、調節ノードが複数の調節型パラメータの関数として、前記進路に沿って活性を調節し、オミックス入力インターフェースを介して、DNA配列情報、RNA発現情報、タンパク質情報およびタンパク質活性...

    生物学的経路の調節相互作用の学習および同定用のシステムならびに方法

  5. 【課題】腎臓移植における急性拒絶を評価するための組成物および方法の提供。【解決手段】腎臓同種移植を受けた個人において、急性拒絶(AR)の診断に使用するため、非ARの診断に使用するため、またはARを発症するリスクの診断に使用するための方法であって、a)前記個人からの生体サンプルにおいてCEACAM4、ならびにCFLAR、DUSP1、IFNGR1、ITGAX、MAPK9、...

    腎臓移植における急性拒絶を評価するための組成物および方法

  6. 【課題】優れた輝度及び着色力を有し、低粘度化された顔料組成物の提供。【解決手段】式(1)で表されるキノフタロン化合物と、少なくとも一つのスルホン酸基又はスルホン酸塩基を有するアントラキノン化合物とを含有する顔料組成物。[X1〜X16、Y1及びY2は各々独立にH又はハロゲン原子;ZはC1〜3のアルキレン基]。

  7. 【課題】優れた輝度、着色力及びコントラストを有する顔料組成物の提供。【解決手段】式(1)で表されるキノフタロン化合物と、少なくとも一つのスルホン酸基、スルホン酸塩基等を有するキノフタロン系誘導体とを含有する顔料組成物。[X1〜X16、Y1及びY2は各々独立にH又はハロゲン原子;ZはC1〜3のアルキレン基。]。

  8. 【課題】良好な色特性を維持しつつ低粘度化された着色組成物の提供。【解決手段】下記式(1)で表されるキノフタロン化合物と、アミン系分散剤と、溶剤と、を含有する着色組成物。式(1)中、X1〜X16は各々独立にH、又はハロゲン原子であり、Y1及びY2は各々独立にH、又はハロゲン原子であり、Zは炭素数1〜3のアルキレン基である。

  9. 【課題】高色再現性が求められる緑色カラーフィルタにおいて、膜厚が厚くなることを抑制できる着色組成物の提供。【解決手段】式(1)で表される化合物と、緑色顔料と、を含有する顔料組成物。[X1〜X16は各々独立にH又はハロゲン原子;Y1及びY2は各々独立にH又はハロゲン原子;ZはC1〜3のアルキレン基]。

  10. 【課題】第一に、紫外線が長期に亘って照射されても塗膜が劣化しない。第二に、大気雰囲気で長期間使用しても塗膜が継時変化しない。第三に、基材の材質に拘わらず、塗膜が基材に結合する。第四に、塗膜は任意の色彩を放つ。第五に、塗膜の表面は撥水性と防汚性とを持つ。第六に、安価な材料を用い、安価な費用で、任意の色彩を放つ塗膜が形成できる。【解決策】厚みがサブミクロンで平均粒径がミク...

    任意の色彩を放つ金属からなる薄膜の形成方法

    • 公開日:2020/02/20
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2020-026540号
  11. 【課題】ヒストンデアセチラーゼ(HDAC)の阻害のための有用な化合物、その薬学的に許容される塩、水和物、溶媒和物の提供。【解決手段】式(I)で表される化合物。(Uが一重結合、NR2d、NR2d-NR2d’又はO;JがNH2、又はSH;VがC又N、但しVがNである場合、R2a〜R2cのうちの1つは存在しない;Xが各々独立にH、D、メチル、CF3又はハロゲン;R2a〜及び...

    ヒストンデアセチラーゼ阻害剤

  12. 【課題】ヌクレオチド・ライブラリーを提供する。【解決手段】CysXaaXaaXaaXaaXaaXaaXaaCysXaaXaaXaaXaaXaaProValからなる特定のアミノ酸配列が(ア)乃至(エ)の特徴を有するヌクレオチドライブラリー。アミノ末端から数えて、(ア)1番目乃至5番目、7番目、9番目および10番目のXaaが、それぞれ、システインおよびプロリンを除く、天然...

    ヌクレオチド・ライブラリー

  13. 【課題】SWI/SNF関連ガンの症状を治療または軽減する方法の提供。【解決手段】それを必要とする対象に治療有効量のEZH2阻害剤および医薬組成物を投与する。対象は脳および中枢神経系ガン、頭頸部ガン、腎臓ガン、卵巣ガン、膵臓ガン、白血病、肺ガン、リンパ腫、骨髄腫、肉腫、乳がん、ならびに前立腺ガンからなる群から選択されるガンである。例えば、SWI/SNF関連ガンは、SWI...

    ガンの治療方法

  14. 【課題】グレリン受容体によって病態生理学的に媒介される疾患の予防及び/又は治療のための化合物、組成物及び方法を提供する。【解決手段】一般式I:を有し、又は、その医薬上許容される塩。

    p−置換非対称尿素及びその医薬的使用

  15. 【課題】認知障害を処置するための方法を提供すること。【解決手段】本発明は、ベンゾジアゼピン誘導体、治療有効量のそれらのベンゾジアゼピン誘導体を含む組成物、および中枢神経系(CNS)障害に関連する認知障害を処置する際にそれらの誘導体または組成物を使用する方法に関する。特に、本発明は、CNS障害に関連する認知障害の処置を必要とする被験体またはそのリスクのある被験体(加齢性...

    ベンゾジアゼピン誘導体、組成物、および認知障害を処置するための方法

  16. 【課題】分光センサ、及びそれを採用した分光器を提供する。【解決手段】分光センサ100は、共振波長帯域が互いに異なる複数のナノアンテナ111を具備するナノアンテナ・アレイ部110と、複数のナノアンテナからの光をそれぞれ検出する複数の光検出器121を具備する光検出器アレイ部120と、を含み、上部ナノ構造層と、下部ナノ構造層と、中間層と、を含み、中間層は、第1誘電体層、第2...

    分光センサ、及びそれを採用した分光器

  17. 【課題】従来よりも表面反射率が低い色覚補正フィルタを提供する。【解決手段】色覚補正フィルタ1は、1種類以上の色素材料20を含み、440nm以上600nm以下の波長帯域内における、色覚補正フィルタ1の透過率の最小値は、535nm±50nmの範囲にある。さらには色覚補正フィルタ1の透過率の最小値は、535nm±30nmの範囲にある。あるいは色覚補正フィルタの透過率が40%...

    色覚補正フィルタ及び光学部品

  18. 【課題】細胞増殖性障害のための薬学的組成物及び処置方法。【解決手段】3-(3-(4-(1-アミノシクロブチル)フェニル)-5-フェニル-3H-イミダゾ[4,5-b]ピリジン-2-イル)ピリジン-2-アミンまたは3-(3-(4-(1-アミノシクロブチル)フェニル)-5-(3-モルホリノフェニル)-3H-イミダゾ[4,5-b]ピリジン-2-イル)ピリジン-2-アミンまたは...

    増殖性障害を処置するための組成物および方法

  19. 【課題】物性値が大きく異なる2つの基材の組み合わせであっても、基材の材料の組み合わせや、基材の大きさや形状の組み合わせに拘わらず、安価な原料を用い、簡単な処理によって、2つの基材を強固に接合する接合方法を見出す。【解決策】異なる材料からなる2つの基材の双方に、隙間バメないしは中間バメで嵌合する嵌合部を、押し込まれる基材の嵌合部の長さが、押し込む基材の嵌合部の長さより長...

    異なる材料からなる2つの基材の嵌合部を接合する基材の接合方法

    • 公開日:2019/12/26
    • 出願人: 小林博
    • 発明者: 小林博
    • 公開番号:2019-217535号
  20. 【課題】澱粉含有物を含有し、滑らかな食感を備えた保形食品を提供する。【解決手段】本発明に係る保形食品は、α化度が30%以上の澱粉含有物と甘味料とを含有する保形食品であって、動的粘弾性測定法により、角周波数1rad/sec、温度25℃で求めた貯蔵弾性率G’が3000〜90000Paであり、損失弾性率G”が3000〜70000Paであることを特徴とする。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 191