クロスレンジ に関する公開一覧

クロスレンジ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「クロスレンジ」の詳細情報や、「クロスレンジ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「クロスレンジ」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(196件中)1/10ページ目

  1. 【課題・解決手段】超音波信号処理回路並びに関連する装置及び方法について説明する。超音波トランスデューサアレイによって行われるそれぞれの取得に対応する信号サンプルのグループが、フーリエ領域に変換されることによって、かつ1つ又は複数の重み付け関数の適用を介して、処理されることがある。変換された信号のグループは、フーリエ領域で互いに結合されて、画像形成に使用することができる...

    超音波信号処理回路並びに関連する装置及び方法

  2. 【課題】誤差に適切に対応して宇宙機を所望の目標点に正確に誘導するための技術を提供する。【解決手段】宇宙機は、エンジンと、宇宙機に作用する推力の方向である推力方向を制御する推力方向制御装置と、エンジンによって推力を発生しながら当該宇宙機を誘導して目標点に誘導する動力降下において、宇宙機の状態量を取得し、取得した状態量に応じて、エンジンの燃焼を制御する燃焼制御信号と推力方...

    宇宙機、プログラム及び制御装置

  3. 【課題】 SAR/ISARレーダ装置において観測対象の画像化を欺まんする欺まん装置を提供する。【解決手段】SAR/ISARレーダ装置に対する欺まん装置であり、入力されたRF信号に対して位相変調を施したRF信号を再放射/反射する。SAR/ISARレーダ装置は観測対象から受信したRF信号をドプラー処理して画像化するが、観測対象が再放射/反射するRF信号に位相変調(周波数...

    欺まん装置

  4. 【課題・解決手段】単一チップの超音波撮像ソリューションを実装するために、データ帯域幅を減少させるための受信信号パスにおいてオンチップ信号処理が採用されてよく、受信されたチャネルすべてについてのデータをデジタルデータストリームとしてオフチップに移動させるための出力データモジュールが使用されてよい。受信された信号をオンチップでデジタル化することにより、高度なデジタル信号処...

    超音波撮像圧縮方法及び装置

  5. 【課題】画像化範囲の広さにかかわらず、移動目標を画像化して検出する。【解決手段】合成開口の全体のSAR受信信号を周波数領域のパルス圧縮によりRD(Range Doppler)信号を生成して固定目標画像を含む全体画像を生成し、被搭載移動体の移動方向軸に従って取得した1〜N点におけるSAR受信信号に対して、重複を含めてM通りの合成開口に分割し、分割された合成開口の受信信号...

    合成開口レーダ装置及びそのレーダ信号処理方法

  6. 【課題】 従来型アーキテクチャおよび信号処理パラダイムを採用することによる厳しい制限および欠点を改善することである。【解決手段】 単一チップウルトラソニック撮像解決策を実装するため、オンチップ信号処理を、たとえばデータ帯域幅を減少するために、受信信号経路中に採用することができ、高速シリアルデータモジュールを使用して、デジタルデータストリームとして、オフチップのすべ...

    モノリシックウルトラソニック撮像デバイス、システム、および方法

  7. 【課題】潮位を直接的に推定することが可能な潮位推定装置および潮位推定方法の提供。【解決手段】送信アンテナ2から海面に向けて照射された周波数変調した電波10の後方散乱波11を、高さ方向に所定間隔で配置された複数の受信アンテナ3により受信し、複数の受信アンテナ3により受信した各後方散乱波信号の位相を解析し、潮位を推定することにより、潮位を直接的に推定することが可能となる。...

    潮位推定装置および潮位推定方法

  8. 【課題】信号処理の処理負荷を軽減することができるレーダ信号処理装置、レーダ信号処理方法、およびプログラムを提供すること。【解決手段】実施形態のレーダ信号処理装置は、導出部と、算出部とを持つ。導出部は、レーダ画像から、電波を用いて判別する対象である目標物を含む領域の反射レベルの分布を導出する。算出部は、導出部が導出した目標物を含む領域の反射レベルの分布と、予め記憶された...

    レーダ信号処理装置、レーダ信号処理方法、およびプログラム

  9. 【課題・解決手段】本発明の合成開口レーダ装置は、焦点の位置を定める焦点情報を複数格納する焦点情報格納部(103)と、移動するプラットフォームから観測対象に対して照射され、観測対象で反射された電波の受信信号から、焦点情報格納部に格納された複数の焦点情報に対応したレーダ画像をそれぞれ再生する画像再生部(104)と、画像再生部で再生されたレーダ画像の結像の状態を表す指標を所...

    合成開口レーダ装置

  10. 【課題】より迅速に物体の種別を判別することができるレーダ信号処理装置、レーダ信号処理方法、およびレーダ信号処理プログラムを提供することである。【解決手段】実施形態のレーダ信号処理装置は、レーダ画像取得部と、特徴ベクトル導出部と、物体種別判別部とを持つ。レーダ画像取得部は、レーダ画像を取得する。特徴ベクトル導出部は、少なくとも前記レーダ画像取得部により取得されたレーダ画...

    レーダ信号処理装置、レーダ信号処理方法、およびレーダ信号処理プログラム

  11. 【課題】クロスレンジ方向に移動する目標物を周辺静止物から分離して検出できるレーダ装置および検出方法を提供する。【解決手段】移動体に設置されたレーダ装置は、レーダ信号を送信する送信部と、物体によって前記レーダ信号が反射されたエコー信号を受信する受信部と、エコー信号を用いて、静止物が存在する領域の境界を検出する静止物境界検出部と、静止物が存在する領域の境界が時間変化する領...

    レーダ装置および検出方法

  12. 【課題】画像生成時の目標の速度変化がある場合でも、速度精度を向上し、レンジ−ドップラの位置及び速度精度を高める。【解決手段】実施形態に係るレーダ装置は、実開口アンテナによって無変調の連続波またはパルス波による送受信信号を合成開口時間内に複数回送受信し、速度及び必要に応じて加速度の初期値を取得する。また、実開口アンテナによって周波数スイープした連続波またはステップ周波数...

    レーダ装置

  13. 【課題】機械的に変位する受信装置を用いて得られた受信信号の処理に際して、より高い分解能を実現できる、信号処理装置、レーダ装置、水中探知装置、信号処理方法、および、プログラムを提供する。【解決手段】信号処理装置3は、相関行列算出部32と、角度スペクトラム算出部35と、を備えている。相関行列算出部32は、回転アンテナ部23を用いて得られた受信信号S11に基づいて、方位方向...

    信号処理装置、レーダ装置、水中探知装置、信号処理方法、および、プログラム

  14. 【課題】機械的に変位する受信装置を用いて得られた受信信号の処理に際して、高い分解能を実現でき、且つ、計算にかかる負荷をより小さくできる、信号処理装置、レーダ装置、水中探知装置、信号処理方法、および、プログラムを提供する。【解決手段】信号処理装置3は、信号群設定部33と、積算部34と、除算部35と、物標検出部36と、を有している。信号群設定部33は、送受信装置2からの受...

    信号処理装置、レーダ装置、水中探知装置、信号処理方法、および、プログラム

  15. 課題】【解決手段】センシング、特に対象領域内のオブジェクトの一般的で革新的な探査及び特定は、従来のソリューションと比べ、高範囲分解性、交差範囲分解能、近傍領域機能、ハイレンジ分解性能と高精度で、近傍領域におけるセルフフォーカスした電磁波探査、検出及び/又はイメージングに基づくものである。また、よりラージボリュームの領域を探査することができ、これは従来のソリューションと...

    近傍領域における電磁波探査及び特定

  16. 【課題】SN及びデータレートの向上を図り、さらには誤検出を低減する。【解決手段】実施形態に係るアンテナ装置は、観測範囲に送信ファンビームを形成する送信アンテナと、a軸に沿って一次元に配列して素子信号Xan(n=1〜N)を得るN素子受信アレイと、b軸の一次元に配列して素子信号Xbm(m=1〜M)を得るM素子受信アレイとを備える受信アンテナとを備える。前記送信アンテナは、...

    アンテナ装置及びレーダ装置

  17. 【課題】レーダと目標の複数反射点の各点の相対速度が異なる場合でも、真の目標形状や寸法に近い画像を生成する。【解決手段】ISAR方式のレーダ信号処理方法において、前記実開口アンテナの受信信号からモノパルス出力であるΣ、ΔAZ及びΔELそれぞれのビームを生成してサンプリング出力し、前記Σ、ΔAZ及びΔELそれぞれのビームのサンプリング出力からレンジ−ドップラ周波数軸におけ...

    レーダ装置及びレーダ信号処理方法

  18. 【課題】観測時刻が異なる複数のレーダ画像内の目標が回転性の微小移動を行っている場合でも、複数のレーダ画像内の目標が同一物であるか否かを正確に判定することができるようにする。【解決手段】前処理部3から出力された2つのレーダ画像内の目標の回転に伴うドップラーシフトを補償した上で、2つのレーダ画像内の目標の同一性を表す指標であるコヒーレンスγ(fx,fy)を算出する同一性指...

    レーダ画像処理装置及びレーダ画像処理方法

  19. 【課題】超音波診断装置において、従来型アーキテクチャおよび信号処理パラダイムを採用することによる厳しい制限および欠点を改善した装置を提供する。【解決手段】単一チップ超音波撮像解決策を実装するため、オンチップ信号処理を、たとえばデータ帯域幅を減少するために、受信信号経路中に採用することができ、高速シリアルデータモジュールを使用して、デジタルデータストリームとして、オフチ...

    超音波デバイス

  20. 【課題】従来の超音波装置では、空間分解能及び組織の違いを含む幾つかの因子によって望ましい画質が得られないことがあり、これを改善した装置を提供する。【解決手段】スペクトル拡散、コヒーレント、周波数符号化波形及び/又は位相符号化波形を用いた超音波イメージングの技術を開示する。音響信号から生体物質を特徴づける方法は、個々の直交する符号化波形を合成し、対象の生体物質に向けて送...

    超音波イメージングにおけるスペクトル拡散符号化波形

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10