エコライザーシーブ に関する公開一覧

エコライザーシーブ」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「エコライザーシーブ」の詳細情報や、「エコライザーシーブ」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「エコライザーシーブ」の意味・用法はこちら

1〜10件を表示(10件中)1/1ページ目

  1. 【課題】スキップ式搬送装置において、上部傾転部の高さを大幅に低減させ、かつ、下部のスキップカーへの積載時に簡単な構造で積載可能なスキップ式搬送装置を提供する。【解決手段】粉粒体を積載したスキップカーを下方より受入れ、該スキップカーに設けられた前後輪からなる走行車輪により走行レール上を垂直移送し、上方で傾転させて粉粒体を排出するスキップ式搬送装置において、巻上げ用ワイヤ...

    スキップ式搬送装置

  2. 【目的】ジブ起伏ロープの破断時に、瞬時にロープを把持してジブの落下を防止する。【構成】ロープ把持装置48のホルダー部50の中心孔63には上下から複数のくさび64,64…が挿入され、中心孔63の上下端部は拡開されてくさび64,64…に対応する形状に形成されている。そして、前記くさび64,64…は、上下のくさび64,64…間に介装された圧縮コイルバネ66と各くさび64,6...

    建設機械のジブ起伏装置等におけるロープ把持装置

  3. 【課題】限定された空間に納めやすいようにコンパクトに構成するとともに、2本のワイヤロープの張力調整が可能であり、かつl本のワイヤロープが切断したとしても切断が即ウインチの荷重負担能力の喪失には結びつかないエコライズ機能を備えた屋根開閉装置の提供。【解決手段】可動屋根7にワイヤロープ3a,3bの末端を定着した2本のワイヤロープ3a,3bを1台のウインチ1で同時に巻き取る...

    屋根開閉装置

  4. 【課題】本発明は、電気ホイストにおいて設計変更が発生しても、ホイストの自重の増加を最小限に抑え、バランスくずれなどに簡単に対応できるホイスト用アームを提供することにある。【解決手段】従来、鋼板を溶接し一体に製作されていたアームを分割構造にし、その一部を適宜組替えることにより設計変更に対応するものである。

    ホイスト用アーム

  5. 【課題】一軸型2ドラム式ウインチを用いた揚重装置であって、ワイヤーロープはエンドレスに掛け渡され、該ウインチの正逆回転によって荷物の吊り上げ吊り下げ作業を行うとき、該ワイヤーロープの乱巻が生じないようにして該ワイヤーロープの素線切れを防止する。【解決手段】一軸型2ドラム式ウインチ1を用いた揚重装置であって、横行トロリー4の下部にはフックブロック5が懸吊されており、そし...

    エンドレスワイヤーロープのねじれ防止装置

  6. 【目的】建設機械のジブの落下を防止して、建設機械の安全性を向上する。【構成】ホルダー部50の中心孔63には上下から複数のくさび64,64…が挿入され、中心孔63の上下端部は拡開されてくさび64,64…に対応する形状に形成されている。上下のくさび64,64…間には圧縮コイルバネ65が介装されており、円筒形のシフター60,60によってくさび64,64…の脱落を阻止している...

    建設機械のジブ起伏装置

  7. 【目的】搬器の走行と巻上索の操作を1本の横行索で操作するようにした新規な索道走行装置及びその操作方法を提供する。【構成】搬器32に主索30を挾持するクランプ44を設けると共に、貨物の巻上索36を捲回した巻取りドラム34にブレーキを50を設け、巻取りシーブ35に横行索33を捲回し、かつ、前記クランプ44とブレーキ50を無線で開閉動作する油圧装置にて操作可能に設けて搬器3...

    索道走行装置及びその操作方法

  8. 【課題】低空頭空間でも、鉄筋籠を確実に保持して挿入できる低空頭鉄筋建込装置を提供すること。【解決手段】鉄筋籠Tの吊り下げ荷重に耐える櫓2の下部に走行装置3を設けると共に、櫓2の上部に油圧シリンダ61、62により操作される横行台車6を設け、横行台車6に滑車装置5を設ける。滑車装置5は、ワイヤーロープ53の各端部を一対のウィンチ61、62により同時に巻き込み、巻き出しする...

    低空頭鉄筋建込装置

  9. 【課題】搬器の走行と巻上索の操作を1本の横行索で操作するようにした新規な索道走行装置及びその操作方法を提供する。【解決手段】主索30に吊支されて走行可能な搬器32に主索30を挾持するクランプ44を設けると共に、貨物の巻上索36を捲回した巻取りドラム34にブレーキを50を設け、その巻取りドラム34を回転させる巻取りシーブ35に横行索33を捲回し、かつ、前記クランプ44と...

    索道走行装置

  10. 【目的】150トンを超す重量物をデリツクで吊り上げ、そのままポスト周りに回動でき、加えて低速重負荷起動時の安全作動を確保する粉体継手を有する装置を提供するものである。【構成】ブーム6をポスト2の下端に近傍で回転架台に起伏回動できるように接続し、ポスト2は内筒と外筒とから形成して回転架台3に接続し、粉体継手16を有する駆動装置14で駆動され、下部固定架台8に対し回動可能...

    大容量三脚デリツク装置