セロトニン作動性神経細胞 に関する公開一覧

セロトニン作動性神経細胞」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「セロトニン作動性神経細胞」の詳細情報や、「セロトニン作動性神経細胞」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「セロトニン作動性神経細胞」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(26件中)1/2ページ目

  1. 【課題】効率的にドーパミン産生神経前駆細胞を製造すること。【解決手段】(i)多能性幹細胞をBMP阻害剤、TGFβ阻害剤、SHHシグナル刺激剤、FGF8およびGSK3β阻害剤から成る群より選択される試薬を含む培養液中で細胞外基質上にて接着培養する工程、(ii)前記工程(i)で得られた細胞からCorinに結合する物質および/またはLrtm1に結合する物質を用いてCorin...

    新規ドーパミン産生神経前駆細胞の誘導方法

  2. 【課題・解決手段】本明細書において提供されるのは、新規の血清型(BoNT/X)のクロストリジウム属ボツリヌスニューロトキシン(BoNT)ポリペプチド、およびBoNTポリペプチドを作製する方法、および、例えば治療的適用において、使用する方法である。

    新規ボツリヌスニューロトキシンおよびその誘導体

  3. 【課題・解決手段】本明細書において開示されるのは、血清型B、菌株1における1248または1249に対応する位置において1つ以上の置換変異を含む、ボツリヌス菌血清型Bの改変受容体結合ドメインを有する、改変ボツリヌスニューロトキシン(BoNT)ポリペプチドである。具体的な置換変異として、I1248F、I1248Y、I1248H、I1248W、V1249W、V1249F、V...

    操作されたボツリヌスニューロトキシン

  4. 【課題・解決手段】本発明は、L−グルタミン、L−アスパラギン及びL−アスパラギン酸からなる群より選択される1以上のアミノ酸を実質的に含まない神経幹細胞及び/又は神経前駆細胞培地、及び当該培地を用いた神経幹細胞及び/又は神経前駆細胞の培養方法等を提供する。

    神経分化能を亢進させる神経幹細胞用培地

  5. 【課題・解決手段】少なくとも1種のアミロイドβイソ型の富化動態の測定を用いる、患者の中枢神経系におけるアミロイド病態の診断方法が提供される。加えて、少なくとも1種のアミロイドβイソ型の富化動態を予測するためのモデル、該モデルの較正方法、及び患者の中枢神経系におけるアミロイド病態を診断するための上記モデルの使用方法が提供される。

    アミロイドβ富化動態の解析を用いるアミロイド病態の診断方法

  6. 【課題・解決手段】(i)多能性幹細胞をBMP阻害剤、TGFβ阻害剤、SHHシグナル刺激剤、FGF8およびGSK3β阻害剤から成る群より選択される試薬を含む培養液中で細胞外基質上にて接着培養する工程、(ii)前記工程(i)で得られた細胞からCorinに結合する物質および/またはLrtm1に結合する物質を用いてCorinおよび/またはLrtm1陽性細胞を収集する工程、およ...

    新規ドーパミン産生神経前駆細胞の誘導方法

  7. 【課題・解決手段】本発明の開示は、多能性の幹細胞(例えばヒト胚幹細胞)から神経前駆細胞と分化した神経細胞(例えばドーパミン作動性神経細胞およびセロトニン作動性神経細胞)を効率よく生産するための改善された方法に関する。開示された方法を用いることで、チロシン・ヒドロキシラーゼ(ドーパミン作動性神経細胞の特異的マーカー)に陽性の細胞が高い割合で含まれる細胞集団が単離された。...

    ヒト胚幹細胞由来の最終分化ドーパミン作動性神経細胞の誘導

  8. 【課題・解決手段】本特許出願は、4−[(3−フルオロフェノキシ)フェニルメチル]ピペリジンメタンスルホン酸塩(式I)、その合成ならびにセロトニンおよび/またはノルエピネフリン介在性の疾患または病態の治療および/または予防のための薬剤の製造における使用に関する。本発明はまた、それを含む医薬組成物に関する。

    4−[(3−フルオロフェノキシ)フェニルメチル]ピペリジンメタンスルホン酸塩:使用、合成方法および医薬組成物

  9. 【課題】神経前駆細胞、最終的には分化した神経を、多能性の幹細胞(例えば、ヒト幹細胞)等の多能性の幹細胞から生産するための改良された方法を提供すること。【解決手段】本発明の開示は、多能性の幹細胞(例えばヒト胚幹細胞)から神経前駆細胞と分化した神経細胞(例えばドーパミン作動性神経細胞およびセロトニン作動性神経細胞)を効率よく生産するための改善された方法に関する。開示された...

    ヒト胚幹細胞由来の最終分化ドーパミン作動性神経細胞の誘導

  10. 【課題・解決手段】本発明は、式(4)、(5)又は(6)の化合物、及び中枢神経系障害の治療におけるこれらの使用に関する。

    皮質カテコールアミン作動性神経伝達のモジュレーターとしての二置換フェニルピペリジン

  11. 【課題・解決手段】本発明は、胚性幹細胞の分化誘導による神経細胞の製造方法、胚性幹細胞を神経細胞に分化誘導する方法、当該製造方法もしくは分化誘導方法に使用される培地、または胚性幹細胞から分化誘導された神経細胞の純度を高める方法を提供することを目的とする。本発明によれば、胚性幹細胞をビタミンB12またはそれらの塩およびヘパリンもしくはヘパリン様作用を有する物質またはそれら...

    神経細胞の製造方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、哺乳類脳の大脳皮質部位におけるカテコールアミン、ドーパミン及びノルエピネフリンの細胞外濃度を増加させる化合物、より詳細には、中枢神経系障害の治療のための3−(二置換アリール)−ピロリジンの使用を提供する。

    皮質カテコールアミン作動性神経伝達の調節因子としての新規な二置換フェニルピロリジン

  13. 【課題・解決手段】式Iの化合物、それらを含む組成物、並びに疾患及び障害を治療、予防及び/又は管理するためにそれらを使用する方法とを開示する。

    4−フェニル−6−(2,2,2−トリフルオロ−1−フェニルエトキシ)ピリミジン系化合物及びその使用方法

  14. 【課題・解決手段】本明細書は、クロストリジウム毒素酵素ドメイン、クロストリジウム毒素転位置ドメイン、転位置促進ドメインおよび増強したターゲティングドメインを含む改変クロストリジウム毒素;かかる改変クロストリジウム毒素をコードするポリヌクレオチド分子; および、かかる改変クロストリジウム毒素の生産方法を開示する。

    増強した転位置能力および増強したターゲティング活性を有する改変クロストリジウム毒素

  15. 【課題・解決手段】ヒトの間葉間質細胞は、それぞれ乏突起膠細胞および神経細胞に分化するように誘導されうる。したがってこれらの細胞型に関しては、パーキンソン病、アルツハイマー病、卒中、および頭部外傷のような神経細胞の喪失によって、または、テイ−サックス病、G1ガングリオシドーシス、異染性白質ジストロフィー、および多発性硬化症のようなガングリオシドの蓄積もしくは脱ミエリン化...

  16. 【課題・解決手段】種々の原因により有効な免疫応答を誘導できないとされている抗原蛋白であっても、十分な免疫応答を誘導することができる免疫原及び免疫用組成物、並びにそれらを使用する抗体の製造方法を提供する。本発明の免疫原は、所望の抗原蛋白の全長又は一部と、折り畳み因子又はそのサブユニットが、1又は複数のペプチド結合を介して連結された融合蛋白質を含む。折り畳み因子の作用によ...

    免疫原及び免疫用組成物、並びにそれらを使用する抗体の製造方法

  17. 【課題・解決手段】頭脳または脊髄を処置するために、血液脳関門(BBB)を通してポリペプチドを非侵襲的に送達するための処置方法および遺伝子ベクターを開示する。該遺伝子ベクターを、BBBの外側に伸びる神経投射に接触するように投与して、BBBにまたがる神経細胞、例えば感覚神経細胞、侵害受容神経細胞または下位運動神経細胞にトランスフェクションする。該ベクターは、BBBにまたが...

    血液脳関門を通したポリペプチドの非侵襲的な送達およびエンドサイトーシスリガンドの生体内選択

  18. 【課題・解決手段】ポリアニオン化合物を含む培養液を用いてストローマ細胞を培養した後、該培養液を回収する工程を含む、胚性幹細胞を外胚葉細胞または外胚葉由来の細胞に分化誘導する活性を有する溶液を取得する方法、該方法を用いることによって取得される、胚性幹細胞を外胚葉細胞または外胚葉由来の細胞に分化誘導する活性を有する溶液、および胚性幹細胞から外胚葉細胞または外胚葉由来の細胞...

    胚性幹細胞から外胚葉系細胞への分化誘導剤、その取得方法及びその用途

  19. 【課題・解決手段】本発明により、胚性幹細胞を非凝集状態で培養する工程を含む、胚性幹細胞を外胚葉細胞に分化誘導する方法および胚性幹細胞を非凝集状態で培養する工程を含む、胚性幹細胞を外胚葉由来の細胞に分化誘導する方法;該方法で用いる培地および培地上清;該方法で用いられる分化誘導剤;該方法の分化誘導する活性を有するストローマ細胞またはその由来の因子;該ストローマ細胞を特異的...

    胚性幹細胞の外胚葉系細胞への新規な分化誘導法及びその用途

  20. 【課題】新規なニューロトロフィン作用増強活化合物を提供することを目的とする。【解決手段】一般式(I)【化1】(式中、R1乃至R4は、同一又は異なって、水素原子、ハロゲン原子等、R5は、水素原子、低級アルキル基等、R6は、水素原子、低級アルキル基、置換された低級アルキル基等、Aは、単結合、-CO等、Qは、単結合、-CH2O-、-CH2-NR7-(式中、R7は水素原子、低...

    新規フェナントリジノン誘導体

  1. 1
  2. 2