出力音圧 に関する公開一覧

出力音圧」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「出力音圧」の詳細情報や、「出力音圧」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「出力音圧」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(298件中)4/15ページ目

  1. 【課題】デジタル信号をアナログ信号に変換するデジタルアナログ変換装置を構成する素子にバラツキがあった場合においても、高い品質のアナログ信号を生成することができ、高分解能を有し、かつ、回路規模の小さいデジタルアナログ変換装置を実現する。【解決手段】入力信号のビット数を低減する第1のデータ換器と,前記第1の出力信号のフォーマットを変換する第2のデータ変換器と,前記第2のデ...

    デジタルアナログ変換装置

  2. 【課題】デジタル信号をアナログ信号に変換するデジタルアナログ変換装置を構成する素子にバラツキがあった場合においても、高い品質のアナログ信号を生成することができ、高分解能を有し、かつ、回路規模の小さいデジタルアナログ変換装置を実現する。【解決手段】入力信号のビット数を低減する第1のデータ換器と,前記第1の出力信号のフォーマットを変換する第2のデータ変換器と,前記第2のデ...

    デジタルアナログ変換装置

  3. 【課題】有害な音を減衰するとともに、音圧を上げて可聴音の届く範囲を長くすることができる超指向性のスピーカを備えたマンコンベア用のポストを得る。【解決手段】この発明のマンコンベア用のポスト20は、中空の柱部材22と、この柱部材22の内部に設けられ、超音波を放射するとともに、自己復調する可聴音の音圧を高める超指向性音響装置の超指向性のスピーカ36と、柱部材22の前記乗場口...

    マンコンベア用のポスト

  4. 【課題】複数の音場を形成する際に、再生音量が小さかったり、再生音の高域特性が調整されていたりしても、設計者が意図したように音場の立体感が得られる音場形成装置を提供する。【解決手段】音場形成装置1は、操作部67が複数の音場の生成指示を受け付けた際に、電子ボリューム51の出力音量が閾値以下であれば、出力音量に応じて効果レベル可変アンプ89に音場の効果レベルを補正させる。ま...

    音場形成装置

  5. 【課題】天然木による自然な響きと高い外観品質が得られるようにすると共に、中音域から高音域にかけて音圧ディップが抑えられた平坦な特性を確保する。【解決手段】磁気回路9と、磁気回路9を収納するフレーム13と、断面が略ドーム形状の中央振動部19、及び、中央振動部19の外周全周にわたり成形され断面が略ドーム形状の外周振動部21を有し、外周振動部21の外周側のエッジ部分21bの...

    電気音響変換器及び振動板

  6. 【課題・解決手段】監視領域の異常を報知するための警報音を出力する警報出力器であって、パルス信号を印加されることにより警報音を出力する音源と、この音源に対して前記パルス信号を印加するパルス信号印加手段と、パルス信号が取り得る周波数とパルス幅との組合せを複数記憶する記憶手段と、この記憶手段にて記憶された周波数とパルス幅との組合せに応じた前記パルス信号が前記音源に対して印加...

    警報出力器

  7. 【課題】複数のイヤホンをそれぞれの特性に応じて適切に使用することが可能な再生装置および再生方法を提供すること。【解決手段】楽曲を含むデータを記憶する記憶手段(メモリ150)と、記憶手段に記憶されているデータを再生する再生手段(楽曲再生部160)と、再生手段によって得られた音声信号を、イヤホンに対して出力する出力手段(イヤホン接続部170)と、出力手段に対して接続される...

    再生装置および再生方法

  8. 【課題】木による自然な響きと高い外観品質が得られるようにすると共に、中音域から高音域にかけて音圧デイップが抑えられた平坦な特性を確保する。【解決手段】磁気回路9と、磁気回路9を収納するフレーム13と、断面が略ドーム形状の中央振動部19及び中央振動部19の外周全周にわたり成形され断面が略ドーム形状の外周振動部21を有し、外周振動部21の外周側のエッジ部分21bの端部がフ...

    電気音響変換器及び振動板

  9. 【課題】指向性スピーカとしても機能し、ラウドスピーカとしても機能するスピーカ装置を提供する。【解決手段】超音波周波数帯域の搬送波を生成する搬送波発振器10と、搬送波発振器10から出力された超音波周波数帯域の搬送波を、可聴周波数帯域の入力信号で変調する変調器11と、変調器11から出力される変調波と前記可聴周波数帯域の入力信号とのレベル比を調整するレベル調整器12と、レベ...

    スピーカ装置、音響再生方法、及びスピーカ制御装置

  10. 【課題】振動膜の有効な膜変位量を増大させ、かつ音波放射する放射穴(貫通孔)の開口率を増大させることにより、出力音圧の向上を図ることができる、静電型超音波トランスデューサを提供する。【解決手段】本発明の静電型超音波トランスデューサは、貫通孔を有する第1の電極と、貫通孔を有する第2の電極と、前記第1の電極の前記貫通孔と前記第2の電極の前記貫通孔とが対をなすように配置されか...

    静電型超音波トランスデューサ、静電型超音波トランスデューサの製造方法、超音波スピーカ、音声信号再生方法、超指向性音響システム及び表示装置

  11. 【課題】電源からセンサに供給される電圧が変動する場合であっても、障害物を検知する距離を比較的大きくとることを可能にする。【解決手段】車両用障害物検知装置は、超音波を送受波するセンサ1と、センサ1に超音波を送波させるとともに、センサ1が受波した反射波の振幅と閾値とを比較することにより障害物の有無を判断するコントローラ2とを備える。コントローラ2は、電源電圧を検出する電圧...

    車両用障害物検知装置

  12. 【課題】従来の装置では、使用者へのサポートが限られており、十分なものではなかった。【解決手段】上記課題を解決するために、パーソナルコンピュータ、サーバ等の電子機器は、使用者に関する記録を行うROM等の記録部と、使用者が第1の作業を行っているときの使用者の生体に関する情報を入力するCPU、生体センサ等の入力部と、生体に関する情報と記録部の記録とに基づいて、第1の作業と異...

    電子機器および電子機器の制御プログラム

  13. 【課題】高い音圧が得られるcMUTを音源とする超音波照射装置を提供する。【解決手段】超音波照射装置は、cMUT110と駆動制御手段120とを有する。駆動制御手段120は、下部電極114と上部電極117との間に、電圧を印加して、振動膜119を振動させて、cMUT110に超音波を射出させる。このとき、駆動制御手段120は、振動膜119を高次のモードで振動させる。このとき振...

    超音波照射装置

  14. 【課題】聴取位置の移動時に聴取方向の急激な変化が発生しないようにする。【解決手段】ビデオゲーム処理装置100が、仮想空間における聴取音を複数の音声出力部14により出力するための音響情報に含めて管理する音響情報管理テーブル12aと、仮想空間に存在する音源オブジェクトに関する音源オブジェクト情報を記憶する音源オブジェクト情報記憶部12bとを備え、音源オブジェクトが発する音...

    ビデオゲーム処理装置、およびビデオゲーム処理プログラム

  15. 【課題】音響システムのスピーカの数を増やしても信号処理系統及び増幅器のハードウェア量を増加させないことを目的とする。【解決手段】アレイスピーカを構成する複数の主スピーカ1m〜8mの各スピーカの2つの正極及び負極端子に増幅器1a〜8aが接続され、それぞれブリッジ駆動されている。主スピーカ1m〜8mを補間するための副スピーカ1s〜7sを主スピーカ1m〜8mの間にそれぞれ設...

    音響システム

  16. 【課題】医療用超音波診断装置において、超音波トランスデューサに多層圧電体を用いて高調波を送受波するにあたって、高調波成分を増加させると同時に基本波成分を減衰させる。【解決手段】3層圧電体を用いて3次高調波を送受波するにあたって、その3層を分極方向を揃えて積層するのではなく、一部の向きを逆方向にするとともに、電極引回しを工夫する。具体的には、互いに隣り合う圧電体の離反側...

    超音波診断装置

  17. 【構成】補聴器において音信号を処理しかつ制御する方法を提供する。この方法は第1および第2の速度にそれぞれしたがって応答するように構成された第1(103)および第2(105)の信号レベル推定器に基づいて電気入力信号(101)の第1(102)および第2(104)の信号レベルを推定するものであり,上記第2の速度は第1の速度よりも遅く,推定された第2の信号レベルは推定された第...

    補聴器における音処理方法および補聴器

  18. 技術 警備装置

    【課題】在宅中の利用者に負担をかけることなく、屋外から侵入しようとする賊の侵入行為を抑止できる警備装置を提供する。【解決手段】屋内及び屋外に設置された複数の検知手段により監視対象を監視する警備装置であって、前記屋外に設置された検知手段の検知領域付近の画像を取得する撮像部と、前記検知手段から受信した検知信号に基づき異常発生と判定する監視部と、前記監視部が異常発生と判定す...

    警備装置

  19. 【課題】聴取者の音定位の精度を向上させることができる音伝達装置を提供する。【解決手段】スピーカPnから出力音を出力させて車両3の運転者へ伝達する音伝達装置であって、運転者の顔位置に基づいて出力音の音圧を調整する音圧制御部13と、運転者の顔方向に存在するスピーカPnの位置を示す視覚情報を出力する発行素子Lnとを備えることで、運転者の音定位の範囲を狭めることができ、音定位...

    音伝達装置

  20. 技術 スピーカ

    【課題】本発明はスピーカの高性能化と軽量化を図ることを目的とする。【解決手段】この目的を達成するために本発明は、磁気ギャップ17を有する磁気回路11をプロテクター18の中央部裏面に設置し、サスペンションホルダ15の内周部分をボイスコイル体12に連結し、振動板13は磁気回路11側でその内周部分をサスペンションホルダ15の中部に連結し、振動板13は第一のエッジ14を介して...

    スピーカ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 15