マイクロタイター に関する公開一覧

マイクロタイター」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マイクロタイター」の詳細情報や、「マイクロタイター」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マイクロタイター」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(8,568件中)1/429ページ目

  1. 【課題】胎盤幹細胞及び胎盤幹細胞集団を使用する免疫調節の方法を提供する。また、免疫調節に基づいて胎盤細胞及び細胞集団を産生及び選択する方法、並びにこのような細胞及び細胞集団を含む組成物を提供する。【解決手段】複数の免疫細胞を、複数の胎盤幹細胞と、前記胎盤幹細胞が免疫応答を検出可能に抑制するのに十分な時間接触させることを含む免疫応答抑制方法であって、前記胎盤幹細胞は、混...

    胎盤幹細胞を使用する免疫調節

  2. 【課題】血清型10A、22F又は33F肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumoniae)を適切に防御可能な新規肺炎連鎖球菌ワクチン、及び前記ワクチンの製造方法の提供。【解決手段】担体タンパク質に共有結合で連結された肺炎連鎖球菌血清型10A多糖を含む免疫原性コンジュゲートを調製するための方法。血清型10A莢膜多糖単離物を、0.1〜0.3モル当量のペルヨー...

    肺炎連鎖球菌(Streptococcus  pneumoniae)莢膜多糖およびそのコンジュゲート

  3. 【課題】被験体を、細胞周期を調節する化合物で治療することにより、被験体を急性腎臓損傷から保護するための方法および組成物の提供。【解決手段】細胞周期を調節することは、G0/G1細胞周期停止を誘導すること、および/または細胞周期進行を誘導することを含むことができる。以下で証明されるように、G0/G1細胞周期停止を誘導する化合物の単回投与であっても、被験体をAKIから保護す...

    腎損傷および腎不全の診断および予後のための方法および組成物

  4. 【課題】ヒトペギウイルス2(HPgV−2)を検出するための組成物、方法及びキットの提供。【解決手段】対象においてヒトペギウイルス2(HPgV−2)感染に対する免疫応答を産生するための医薬組成物であって、弱毒化若しくは不活性化HPgV−2粒子及び/又は前記HPgV−2の抗原性部分を含む、医薬組成物。

    ヒトペギウイルス2(HPgV−2)を検出するための組成物および方法

  5. 【課題】ベータラクタマーゼの活性を阻害する化合物及び組成物の提供。【解決手段】下記一般式(II)の化合物、又はその薬学的に許容可能な塩、互変異性体、或いはN−オキシドであって、該化合物は細菌感染症に有用である。

  6. 【課題】揮発性有機溶媒を使用しない、容易に利用可能な装置を使用して実施することができる、必要な工数が最小である、油回収時間がより短い、および高品質のPUFA含有油を高収率で生成することができる、微生物細胞から高品質の多価不飽和脂肪酸(PUFA)含有油を入手するための方法を提供する。【解決手段】1種または複数種の微生物細胞から1種または複数種のPUFAを含む微生物油を入...

  7. 【課題】免疫受容体をコードする2以上の遺伝子又は遺伝子産物を回収する方法、更に、発現細胞のライブラリを作製する方法、上記ライブラリをスクリーニングする方法を提供する。【解決手段】2以上の遺伝子又は遺伝子産物は所定のソース細胞中に含まれ、下記の各工程を含む。a)ソース細胞をmRNA捕捉部位と共にマイクロリアクターに封入する工程、b)前記マイクロリアクター内で前記細胞を溶...

    免疫受容体をコードする2以上の遺伝子又は遺伝子産物を回収する方法

  8. 【課題】移植拒絶の予防を必要とする患者において寛容を誘導することにより移植拒絶を予防するペプチド、ペプチドが移植患者に対して寛容であるかを判定する方法の提供。【解決手段】ドナーMHCクラスII分子の多型領域由来の、アミノ酸配列:SDVGEYR又はその機能保存変異体を含む、11〜16個のアミノ酸の範囲の長さの単離されたペプチド。in vitroでペプチドを投与した移植...

    単離されたドナーMHC由来ペプチド及びその使用

  9. 【課題】寛容を誘導することにより免疫拒絶を予防する、ドナーMHCクラスII分子の多型領域由来の単離されたペプチドの提供。【解決手段】薬剤として使用するための、アミノ酸配列:REEYARFDSDVGEYR(配列番号:1)又は機能保存変異体を含むか、又は、からなる、15〜40個のアミノ酸長の単離されたペプチド。前記ペプチドを含む培養培地により、形質細胞様樹状細胞集団の存在...

    単離されたドナーMHC由来ペプチド及びその使用

  10. 【課題】揮発性有機溶媒を使用しない、容易に利用可能な装置を使用して実施することができる、必要な工数が最小である、油回収時間がより短い、および高品質のPUFA含有油を高収率で生成することができる、微生物細胞から高品質のPUFA含有油を入手するための方法の提供。【解決手段】(a)微生物油を含む細胞を溶解して溶解細胞組成物を形成する工程;(b)溶解細胞組成物を処理して油含有...

  11. 【課題】既存の抗体に対する低下した結合能を有する改変タンパク質およびペプチドの提供。【解決手段】改変タンパク質/ペプチド分子は、C末端付加、伸長またはタグおよび/または特定のアミノ酸置換を含むことができる。そのような改変分子(例えば融合物およびコンジュゲート)は、タンパク質、ペプチド、抗原結合分子、抗体または抗体フラグメント、例えば単一可変ドメイン、例えばヒト免疫グロ...

    改変タンパク質およびペプチド

  12. 【課題】オリゴ糖の大規模酵素合成方法を提供する。【解決手段】本発明は、UDP−Gal再生の方法及びそれとガラクトース基転移酵素の組合せ使用を提供し、ガラクトースを好適な受容体基質に添加する。本発明は、さらにGlobo系列オリゴ糖を大規模に生産する合成方法を掲示し、その中、前記方法は、糖基転移酵素反応とヌクレオチド糖再生方法の組合せに係るものである。

    オリゴ糖の大規模酵素合成方法

  13. 【課題】ALK5阻害因子の存在下で培養することによる多能性細胞の作製および維持、及び白血病抑制因子及び骨形成タンパク質の存在下、又はTGFβ及びアクチビンシグナリング経路の阻害下、MRPKシグナリング経路の阻害下で、複製し、かつ多能性を維持している多能性動物細胞の提供。【解決手段】細胞の多能性を維持しつつ細胞分裂を可能にするように、ALK5阻害因子、及びMEK阻害因子...

    幹細胞の作製と維持

  14. 【課題】イムノアッセイなどの特異的結合アッセイは、精製分析物を使用して策定され、複合体形成およびフラグメント化パターンは考慮されない。【解決手段】ヒトIGFBP7に特異的に結合する抗体、および、腎損傷の評価において使用された場合に、改善された臨床成績を有するIGFBP7イムノアッセイを提供する。イムノアッセイは、生物流体などの複雑な臨床標本で使用された場合、特に、ラテ...

  15. 【課題・解決手段】イミダゾオキサゾール誘導体の化合物、溶媒化物、立体異性体、またはそれらの薬学的に許容可能な塩を有効成分として含む腫瘍予防用及び腫瘍治療用の薬学的組成物を提供し、それを腫瘍を患うか、患う危険がある個体に投与することにより、腫瘍を予防または治療することができる。

    抗腫瘍効果を有するイミダゾオキサゾール誘導体、及びそれを含む薬学的組成物

  16. 【課題】無傷の細胞壁を有する植物細胞に官能化直鎖核酸カセット分子を非侵襲的に送達するためのナノ粒子を用いた方法の提供。【解決手段】細胞壁を有する植物細胞に対象とする官能化直鎖核酸カセット分子を導入する方法であって、細胞壁を有する植物細胞を提供する工程;対象とする官能化直鎖核酸カセット分子でナノ粒子を被覆する工程;細胞壁を有する前記植物細胞と前記被覆されたナノ粒子とを互...

    官能化直鎖DNAカセットの製造および植物における量子ドット/ナノ粒子媒介送達

  17. 【課題】細胞内感染の新規処置法の開発を提供する。【解決手段】本発明は、対象へのIAPアンタゴニストの投与を含む、対象における細胞内感染を処置する方法を提供する。特定の実施形態において、IAPアンタゴニストは、Smac模倣体である。

    細胞内感染の処置方法

  18. 【課題】ACC阻害剤およびその使用を提供すること。【解決手段】本発明は、アセチルCoAカルボキシラーゼ(ACC)の阻害剤として有用である化合物、その組成物、および被験体においてACCにより媒介される障害を処置するためにそれらを使用する方法を提供する。この化合物は具体的には、チエノピリミジン誘導体である。これらの障害は例えば、肥満症、脂質異常症、高脂質血症、真菌感染、寄...

    ACC阻害剤およびその使用

  19. 【課題】凝集検定を遂行および分析するための方法、組成物、システム、および機器の提供。【解決手段】一態様では、凝集検定の画像分析のための方法が提供される。別の態様では、凝集検定を遂行するための方法が提供される。一態様では、前記方法は、ウイルスまたはウイルスに対する抗体を含む、様々な分子の検出のために用いられ得る。別の態様では、前記方法は、被験者の有効な免疫化を決定するた...

    凝集の検出および測定のための方法

  20. 【課題・解決手段】本明細書の実施形態は、フラビウイルスを安定化するための組成物および方法に関する。ある実施形態では、本明細書で開示された組成物および方法は、弱毒化または非弱毒化生フラビウイルス(例えば、全生)フラビウイルスを安定化することに関する。他の実施形態は、弱毒化または非弱毒化生フラビウイルスの分解を低減するための組成物および方法に関する。他の実施形態は、製造、...

    製剤の向上によりフラビウイルスを安定化するための組成物および方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 429