ナノワーム に関する公開一覧

ナノワーム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ナノワーム」の詳細情報や、「ナノワーム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ナノワーム」の意味・用法はこちら

1〜4件を表示(4件中)1/1ページ目

  1. 【課題・解決手段】細胞、細胞表面分子、およびリガンドを、クラスタ化するための方法および組成物が本明細書において開示される。いくつかのバージョンでは、本方法は、刺激に応答して可逆的に結合する重合体に刺激を適用する段階を含む。

    細胞表面分子結合性の刺激応答性重合体組成物および方法

  2. 【課題・解決手段】非ウイルスベクターおよび腫瘍浸潤リンパ球など、消化器がんの処置のための遺伝子改変組成物が開示される。CRISPR系を用いて、遺伝子改変組成物を作製する方法が、開示される。また、遺伝子改変組成物を作製し、消化器がんの処置のために使用する方法も開示される。本明細書では、対象における免疫応答を減少させるのに十分な量での、対象への少なくとも1つの免疫抑制薬の...

    腫瘍浸潤リンパ球および治療の方法

  3. 【課題・解決手段】ウイルスまたは非ウイルスベクターを使用して遺伝子改変細胞の集団を産生する方法。遺伝子改変細胞の集団を産生するため、および/またはがんの処置のための改変ウイルスも開示される。過去50年間における、がん治療法における目覚ましい進歩にも拘らず、特に、進行した病期において、化学療法、放射線療法、または生物療法に対して抵抗性であり、外科法により対処できない多く...

    T細胞療法のウイルス法

  4. 【課題・解決手段】本開示は、ウイルスまたは非ウイルスベクターを使用して遺伝子改変細胞集団を産生する方法を提供する。遺伝子改変細胞集団を産生するため、および/またはがんの処置のための修飾ウイルスもまた開示される。上記方法は、ヒト対象からの初代細胞集団を提供するステップ、少なくとも1つの外因性トランス遺伝子を含むアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターを前記初代細胞集団中の少...

    遺伝子改変細胞を作製するウイルス法