クランク軸回転数 に関する公開一覧

クランク軸回転数」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「クランク軸回転数」の詳細情報や、「クランク軸回転数」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「クランク軸回転数」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(264件中)1/14ページ目

  1. 【課題】運転状況に拘らず運転者に適したタスク実行時間を推定することができる車両用操作期間推定装置を提供する。【解決手段】運転者による操作手段の一連操作からなるタスクの実行期間を推定する車両用操作期間推定装置において、運転者の周期的生体現象に基づく第1,第2心周期を記憶する記憶部11と、操作開始された対象タスクを検出するクラッチセンサ26と、クラッチセンサ26により検出...

    車両用操作期間推定装置

  2. 【課題】運転状況に拘らず変速ショックを抑制することができる車両の制御装置を提供する。【解決手段】運転者のシフトレバー操作によってギヤ段を変更可能な手動変速機と、エンジン2の回転数を変速開始時のエンジン回転数R1から変速終了後の目標エンジン回転数R2に制御するECU10と、クラッチ6の踏込み及び踏戻し操作からなる対象タスクの直前の運転者の心拍数に基づき第2心周期を検出す...

    車両の制御装置

  3. 【課題】運転者が好感を認識する周期に同調したタスク操作期間を運転者自身の操縦によって習熟することができる車両の制御装置を提供する。【解決手段】ギヤ段を変更可能な手動変速機と、エンジン2の回転数を変速終了時の目標エンジン回転数R2に制御可能なECU10と、運転者の平常時の心拍数に基づく第1心周期を記憶する記憶部11と、変速時におけるクラッチ6の踏込み及び踏戻し操作からな...

    車両の制御装置

  4. 【課題】視聴覚情報を介してタスク操作期間を運転者が好感を認識する周期に同調させることができる運転支援装置を提供する。【解決手段】運転者による操作手段の一連操作からなるタスクの実行期間を推定する運転支援装置を含む制御装置1であって、運転者の心拍数に基づく第1,第2心周期を記憶する記憶部11と、操作開始された対象タスクを検出するクラッチセンサ26と、対象タスクの操縦中の運...

    運転支援装置

  5. 【課題】クランクからの駆動時よりもエンジンブレーキ時のエンジン回転数を低下させることによって惰性で走行できる距離を長くできるようにして、二輪車の燃費を改善する駆動装置を提供すること。【解決手段】クランク軸から減速して入力されクランク軸と平行に配置されて複数のギヤ対を用いた変速機から後輪を駆動するようになった1の動力伝達経路と、エンジンブレーキ時に後輪からクランク軸を駆...

    二輪車の動力伝達装置

  6. 【課題】奇数変速段側の変速軸と偶数変速段側の変速軸の2系統に分けられた有段式の変速機を備えるハイブリッド車両において、奇数変速段側の変速軸の回転数を検出する回転数センサが万一故障した場合でも、1速インギヤ許可判定及び1速インギヤが可能となるようにする。【解決手段】第1入力軸(IMS)の回転数を検出するための回転数センサ(101)と、回転数センサ(101)の検出に基づか...

    ハイブリッド車両の制御装置

  7. 【課題】奇数変速段側の変速軸と偶数変速段側の変速軸の2系統に分けられた有段式の変速機を備えるハイブリッド車両において、パーキングロックの解除時に発生する騒音・振動を効果的に低減する。【解決手段】パーキングロック用のギヤに噛合部材が噛合してパーキングロック機構がパーキングロック状態のときに設定するプレシフト段として、2速段を選択する。プレシフト段として2速段を設定した状...

    ハイブリッド車両の制御装置

  8. 【課題】電動補助自転車に用いられ、トルク検出装置の他に回転検出装置を備える駆動ユニットにおいて、回転検出装置の検出分解能を向上させる。【解決手段】駆動ユニット50は、電動補助自転車10に用いられ、クランクシャフト54、駆動スプロケット58、トルク検出装置56B、回転部材56及び回転検出装置130を備える。回転部材は、連結軸部56A、出力軸部118及びワンウェイクラッチ...

    駆動ユニット及び電動補助自転車

  9. 【課題・解決手段】本発明は、回転子モジュールと、前方駆動子モジュールと、後方駆動子モジュールとを含むか、前方駆動子モジュールと後方駆動子モジュールのいずれか一つと、回転子モジュールを含めて動力を加える駆動体の動力や動力を受ける駆動体の動力が供給され、前方駆動子モジュールが作る誘導磁場と、回転子モジュールが作る回転磁場と、回転子モジュールが前方駆動子モジュールと後方駆動...

    磁場を利用した動力伝達装置

  10. 【課題・解決手段】本発明は、動力発生機と前方駆動子モジュールと後方駆動子モジュール、または前方駆動子モジュールと後方駆動子モジュールのいずれか一つと動力発生機とを含む、または動力発生機を含み、動力を加える駆動体の動力や動力を受ける駆動体の動力が供給されて前方駆動子モジュールで作られる誘導磁場と、前方駆動子モジュールと動力発生機が作る回転磁場と、動力発生機が作る回転磁場...

    可変動力伝達装置

  11. 【課題・解決手段】アイドルストップ時の巻き戻しをより早く行うことのできるエンジン始動制御装置を提供する。エンジン始動制御装置(80)において、スタータスイッチ(35)の操作によるエンジン始動時に、クランク軸(51)を逆転駆動させるスイングバック制御を実行するスイングバック制御部(90)と、アイドルストップ制御によるエンジン停止の直後に、クランク軸(51)を逆転駆動させ...

    エンジン始動制御装置

  12. 確立された手法をデュアルクラッチトランスミッションの動力受け継ぎ及び回転数移行に応用することが可能な、適宜のトポロジのハイブリッド化されたオートマチックトランスミッションの被駆動部ニュートラルな動力切換をするための方法を提供する。【解決手段】適宜のトポロジ及び適宜の数の別の駆動ユニットのハイブリッド化されたオートマチックトランスミッションの動力切換において、デュアルク...

    変換でのデュアルクラッチトランスミッションによるハイブリッド化されたオートマチックトランスミッションの動力切換をするための方法

  13. 【課題】駆動源から駆動輪を加速させる正駆動方向に発生するショックトルクを効果的に低減させるとともに、鞍乗型車両の大型化やコスト増大を回避し得る技術を提供する。【解決手段】トルクを受けて回転する駆動部31と、出力軸と一体的に回転する被駆動部32と、駆動部31に保持される駆動側摩擦部材34と、被駆動部32に保持される被駆動側摩擦部材35と、駆動側摩擦部材34と被駆動側摩擦...

    クラッチ装置、ならびにそれを備えた鞍乗型車両および車両

  14. 【課題】ベルト式無段変速機において、重量や容積の増加及びコスト増をアクチュエータを用いるものに比して抑制しつつ、その変速比を動的に制御可能とすること。【解決手段】入力軸に設けられ、第1の可動シーブ及び第1の固定シーブを有する第1のプーリと、出力軸に設けられ、第2の可動シーブ及び第2の固定シーブを有する第2のプーリと、前記第1のプーリ及び前記の第2のプーリ間に掛け回され...

    ベルト式無段変速機及びベルト式無段変速機を備えた車両

  15. 【課題】 本発明は、摺動スリーブによるガス交換制御を有する対向ピストン・エンジンに関するものである。【解決手段】 摺動スリーブは、その外周が段付ピストン(差動ピストン)のように形成され、これにより、スレーブ・ピストンとして作動可能である。マスター・ピストンとして、カムにより動かされるタペットが使用される。マスター・ピストンとスレーブ・ピストンとの間の閉じた配管系内...

    静圧で動かされる摺動スリーブによるガス交換制御を行う対向ピストン・エンジン

  16. 【課題】運転者が運転している際の運動状態を表示可能な電動補助自転車を、簡単且つ低コストな構成によって実現する。【解決手段】電動補助自転車は、ペダル踏力をトルクとして検出するトルク検出部57と、ペダルに連結されたクランク軸の回転数を検出するクランク軸回転数計算部121とを備える。また、電動補助自転車は、トルク検出部57によって検出されたトルク、及び、クランク軸回転数計算...

    電動補助自転車

  17. 【課題】エンジン内のオイルを、クランク軸の回転数に適した圧力に調整する。【解決手段】 ディーゼルエンジン1には、オイル循環機構5が備えるオイル供給路に配置され、クランク軸2の回転数の上昇に応じてオイルの吐出量を上昇させるオイルポンプ32と、オイル供給路におけるオイルポンプ32の配置位置よりもオイル流れ方向の下流側に連通されると共に、クランク軸2の回転が伝達され、クラ...

    内燃機関の油圧調整機構

  18. 【課題】従来の自転車はペダル軸からチェンを介して後輪を駆動していたので、自転車の全長が長く、重く、折畳み構造にしても持ち運びに不便であった。さらに、車体を折畳む構造にする場合もペダル軸と後輪はチェンがかかっているために分割が困難で軽量コンパクトに出来なかった。【解決手段】チェンを廃止して、遊星ギアとクランク軸で高速と低速の変速走行可能な駆動部を後輪の軸芯に設け、クラン...

    チェンなし自転車

    • 公開日:2014/07/07
    • 出願人: 白須勲
    • 発明者: 白須勲
    • 公開番号:2014-125206号
  19. 【課題】本発明は、ディーゼル・エンジンのための燃料噴射方法、特に、シリンダ周囲に接線方向に配置された複数の噴射ノズルを有する、対向ピストン原理により作動するディーゼル・エンジンのための燃料噴射方法に関するものである。【解決手段】噴射ノズルの幾何形状配置により、および、噴射量および時間的噴射過程ルの個別制御により、ほぼ均一な混合過程が達成される。

    シリンダ周囲に接線方向に配置された噴射ノズルを有するディーゼル・エンジンのための燃料噴射方法

  20. 【課題】計測対象者における種々の運動を特定すること。【解決手段】運動計測装置1は、センサ値取得部51と、活動量計測処理部54と、を備える。センサ値取得部51は、計測対象者の体軸回りの回動運動を検出する。活動量計測処理部54は、センサ値取得部51によって検出された回動運動から前記計測対象者の自転車走行におけるペダルの回動周期を特定する。活動量計測処理部54は、特定された...

    運動計測装置、運動計測方法及びプログラム

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 14