ポリウレタンフォーム に関する公開一覧

ポリウレタンフォーム」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ポリウレタンフォーム」の詳細情報や、「ポリウレタンフォーム」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ポリウレタンフォーム」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(18,289件中)1/915ページ目

  1. 【課題】NOxに対して変色し難いポリウレタンフォームを提供すること。【解決手段】ポリウレタンフォーム11は、ポリオールと、ポリイソシアネートと、発泡剤と、を含む原料を触媒の存在下で反応させて得られる。触媒には、アミン触媒と、遊離酸を40〜50重量%含むビスマス触媒と、が含まれ、ポリオール100重量部に対して、ビスマス触媒の量が0.05〜0.3重量部であり、触媒全体に対...

    ポリウレタンフォーム、パッド、ポリウレタンフォームの製造方法、及び、パッドの製造方法

  2. 【課題】 外観を損なわず、また、脱ぎ着し易いだけでなく、脱がせやすく着用させやすさ等の介護者の負担にも配慮した、耐衝撃性に優れた衣類を提供することを目的とする。【解決手段】 着用者の間接部にかかる衝撃および圧力を吸収する緩衝部材5を備えた衣類であって、緩衝部材5は、可撓性を有するポリウレタンフォームで形成され、着用者の肌側である衣類肌側4に固定されている。緩衝部材...

    耐衝撃性に優れた衣類およびその製造方法

  3. 【課題】繰り返し使用しても体積変化が少ないクッション用熱可塑性樹脂発泡粒子、それが充填剤として封入されたクッション体及びクッション用発泡性熱可塑性樹脂粒子の提供。【解決手段】熱可塑性樹脂と発泡剤とを含む発泡性熱可塑性樹脂粒子を発泡させた発泡粒子からなり、前記発泡粒子が、20倍以上60倍未満の嵩発泡倍数を有し、かつ前記発泡粒子をJIS標準篩(JIS Z8801−1:2...

    クッション用熱可塑性樹脂発泡粒子、クッション体及びクッション用発泡性熱可塑性樹脂粒子

  4. 【課題】膝などの屈曲した状態の関節部に気軽に装着して使用できる軽量かつコンパクトな関節部マッサージ器を提供すること。【解決手段】第一体部12と関節13と第二体部14の各部からなる、屈曲した状態の関節部11に装着して使用するための関節部マッサージ器1であり、装着時に関節部11の各部に当接する本体部2と、本体部2を関節部11に装着して固定するための固定手段3を有し、本体部...

    関節部マッサージ器

  5. 技術 遊技機

    【課題】 配線の誤接続の防止に寄与することができる遊技機を提供する。【解決手段】 パチンコ機1内の制御装置である遊技盤5側の周辺制御ユニットと電気的に接続される音量調節基板229と、パチンコ機1外の制御装置であるパチンコ機1に隣接して設けられた球貸機と電気的に接続される球貸基板228と、がパチンコ機1内に隣り合うように配置されているものの、音量調節基板229は白色...

    遊技機

  6. 技術 現像方法

    【課題】長寿命化した補給構成の現像器において、現像ローラの端部シール部からのトナー漏れ防止。【解決手段】トナー担持体23と該現像器枠体35の間には、トナーの流出を抑えるシール部材26が設けられており該トナーは、下記式(1)で表される有機ケイ素重合体を含むトナーであって、R−SiO3/2(1)(Rは炭素数が1以上6以下のアルキル基、又はフェニル基である。)該有機ケイ素重...

    現像方法

  7. 【課題】金属製屋根材と下地材上面との隙間の変化に影響することなく、水密性及び施工性に優れた屋根頂部際止水構造及び屋根用板金役物の施工方法を提供すること。【解決手段】本発明の屋根頂部際止水構造は、止水材60の少なくとも一部を覆う水切材70を設け、水切材70が、下地材上面50Uに当接される水切取付板材71と、水切取付板材71の端部から立ち下げた水切立下板材72とで形成され...

    屋根頂部際止水構造及び屋根用板金役物の施工方法

  8. 技術 防音材

    【課題】薄さを維持しながら、実用上、有効な高いレベルの吸音率を有し、さらに吸音可能な周波数領域が拡大された防音材を提供する。【解決手段】防音材10は、順番に積層された第1の吸音層11、第1の接合層12、中間層13、第2の接合層14及び第2の吸音層15を有する。第1の吸音層及び第2の吸音層は、それぞれ独立して、空隙が連通してなる多孔質材から成る。中間層は、1〜17μmの...

    防音材

  9. 技術 壁構造

    【目的】本発明は建築、構築物の内装、あるいは外装を形成する壁構造に関するものである。【構成】金属製表面材1と裏面材2間に芯材3を形成し、金属製表面材1の上下端部に雄雌連結構造を形成した横長で長尺状の乾式壁材Pにおいて、裏面材2を乾式壁材Pの裏面側から、ポリエチレン層A、アルミ箔層B、ポリエチレン層A、クラフト紙層C、ポリエチレン層A、アルミ箔層B、ポリエチレン層Aの順...

    壁構造

  10. 【課題】乗員姿勢のホールド性と運転快適性とを走行状態に拘らず両立することができる車両用シート構造を提供する。【解決手段】シートクッション20と、シートバック10とを備えたシート1において、クッション部材23の上部構造が、乗員Dの大腿部及び臀部に当接して下方から支持すると共に平面視にてクッション部材23の車幅方向中央の基準線Lに対して略左右対称に形成された支持領域Aを有...

    車両用シート構造

  11. 【課題】受動的恒温超低エネルギー消費自動車断熱法を開示する。【解決手段】自動車の各部に高性能断熱材層、高気密性エンクロージャ、温度バリア付き真空多層フィルム合わせガラス製ウィンドウ、UVカット断熱コーティング・フィルム、高性能換気熱回収システム、断熱ブリッジ構造、防スモッグ空気浄化システムが設けられる。本発明に係る受動的恒温超低エネルギー消費自動車断熱法は、夏に車内が...

    受動的恒温超低エネルギー消費自動車断熱法

  12. 【課題】臭気の問題が生じにくい発泡体を与える液状樹脂組成物の製造方法と、当該製造方法により製造される液状樹脂組成物と、前述の製造方法による製造される液状樹脂組成物を発泡及び硬化させる発泡体の製造方法と、臭気の問題が生じにくい発泡体とを提供すること。【解決手段】ケイ素原子に結合した加水分解性基を有し、シロキサン結合を形成することにより架橋し得る反応性ケイ素基を分子鎖中に...

  13. 【課題】シートクッション下側の空間部に侵入する他部材が、空間部内のコネクタ部材と別ケーブルの接続部分に直に接することを極力阻止することにある。【解決手段】ホルダ部材40に保持されているコネクタ部材(35b)は、電線部材(33)とは異なる別電線部材(34)を接続可能な状態で空間部18内に配設されており、ホルダ部材40には、コネクタ部材(35b)の接続部(DJ)及び接続部...

    乗物用シート

  14. 【課題】シートバックにエアバッグモジュールが設けられた乗物用シートにおいて、シートバックの重量を大きくすることなく、展開時にエアバッグをより安定して支持することのできる構成を提供する。【解決手段】 乗物用シート1、100、200は、上下に延びるサイドメンバ26を含み、シートバック5の骨格を形成する枠型のシートバックフレーム枠部と、シートバックフレーム枠部の後方に配置...

    乗物用シート

  15. 【課題】シートバックにエアバッグモジュールが設けられた乗物用シートにおいて、シートバックの重量を大きくすることなく、展開時にエアバッグをより安定して支持することのできる構成を提供する。【解決手段】 乗物用シート1は、枠型のシートバックフレーム枠部25と、シートバックフレーム枠部の車外側に延出する延出部32を備えた板状のプレート20と、シートバックフレーム枠部に結合さ...

    乗物用シート

  16. 【課題】エアバッグモジュールを備えた乗物用シートにおいて、シートバックの内部に収容される部材を視認し易い位置に配置する。【解決手段】 乗物用シート1は、左右一対のサイドメンバ26を含み、シートバック5の骨格を形成する枠型のシートバックフレーム枠部19と、取付部材501、502と、取付部材に結合されたエアバッグモジュールと、エアバッグモジュールの前方に設けられたパッド...

    乗物用シート

  17. 【課題】シートバックにエアバッグモジュールが設けられた乗物用シートにおいて、シートバックの背面に加わる荷重をエアバッグモジュールに伝わり難くする。【解決手段】 乗物用シート1、300、400においては、上下に延びるサイドメンバ26、301を含み、シートバックの骨格5を形成する枠型のシートバックフレーム枠部と、シートバックフレーム枠部の後方に配置され、車外側のサイドメ...

    乗物用シート

  18. 【課題】シートバックにエアバッグモジュールが設けられた乗物用シートにおいて、シートバックを軽量化し、かつエアバッグを安定して支持する。【解決手段】 乗物用シート1は、上下に延びるサイドメンバ26を含み、シートバック5の骨格を形成する枠型のシートバックフレーム枠部と、シートバックフレーム枠部の後方に配置され、車外側のサイドメンバの車外側に延出する延出部を備えた板状のプ...

    乗物用シート

  19. 【課題】係止部材が部分的に分割されている場合においても、シートカバーをより仕上がり性良く配設することにある。【解決手段】シートカバー4Sの裏側には、回避部位38を補完するように面状部材40が取付けられているとともに、面状部材40の末端側に設けられたプレート部材42が、回避部位38の両隣に配置するフック部材(33a,33b)側にはみ出して配置されており、シートカバー4S...

    乗物用シート

  20. 【課題】吸音性を有し、軽量で品質が良好であり、家具類、建材類、車両用内装材などに好適なポリウレタンフォームの提供を目的とする。【解決手段】ポリオール、イソシアネート、発泡剤、触媒を含むポリウレタンフォーム原料から得られるポリウレタンフォームにおいて、ポリウレタンフォーム原料に炭酸水素ナトリウムを含み、発泡剤である水がポリオール100重量部に対して10重量部以上であり、...

    ポリウレタンフォームとその製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 915