パワーシフト制御 に関する公開一覧

パワーシフト制御」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「パワーシフト制御」の詳細情報や、「パワーシフト制御」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「パワーシフト制御」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(23件中)1/2ページ目

  1. 【課題】蓄電池から無線装置への給電が途絶えないよう、蓄電池への入出力電圧を自律的に適切に制御する。【解決手段】蓄電池11と、入力された商用電力を直流電力に変換して通信装置14および蓄電池11に出力するとともに出力電圧が可変とされた整流器10と、整流器10の出力電圧を調整することによって蓄電池11の充放電を制御する電力調整装置12と、を備える電源制御システム1において、...

    電源制御システムおよび整流器

  2. 【課題】蓄電池を任意のタイミングで充放電制御することが可能な電源制御システムを提供する。【解決手段】電源制御システム1は、整流器3、直流電力を消費する通信装置5と、整流器3と通信装置5とを接続するバスラインL1に電気的に接続される蓄電池6と、バスラインL1と蓄電池6との間に設けられ、蓄電池6の充電および放電に関する状態を制御するコンバータ10と、を備える。コンバータ1...

    電源制御システム

  3. 【課題】2連ポンプ構成のポンプ装置において、油通路を簡略化でき、軽量化と応答性の向上が図れるポンプ装置を提供する。【解決手段】ポンプ装置は、第1油圧ポンプ(1A)と、第1油圧ポンプ(1A)に連結された第2油圧ポンプ(1B)と、第1油圧ポンプ(1A)の吐出量を制御する第1吐出量制御部(10A)と、第2油圧ポンプ(1B)の吐出量を制御する第2吐出量制御部(10B)と、第1...

    ポンプ装置

  4. 【課題】太陽電池の発電量を効率的に利用することが可能な電源制御システムを提供する。【解決手段】この電源制御システム1は、外部から供給された交流電力が入力端子に入力されて、交流電力を直流電力に変換して出力端子から通信装置9に対して出力する整流器2と、整流器2の入力端子にパワーコンディショナー3bを経由して接続された交流側太陽電池3aと、整流器2の出力端子にDC/DCコン...

    電源制御システム

  5. 【課題】アーム引き操作とブーム上げ操作が同時に行われるときに、アームシリンダとブームシリンダのうちの負荷圧力の低い方に多くの作動油が流入することを防止でき、かつ、エネルギーの無駄な消費を抑制することができる油圧ショベル駆動システムを提供する。【解決手段】油圧ショベル駆動システム1Aは、アームシリンダ14への作動油の供給を制御するためのアーム主制御弁51およびアーム副制...

    油圧ショベル駆動システム

  6. 【課題】ブーム上げ操作と旋回操作が同時に行われたときの不具合を是正した建設機械の油圧駆動システムを提供する。【解決手段】建設機械の油圧駆動システム1Aは、傾転角が互いに独立して調整可能な第1油圧ポンプ11および第2油圧ポンプ12と、旋回モータ19への作動油の供給を制御するための旋回制御弁51と、ブームシリンダ13への作動油の供給を制御するためのブーム主制御弁41および...

    建設機械の油圧駆動システム

  7. 【課題】旋回加速時のエネルギーの無駄な消費を抑制することができる油圧駆動システムを提供する。【解決手段】油圧駆動システム1Aでは、第1および第2油圧ポンプ21,22に第1および第2マルチコントロールバルブ4A,4Bが接続されている。第1レギュレータ3Aは、第1油圧ポンプ21の傾転角を、第1油圧ポンプ21の吐出圧およびパワーシフト圧に応じてそれらが高くなるほど第1油圧ポ...

    油圧駆動システム

  8. 【課題】旋回単独操作またはそれに準じた操作のときに旋回加速時のエネルギーの無駄な消費を抑制することができる油圧駆動システムを提供する。【解決手段】油圧駆動システム1Aでは、第1および第2油圧ポンプ21,22に第1および第2マルチコントロールバルブ4A,4Bが接続されている。第1および第2レギュレータ3A,3Bは、第1および第2油圧ポンプ21,22の傾転角を、それらの吐...

    油圧駆動システム

  9. 【課題】旋回加速時のエネルギーの無駄な消費を抑制することができる油圧駆動システムを提供する。【解決手段】油圧駆動システム1Aでは、第1および第2油圧ポンプ21,22に第1および第2マルチコントロールバルブ4A,4Bが接続されている。第1レギュレータ3Aは、第1油圧ポンプ21の傾転角を、第1油圧ポンプ21の吐出圧および第1パワーシフト圧に応じてそれらが高くなるほど第1油...

    油圧駆動システム

  10. 【課題】アキュムレータから安定したエネルギ再生を行なえる安価なエンジンアシスト装置およびこのエンジンアシスト装置を搭載した作業機械を提供する。【解決手段】エンジン6に、可変容量型のメインポンプ7,8と、モータ機能とポンプ機能を有する可変容量型のアシストポンプ16とを直結する。流体圧アクチュエータ3a,9から流出した戻り圧流体を、サブアキュムレータ18により一時的に蓄圧...

    エンジンアシスト装置および作業機械

  11. 【課題】エンジンの負荷の増大に伴う排気温の上昇を利用してディーゼル微粒子捕集フィルターに堆積している粒子状物質を焼却除去する。【解決手段】スイッチ25の操作によりセンターバイパス回路18a,18bからシャトル弁21a,21bに到る経路の切替弁23a,23bを閉路し、センターバイパス回路18a,18bからのネガティブコントロール圧力がシャトル弁21a,21bに伝達される...

    作業車の油圧制御装置

  12. 【課題】油圧ポンプの急激な負荷変動に対応し、かつ、より安定的にエンジン制御を行うことができる、建設機械の車両制御システム及び方法を提供する。【解決手段】本明細書に記載の実施例は、建設機械の車両制御システム及び方法に関し、油圧ポンプから発生するトルク情報とエンジン速度誤差とを用いた補償トルク情報からエンジンの目標トルクを計算して送信する。

    建設機械の車両制御システム及び方法

  13. 【課題】機体の異常/故障診断を、閾値を用いることなく行なえる機体診断システムを提供する。【解決手段】エンジン出力と関連する信号の大きさと出現頻度との関係を表わす頻度分布情報を機体11の一定時間稼働ごとに生成する動態管理用コントローラ24と、複数の頻度分布情報を受信して蓄積する管理部15と、管理部15から入手した複数の頻度分布情報を時系列に並べて比較することでエンジン出...

    機体診断方法および機体診断システム

  14. 【課題】リフティングマグネットを備えた作業機械において、リフティングマグネットの運転時における他の油圧アクチュエータの微操作をし易くする。【解決手段】リフティングマグネット2の運転時において他の油圧アクチュエータ10の微操作を行なう場合に、モードを切換えるべく操作されるモード切換えスイッチ30を設けると共に、該モード切換えスイッチ30の操作に基づいて、メインポンプ13...

    リフティングマグネットを備えた作業機械の油圧制御回路

  15. 【課題】 電磁比例減圧弁の制御電流が遮断されると、その後の作業は極端に速度の遅い動作しかできなくなる。【解決手段】 可変容量型油圧ポンプを傾転制御するサーボピストン4と、このサーボピストン4を位置制御する調整弁7と、この調整弁7の位置をパワーシフト制御するコンペンピストン9の位置を制御する電磁比例減圧弁8とを設け、この電磁比例減圧弁8と前記コンペンピストン9とを連...

    可変容量型油圧ポンプ制御装置

  16. 【課題】 現場の能力に対し油ポンプの能力が過大の場合にポンプ能力を減少させて燃料消費の無駄をなくすようにする。【解決手段】 油ポンプ10の傾転調整用アクチュエータ18のサーボピストン19を一端を小径とし他端を大径とする。該サーボピストン19の小径側の圧力室20に、油ポンプ10吐出側の自己圧ライン22を接続して、該小径側圧力室20を自己圧とする。上記サーボピストン1...

    コンクリートポンプにおける油ポンプの能力範囲制御装置

  17. 【課題】安価でかつ高い信頼性及び高い耐久性を確保できる油圧駆動ファン冷却装置を提供する。【解決手段】エンジン2を冷却する冷却風を生起する冷却ファン16と、この冷却ファン16を駆動するファン用油圧モータ17と、このファン用油圧モータ17への圧油を吐出するファン用ポンプ19とを有する油圧駆動冷却ファン装置において、略一定圧力のパイロットポンプ7と、このパイロットポンプ7か...

    油圧駆動冷却ファン装置

  18. 【課題】 可変容量ポンプのパワーシフトの範囲を低出力側に広げる。【解決手段】 通常のパワーシフト制御の範囲Xを超えて低出力側にシフトされたポンプ吐出圧力Pi,jとポンプ吐出量Qi,jの関係を、ポンプ吐出圧力Pi,jと該ポンプ吐出圧力Pi,jに対応するポンプ吐出量Qi,jを満たすためにネガティブコントロール制御部105a,105bが必要とするパイロット圧力Ri,jの...

    油圧制御装置

  19. 【課題】負荷圧力の急変に対するエンジン回転数の変化を低減するポンプ制御装置を提供する。【解決手段】エンジン13により駆動する可変容量型のメインポンプ11は、吐出流量を可変制御する容量制御手段35を備えている。エンジン回転数検出器44により検出したエンジン回転数と、ポンプ吐出圧力検出器42により検出したメインポンプ11からのポンプ吐出圧力とに応じて、コントローラ45から...

    ポンプ制御方法およびポンプ制御装置

  20. 【課題】油圧式アクチュエータの操作を円滑に行わしめる。【解決手段】油圧回路210,310に圧油を吐出する可変容量ポンプ201,301の吐出量を調節する調節手段110,120と、可変容量ポンプ201,301の入力トルクを一定の目標入力トルクに維持する定トルク制御手段130と、この目標入力トルクを外部入力で特定する第1のトルク設定手段140と、アクチュエータの操作量の増減...

    可変容量ポンプの入力トルク制御回路

  1. 1
  2. 2