マウントレニア規格 に関する公開一覧

マウントレニア規格」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マウントレニア規格」の詳細情報や、「マウントレニア規格」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マウントレニア規格」の意味・用法はこちら

5

さらに条件で絞り込む

1〜5件を表示(5件中)1/1ページ目

  1. 【課題】記録パフォーマンスの低下を抑制し、記録品質に優れた記録を行うことができる記録方法を提供する。【解決手段】情報記録媒体の記録領域にデータを記録した後、データの記録属性情報に関連する所定の判断基準に基づいて、データが記録された記録領域の少なくとも一部について欠陥検出処理を行うか否かを決定する(ステップ417)。そこで、記録パフォーマンスを大幅に低下させることなく欠...

    記録方法、プログラム及び記録媒体、並びに情報記録装置

  2. 【課題】情報記録媒体へのデータの記録及び再生を常に確実に行えるようにして、信頼性を高める。【解決手段】情報記録媒体である光ディスク1が挿着されたとき、CPUコントローラ11を中心とする制御部によって、その光ディスク1が欠陥検出(ベリファイ)済みか否かによって欠陥検出の要否を判定し、ベリファイ済みでなければ光ディスク1の全面をフォーマットした後ベリファイする。ベリファイ...

    情報記録再生装置

  3. 【目的】 情報記録媒体に複数個配置された記録領域内の複数個の小領域単位の欠陥を精度良く検出し、その小領域単位で交替できるようにする。【構成】 ドライブコントローラは、パケット内のブロックにベリファイを実行し(S1)、エラー発生と判断したら(S2)、エラーが発生したブロックの位置とそのブロックに対するエラー回数を記憶(S3)する処理を繰り返し、パケット内の全てのブロ...

    情報記録再生装置とディスク装置とプログラムとコンピュータ読み取り可能な記録媒体と欠陥領域交替方法

  4. 【課題】特定の記録方式で記録媒体に記録された情報を保護することができる記録方法を提供する。【解決手段】記録媒体に適用可能な複数の記録方式のうちの特定の記録方式での記録要求に応じて、複数の記録方式のうちの特定の記録方式を除く少なくとも1つの記録方式での記録を制限する制限情報が記録媒体の所定領域に記録される(ステップ401〜407)。それにより、記録が制限された記録方式で...

    記録方法、記録媒体、プログラム及び情報記録媒体、並びに情報記録装置

  5. 【目的】 書き換え可能な情報記録媒体の交替先を再度交替する処理の発生を防止する。【構成】 ドライブコントローラ7は、交替処理を行う際、エラーが発生したブロックのDAに対応するSAに未使用領域が存在するか否かを確認し(S1)、未使用領域が存在するか否かを判断し(S2)、未使用領域が存在すれば、エラーが発生したブロックのDAに対応する交替先の交替領域としてその未使用領...

    情報記録再生装置とプログラムとコンピュータ読み取り可能な記録媒体と欠陥領域管理方法

5

さらに条件で絞り込む