マイクロタイター に関する公開一覧

マイクロタイター」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「マイクロタイター」の詳細情報や、「マイクロタイター」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「マイクロタイター」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(8,429件中)1/422ページ目

  1. 【課題・解決手段】本発明は、プロテアーゼ耐性ペプチド、このようなペプチドを作製する方法ならびにプロテアーゼ耐性ペプチドを含む組成物およびこのようなペプチドを利用して処置する方法を提供する。ある種のアミノ酸残基の脂質付加および天然アミノ酸に対する代替的アミノ酸の置換およびペプチド鎖に付加されるさらなるアミノ酸の組み合わせが、プロテアーゼ耐性ペプチドを生成させることが分かった。

    プロテアーゼ耐性一脂質付加ペプチド

  2. 【課題】高忠実度ポリヌクレオチド合成方法を提供する。【解決手段】同時の増幅配列の酵素的除去および処理されたオリゴヌクレオチドの核酸アセンブリへのライゲーションに関する方法を開示する。いくつかの実施形態によると、あらかじめ定義された配列を有する標的核酸配列の製造方法を開示する。いくつかの実施形態において、各々のオリゴヌクレオチドが(i)標的核酸配列の異なる部分と一致する...

    核酸アセンブリおよび高処理シークエンシングのための方法

  3. 【課題】セロトニン、トリプトファン、キヌレニン経路における代謝産物に対する抗体、及び、抗体を調製するための方法の提供。【解決手段】調製された抗体は、関連の代謝産物に対して低い交差反応性を有し、1つ、又は、複数の以下の代謝産物:セロトニン(5−HT)、5−ヒドロキシインドール酢酸(5−HIAA)、5−ヒドロキシトリプトファン(5−HTP)、キヌレニン(K)、キヌレン酸(...

    過敏性腸症候群の診断を予測するための経路特異的なアッセイ

  4. 【課題】哺乳動物の造血系腫瘍の治療のために有用な組成物及び、同目的のための組成物の使用方法を提供する。【解決手段】慢性的な治療のために患者に投与した際に抗原性が最小であるか又は全くないCD79b抗原、CD79bに対するヒト化及びコンジュゲート抗体と、同目的のためのこれら抗体の使用方法を開示する。

    抗CD79b抗体及びイムノコンジュゲートとその使用方法

  5. 【課題・解決手段】本発明は、HSV−1及びHSV−2結合モノクローナル抗体又はその断片と抗ウイルス剤とを含む組み合せと、前記組み合わせを、任意選択的に医薬的に許容される賦形剤と一緒に含む医薬製剤と、性器ヘルペス、HSV歯肉口内炎、及び再発性口唇ヘルペス、単純ヘルペス脳炎(HSE)、新生児HSV、免疫不全宿主におけるHSV疾患、及びHSV角膜炎又は角結膜炎を含むヘルペス...

    抗体及び抗ウイルス剤の抗HSV相乗作用

  6. 【課題・解決手段】IgG、IgMおよびIgAが富化された免疫グロブリン組成物の同時調製を可能にする、血漿由来免疫グロブリン画分から医薬的に許容できる免疫グロブリン組成物を調製するためのプロセスが記載されている。このプロセスでは、Cohn画分I/II/IIIまたはKistler Nitschmann画分A+Iに含有される免疫グロブリンを、少なくとも1mS/cmの電気伝導...

  7. 【課題・解決手段】本発明は、ペクチン酸リアーゼ活性を示す親酵素に対して改変を示すペクチン酸リアーゼ変異体;このような酵素の生成方法;ならびに、生地、洗剤およびセルロース繊維加工産業におけるこのような酵素の使用方法に関する。親酵素に比して、本発明のペクチン酸リアーゼ変異体は、洗剤中において向上した安定性を示す。

  8. 【課題・解決手段】本発明は、吸湿性が低い(R)−4−(5−(シクロプロピルエチニル)イソオキサゾール−3−イル)−N−ヒドロキシ−2−メチル−2−(メチルスルホニル)ブタンアミド(すなわち、式(A)の化合物)の結晶形に関する。該化合物およびその組成物は、細菌感染および特に多剤耐性株を含むグラム陰性菌の感染を治療するために有用である。この結晶形は、化合物の非晶質形をハロ...

    抗菌剤としての(R)−4(5−(シクロプロピルエチニル)イソオキサゾール−3−イル)−N−ヒドロキシ−2−メチル−2−(メチルスルホニル)ブタンアミドの結晶形

  9. 【課題】15−PGDH活性を調節する、組織プロスタグランジンレベルを調節する、15−PGDH活性および/またはプロスタグランジンレベルを調節することが望まれる疾患、障害、または状態を治療する化合物および方法の提供。【解決手段】式(V)で示される化合物(式中、n=0〜2であり、R1はチオフェン、チアゾール等である)。

    短鎖デヒドロゲナーゼ活性を調節する組成物および方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、ドナー複合体、第1のアクセプター複合体、及び第2のアクセプター複合体を用いて総α-シヌクレイン及びS129リン酸化(pS129)α-シヌクレインの両方を検出する方法を提供する。ドナー複合体は、支持体及びドナー標識に連結したα-シヌクレインに特異的に結合する抗体を含む。4B12抗体は、ドナー複合体中の適切な抗体の例である。pS129α-シヌク...

    総及びS129リン酸化α−シヌクレインの検出アッセイ

  11. 【課題・解決手段】本発明は、アミロイドベータ凝集の一次核形成阻害剤を同定するための方法であって、a)A−ベータ種を緩衝液の中に入れるステップ、b)アミロイドベータ凝集を定量するステップを含む方法において、c)A−ベータ種として、2単位のA−ベータモノマー間に配置されたリンカーを有する2単位のA−ベータモノマーを選択するステップを特徴とする方法に関する。そのためのリンカ...

    アミロイドベータ凝集の一次核形成阻害剤の同定方法

  12. 【課題】食物過敏性試験の改善された組成物、デバイスおよび方法、とりわけ、誘因食物を、IBSと特定される患者またはIBSが疑われる患者のために特定すること、および、可能であれば除外することのための改善された組成物、デバイスおよび方法の提供。【解決手段】食物過敏性のための意図される検査キットおよび検査方法は、確立された判別p値による食物調製物の、理論的根拠に基づいた選択に...

    IBS感受性試験の組成物、デバイスおよび方法

  13. 【課題・解決手段】本発明は、人および環境にとって安全であることを意味する、殺生物剤規制(Biocidal regulation)の附属書1の下で機能する新規で非常に有効な表面殺菌組成物に関する。

    酒石酸および乳酸を含む殺菌組成物

  14. 【課題・解決手段】本発明は、例えば哺乳動物上皮幹細胞などの前駆細胞の分化方法、前記方法で使用するための分化培地、前記方法によって得ることのできるオルガノイドおよび細胞、ならびに治療的使用を含むそれらの使用に関する。

    改善された分化方法

  15. 【課題・解決手段】食物過敏性のための意図される検査キットおよび検査方法は、確立された判別p値による食物調製物の、理論的根拠に基づいた選択に基づいている。特に好ましいキットには、最小数の食物調製物を有するキットであって、前記最小数の食物調製物が0.07以下の平均判別p値をそれらの未処理p値によって判定される場合には有する、または、0.10以下の平均判別p値をFDR多重度...

    クローン病感受性試験の組成物、デバイスおよび方法

  16. 【課題・解決手段】食物過敏性のための意図される検査キットおよび検査方法は、確立された判別p値による食物調製物の、理論的根拠に基づいた選択に基づいている。特に好ましいキットには、最小数の食物調製物を有するキットであって、前記最小数の食物調製物が0.07以下の平均判別p値をそれらの未処理p値によって判定される場合には有する、または、0.10以下の平均判別p値をFDR多重度...

    潰瘍性大腸炎感受性試験の組成物、デバイスおよび方法

  17. 【課題・解決手段】本発明は、被験体における膵管腺ガン(PDAC)の非侵襲的診断方法であって、血液サンプル中のβig−h3タンパク質レベルを測定する工程を含み、血清βig−h3レベルが、PDACを有するリスクと正に相関する非侵襲的診断方法に関する。PDAC患者 20人及び104人の2つの異なるコホート並びにPDACマウスモデルの追跡研究によって、本発明者らは、血液サンプ...

    膵管腺ガンを有する被験体のリスクを評価するための早期かつ非侵襲的な方法及びこのような疾患の処置方法

  18. 式I(b):【化18】[式中、環A、環HD、J、それぞれのT、R3、R4、R5、それぞれのR7、およびmは、本開示に記載される任意の実施態様に記載される通りである。]を有する化合物、またはその薬学的に許容可能な塩、溶媒和物、互変異性体、異性体、もしくは重水素化類似体;その組成物、およびその使用が開示される。

    キナーゼ調節およびその適応症のための化合物および方法

  19. 技術 新規使用

    【課題・解決手段】本発明は、治療における6−((4−(2,3−ジメチルフェノキシ)ピペリジン−1−イル)メチル)ピリミジン−2,4(1H,3H)−ジオンまたはその薬学的に許容可能な塩の使用に関し、例えば、結核の治療における6−((4−(2,3−ジメチルフェノキシ)ピペリジン−1−イル)メチル)ピリミジン−2,4(1H,3H)−ジオンを含んでなる組成物;6−((4−(2...

  20. 【課題・解決手段】本発明は、腫瘍壊死因子α(TNFα)に結合することができる抗体分子およびそれらの機能的断片、それらの製造プロセス、およびそれらの治療用途に関する。

    抗TNFα抗体およびそれらの機能的断片

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 422