ローラ周速 に関する公開一覧

ローラ周速」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ローラ周速」の詳細情報や、「ローラ周速」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ローラ周速」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(45件中)1/3ページ目

  1. 【課題】コンベヤを駆動する駆動源の運転制御にソフトウェア的な工夫を凝らす対応により、ユーザの手間が少なく簡単で且つ安価に清掃を可能にする横型製袋充填包装機を提供する。【解決手段】清掃運転モード選択手段70で、清掃すべき横型製袋充填包装機に備わるコンベヤ装置を選択する。清掃運転モードでは、制御装置60の清掃運転モード制御部63は、清掃設定手段71で設定される各種の設定や...

    コンベヤ装置の清掃に適した横型製袋充填包装機

  2. 【課題】簡易な構成でシート搬送距離の計測精度を高めることができるシート搬送装置を提供する。【解決手段】駆動ローラとの間でシートを挟持して従動回転する従動ローラ13を備えるシート搬送手段と、従動ローラの回転量を計測する計測手段15と、シート搬送手段の搬送方向下流側でシートを検知する下流側検知手段12と、シート搬送手段の搬送方向上流側で、シートを検知する上流側検知手段11...

    画像形成装置

  3. 【課題】駆動モータの出力を不要に上げることなく、装置の耐久に対しても安定して、かつ装置のランニングコストの上昇も防ぎながら、記録材の搬送に起因する中間転写ベルトの負荷変動による画像不良の発生を防止することを目的とする。【解決手段】中間転写方式の電子写真画像形成装置において、中間転写ベルト106の回転方向に対して一次転写部より下流側かつ二次転写部より上流側に中間転写ベル...

    画像形成装置

  4. 【課題】本発明の課題は、アシル基置換度が2.0よりも小さいセルロースエステルの特徴を活かし、かつ相溶性を改善することにより、薄いフィルム膜厚であっても大きい位相差性能を発揮することができ、液晶表示装置において、高いコントラスト、光透過率を発現できる位相差フィルム、当該位相差フィルムが具備された偏光板及び液晶表示装置を提供することである。【解決手段】本発明の位相差フィル...

  5. 技術 糸巻取機

    【課題】タッチローラに当接するボビンの当接姿勢を判定する。【解決手段】コーン型の巻取ボビン22に糸20を巻き取ってコーン型のパッケージ30を形成するワインダユニット10であって、巻取ボビン22を回転可能に支持するクレードル23と、クレードル23に取り付けられ、巻取ボビン22を回転させるパッケージ駆動モータ41と、糸20をトラバースするトラバース装置70と、巻取ボビン2...

    糸巻取機

  6. 【課題・解決手段】光学フィルム(16)は、1/4波長位相差フィルムとしてのフィルム基材(12)と、フィルム基材(12)の一方の面側に位置する、少なくとも2層の硬化層とを有する。少なくとも2層の硬化層のうち、フィルム基材(12)に最も近い硬化層を第1硬化層(13)とし、第1硬化層(13)の次にフィルム基材(12)に近い硬化層を第2硬化層(14)とし、第1硬化層(13)の...

    光学フィルム、偏光板および画像表示装置

  7. 【課題】セルロース系樹脂からなり、λ/4フィルムとして機能するフィルム基材と、低透湿の硬化層とを備えた構成であっても、外力による硬化層の割れを低減し、フィルム基材の含水による位相差変動を抑えて、偏光メガネ等を用いた画像観察時の視認性の低下を回避する。【解決手段】光学フィルム16は、セルロース系樹脂からなるλ/4フィルムとしてのフィルム基材12と、硬化層14と、緩衝層1...

    光学フィルム、偏光板および画像表示装置

  8. 【課題・解決手段】本発明の一局面は、2≦X(アセチル基の置換度)+Y(アセチル基以外のアシル基の置換度)≦3及び0≦Y≦1.5を満たす第1のセルロースアシレート樹脂と、2.4≦X+Y≦2.7及び0.7≦Y≦1を満たす第2のセルロースアシレート樹脂とを含む位相差フィルムであって、位相差フィルムを構成する樹脂は、重量平均分子量が、190,000〜300,000であり、かつ...

    位相差フィルム、円偏光板、及び画像表示装置

  9. 【課題・解決手段】本発明の課題は、セルロースアシレートと添加剤を含有する薄膜の光学補償フィルムを、光硬化性接着剤を使用して偏光子と貼合する場合に、偏光子との接着性が高く、さらにカールの発生や偏光度の低下を緩和する光学補償フィルムを提供することである。本発明の光学補償フィルムは、アシル基置換度が2.0〜2.5の範囲内にあるセルロースアシレートと添加剤を含有し、膜厚が15...

    光学補償フィルム、偏光板及び液晶表示装置

  10. 【課題・解決手段】本発明の位相差フィルムは、波長550nmにおける面内位相差Ro550が100〜155nmであり、Ro550に対する波長450nmにおける面内位相差Ro450の比率が、0.72〜0.95であり、波長650nmにおける面内位相差Ro650に対するRo550の比率が、0.83〜0.97であり、長尺方向に対して遅相軸が10〜80°であり、正の固有複屈折を有す...

    位相差フィルム、該位相差フィルムを用いて作製した円偏光板および有機ELディスプレイ

  11. 【課題・解決手段】本発明の位相差フィルムは、長尺方向に対して遅相軸が10〜80°の角度を有し、アシル置換度が2.0〜2.7のセルロースアシレートを含有し、Ro550が115〜160nmであり、ΔRoが3〜30nmであり、ΔRcとΔRaと波長550nmにおけるRcおよびRaとが0以上であり、Ro550に対するRa550の位相差持分比率が10〜80であり、ΔRoに対するΔ...

    位相差フィルム、該位相差フィルムを用いて作製した長尺円偏光板および有機ELディスプレイ

  12. 【課題・解決手段】光学フィルム(15)は、フィルム基材(12)と、該フィルム基材(12)の少なくとも一方の面に形成される機能性層(13)とを有し、以下の条件式(1)および(2)を同時に満足する。すなわち、条件式(1);a+b≧30mN/m、条件式(2);1≦(a/b)≦10である。ただし、aは、機能性層の表面自由エネルギーの極性成分(mN/m)であり、bは、機能性層の...

    光学フィルム、偏光板および画像表示装置

  13. 【課題】現像剤の劣化を抑えるとともに、現像剤の帯電不足を抑えることを目的とする。【解決手段】画像形成装置は、感光体(感光体ドラム61)と、感光体に向けて現像剤を搬送する現像剤搬送部材(現像ローラ71、供給ローラ72およびアジテータ75)を有する現像器(現像ユニット7)と、制御部100を備える。制御部100は、印刷データが入力された場合には、印刷データの印刷枚数分の記録...

    画像形成装置および制御方法

  14. 【課題・解決手段】本発明の一局面は、セルロースエーテル誘導体と、負の固有複屈折を有する化合物とを含み、波長320nm以上400nm以下における透過率が89%以上であり、波長550nmにおける面内位相差Ro550が115nm以上160nm以下であり、Ro550に対する波長450nmにおける面内位相差Ro450の比率(Ro450/Ro550)が0.72以上0.94以下であ...

    位相差フィルム、該位相差フィルムを用いた円偏光板および画像表示装置

  15. 【課題・解決手段】本発明の一局面は、セルロースアシレート樹脂を含む位相差フィルムであって、下記一般式(A)で表される添加剤を含み、セルロースアシレート樹脂の配向度が、0.03以上0.15以下であり、添加剤の配向度が、0.15より大きく、Ro(550)が115nm以上160nm以下であり、位相差フィルムの面内遅相軸と、位相差フィルムの長尺方向とがなす角が、15°以上85...

    位相差フィルム、円偏光板、及び画像表示装置

  16. 【課題・解決手段】ハードコートフィルム(40)のハードコート層(42)は、セルロースエステルフィルム(41)上に、ハードコート層形成用組成物を塗布し、該組成物を硬化させることによって形成されている。ハードコートフィルム(40)の膜厚は、15μm以上35μm以下である。セルロースエステルフィルム(41)とハードコート層(42)との混合層(43)の形成を助長する可塑剤が、...

    ハードコートフィルムおよびそれを備えたタッチパネル表示装置

  17. 【課題・解決手段】本発明の解決課題は、位相差発現性に優れ、かつ耐湿性の良好な位相差フィルムの製造方法を提供することである。また、その位相差フィルムを具備した偏光板、及びその位相差フィルムを具備したカラーシフトが少なく、更にコントラストの高い液晶表示装置を提供することである。本発明の位相差フィルムの製造方法は、平均アセチル基置換度が2.0〜2.5の範囲内のセルロースアセ...

  18. 【課題・解決手段】本発明の一局面は、セルロース誘導体と、シリカ系微粒子とを含み、長尺方向と遅相軸とのなす角が、40〜50°であり、波長550nmにおける面内位相差Ro550が、120nm以上160nm以下であり、以下の式(1)〜(3)を満たす、長尺光学フィルムである。1.8≦Y≦2.6 ・・・ (1) 0.3≦XES≦1.5 ・・・ ...

    長尺光学フィルム、該長尺光学フィルムを備える円偏光板ならびに有機エレクトロルミネッセンス表示装置

  19. 【課題】高湿時の準備回転制御において現像剤が感光体の非露光部分に付着する現象を抑制することを目的とする。【解決手段】画像形成装置は、感光体(感光体ドラム61)と、感光体を露光して静電潜像を形成する露光部と、感光体に接触して現像剤を供給する現像ローラ71と、湿度を検出する湿度センサと、制御部100を備える。制御部100は、感光体に静電潜像の形成を開始する前に、感光体と現...

    画像形成装置および制御方法

  20. 【課題】感光体の減速期間中において現像剤が感光体の非露光部分に付着する現象を抑制することを目的とする。【解決手段】画像形成装置は、感光体(感光体ドラム61)と、感光体を帯電する帯電器62と、感光体に接触して現像剤を供給する現像ローラ71と、制御部100を備える。制御部100は、感光体と現像ローラ71を回転させ、現像ローラ71に作像電圧を印加する画像形成制御と、感光体と...

    画像形成装置および制御方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3