マイクロタイター に関する公開一覧

マイクロタイター」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マイクロタイター」の詳細情報や、「マイクロタイター」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マイクロタイター」の意味・用法はこちら

81〜100件を表示(8,429件中)5/422ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、コンジュゲートされたストレプトコッカス・ニューモニエ(Streptococcus pneumoniae)莢膜糖類抗原(グリココンジュゲート)を含む新しい免疫原性組成物、前記免疫原性組成物を含むキットおよびこれらの使用に関する。本発明の免疫原性組成物は、典型的には、PREVNAR(登録商標)、SYNFLORIX(登録商標)および/またはPR...

    コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物、それを含むキットおよびこれらの使用

  2. 【課題・解決手段】{4−[3−(ジメチルアミノ)プロポキシル]フェニル}メチル(4S)−4−(プロパン−2−イル)−3H,4H,5H,6H,7H−イミダゾ[4,5−c]ピリジン−5−カルボキシレート、及びその獣医学的に許容される塩。

    新規治療用化合物及びその治療における使用

  3. 【課題・解決手段】本発明は、シュードモナス(Pseudomonas)環境株PF−11の細胞を培養することと、上澄み液を回収することとを含む、細菌上澄み液を調製する方法に関する。本発明はまた、表面のバイオフィルムの量を減少させる、少なくとも1種の有機体が表面へ付着するのを減少させる、または表面のマイクロ汚損またはマクロ汚損を減少させる方法であって、シュードモナス(Pse...

    防汚損組成物およびそれを産生する方法

  4. 【課題・解決手段】本発明は、合成ペプチド化合物、ならびに炎症性疾患、自己免疫疾患、ならびに微生物感染症及び細菌感染症などの補体介在疾患;ならびに嚢胞性線維症及び種々の急性疾患などの非補体介在疾患の治療及び診断のためのその使用を提供する。本発明は、ヒトアストロウイルスタンパク質から誘導されたスクランブル化ペプチドである、Polar Assortant(PA)ペプチドか...

    合成ペプチド化合物及び使用方法

  5. 【課題・解決手段】以前に1つ以上の化学療法剤により処置されており、そのような化学療法剤に対して少なくとも部分的な耐性を持つようになった癌患者を処置するための組成物及び方法が本明細書中に開示されている。受容体チロシンキナーゼ(RTK)の阻害薬に対して耐性を持つようになった患者の癌の処置に適した化合物を選択するための方法も開示されている。

    RTK突然変異細胞を有する患者を処置するための組成物及び方法

  6. 【課題】 本発明は、試料中のS-アデノシルメチオニン(SAM)、S-アデノシルホモシステイン(SAH)およびホモシステイン(HCy)を検出および定量するためのイムノクロマトグラフィー用テストストリップを提供することである。【解決手段】 本発明の方法は、(a)フルオロフォア結合抗体を作製する工程;(b)SAM、SAHおよびHCyを固体支持体上に固定する工程;(c)サ...

    S−アデノシルメチオニン、S−アデノシルホモシステイン及びホモシステインを迅速かつ簡単に測定するための蛍光の使用

  7. 【課題・解決手段】本発明は、融合タンパク質を作製する方法を提供するものであって、該方法は、a)第1のタンパク質と第2のタンパク質とを、これらのタンパク質間にイソペプチド結合を形成することができる条件下で接触させることであって、該第1のタンパク質および該第2のタンパク質は、いずれもペプチドリンカーを含み、該ペプチドリンカーは、反応することによって、該第1のタンパク質を該...

    融合タンパク質を合成するための方法および製品

  8. 【課題】微細藻類を用いるウイルス血球凝集素(HA)タンパク質の産生のための方法。【解決手段】HA膜ドメインおよび活性な調節制御要素を含むウイルスHAタンパク質をコードするポリヌクレオチド配列を含む核酸分子を含む組み換え微細藻類細胞を用いた、ワクチンとしての全長インフルエンザHAタンパク質の製造方法であって、微細藻類細胞がシゾキトリウム属またはヤブレツボカビ属であり、H...

    微細藻類における異種ポリペプチド、微細藻類細胞外体、組成物の産生、ならびにそれらの作製および使用の方法

  9. 【課題・解決手段】対象流体を有する試料容器内に配置される試料の位相差顕微鏡法のための方法であって、照明束(3、27)のうち、試料により偏向されず直接ビームとして用いられる部分が、位相シフト素子(12)上に与えられ、対象流体(6)での光学的屈折に基づいて与えられる照明束(3、27)の主ビーム方向(28)の変化を補償するために、照明束(3、27)は、対象流体(6)に入射す...

    位相差顕微鏡法のための方法、光学ユニット及び位相差顕微鏡

  10. 【課題・解決手段】改変ブラキュリー抗原を含む改善された酵母ベースの免疫療法組成物、ならびにブラキュリーの発現または過剰発現によって特徴付けられる癌を予防および/または治療するための方法が開示される。

    改変酵母−ブラキュリー免疫療法組成物

  11. 【課題】神経突起変性疾患および障害を治療および診断するための抗体、およびこの抗体の使用方法の提供。【解決手段】特定の配列を持つ反発性ガイダンス分子a(Repulsive Guidance Molecule a)(「RGMa」)に結合する単離された抗体またはこの抗体断片を提供する。また、抗体またはこの抗体断片は免疫接着分子、イメージング剤および治療剤からなる群より...

    神経突起変性に関連する疾患を診断および治療するための組成物および方法

  12. 【課題・解決手段】本発明は、タンパク質ホスファターゼ1レギュラトリーサブユニット14A及び/又は2’,3’-環状ヌクレオチド3’-ホスホジエステラーゼ及び/又はリン酸化されたタウもしくはその断片を含むバイオマーカーのパネル、並びにタウ毒性を特徴とする神経認知障害、特に、アルツハイマー病を診断するため、ステージ分類するため、治療するため、及び該障害の治療の応答を評価する...

    アルツハイマー病に関係する生体分子

  13. 【課題・解決手段】補体依存性細胞傷害の回復を特徴とする遺伝子改変非ヒト動物及び免疫不全非ヒト動物と、遺伝子改変免疫不全非ヒト動物において治療抗体を評価するための方法及び組成物に関する。特定の態様において、本発明は、免疫不全非肥満糖尿病(NOD)、A/J、A/He、AKR、DBA/2、NZB/B1N、B10.D2/oSn、及び他のマウス株であって、非改変免疫不全マウスで...

    遺伝子改変非ヒト動物及び補体依存性細胞傷害に関する方法

  14. 【課題】生物物理学的特性(可溶性、高い発現及び/又は安定性(熱変性後の高いリフォールディング、化学変性剤に対する高い耐性、及びプロテアーゼ、特にトリプシン等の胃腸プロテアーゼに対する高い耐性等)を含む)が改良されたポリペプチド、特に抗体フラグメントを同定するハイスループットスクリーニング方法の提供。【解決手段】様々なポリペプチド配列を発現することができるファージディス...

    可溶性ポリペプチドの単離方法

  15. 【課題】アッセイモジュールそれらの作成の過程、およびアッセイを実施するためのそれらを使用する方法を提供する。【解決手段】複数のウェル100はその上に固定された捕捉試薬130a,b,cを具備する結合表面と復元可能な乾燥試薬とを含有している。任意選択で、結合表面は、電気化学アッセイもしくは電気化学発光アッセイにおける電極としての使用に適するように選択されても良い。さらに、...

    アッセイ試薬を具備するアッセイモジュールとその製造方法およびその使用方法

  16. 【課題】個人の心血管の健康状態を決定する方法を提供する。【解決手段】a)前記個人の血液サンプルから、心筋トロポニンI(cTnI)又は心筋トロポニンT(cTnT)の血中、血清中、又は血漿中濃度を測定することと、b)前記測定された濃度を、正常な個人群における10%以下の変動係数(CV)に対応するcTnIの99パーセンタイル濃度を表す所定の閾値濃度と比較することと、c)前記...

    トロポニンの分析のための高感度のシステムおよび方法

  17. 【課題・解決手段】本発明は、抗体に関し、具体的には、アルツハイマー病及びパーキンソン病などの神経変性障害の診断及び治療において使用される抗体に関する。本発明は、神経変性障害の診断及び治療の方法、ならびにこのような疾患の治療用の新規治療化合物を単離するためのアッセイ及びスクリーニングにまで及ぶ。

    ACHEのT14ペプチドを認識する抗体

  18. 【課題】薬効を維持しながら、治療用タンパク質およびペプチドの半減期を延長させる技術の提供、および血清安定性が高く、活性が高く、および対象に注射した場合に望ましくない免疫応答を誘導する可能性の低いペプチド薬の提供。【解決手段】9−フルオレニルメトキシカルボニル(Fmoc)または2−スルホ−9−フルオレニルメトキシカルボニル(FMS)などの可逆的リンカーを介して連結された...

    ペグ化OXM変異体

  19. 【課題】PD−1を介するシグナリングをモジュレーションする作用剤に免疫細胞を接触させて免疫応答をモジュレーションすることを特徴とする免疫応答をモジュレーションする方法を提供すること。【解決手段】本発明は、PD−1をB7−4に対する受容体として同定する。B7−4は、免疫細胞上の阻害性受容体に結合すると、免疫細胞の活性化を阻害することができる。したがって、本発明は、PD−...

    PD−1、B7−4の受容体、およびその使用

  20. 【課題・解決手段】本発明は、がん性疾患、特に、セプラーゼ(Fap-アルファ;線維芽細胞活性化タンパク質アルファ)を発現するがん性疾患の診断及び処置に関する。より詳細には、本発明は、セプラーゼを標的にするペプチドに関する。

    がんの診断及び処置のための組成物及び方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 120