出力音圧 に関する公開一覧

出力音圧」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「出力音圧」の詳細情報や、「出力音圧」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「出力音圧」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(722件中)6/37ページ目

  1. 技術 防災設備

    【課題】火災報知設備と非常放送設備との間の配線スペースを低減して配線引き回しを容易にすると共に、火災報知設備の点検に伴う誤放送を確実に防止可能とする。【解決手段】第1伝送アダプタ30は、火災受信機14からの階別又は火災確認等の連動信号を個別の信号線により受信し、所定形式の伝送信号に変換してLANケーブル等の伝送路34へ送信する。第2伝送アダプタ32は伝送路34を介して...

    防災設備

  2. 技術 防災設備

    【課題】火災報知設備と非常放送設備との間を伝送化した場合の信号伝送の信頼性を確保して信頼性を向上する。【解決手段】火災受信機14と非常放送設備20を、伝送路34で接続した第1伝送アダプタ30と第2伝送アダプタ32を介して接続し、火災受信機14から連動信号として発報信号又は火災確認信号を非常放送装置20に伝送して発報放送又は火災放送を行わせる。火災受信機14は、所定の周...

    防災設備

  3. 技術 防災設備

    【課題】火災報知設備と非常放送設備との間の伝送化した場合の連動制御を確実に行って信頼性を向上する。【解決手段】火災受信機14と非常放送装置20を伝送路28により接続すると共に1回線の移報回線30により接続する。火災受信機14は階別信号及び火災確認信号を伝送路28により非常放送装置20に送信すると共に、階別信号の送信に連動して感知器発報を代表する発報代表信号を移報回線3...

    防災設備

  4. 技術 防災設備

    【課題】火災報知設備と非常放送設備との間の伝送化した場合の連動制御を確実に行って信頼性を向上する。【解決手段】火災報知設備10に設けた火災受信機14で、警戒区域の火災を検知して発報した火災感知器16からの発報信号を受信して火災警報を出力した場合に火災発報区域を示す発報区域識別信号を非常放送設備12に設けた非常放送装置20に送信して感知器発報放送を行わせ、発報信号を受信...

    防災設備

  5. 【課題・解決手段】発音体は、移動体装置に搭載される音響再生装置に含まれた発音体である。この発音体の少なくとも一部は、この移動体装置のエンブレム、ホーン部、ミラー部のいずれかの少なくとも一部を兼ねる。

    発音体とそれを用いた音響再生装置、移動体装置

  6. 【課題】エラーマイクを用いることなく、フィードフォワード制御による騒音低減制御を精度良く実行することが可能であると共に、処理速度の向上やシステムの簡素化も達成可能なアクティブノイズコントロールシステム及びその方法を提供する。【解決手段】騒音Qを計測する計測用マイク3と、騒音を低減するための制御音Sを作成し出力する制御コントローラ6と、制御音を放出する制御用スピーカー9...

    アクティブノイズコントロールシステム及びアクティブノイズコントロール方法

  7. 【課題】運転者による注意対象物の接近に対する認識を向上させることができる安全確認支援装置を提供する。【解決手段】運転者が視認できる位置に可視情報を提示する光提示装置13と、自車両に対し接近する対象物を検出する注意対象物情報取得装置11と、注意対象物情報取得装置11により対象物が検出された場合に対象物が自車両に対し接近する方向の左右成分と同じ方向に可視情報を移動させなが...

    安全確認支援装置

  8. 【課題】運転者による注意対象物の接近に対する認識を向上させることができる安全確認支援装置を提供する。【解決手段】運転者が視認できる位置に可視情報を提示する提示部13と、自車両に対し接近する対象物を検出する対象物検出部11と、対象物検出部11により対象物が検出された場合に対象物が自車両に対し接近する方向の左右成分と同じ方向に可視情報を移動させながら提示するよう提示部13...

    安全確認支援装置

  9. 【課題】 良好な音圧の周波数特性を得ることができる音響発生器、音響発生装置および電子機器を提供すること。【解決手段】実施形態に係る音響発生器は、励振器と、振動板と、枠体とを少なくとも有する。励振器は、電気信号により振動する。振動板は、励振器が取り付けられており、励振器の振動によって励振器とともに振動する。枠体は、振動板の外周部に設けられる。また、枠体は厚みまたは幅の...

    音響発生器、音響発生装置および電子機器

  10. 【課題】良好な音圧の周波数特性を得ること。【解決手段】本発明の音響発生器は、枠体10と、この枠体10に固定された振動板20と、この振動板20上に設けられた励振器としての圧電振動素子30とを備えている。そして、振動板20の主面に対して垂直な面で枠体10を切断したときに、枠体10の幅が厚み方向で不均一になっている部位を有している。

    音響発生器、音響発生装置および電子機器

  11. 【課題・解決手段】ホーンスピーカー(1)は、ドライバユニット(10)とホーン(20)とを備える。ホーン(20)は、音波の伝搬方向とは反対方向に音波を誘導する第1ホーン部(21)と、伝搬方向に沿う方向に音波を誘導する第2ホーン部(22)と、伝搬方向とは反対方向に音波を誘導する第3ホーン部(23)と、伝搬方向に沿う方向に音波を誘導してホーン開口部(20b)から音波を放出す...

    ホーンスピーカー及びホーンアレイスピーカー

  12. 【課題・解決手段】比較的小さな口径のスピーカユニットにおいても、小〜中音量の再生における低音の不足を解消するとともに、大音量の再生における再生音の品位が損なわれないようにすることができる音響再生装置を提供する。音響再生装置(10)は、入力信号に対して所定の演算を行うDSP(12)およびμCom(11)と、所定の演算がされた信号を増幅してスピーカユニットに出力するAMP...

    音響再生装置

  13. 技術 イヤホン

    【課題・解決手段】電話時の音声増幅を不快感無く行うことができること、接触音によって受話器から発せられる音が聞こえづらくなる不具合を解消する。音声処理装置1は、スピーカユニット24とマイクロホン26を備えたイヤホン2と、イヤホン2と電気的に接続される本体3を備え、本体3は、マイクロホン26が集音した音声信号を処理してスピーカユニット24に出力し、イヤホン2は、スピーカユ...

    イヤホン

  14. 【課題・解決手段】音声処理装置1は、スピーカユニット24と無指向性のマイクロホン26を備えるイヤホン2と、イヤホン2と電気的に接続される本体3とを備え、本体3は、マイクロホン26が集音した音声信号を増幅してスピーカユニット24に出力する音声信号処理回路30を有し、音声信号処理回路30は、音声信号処理回路30に固定されたバンドパスフィルタ34を有し、イヤホン2は、一つの...

    音声処理装置

  15. 【課題・解決手段】スピーカであって、フレームと、フレームに固定されるヨークと、ヨークに固着されるマグネットと、マグネットのヨークと固着されている面とは反対側である上面に固着されるプレートと、ヨークと、プレートとの間に形成された第1の磁気空隙内に、振動可能に配置されるボイスコイルと、外縁部がボイスコイルと接合される振動板と、振動板を振動可能に支持し、一方端がフレームに固...

    スピーカ、スピーカを備えたインナーイヤーヘッドホンおよび補聴器

  16. 【課題】空気中の音伝搬の調過程における歪等を低減することができる結果、より高音質で聞きやすく違和感の無い再生音を実現できパラメトリックスピーカを提供する。【解決手段】超音波帯域のキャリア信号を、外部音源からの可聴信号で変調して変調信号を生成する変調手段と、該生成された変調信号を増幅する増幅手段と、該増幅された変調信号に基づいて超音波を放射する超音波放射手段と、を備える...

    パラメトリックスピーカ

  17. 【課題】高感度、高耐圧の静電容量型トランスデューサを作製することができる作製方法、そのような静電容量型トランスデューサを提供する。【解決手段】静電容量型トランスデューサは、第一の電極3と間隙5を挟んで設けられた第二の電極7と、第二の電極上に設けられた絶縁膜8と、を含む振動膜が振動可能に支持された構造のセル15を複数有する。この静電容量型トランスデューサ作製方法では、第...

    静電容量型トランスデューサ及びその作製方法

  18. 【課題】出力音圧レベルを下げることなく、応答性能に優れ、かつ、音圧周波数特性上のピーク・ディップを低減できる、高音質なスピーカ用の振動板を提供すること。【解決手段】本発明は、スピーカ用のコーン型の振動板であって、炭素繊維強化液晶ポリマー、環状オレフィン系樹脂およびカーボンナノチューブを含む樹脂材料からなり、所定の中心軸に対して対称な形状を有するコーン型の振動板本体と、...

    スピーカ用の振動板およびスピーカ

  19. 【課題】環境音と提供する情報の音声との音量バランスを、周囲の音環境の変化に対応して制御する。【解決手段】収音部は、環境音を収音する。音声取得部は、提供する情報の情報音を取得する。重畳比算出部は、前記情報音の音圧レベルの時系列データの第1の代表値と前記環境音の音圧レベルの時系列データの第2の代表値との差と、第1の所定値との差を補うような、前記情報音と前記環境音とを重畳さ...

    音声処理装置、音声処理方法、及びプログラム

  20. 【課題】高性能な処理回路を必要とすることなく、スピーカの出力音圧対周波数特性による通報音の音圧の変動を抑制しつつ、歩行者等が車両の車速感を認識できるようにする。【解決手段】マイコン21は、車両の車速の変化に応じて第1の発音信号Saの周波数および出力レベルを変化させる第1発音信号生成部220aと、第2の発音信号Sbの周波数を一定に保持したまま車両の車速の変化に応じて第2...

    車両接近通報装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 37