仙棘靱帯 に関する公開一覧

仙棘靱帯」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「仙棘靱帯」の詳細情報や、「仙棘靱帯」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「仙棘靱帯」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(26件中)1/2ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、患者の靭帯及び/又は腱を修復する方法に関する。該方法は、靭帯又は腱にパッチを取り付けるステップを含む。該パッチは可撓性及び生体適合性を有し、支持層及び基質層を備える。

    靭帯又は腱を修復する方法

  2. 【課題・解決手段】説明するのは、解除可能な補強を含む外科的インプラント及び関連の方法であり、特定の例示的インプラント及び方法は、骨盤組織、心臓組織、及びヘルニアを治療するのに有用であり、解除可能な補強は、外科手順中に解除されて(除去され又は使用不能にされて)インプラント又はインプラントの一部分の機械的特性に影響を与えることができる。

    骨盤疾患の治療のためのインプラント及び方法

  3. 【課題・解決手段】本発明は、調節可能サイズ特徴を有する外科的インプラントと、インプラントを使用して骨盤疾患を治療する方法とに関する。

    骨盤疾患の治療のためのインプラント及び方法

  4. 【課題・解決手段】近位末端にてそれに固定して連結し、遊離遠位末端(114)まで長さに沿って伸びる、第一縫合フィラメント(110)を有する第一組織アンカー(102)と、近位末端にてそれに固定して連結し、遊離遠位末端(120)まで長さに沿って伸びる、第二縫合フィラメント(112)を有する第二組織アンカー(104)とを含む、創傷閉鎖デバイス(100)。第一縫合フィラメントは...

    組織を接近させる方法及びデバイス

  5. 【課題】尿道下の支持のための好適なシステム、装置および方法を提供すること。【解決手段】患者の尿道下スペースまたは骨盤底のための外科用インプラントアセンブリ981を製造する方法であって、前記方法は、メッシュ材料を提供するステップと、前記メッシュ材料を型に結合するステップと、硬化性材料を前記型に注入するステップと、前記硬化性材料を硬化させるステップと、前記メッシュ材料を前...

    尿道下の支持のためのシステム、装置および方法

  6. 【課題】骨盤臓器脱手術において使用される合成繊維のメッシュのアーム片が切断されないように保護するための骨盤臓器脱手術用保護カバーを提供する。【解決手段】 骨盤臓器脱手術用保護カバー10は、中央支持部21と、前記中央支持部21の周囲に突出する複数のアーム片22〜22とからなる合成繊維のメッシュ20を、骨盤臓器脱手術において骨盤底50に配置する際に、少なくともアーム片2...

    骨盤臓器脱手術用保護カバー

  7. 【課題・解決手段】骨盤底修復のための組織エンジニアリングデバイスが開示される。より具体的には、不織布フェルトに少なくとも部分的に埋め込まれている中央部分を有するインプラントからなる組織エンジニアリングデバイスが開示される。

    組織誘導再生のための生体適合性繊維系デバイス

  8. 【課題・解決手段】男性または女性の骨盤状態の治療に有益な、外科手術処理、システム、装置、用具、および方法の種々の実施形態を記載する。骨盤状態は、失禁(便失禁、腹圧性尿失禁、急迫性尿失禁、混合型失禁などのような様々な形態)、膣脱(腸ヘルニア、膀胱瘤、直腸瘤、先端脱またはアーチ脱、子宮下垂などのような様々な形態)、および筋肉および靱帯の弱さにより生じる他の状態を含む。装置...

    骨盤状態の治療のシステム、インプラント、用具、および方法

  9. 【課題・解決手段】単体的なまたは均一なパターン形成インプラントが提供される。該インプラントは、型成形、ダイキャスト、レーザ・エッチング、レーザ切断などにより形成された複数のパターン化区画により構成される。インプラントの各部分は、正弦波状または別の波形状のストラット部材へと形成されることで、単一または複数の軸心に沿う伸び、拡開または収縮を制御かつ促進し得る。その故に、イ...

    パターン形成インプラントおよび方法

  10. 【課題・解決手段】女性の骨盤臓器脱に対処するためのプロテーゼは、形状記憶材料から作られたフレームを含み、このフレームは、非拘束状態にある場合に、薄い弾性メッシュシートを伸張状態に支持する。メッシュシートには、外科医がプロテーゼを骨盤内の所望の配置に動かす際に用いられる、メッシュシートの後方の外周に近接して2つの指受容ポケットが形成される。フレームは、骨盤内の骨構造およ...

    ヒトの女性における骨盤底修復のための装置および方法

  11. 【課題・解決手段】一実施形態では、装置は、使い捨て骨盤領域内支持部分と、支持部分から延在するストラップとを含む。ストラップは、ある長さを有し、骨盤組織内に少なくとも部分的に配置されるように構成される。スリーブは、ストラップの少なくとも一部上に解放可能に配置される。スリーブは、ストラップの長さよりも大きな長さを有する。いくつかの実施形態では、スリーブの長さは、ストラップ...

    骨盤機能障害を治療する器具および方法

  12. 【課題・解決手段】装置は、細長い部材(102)によって画定されるチャネル(1089)内に移動可能に配置されるように構成される、キャリア(140)を含む。キャリアは、近位端部分(142)および遠位端部分(144)を含む。近位端部分は、アクチュエータ(155)に連結されるように構成される。遠位端部分は、突起(145)および係合表面(147)を含む。突起は、身体組織を貫通す...

    医療インプラントを設置するための装置

  13. 【課題・解決手段】骨盤組織を支持するインプラントをはめ込むことによる骨盤の障害(例えば脱出症)の処置に有用なインプラントおよび器具、ならびに方法を開示する。上記インプラントおよび器具、ならびに方法は、取り付けの調節、特定のインプラントおよびインプラント部品、骨盤領域内の部位へのインプラントの配置、ならびに挿入器具、調節器具およびグロメット操作器具のうちの1つ以上を包含する。

    骨盤底の処置ならびに関連する器具およびインプラント

  14. 【課題・解決手段】骨盤疾患の治療に用いる、器具、埋め込み可能な装置、組合せ、キット、およびそのシステム、並びに、関連する方法について記載する。本発明では、器具および装置は連結具を備えている。この連結具は、連結具を操作するための2つの器具に係合する。

    骨盤疾患を治療する手術器具およびその方法

  15. 【課題・解決手段】本発明は、主に筋肉弛緩に関する。筋肉弛緩は、多くの疾患状態において望まれている(例えば、痙性不全まひおよび生体力学的および神経筋機能障害)。より詳細には、本発明は、筋肉弛緩を誘導するシステムに関する。前記筋肉弛緩の誘導は、関節および筋肉への刺激付与を通じた筋肉痙縮の低減によって、行われる。前記システムは、電極を含む装着具と、ハードウェアユニットと、前...

    痙性筋肉の筋肉弛緩のためのシステムおよび装着具

  16. 【課題】 固定デバイスを提供すること【解決手段】 固定デバイスは、その固定デバイスの頭部において固定デバイスを送達器具に連結することによって、患者の身体に送達可能である。固定デバイスの頭部において固定デバイスを送達器具に係合することによって、患者の組織および/または靭帯に固定デバイスを固定することが可能になる。固定デバイスは、女性患者の膀胱頸部付近に配置するための...

    配置固定デバイス

  17. 【課題・解決手段】装置は、支持部材(110)と、支持部材から延在するストラップ(112)と、ストラップの少なくとも一部上に取り外し可能に配置されるスリーブ(122)と、を含む。支持部材は、患者の身体の一部を支持するように構成される。ストラップは、患者の組織の少なくとも一部を通して挿入されるように構成される。スリーブは、取り外し可能接合部によってストラップに取り外し可能...

    骨盤床移植片を送達するための方法およびデバイス

  18. 【課題・解決手段】本願発明の目的は、出てきている、もしくは出てこようとしている骨盤臓器を押し上げることによって、体の外に出てくるのを防ぐことにある。装着者の骨盤臓器脱出部位に向かう押圧力を有する柔軟部材で構成され、骨盤臓器と接触する表面を被覆シートで覆った凸状押し上げ部材または骨盤臓器脱出部位を受け止める柔軟部材で構成され、骨盤臓器と接触する表面を被覆シートで覆った凹...

    骨盤臓器脱防止及び治療装置

  19. 【課題・解決手段】支持部(128)と延長部(124)とを含む骨盤インプラント組立品(100)であって、自己固定先端(10、120)が、この延長部に接続しており、自己固定先端は、近位基部末端(14)及び遠位基部末端(16)を備えた基部(12)を含み、この近位基部末端は、前記延長部に接続しており、基部は、近位基部末端から、且つ少なくとも部分的に基部の長さに沿い遠位基部末端...

    外科用物品及び骨盤疾患の治療方法

  20. 【課題・解決手段】固定デバイスは、その固定デバイスの頭部において固定デバイスを送達器具に連結することによって、患者の身体に送達可能である。固定デバイスの頭部において固定デバイスを送達器具に係合することによって、患者の組織および/または靭帯に固定デバイスを固定することが可能になる。固定デバイスは、女性患者の膀胱頸部付近に配置するためのスリングであることが可能である。別の...

    配置固定デバイス

  1. 1
  2. 2