ボイラ缶体 に関する公開一覧

ボイラ缶体」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ボイラ缶体」の詳細情報や、「ボイラ缶体」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ボイラ缶体」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(186件中)1/10ページ目

  1. 【課題】台数制御装置から、システム状態情報を各ボイラに配信することで、各ボイラは、ボイラ自身で制御変更を行うことを可能とする。【解決手段】ボイラシステム1に係る状態情報であるシステム状態情報を監視する状態情報監視部502、及び状態情報監視部502により監視されるシステム状態情報をボイラ11に配信する配信部503を含む台数制御装置50と、配信部503からシステム状態情報...

    ボイラシステム

  2. 【課題】長期間の腐食測定を可能とするため外部電源を用いながら、腐食速度を精度良く測定することが可能な、腐食センサを提供する。【解決手段】腐食センサ基板10と、腐食センサ基板10に接続し検査対象水に浸漬する電極20とを備える腐食センサ1であって、腐食センサ基板10は、充電電池12と、腐食センサ基板10と外部電源5とを接続するリレー回路13と、リレー回路13を制御する制御...

    腐食センサ、腐食測定方法、及び腐食測定システム

  3. 【課題】長期間の腐食測定を可能とするため外部電源を用いながら、腐食速度を精度良く測定することが可能な、腐食測定システムを提供する。【解決手段】接地された貯水タンク7に収容される、及び/又は、接地された配管を流通する水の腐食を測定する腐食測定システム100であって、絶縁容器3と、腐食センサ1と、スイッチング電源6とを備え、絶縁容器3は、貯水タンク7及び/又は配管の水を、...

    腐食測定システム、及び腐食測定方法

  4. 【課題】エコノマイザ内でボイラ給水が過剰に加熱されることを防止しつつ、エコノマイザでの熱回収量を多くすることのできるように給水量調節を行うボイラを提供する。【解決手段】ボイラ1の運転を制御するボイラ運転制御装置5は、ボイラの蒸発量と、瞬時給水量と、ボイラ内水位に基づいて給水ポンプの運転量を調節するものであり、ボイラの燃焼運転中、給水量が蒸発量よりも少ない値に設定した制...

    給水量調節を行うボイラ

  5. 【課題】外周ラップの先端に配置されるシール部材について、無潤滑下であっても摩擦特性及び耐摩耗性に優れるスクロール流体機械を提供すること。【解決手段】スクロール膨張機3は、外周ラップ55の先端に設けられる凹状の収容部56に周方向に沿って配置され、収容部56に収容された状態で旋回側基板部31に接触して旋回側基板部31と外周ラップ55の隙間を埋める蒸気シール部材80としての...

    スクロール流体機械

  6. 技術 摺動材料

    【課題】無潤滑下であっても摩擦特性及び耐摩耗性に優れる摺動材料を提供すること。【解決手段】2つの要素部品の摺動面に適用される摺動材料を自己潤滑性樹脂及びワックスで構成する。自己潤滑性樹脂により低減された摺動抵抗をワックスの潤滑作用によって、更に低減させることができ、摺動材料の摩擦特性及び耐摩耗性が改善する。

    摺動材料

  7. 【課題】旋回スクロールの旋回によって生じる共振を防止できるスクロール流体機器を提供すること。【解決手段】スクロール流体機器10は、台部60と、台部60の上面61に固定され、出力軸としての膨張機側クランク軸170Aが横向きのスクロール膨張機100と、台部60の上面61のスクロール膨張機100に対面する位置で固定されるスクロール圧縮機200と、台部60よりも上方でスクロー...

    スクロール流体機器

  8. 【課題】スクロール流体機械において、内部に溜まる水に起因するシール部材の劣化等を効果的に防止できる構成を提供すること。【解決手段】スクロール圧縮機4は、旋回側基板部31の板面に渦巻き状の旋回ラップ32が設けられる旋回スクロールと、固定側基板部51の板面に旋回ラップ32に噛み合う渦巻き状の固定ラップ52及び固定ラップ52を取り囲む筒状の外周ラップ55が設けられる固定スク...

    スクロール流体機械

  9. 【課題】スクロール膨張機において、旋回動作する旋回スクロールと外周ラップの間からの流体の外部流出を確実に防止できるシール部材の構成を提供すること。【解決手段】スクロール膨張機3は、固定ラップ52を取り囲む筒状の外周ラップ55の先端に設けられる凹状の収容部56に周方向に沿って配置される蒸気シール部材80を備える。蒸気シール部材80は、収容部56に配置される付勢部材として...

    スクロール膨張機

  10. 【課題】給水予熱装置によってボイラ給水を予熱するようにしているボイラにおいて、間欠給水を行うものであっても給水予熱装置での腐食を抑制することのできる給水予熱装置を持ったボイラを提供する。【解決手段】給水を予熱する給水予熱装置4を持ったボイラ1であって、ボイラに接続している給水配管5の途中に設置した給水ポンプ7を作動することでボイラ1への給水を行い、ボイラ用薬品を注入す...

    給水予熱装置を持ったボイラ

  11. 【課題】蒸気ボイラへの給水量を器差特性のある流量計で検出する場合であっても、正しい給水量を算出することができるようにした給水量調節を行うボイラを提供する。【解決手段】給水配管6を通じての給水を行っているボイラ1であって、ボイラ1への給水を通す給水配管6の途中には、ボイラ給水を加圧する給水ポンプ2と、給水配管内を流れる通水量を算出する流量計3を設置しておき、給水ポンプ2...

    給水量調節を行うボイラ

  12. 【課題】スクロール流体機械において、圧縮室や膨張室等の内部空間から漏れ出た水の軸受部内側への侵入を確実に防止できる構成を提供すること。【解決手段】スクロール圧縮機4は、固定側基板部51の板面に渦巻き状の固定ラップ52が設けられる固定スクロール50と、旋回側基板部31の板面に固定ラップ52に噛み合う渦巻き状の旋回ラップ32が設けられるとともに、旋回側基板部31における旋...

    スクロール流体機械

  13. 【課題】蒸気ドレンの熱エネルギーを有効に活用することのできる蒸気システムを提供すること。【解決手段】蒸気システム1は、ボイラ缶体に供給した第1ボイラ給水をバーナにより加熱して第1蒸気を発生させる第1蒸気発生装置10と、第1蒸気発生装置10で発生した第1蒸気を利用する高圧蒸気利用設備100と、高圧蒸気利用設備100から排出された蒸気ドレンを回収して再蒸発させ、第2蒸気と...

    蒸気システム

  14. 【課題】副生ガスの供給量が変動した場合であっても、安定的に運転させられ、かつ、好適に副生ガスを消費させられる副生ガス利用システムを提供すること。【解決手段】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させて消費する燃焼装置としてのボイラ20と、ボイラ20における水素ガスの消費量を制御する台数制御装置50と、を備える副生ガス利用システムとしてのボイラシステム1であって、台数制御装...

    副生ガス利用システム

  15. 【課題】燃焼状態にある燃焼装置の台数が増減した場合であっても副生ガスタンクの内部の圧力変動を抑えることができる副生ガス利用システムを提供すること。【解決手段】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させて消費する複数の燃焼装置としてのボイラ20からなるボイラ群2と、ボイラ群2における水素ガスの消費量を制御する台数制御装置50と、を備える副生ガス利用システムとしてのボイラシス...

    副生ガス利用システム

  16. 【課題】水素ガスの供給量が変動した場合であっても、安定的に運転させられ、かつ、好適に水素ガスを消費させられるボイラシステムを提供すること。【解決手段】複数のボイラ20には、最も小さい燃焼状態におけるガス消費量である最小ガス消費量が設定されており、2次側水素タンク30の内部の圧力値が予め設定された圧力値範囲内に設定される目標圧力値に一致するように、ボイラ群2における水素...

    副生ガス利用システム

  17. 【課題】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させて消費する燃焼装置としてのボイラ20に対する台数制御が正常動作できなくなり、該ボイラ20が手動動作に切り替わった場合であっても、プラント設備のような副生設備に影響を与えずに副生ガス消費の安全な制御が可能なボイラシステムを提供すること。【解決手段】ボイラ20は、ローカル制御部201を備え、ローカル制御部201は、台数制御装置...

    副生ガス利用システム

  18. 【課題】ハンチング現象の発生の防止又は収束させることができる副生ガス利用システムを提供すること。【解決手段】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させて消費する燃焼装置としての複数のボイラ20と、副生ガスを供給する副生ガスタンクとしての2次側水素タンク30の内部のタンク圧力値が目標値を保つようにPID制御により算出された必要ガス消費量に基づいてボイラ群2のガス消費量を制御...

    副生ガス利用システム

  19. 【課題】ボイラの台数が増減した場合であっても副生ガスタンクの内部の圧力変動を抑えることができる副生ガス利用システムを提供すること。【解決手段】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させて消費する燃焼装置としての複数のボイラ20からなるボイラ群2と、副生ガスを供給する副生ガスタンクとしての2次側水素タンク30の内部の圧力値が、予め設定された圧力値範囲内に設定される目標圧力値...

    副生ガス利用システム

  20. 【課題】起動時に、副生ガスを放気させることなく、副生ガスの燃焼を開始させる副生ガス利用システムを提供すること。【解決手段】副生ガスとしての水素ガスのみを燃焼させる1つ以上の燃焼装置としてのボイラ20と、ボイラ20に水素ガスを供給する副生ガスタンクとしての2次側水素タンク30に貯留された水素ガスをボイラ20に供給する副生ガス供給ラインとしての水素ガス供給ラインL2と、ボ...

    副生ガス利用システム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10