アーク溶解法 に関する公開一覧

アーク溶解法」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アーク溶解法」の詳細情報や、「アーク溶解法」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アーク溶解法」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,107件中)1/56ページ目

  1. 【課題】 軟化抵抗、強度と伸びのバランス、耐摩耗性を改善すること。【解決手段】 Co、Cr、Fe、Niの各元素をそれぞれ5原子%以上35原子%以下の範囲で含み、Cを0.47原子%以上8.74原子%以下の範囲で含むことで、計100原子%となる多元系合金であって(ただし不可避的不純物を含む。)、合金中の炭化物サイズが円相当径で15μm以下であり、引張強度が750MPa...

    軟化抵抗、強度と伸びのバランス、耐摩耗性に優れた多元系合金

  2. 【課題】金属水素化物をベースとしながらも、安定性及び安全性に優れ、クラックが生成され難く、熱伝導率の低下を招く恐れのない中性子遮蔽材とその製造方法を提供する。【解決手段】金属水素化物をベースとした中性子遮蔽材であって、金属水素化物およびクロムから構成され、金属水素化物が、ジルコニウム、チタン、イットリウムのいずれかから選択された金属の水素化物である中性子遮蔽材。高温雰...

    中性子遮蔽材とその製造方法

  3. 【課題】熱電変換材料および熱電変換モジュールの性能を向上する。【解決手段】熱電変換材料101は、4〜9族の第1元素および13〜15族の第2元素により構成されるチムニーラダー型化合物を含む母相102と、母相102の粒界に存在する添加相103とを有し、母相102は、前記チムニーラダー型化合物の格子定数を変化させる第3元素を含み、添加相103は、前記第2元素を含む。

    熱電変換材料および熱電変換モジュール

  4. 【課題】 フェライト系磁性材料よりも高い透磁率を有し、金属系磁性材料よりも電気抵抗率が高いために渦電流損失などの問題点を解決する、新しい高周波用複合磁性材料とその製造方法を提供する。【解決手段】 粒形状を調整した窒化物系磁性材料(希土類−鉄−窒素系磁性材料)に、円形度の高い鉄粉やナノセラミックス粒子を配合し、さらに、溶解性パラメータの高いセグメントを有した樹脂を用...

  5. 【課題】ThMn12型化合物の主相結晶粒を有し、保磁力が向上した希土類磁石用合金粉末およびその製造方法を提供する。【解決手段】Fe基のThMn12型化合物の主相結晶粒を含む希土類磁石用合金粉末であって、前記希土類磁石用合金粉末は、前記主相結晶粒の表面の少なくとも一部にZnリッチ層が形成された主相結晶粒を含み、前記Znリッチ層はCeCr2Al20型のR(Fe、Co、Cu...

    希土類磁石用合金粉末およびその製造方法

  6. 【課題】Ndの代替元素としてCeを含む焼結磁石の中でも保磁力が大きい焼結磁石、及び当該焼結磁石を備える回転機を提供すること。【解決手段】焼結磁石10は、希土類元素R、遷移金属元素T、及びホウ素を含有する複数の主相粒子11と、複数の主相粒子11の間に位置する粒界相9と、を備える焼結磁石10であって、希土類元素Rが、少なくともネオジム及びセリウムを含み、遷移金属元素Tが、...

    焼結磁石及び回転機

  7. 【課題】Ndの代替元素としてCeを含む焼結磁石の中でも高い保磁力と高い角型比とを兼ね備える焼結磁石、及び当該焼結磁石を備える回転機を提供すること。【解決手段】焼結磁石は、希土類元素R、遷移金属元素T、及びホウ素Bを含有する焼結磁石であって、希土類元素Rが、少なくともNd、Y及びCeを含み、遷移金属元素Tが、少なくともFeを含み、焼結磁石における希土類元素Rの含有量の合...

    焼結磁石及び回転機

  8. 【課題】永久磁石の保磁力の低下を抑制する。【解決手段】永久磁石は、組成式:RNX(CrpSiqM1−p−q)Zで表される。永久磁石は、Th2Ni17型、Th2Zn17型、及びTbCu7型から選ばれる少なくとも一つの結晶構造を有する第1の相と、MgCu2型及びPuNi3型から選ばれる少なくとも一つの結晶構造を有する第2の相と、を具備する。第2の相の総量の体積比率は5%以下である。

    永久磁石、回転電機、及び車両

  9. 【課題】永久磁石の保磁力の低下を抑制する。【解決手段】永久磁石は、組成式:RNX(CrpSiqM1−p−q)Zで表され、Th2Ni17型、Th2Zn17型、及びTbCu7型から選ばれる少なくとも一つの結晶構造を有する主相と、酸化物相及びα−Fe相を含む副相と、を具備する。主相及び副相の総量に対する酸化物相の体積比率は3%以上8%以下である。α−Fe相の比表面積は、5μ...

    永久磁石、回転電機、及び車両

  10. 【課題】磁化率が低く超弾性を有する生体用金属材料を提供すること。【解決手段】ニオブと、アルミニウムと、残部のジルコニウムと、不可避的不純物と、からなり、ニオブの割合をアトミックパーセントでxとし、アルミニウムの割合をアトミックパーセントでyとした場合に、7≦x≦10.5、6≦y≦11、25≦2x+y≦27、を満たす低磁化率ジルコニウム合金。

    低磁化率ジルコニウム合金

  11. 【課題】弁作用金属の合金からなる陽極体を用いた電解コンデンサにおいて、漏れ電流が低くバラツキの抑制された電解コンデンサを提供する。【解決手段】陽極体としてチタンとジルコニウムからなる合金と、誘電体として前記陽極体を陽極酸化して得られる酸化皮膜と、電解質とを含む電解コンデンサであって、陽極体の合金における鉄、ニッケル、クロムの総量の濃度が100ppm以下であることを特徴...

    電解コンデンサ

  12. 【課題】希土類元素の少なくとも一部にCeを用い、Coの一部をFeで置換した場合であっても、1−5相が安定する希土類磁石及びその製造方法を提供する。【解決手段】式(CexLa(1−x−w)R’w)v(CoyFe(1−y))(100−v−z)Mz(前記式中、R’は、Ce及びLa以外の1種以上の希土類元素であり、Mは、Co及びFe以外の遷移金属元素と、Ga、Al、Zn、及び...

    希土類磁石

  13. 【課題】リチウムイオン二次電池等の電気デバイスのサイクル耐久性を向上させうる手段を提供する。【解決手段】化学式(1):SixSnyMzAlwAa(上記化学式(1)において、Mは、1または2以上の遷移金属元素であり、Aは、不可避不純物であり、x、y、z、wおよびaは、質量%の値を表し、この際、y、z、wは、それぞれ2≦y≦10、25≦z≦35、0.3≦w≦3であり、xお...

    電気デバイス用負極活物質、およびこれを用いた電気デバイス

  14. 【課題】電流リークを抑制した二チタン酸バリウム系複合酸化物及びその簡便な製造方法を提供する。【解決手段】本発明の一態様にかかる二チタン酸バリウム系複合酸化物は、(Ba1−x(A)x)(Ti1−y1−y2(B1)y1(B2)y2)2O5+zで示される組成物からなる多結晶を含み、(A)はCa、Rb、Sr、Cs、FrおよびRaからなる群から選択される少なくとも1種の元素であ...

    二チタン酸バリウム系複合酸化物及びその製造方法

  15. 【課題】サイクル耐久性に優れる電気デバイスを提供する。【解決手段】電気デバイス用負極活物質として用いるSi含有合金であって、Si含有合金からなるものである。前記Si含有合金の微細組織が、遷移金属のケイ化物(シリサイド)を主成分とする第一の相と、一部にAlを含み、非晶質または低結晶性のSiを主成分とする第二の相と、Snを主成分とする第三の相とを有し、さらに、一部が複数の...

    電気デバイス用負極活物質、およびこれを用いた電気デバイス

  16. 【課題】高い容量を保持しつつ、サイクル耐久性を向上しうる電気デバイスを提供する。【解決手段】SiSnTiAl合金からなる電気デバイス用負極活物質であって、組成範囲として、Si:60〜69質量%、Ti:28〜31質量%、Sn:1.5〜8質量%、Al:0.5〜2質量%、及び、残部が不可避的不純物からなる組成を有し、微細組織として、一部にSnを含み、非晶質又は低結晶性のケイ...

    電気デバイス用負極活物質

  17. 【課題】200℃付近で性能の高い熱電変換材料を提供する。【解決手段】化学式Mg3+m−aAaB2−c−eCcEeにより表される熱電変換材料であって、元素Aは、Ca、Sr、Ba、Nb、Zn、およびAlからなる群から選択される少なくとも1種を表し、元素Bは、SbおよびBiからなる群から選択される少なくとも1種を表し、元素Cは、Mn、SiおよびCrからなる群から選択される少...

    ジントル相熱電変換材料

  18. 【課題・解決手段】高機械的強度・高耐食性を有するハイエントロピー合金(HEA)を用い、合金組成・微細組織の均質性に優れ、かつ形状制御性に優れたHEA部材、その製造方法、および該HEA部材を用いた製造物を提供することを目的とする。本発明に係るHEA部材は、HEAからなる合金部材であって、Co、Cr、Fe、Ni、Tiの各元素をそれぞれ5原子%以上35原子%以下の範囲で含み...

    ハイエントロピー合金部材、該合金部材の製造方法、および該合金部材を用いた製造物

  19. 【課題】抗折強度が高い永久磁石、及び当該永久磁石を備える回転機を提供すること。【解決手段】永久磁石10は、希土類元素R、遷移金属元素T、及びホウ素Bを含有する複数の主相粒子11と、複数の主相粒子11の間に位置する粒界相9と、を備え、Rが、少なくともNd及びCeを含み、Tが、少なくともFeを含み、永久磁石10におけるRの含有量の合計が[R]原子%であり、永久磁石10にお...

    永久磁石及び回転機

  20. 【課題】Mn比率が45〜55原子%である磁性を持ったMnAl合金を作製する。【解決手段】本発明によるMnAl合金の製造方法は、Mnが45原子%以上、55原子%未満であり、Alが45原子%超、55原子%以下であるMnAlアモルファス合金を作製する第1の工程(S1)と、MnAlアモルファス合金を300℃以上、600℃以下の温度で熱処理する第2の工程(S2)とを備える。本発...

    MnAl合金の製造方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 56