キャビテーション作用 に関する公開一覧

キャビテーション作用」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「キャビテーション作用」の詳細情報や、「キャビテーション作用」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「キャビテーション作用」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(436件中)6/22ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、複数の液体を連続的にインライン混合する場合において、液体中の泡が集合、滞留することのないインライン動的ミキシング装置を提供することにある。また異なった流量、粘度等の液体を単一のミキシング装置で効率的に均一混合できるインライン動的ミキシング装置を提供することにある。【解決手段】排出口と少なくとも2つの注入口を備えたケーシング部に撹拌手段を有するイ...

    インライン動的ミキシング装置

  2. 【課題】低コストで、また、システムを過度に複雑にすることなくキャビテーション作用の有効領域を拡大して水系環境浄化効率を向上させることが可能な水中ウォータージェット噴出方法及び装置を提供する。【解決手段】水中に水を高速で噴射させるウォータージェットによって生じるキャビテーションを利用して水中に溶解している有害化学物質を分解し、あるいは、水中に浮遊する細菌やプランクトンを...

    水中ウォータージェット噴出方法及び装置

  3. 【目的】キャビテーション泡の発生と、その作用、効果を効率化する。【構成】一定容積の箱の中でジェット流を起こし噴流核の周囲にキャビテーションを発生させる。更に、キャビテーション流を渦流とすることにより、キャビテーションの発生量を増大させる。その作用、効果は、キャビテーションとその渦流によって、脱気、混合、攪拌、殺菌、殺虫、分解、乳化等を行う。

    液質改質装置及び液質改質方法

    • 公開日:2000/01/07
    • 出願人: 真方勝哉 、...
    • 発明者: 真方勝哉 、...
    • 公開番号:2000-000563号
  4. 【課題】製鋼スラグに表面処理を施して光沢性を向上して付加価値を高め、庭園の観賞用小石及び化粧石の代替え品、園芸用等として用途の拡大を図る。【解決手段】残存膨張率が3.5%以下の製鋼スラグを回転ドラムに入れて所定時間撹拌してスラグ相互を摩擦するか、又は、超音波を所定時間照射することでスラグの光沢性を向上する。

    製鋼スラグの表面処理方法

  5. 【課題】シリンダヘッド本体2とバルブシート3とを、該両部材2,3間の通電に伴う発熱及び加圧により接合する場合に、接合時におけるバルブシート3の過熱を防止して、接合を良好に行えるようにすると共に、熱影響によるバルブシート3の過硬化等の不具合を抑制する。【解決手段】バルブシート3の第1接合面部3aとシリンダヘッド本体2の接合面部2aとを、予め接触面積が40〜200mm2 ...

    金属部材の接合方法

  6. 【課題・解決手段】キサンテン環を含むキサンテン染料又はキサンテン染料の誘導体からなる化合物(2量体をも含む)を含み,音響キャビテーションを発生させる音響強度の閾値を低下させる超音波作用を誘導する薬剤であり,キサンテン染料の骨格の炭素原子に結合するR1〜R8の何れかは,ハロゲン,チオール基又はアミノ基と化学結合可能な官能基(ハロゲン化アセトアミド基,マレイミド基,アジリ...

    超音波作用を誘導する薬剤及びこれを用いる超音波装置

  7. 【課題】従来と全く異なる新規な製作方法により液体噴射記録ヘッド構成に適した量産性のよいマルチノズルプレートを提供する。【解決手段】基本的に、ステンレス箔70のプレスによる加工を取り入れることによりマルチノズルプレート33を量産性よく低コストで作製できる。特に、ノズル34部分の厚さを30〜220μmとし、隣接ノズル34間の距離を27μm以上に設定することで、プレスによる...

    マルチノズルプレート

  8. 【課題】バルブシート3をシリンダヘッド本体2のポート2b開口周縁部(接合面部2a)に拡散接合して得られるシリンダヘッド1について、従来よりも接合強度を大きくし、かつ焼入れによる硬度の上昇を少なくする。【解決手段】予めバルブシート3の表面部に、ろう材とバルブシート3との拡散接合層5を介してろう材層7を形成しておく。バルブシート3とシリンダヘッド本体2とを加圧しつつ、大小...

    金属部材の接合方法及び接合装置

  9. 【課題】バルブシート3をシリンダヘッド本体2のポート2b開口周縁部(接合面部2a)に接合する場合に、従来よりも接合強度を大きくし、かつクラックの発生を防止する。【解決手段】予めバルブシート3の表面部に、ろう材とバルブシート3との拡散接合層5を介してろう材層7を形成しておく。バルブシート3とシリンダヘッド本体2とを加圧しつつ、バルブシート3が所定の接合位置に埋め込まれる...

    金属部材の接合方法及び接合装置

  10. 【課題】各種の民生用,産業用の水利施設における使用水中に溶存している酸素による赤水発生や錆発生を確実に防止する脱酸素脱気を実用性の高い装置を提供する。【解決手段】1つのハウジング21内にキャビテーション発生室21' を設け、その外側に分散機構18を介し隔壁21''の外側にサイドフロー室21''' を設け、該キャビテーション発生室21' によりキャビテーション作用を介し...

    脱酸素脱気装置

  11. 【課題】マイクロマシーニング技術を用いた微小なアクチエータの駆動に液体の膜沸騰による気泡を用いて爆発的エネルギーを作り出す事を目的とする。【解決手段】空洞内に液体を充填し液に接する面にヒーター2を設け、液体30を介して他方にスライダー3を配設し、ヒーター2に電流を通す事で発熱し膜沸騰にて発泡させ、電流を切る事により消泡せしめる。スライダー3は膨張する気泡に押された空洞...

    膜沸騰気泡膨張モーターエンジン及び膜沸騰気泡膨張モーターエンジンを用いた医学治療器

  12. 【課題】位置の影響がなくキャビテーションのない差動的な二方向緩衝器を提供する。【解決手段】緩衝器は第1及び第2の端部を有する閉じた長い室を形成する管本体を有する。ピストン組立体が室の一部分に移動可能に配設され、ピストンシャフトの一端がピストン組立体に連結され他端が室の一端から延出する。他の組立体がピストン組立体と室の他端との間で室に配設され、浮動ピストンが室に配設され...

    改良された、位置の影響を受けない、キャビテーション作用のない、差動的な、二方向緩衝器

  13. 【課題】生地等に付着した汚れを落すための洗浄用スプレーガンであって、丈夫な厚手の生地であっても、絹等の薄手の生地であっても該生地を痛めることなく汚れを洗い落すことができるスプレーガンの提供。【解決手段】本発明のスプレーガンは洗浄液を高速噴射するためのピストンポンプ1を備え、またピストンポンプ1の先端には超音波振動子22及び該超音波振動子によって生じる振動の振幅を拡大す...

    洗浄用スプレーガン

  14. 【目的】高密度な印写を行なえるインクジェット記録装置を得る。【構成】480dpi以上の高密度印写を行うインクジェット記録装置において、インク吐出口13のサイズをφ40μm以下とし、インク15に吐出エネルギーを与えるエネルギー作用部3の表面とインク吐出口13とをほぼ平行にした。エネルギー作用部3の表面とインク吐出口13とがほぼ平行なため、エネルギー作用部3からインク15...

    インクジェット記録装置

  15. 【課題】ビンの内面を十分に洗浄すると共にそのビンの外観を良好に保つ。【解決手段】ホルダ7によって水平方向へ搬送されるビン8は、第1洗浄水Aを貯溜した洗浄槽9の上側へ移動されてきた時に所定の時間だけ停止される。その停止状態で、上記ビン8内に第2洗浄水Bが注入されると共に上記の洗浄槽9が上昇および下降される。上記ビン8の底部が上記の第1洗浄水Aに浸漬されている間に、超音波...

    超音波洗浄装置および超音波洗浄方法

  16. 【目的】流体の高周波処理あるいは超音波処理と磁気処理とを単一のハウジング内にて組み合わせコンパクトかつ短期間に行うことの可能な流体処理装置を提供することである。【構成】流体流入口5および流体排出口6を備えた単一ハウジング1と、該ハウジング1内に設けられた高周波処理空間9と磁気処理空間12とで構成し、高周波処理空間9には高周波発振子11が備えられて流入される流体を高周波...

    流体処理装置

  17. 技術 ポンプ

    【課題】吸入領域に負圧が生じることのないポンプを構成する。【解決手段】吸入領域(29)の与圧のために、消費装置から返送される、圧力を受けた状態の流体が利用される。

    ポンプ

  18. 【目的】ブリッジの発生を防止し、均一なハンダコーティングを行う。【構成】溶融ハンダを収納したハンダ槽に、低酸素濃度ガス雰囲気を維持することが可能な処理室を連通させ、処理室内に整形済ICのリード部を嵌入し、ポンプで送り込まれたハンダ噴流を四辺から均一に噴流させるスリットを有するハンダブロックと、整形済ICを水平に保持する搬送手段を設けた整形済ICのハンダコーティング装置。

    整形済ICのハンダコーティング装置

  19. 【目的】2種類の超音波振動を洗浄液に誘起し、被洗浄物に付着した残渣を確実に剥離除去することのできる超音波洗浄装置を提供する。【構成】洗浄槽に貯液した洗浄液にワークを浸漬すると共に、超音波振動子を構成する各第1振動子を約28KHz の低い周波数により超音波振動させ、各第2振動子を約39KHz の高い周波数により超音波振動させ、洗浄槽に貯液した洗浄液に低い周波数の超音波振...

    超音波洗浄装置

  20. 【目的】超音波洗浄装置に関し、大型の装置に構成しても、装置コストや消費電力のアップ化を阻止し得ると共に騒音問題の発生も防止し得、更に、洗浄液中における音圧分布の不均一を防止して均一に洗浄し得るようにする。【構成】長尺体のワーク(被洗浄物)1が、左右のワーク支持具2a,2bで支持されて矩形洗浄槽3中の洗浄液に浸漬され、支持具昇降装置4により上下往復動される。また、振動子...

    超音波洗浄装置

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. ...
  13. 22