両接点間 に関する公開一覧

両接点間」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「両接点間」の詳細情報や、「両接点間」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「両接点間」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(560件中)1/28ページ目

  1. 【課題】 負荷時タップ切換装置を構成する切換開閉器に使用される真空バルブの接点の消耗量を推定できる負荷時タップ切換装置を提供する。【解決手段】 負荷時タップ切換装置の切換開閉器において、真空バルブの可動電極と固定電極の接触を解いて電流を遮断する時には、固定電極と可動電極の両接点間でアーク放電が発生して両電極が融けて消耗する。この両接点の消耗が進行すると、可動電極が...

    負荷時タップ切換装置及びその切換開閉器を構成する真空バルブの接点消耗量の推定方法

  2. 【課題】電力が供給されることで発熱する可撓性のスリーブを有する像加熱装置において、給電用の接点の接触抵抗をより精度よく求める。【解決手段】電力が供給されることで発熱する発熱層を有する可撓性スリーブを有し、画像が形成された記録材を、前記可撓性スリーブと加圧部材との間に形成されたニップ部で挟持しながら搬送し、前記画像を加熱する像加熱動作を行う像加熱装置において、前記可撓性...

    像加熱装置および画像形成装置

  3. 【課題】交流系統側に直流事故電流が流れても、交流遮断器を通過する事故電流を低下させ、安全かつ迅速に事故電流を遮断することのできる電力変換装置を提供する。【解決手段】正側直流端子10a及び負側直流端子10bを有する直流端子と3相交流端子との間に設けられ、直流と3相交流との間で相互に電力を変換する電力変換装置であって、スイッチング素子11a、11bとコンデンサ13とを含む...

    電力変換装置

  4. 【課題・解決手段】電磁接触器(1)は、固定接点(40a)が設けられる固定接触子(40)と、可動接点(30a)が設けられ当該可動接点(30a)を固定接点(40a)と接触及び非接触可能な可動接触子(30)と、可動接点(30a)と固定接点(40a)との接点開路時に発生するホットガスを外部に排気する排気路(P)を有する筐体と、を備える。筐体は、アークカバー(11)とグリッドケ...

    電磁接触器

  5. 【課題】アークガスが外部配線に与える影響を抑制することができる回路遮断器を提供する。【解決手段】回路遮断器10は、電路を構成する外部配線を固定するねじ34が螺合される螺合入口部310が形成された第1側面301及び固定接点32が形成された第2側面302を有する固定接触子30と、固定接点32と接触及び離隔することにより、電路の導通及び遮断を切り替える可動接点51を一端に有...

    回路遮断器

  6. 【課題】短絡電流が流れた際に生じるアークガスによる熱影響を低減する回路遮断器を提供する。【解決手段】回路遮断器10は、固定接点321と接触するように動く可動接点51が設けられた可動接触子50と、可動接点51が固定接点321と接触する導通状態と、接触しない非導通状態との間を遷移するように、可動接触子50を駆動する機構部としてのセパレータ60及び接点圧スプリング64と、を...

    回路遮断器

  7. 【課題】対象物品の曲率半径を正確に計測できる曲率半径計測システムを用いて、効率よく高精度で成形作業を行うことができるベンディングロールを提供する。【解決手段】円弧状の金属板Wの板厚tと、凹円弧面上の2つの第1基準点A、A’の間の円周方向に沿った長さL1と、各第1基準点A、A’のそれぞれと板厚方向で対向する凸円弧面上の2つの第2基準点B、B’の間の円周方向に沿った長さL...

    曲率半径計測システムおよびそれを用いたベンディングロール

  8. 【課題】信頼性が高く、かつ小型で安価な装置を提供する。【解決手段】アーク消去装置(2)は、機械式の第1スイッチ(SW1)に並列接続される半導体スイッチ(TR4)、第1スイッチ(SW1)の両接点間に発生する電圧により、半導体スイッチ(TR4)をオンにする電圧を出力する定電圧回路(22)、および半導体スイッチ(TR4)のオンから所定時間経過後に、半導体スイッチ(TR4)を...

    直流開閉器のアーク消去装置

  9. 【課題】小型化および低価格化を実現する。【解決手段】アーク消去装置(1)は、機械式の第1スイッチ(SW1)に並列接続される半導体スイッチ(TR4)、第1スイッチ(SW1)の両接点間に発生する電圧により、半導体スイッチ(TR4)をオンにする電圧を出力する定電圧回路(22)、および半導体スイッチ(TR4)と直列に接続され、前記半導体スイッチが短絡故障した際に流れる電流によ...

    直流開閉器のアーク消去装置

  10. 【課題】電源の起動時における負荷装置の不要な挙動を防止する。【解決手段】アーク消去装置(2)は、機械式の第1スイッチ(SW1)に並列接続される半導体スイッチ(TR4)、第1スイッチ(SW1)の両接点間に発生する電圧により、半導体スイッチ(TR4)をオンにする電圧を出力する電源回路(22)、および開状態により半導体スイッチ(TR4)のオン動作を阻止する第2スイッチ(SW...

    直流開閉器のアーク消去装置

  11. 【課題】摺動を経ても、低摩擦係数と低接触抵抗を両立することができる電気接点、およびそのような電気接点を備えたコネクタ端子対、コネクタ対を提供すること。【解決手段】相互に電気的接触を形成可能な第一の接点10と第二の接点20とよりなる電気接点において、第一の接点10は、スズとパラジウムを含む合金よりなる合金部14aと、スズまたは合金部14aよりもパラジウムに対するスズの割...

    電気接点、コネクタ端子対、およびコネクタ対

  12. 【課題】電磁接触器の状態を特定とする。【解決手段】電動機を駆動するインバータと、インバータに電動機の回転を制御するための周波数制御信号を出力するインバータ制御部と、電流が供給されると電動機の回転を開放し、電流の供給が止まると電動機の回転を抑制するブレーキと、インバータ制御部の周波数制御信号の出力と一致して前記ブレーキに電流を供給する電磁接触器とを備える電動巻上機で、イ...

    電動巻上機およびそれに搭載される電磁接触器の寿命管理方法

  13. 【課題】真空遮断器の点検時、短時間かつ安全に真空度確認装置の着脱及び測定を行い真空遮断器の設置環境の変化によらず正確に真空バルブの真空度低下を確認できる真空度確認装置及び方法を得る。【解決手段】密封容器内に収納され可動接点及び固定接点を有する真空バルブ、可動接点、固定接点を開閉操作する接点開閉操作機構、可動接点を固定接点から開離する方向に付勢する開放ばねの反発力と真空...

    真空遮断器の真空度確認装置及び真空度確認方法

  14. 【課題】落下時の衝撃に伴う電気機器各部への電力供給の瞬断を抑制できるブレーカーを提供する。【解決手段】ブレーカー1は、固定接点21と、可動接点31を固定接点21に押圧して接触させる可動片3と、温度変化に伴って変形することにより可動片3を動作させる熱応動素子とを備える。熱応動素子は、第1動作温度以上の温度領域で、可動接点31が固定接点21から離隔する方向に可動片3を付勢...

    ブレーカー及びそれを備えた安全回路並びに2次電池回路。

  15. 【課題】簡単な構成により、温度測定部である内部空間と外部空間との密封性を保持しつつ、熱電対の絶縁及び外力からの保護を図る。【解決手段】内部空間と外部空間とを区画する壁体に装着され、内部空間の温度を測定するための熱電対2の異種の金属線6を外部空間に導出するための導出孔11を有する導出部材10と、導出孔11の外部空間側に設けられ、弾性を有し中空筒状をした弾性筒状部材12と...

    温度測定装置

  16. 【課題・解決手段】遮断器2は、遮断部3と、遮断部3に並列に接続された抵抗体4と、遮断部3に並列にかつ抵抗体4に直列に接続され、遮断部3に先行して投入されるスイッチ5とを備える。電力開閉制御装置1は、遮断器2の電源側電圧を計測する電圧計測部11と、電源側電圧の計測値と抵抗体4の抵抗値とコンデンサ10のインピーダンスとを用いて、スイッチ5の投入後かつ遮断部3の投入前に抵抗...

    電力開閉制御装置

  17. 【課題】主接点部で発生したアークが主接点部と蓋板部と絶縁ケースの間に入り込み、補助端子に接触するのを抑制する。【解決手段】一対の主固定接触子11および主可動接触子12を備えた主接点機構と、主接点機構と異なる位置に配置される補助固定接触子21および補助可動接触子22とを備えた補助接点機構と、主可動接触子12と補助可動接触子22とを連動させる可動軸40と、補助固定接触子2...

    接点装置およびこれを利用した電磁接触器

  18. 【課題】1個のロッカースイッチの摘みへの操作で、アーク放電が発生することがなく、直流電源と負荷の間を接続及び遮断する。【解決手段】2極式ロッカースイッチのA極のアクチュエータの可動接片への当接位置を、B極のアクチュエータの可動接片への当接位置より前方にオフセットした位置に配置し、操作摘みのON操作でA極の第1スイッチSw1をB極の第2スイッチSw2より先にONとし、操...

    直流電源制御装置

  19. 技術 開閉装置

    【課題・解決手段】固定接点(7a)と可動接点(7b)とを開閉する開閉機構(4)を有する開閉装置(100)であって、開閉機構(4)は、固定接点(7a)と可動接点(7b)を物理的に開閉するリンク機構(41)と、リンク機構(41)に駆動力を与える駆動機構(42)とを有し、駆動機構(42)は、機械的な力を駆動力として利用する第一駆動機構(42a)と、電気的な力を駆動力として利...

    開閉装置

  20. 【課題】車両の衝突時における電気回路に対する電源遮断の確実性を向上させる。【解決手段】電源遮断装置は、第1接点部材および第2接点部材と、絶縁部材と、作動機構と、配管と、接続管とを備える。絶縁部材は、第1接点部材と第2接点部材との間に進出可能である。作動機構は、流体圧で絶縁部材を進出させるデバイスである。配管は、車両のフロントバンパおよびリアバンパの少なくとも一方に設け...

    電源遮断装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 28