パルスコーダ に関する公開一覧

パルスコーダ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「パルスコーダ」の詳細情報や、「パルスコーダ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「パルスコーダ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(733件中)1/37ページ目

  1. 【課題】生産時期による生産数の増減に容易に対応することができる技術を提供する。【解決手段】物品Oを搬送する搬送装置2と、移動可能な移動架台13と、移動架台13に固定され、搬送装置2により搬送される物品Oに対して作業を行う作業部3と、移動架台13に固定され、搬送装置2により搬送される物品Oまたは搬送装置2上に形成されたマークMKの視覚情報を逐次取得する視覚センサ4と、視...

    作業システム、物品に対する作業実施方法、およびロボット

  2. 【課題】 本発明が解決しようとする課題は、狭い空間に載置された物品をピッキング可能な保持機構、移載装置、ピッキング装置、ハンドリングロボットシステムを提供することである。【解決手段】 実施形態の保持機構は、基部と、前記基部の一端に接続された第1駆動部と、前記第1駆動部に接続され、前記第1駆動部の駆動により回転可能な方向変更部と、前記方向変更部に一端が接続された伸縮...

    保持機構、移載装置、ピッキング装置、及びハンドリングロボットシステム

  3. 【課題】加工内容によらずに工作機械の加工状態の異常を検知することが可能な異常検知装置及び機械学習装置を提供すること。【解決手段】本発明の異常検知装置10は、工作機械の正常な動作時に検出される物理量の波形データを学習する機械学習装置20を備え、機械学習装置20は、工作機械の正常な動作時に検出される物理量の波形データを、環境の現在状態を表す状態変数として観測する状態観測部...

    異常検知装置及び機械学習装置

  4. 【課題】本発明が解決しようとする課題は、小型かつ物品状態のセンシングを両立する保持機構、移載装置、ハンドリングロボットシステム及びロボットハンドリング方法を提供することである。【解決手段】実施形態の保持機構は、第1保持部と、前記第1保持部と第1方向に対向する第2保持部と、前記第1保持部と繋がり前記第1保持部を前記第1方向に移動可能な第1ガイドと、前記第1ガイドを前記第...

    保持機構、移載装置、ハンドリングロボットシステム及びロボットハンドリング方法

  5. 【課題】ロボットの使用範囲に対して、学習制御による振動低減効果を保ちつつ、学習制御の回数の増加を抑制する。【解決手段】ロボットシステム1は、センサ12と、動作制御部13及び学習制御部14を有するロボット制御装置10と、を備える。学習制御部14は、動作制御部13が動作指令によりロボット11を動作させたときの該ロボット11の制御対象部位に生じる振動を補正するための振動補正...

    学習制御機能を備えたロボットシステム及び学習制御方法

  6. 【課題】複数モータ駆動テーブルの平行を維持した圧力制御による駆動を行うことができる数値制御装置を提供する。【解決手段】少なくとも第1のモータ及び第2のモータにより駆動されるテーブルを備えた駆動装置を制御する数値制御装置100は、第1のモータ及び第2のモータそれぞれの位置を検出する状態検出部110、第1のモータ及び第2のモータそれぞれについて、圧力と位置との関係を示す補...

    数値制御装置

  7. 【課題】速度制御ループのゲインが変更された場合に合わせて適正な補正トルクを求める。【解決手段】速度指令を生成する速度指令部と、モータのモータ速度を検出する第一速度検出器と、被駆動部の速度を検出する第二速度検出器と、速度指令とモータ速度からトルク指令を計算する速度制御器と、モータ速度と被駆動部の速度との偏差に補正ゲインと補正フィルタを乗じて補正トルク指令を計算する補正ト...

    モータ制御装置、モータ制御方法及びモータ制御用プログラム

  8. 【課題】製造機械が長時間動作していなかった場合でも該製造機械による製造が必要になった時にはスムーズに製造機械を動作できる製造管理システムを提供する。【解決手段】製造管理システム10は、製造管理装置14と機械制御装置12とを備える。機械制御装置12は、製造管理装置14からの指示に応じて所定の異常検出条件を変更する異常検出部24と、ロボット11の製造時間情報を製造管理装置...

    製造時間情報により異常検出条件を変更する製造管理システム

  9. 【課題】拡張現実感処理の技術を利用して、加工用レーザ光及びその照射位置を安全かつ容易に目視できるようにしたレーザ加工ロボットシステムを提供する。【解決手段】レーザ加工ロボットシステム100は、撮像装置8により撮像されたロボット1を含む実画像に対して拡張現実画像処理を行う拡張現実画像処理部9aを有する画像処理装置9を備える。拡張現実画像処理部9aは、レーザ照射装置2から...

    ロボットを用いてレーザ加工を行うレーザ加工ロボットシステム

  10. 【課題】総合的かつ効率的な、またユーザの満足度を向上させる診断サービスシステム及び診断方法を提供すること。【解決手段】少なくとも1つの機械の監視を行う一つ又は複数の工場監視システムと、一つ又は複数の工場監視システムとネットワークを介して接続されるサービスセンタ管理装置と、サービスセンタ管理装置と接続される一つ又は複数のサービスセンタと、一つのサービスセンタ又は複数のサ...

    ネットワークを利用した診断サービスシステム及び診断方法

  11. 【課題】複数のメーカの機械に関するデータを収集し、世界中に工場が配置されても、記憶されたデータを有効活用できるようにデータを記憶できるようにする。【解決手段】少なくとも1つの機械と接続され、機械からのデータを記憶する工場監視システムであって、機械の通信規格から前記工場監視システムの通信規格に変換され、機械から障害診断に用いることができるデータ、を取得するデータ取得手段...

    工場監視システム、工場監視方法、及び工場監視用プログラム

  12. 【課題】ボールネジの偏摩耗等の故障診断用のデータを得る。【解決手段】工作機械が、モータと、モータの回転運動を直線運動に変換するボールネジと、ボールネジのストローク内での使用頻度を検出する制御装置と、を備える。さらに制御装置は位置検出器を備え、使用頻度は位置検出器により検出された位置と負荷トルク、あるいは前記ボールネジ内の任意の区間を通過する回数を用いて検出されることが...

    制御装置、工場監視システム、制御装置の使用頻度検出方法、及び工場監視方法

  13. 【課題】ロボットの移動速度が変化しても研削ムラの発生を防止する。【解決手段】研削を行うモータ駆動式のグラインダ3と、グラインダ3または研削対象物Wのいずれか一方を先端に取り付けて移動させ、他方を定位置に設定した状態で、グラインダ3により研削対象物Wを研削するロボット2と、ロボット2およびグラインダ3を制御する制御部とを備え、制御部が、ロボット2の先端の移動速度に応じて...

    研削ロボットシステム

  14. 【課題】製造コストを抑制しつつ搬送効率を向上することのできる物品搬送装置を提供する。【解決手段】この物品搬送装置は、複数の物品Wが載置された状態で回転する盤部材10と、前記回転する盤部材10の周方向の所定位置において各物品Wの少なくとも位置を変えるための物品供給装置20と、盤部材10の回転位置を検出する回転センサ30と、盤部材10上における各物品Wの少なくとも位置を特...

    物品搬送装置

  15. 【課題】切粉排出装置の動作と同期して切粉排出装置自身を清掃する清掃機構を有する切粉排出装置を備えた工作機械を提供すること。【解決手段】本発明の切粉排出装置1を備えた工作機械100は、切粉排出装置1の一部又は全体を清掃する為の清掃機構7と、切粉排出装置1の動作と清掃機構7の動作とを連携させて制御する制御装置5と、を備える。切粉排出装置1の動力源として同期電動機などの位置...

    切粉排出装置を備えた工作機械

  16. 【課題】モータのエラー量を容易に最小化できる機械学習装置及び方法並びに該機械学習装置を備えたモータ制御装置を実現する。【解決手段】モータ制御装置における指令に対する補正量に関連付けられる条件を学習する機械学習装置1は、モータ制御装置により駆動制御されるモータのロータに対する位置指令と送り機構部の実位置との誤差であるエラー量に関するデータと、モータ制御装置の動作プログラ...

    機械の送り軸の送りの滑らかさを最適化する機械学習装置および方法ならびに該機械学習装置を備えたモータ制御装置

  17. 【課題】サーボモータまたはこれにより駆動される軸を制動するメカブレーキの異常を早期に検出できるようにする。【解決手段】本発明のモータ制御システムは、メカブレーキ13を作動させる信号を受信する信号受信部27と、位置検出器19を用いて、前記信号を受信してからサーボモータ12の回転が止まるまでのサーボモータ12の回転位置の履歴を取得する位置監視部28と、前記信号を受信してか...

    ブレーキの異常を検出する機能を備えたモータ制御システムおよびブレーキ異常検出方法

  18. 【課題】コンパクトな構成で、工具を適切にクランプ・アンクランプしたことを確認すること。【解決手段】駆動モータと、工具を把持する把持部と前記駆動モータとの間の駆動経路に設けられた可動部材とを含み、前記把持部を開閉する駆動機構と、前記把持部の開閉位置に対応して、前記可動部材の移動範囲を規制する規制部材と、前記駆動モータの状態に基づき、前記把持部の開閉が完了したことを判定す...

    工具把持装置、自動工具交換装置及び工作機械

  19. 【課題】異なる種類のワークなどに対して、精度よくチャックによるワークの把持を判定する。【解決手段】クランプ制御装置20は、モータ5を駆動させることで軸3を介して第1チャック4を揺動させるモータ制御部31と、第1チャック4が揺動する最低限の駆動力に基づき特定の駆動力を算出する制御部32と、モータ制御部31がモータ5を特定の駆動力で揺動させることにより第1チャック4が揺動...

    クランプ制御装置、産業機械、及びクランプ制御装置の制御方法

  20. 【課題・解決手段】数値制御装置(1)は、ワーク(21)を把持可能な主軸チャック(11)が設置された主軸(20)の回転動作の抑制を検知する主軸回転抑制検知部(17a)と、主軸回転抑制検知部の検知結果に基づいてワークの把持を判定するワーク把持判定部(18)と、主軸回転速度で主軸を回転させる主軸回転命令部(5a)と、主軸を回転する主軸モータの負荷イナーシャを主軸加減速動作よ...

    数値制御装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 37