オフホワイト色 に関する公開一覧

オフホワイト色」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「オフホワイト色」の詳細情報や、「オフホワイト色」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「オフホワイト色」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(4,854件中)1/243ページ目

  1. 【課題】MAPキナーゼ相互作用性キナーゼ(Mnk)の阻害薬としての活性を有する化合物、並びにそれを含有している、または使用する関連の組成物および方法の提供。【解決手段】下記式で例示される化合物、並びにそれを含む医薬組成物。

    Mnk阻害薬およびそれに関連する方法

  2. 【課題】心血管代謝疾患および関連する疾患の予防および/または治療方法の提供。【解決手段】下記一般式で表される、GLP−1Rアゴニストとしての、ベンゾイミダゾール、4−アザ−、5−アザ−、7−アザ−、および4,7−ジアザ−ベンゾイミダゾールの6−カルボン酸。

  3. 【課題】ペプチドグアニル酸シクラーゼC(GCC)アゴニストを調製するハイブリッド工程の提供。【解決手段】対象ペプチドの2つ以上の断片を固相及び/又は液相合成によって調整し、例えば第1のアミノ酸のアミノ基と第2のアミノ酸のカルボキシ基との直接縮合させる標準的な液相ペプチド合成又は固相ペプチド合成の手法によって断片連結させる。必要に応じて、断片連結によって形成された線状ペ...

    グアニル酸シクラーゼCアゴニストの調製方法

  4. 【課題】C型肝炎ウィルスの複製を阻害する上で有効な化合物の提供。【解決手段】式Iの化合物、またはその医薬として許容される塩。(X:C3−C12炭素環、3−12員複素環。L1、L2:結合、C1−C6アルキレン、C2−C6アルケニレン、C2−C6アルキニレン。L3:結合、LS−K−LS′(K:結合、O、Sなど。LS、LS′:結合、C1−C6アルキレン、C2−C6アルケニレ...

  5. 【課題】脱メチル化して、パーキンソン病の治療において有用な、カテコール−O−メチル転移酵素の阻害剤をもたらすことができるメチル化中間体、並びに前記中間体の製造方法および使用方法の開示。【解決手段】式(I)の化合物、並びに前記中間体の製造方法及び使用方法。

    カテコール−O−メチル転移酵素阻害剤を調製するための中間体として有用な化学的化合物

  6. 【課題】ヒストンアセチルトランスフェラーゼタンパク質に結合し、そして調節する化合物を選別するための方法を提供する。更に、神経変性疾患、蓄積したアミロイド−ベータペプチド沈着物、Tauタンパク質レベル、及び/又はアルファ−シヌクレインの蓄積に伴う症状、並びに癌を治療するための、患者にHAT−活性化化合物を投与することによる方法を提供する。【解決手段】式(I)の化合物、或...

    ヒストンアセチルトランスフェラーゼ活性化剤及びその使用

  7. 【課題】心不全を処置するための、非経口投与で用いるニトロキシル供与性化合物を含有する組成物であって、十分な溶解性と安定性を有する組成物の提供。【解決手段】式(1)に代表されるN−ヒドロキシスルホンアミド型ニトロキシル供与性化合物と、1分子あたり6つ又は7つのスルホ−n−ブチルエーテル基を有するβ−シクロデキストリンのスルホ−n−ブチルエーテル誘導体、及び水性緩衝液を含...

    ニトロキシル供与体を含む医薬組成物

  8. 【課題】中枢神経系、代謝性、自己免疫性及び炎症性の疾患又は障害を治療するための、PDE4アイソザイムの阻害剤の提供。【解決手段】式I’の化合物又は薬学的に許容できる塩。[式中、R1は、置換/非置換の(C6〜C10)アリール基;R6及びR7は、H、環を形成しても良い置換/非置換の(C1〜C6)アルキル基、又は(C3〜C8)シクロアルキル基等;nは、0又は1の整数を表す]。

  9. 【課題】細胞増殖性の疾患および障害、例えば、がんおよび免疫疾患の処置に有用な新しい一群のプロテインキナーゼインヒビターであるアミノピリミジン誘導体およびその薬学的に許容され得る塩を提供する。【解決手段】プロテインキナーゼインヒビター化合物を合成および投与するための方法。また、少なくとも1種類の該プロテインキナーゼインヒビター化合物を薬学的に許容され得る担体、希釈剤また...

    EGFR変異型キナーゼ活性をモジュレートするための化合物および組成物

  10. 【課題】過敏性腸症候群、及び癌を治療するための、RETキナーゼの阻害剤である新規な化合物、及びそれらを含有する医薬組成物の提供。【解決手段】式(I)に代表される化合物、又はその薬学的に許容可能な塩、並びにそれを含んでなる医薬組成物。

    RET(REARRANGED  DURING  TRANSFECTION)キナーゼ阻害剤としてのピリジン誘導体

  11. 【課題】骨関節炎(OA)を処置し、OAと関連する疼痛を処置し、トロポミオシン関連キナーゼA(TrkA)、トロポミオシン関連キナーゼB(TrkB)、トロポミオシン関連キナーゼC(TrkC)を阻害し、c−FMS(コロニー刺激因子−1(CSF−1)についての細胞受容体)を阻害することができるTrk阻害剤の提供。【解決手段】3−(3−メトキシ−4−((4−メトキシベンジル)オ...

  12. 【課題】糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム、クッシング症候群および緑内障などを処置するクリプトクロム調節薬の提供。【解決手段】下式で例示するカルバゾール含有アミド、カルバメート、および尿素化合物。

    クリプトクロム調節薬としてのカルバゾール含有アミド、カルバメート、および尿素

  13. 【課題】改善された剛性、靭性、及び加工性を有するポリエチレンの提供。【解決手段】エチレン及び4〜20個の炭素原子を有する少なくとも1つのαオレフィンを含み、約40超のメルトインデックス比(MIR)、少なくとも約2.0のMw1/Mw2の値、及び約−15℃未満のTw1−Tw2の値を有する、ポリマー。(Mw1/Mw2:交差分別(CFC)分析からの昇温溶出(TREF)曲線の第...

    改善された剛性、靭性、及び加工性を有するポリエチレン生成物の生成

  14. 【課題・解決手段】式(I)の化合物(式中、R1、R2、J、K、L、n及びWは、明細書に定義したとおりである)。医薬。

    新規(ヘテロ)アリール置換ピペリジニル誘導体、それを調製するためのプロセス、及びそれを含有する医薬組成物

  15. 【課題・解決手段】本発明は、一般式(I): [式中、Xは、NまたはCHを表し;R1は、−CN、(C1〜C6)アルキル、(C3〜C7)シクロアルキル、(3〜7員)ヘテロシクロアルキル、(5〜6員)ヘテロアリール、(C3〜C7)シクロアルキル(C1〜C4)アルキル、(3〜7員)ヘテロシクロアルキル−(C1〜C4)アルキルまたは(5〜6員)ヘテロアリール−(C1〜C4)アル...

    レチノイド関連オーファン受容体γの新規芳香族複素環系モジュレーター

  16. 【課題・解決手段】本出願は、式(I)の二官能性化合物:EGFR及び/又はその突然変異体のためのタンパク質分解誘導部として働く標的指向性リガンドを提供する。また本出願は、EGFR又はその突然変異体により調節される障害の治療において利用することができる、ユビキチンリガーゼ結合部とEGFR及び/又はその突然変異体に結合することが可能であるリガンドとを連結している二官能性化合...

    EGFRの分解のための二官能性分子、及び使用方法

  17. 【課題・解決手段】本開示は、式(I)または(IV)のスルホン酸またはスルホン酸誘導体を含有するアミノ脂質などの1つまたは複数のアミノ脂質を提供する。式中、変数は本明細書において定義される通りである。これらのアミノ脂質は、1つまたは複数のヘルパー脂質と核酸治療剤とを有する組成物において用いられうる。これらの組成物は、がん、嚢胞性線維症、または他の遺伝的疾患などの疾患また...

    カチオン性スルホンアミドアミノ脂質および両親媒性両性イオンアミノ脂質

  18. 【課題・解決手段】本発明は、化合物又はそれらの薬学的に許容し得る多形、溶媒和物、エナンチオマー、立体異性体及び水和物に関する。有効量の式I、式II、式III、式IV、式V、式VI、式VII及び式VIIIで示される化合物を含む医薬組成物、並びにガン、感染性疾患を処置するための方法は、経口、頬側、直腸、局所、経皮、経粘膜、ロゼンジ、スプレー剤、静脈、経口液剤、頬粘膜層錠剤...

    ガンの処置のための組成物及び方法

  19. 本発明は、例えば次の構造:【化1】を有する四級アンモニウムカチオン鋳型剤を用いて調製された新規な結晶性ゼオライトSSZ−52xに関する。式中、X−はSSZ−52xの形成に悪影響を及ぼさないアニオンである。SSZ−52xは触媒として有用であり、改善された耐久性、特にはNOX変換率に関しての改善された耐久性を示す。

    ゼオライトSSZ−52x

  20. 【課題・解決手段】本発明は、部分的に、式I:の化合物もしくはそのN−酸化物、または前記化合物もしくは前記N−酸化物の医薬的に許容される塩[式中、R1、R2、L、A、およびEは本明細書に記載される通りである];このような化合物、N−酸化物、または塩を調製するためのプロセス;それらの調製に使用される中間体;およびそれらを含有する組成物、およびM4が介在する(またはM4が関...

    神経性疾患および神経変性疾患を処置するための5,7−ジヒドロピロロピリジン誘導体

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 243