アセトン浴 に関する公開一覧

アセトン浴」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「アセトン浴」の詳細情報や、「アセトン浴」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「アセトン浴」の意味・用法はこちら

61〜80件を表示(3,738件中)4/187ページ目

  1. 【課題】歯周病の治療のための、シクロフィリン阻害剤化合物を含有する医薬製剤。【解決手段】歯肉への注射による歯周病の治療における使用のための、シクロスポリンA粉末のマイクロ又はナノ粒子の懸濁液を含む医薬製剤であって、TPGS(トコフェリルポリエチレングリコールコハク酸)およびポロキサマーを含有し、液体として適用されるが、生理学的条件下でゲルを形成する、in−situゲル...

    歯周病の治療における新規な医薬製剤及びその使用

  2. 【課題・解決手段】グラフェン強化ポリマーマトリックス複合物を黒鉛材料から直接製造する、単純で、迅速で、規模の変更が可能で、環境に優しい方法であって:(a)エネルギー衝突装置の衝突チャンバー中で黒鉛材料の複数の粒子と、固体ポリマー担体材料の複数の粒子とを混合して混合物を形成するステップと;(b)黒鉛材料からグラフェンシートを剥離し、グラフェンシートを固体ポリマー担体材料...

    グラフェン強化ポリマーマトリックス複合材料のケミカルフリー製造

  3. 【課題・解決手段】本開示は、アミノ脂質およびそれを含む組成物を特徴とする。ナノ粒子組成物は、アミノ脂質、ならびにリン脂質、構造脂質、PEG脂質、またはそれらの組合せなどのさらなる脂質を含む。RNAなどの治療薬および/または予防薬をさらに含むナノ粒子組成物が、例えば、ポリペプチド、タンパク質、または遺伝子発現を調節するための、哺乳動物細胞または器官への治療薬および/また...

    薬剤の細胞内送達のための化合物および組成物

  4. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)の化合物および医薬として許容されるその塩: (式中、R1、R2、R3、R4aおよびR4bは、本明細書中で定義された通りである)、それらの製造方法、それらを含有する医薬組成物、およびそれらの治療用途を提供する。

    mGluR7調節薬としてのインダン誘導体

  5. 【課題・解決手段】式(I)又は(III)(式(I)、(III))の化合物、式中:一方のYは、sp3混成炭素原子によって式(I)のフルオレン単位に直接結合した置換基R1であり;他方のYは、非置換であってもよく又は1つ以上の置換基で置換されていてもよいアリール又はヘテロアリール基Ar1であり;Ar2はアリーレン又はヘテロアリーレン基であり;R2は置換基であり;bは0、1、...

    化合物、組成物及び有機発光デバイス

  6. 【課題・解決手段】ドセタキセルを送達するためのEphA2標的イムノリポソームは、ある特定のタイプのがんの治療に有用である。イムノリポソームは、EphA2標的化部分(例えば、scFV)を含み、安定した塩形態のドセタキセルプロドラッグを約100nmの平均サイズを有するリポソーム内にカプセル化することができる。ナノリポソーム(イムノリポソームを含む)への装填に適した新規のド...

    エフリン受容体A2(EphA2)標的ドセタキセル産生ナノリポソーム組成物

  7. 【課題】インフルエンザウイルスの複製の阻害剤の提供。【解決手段】多形体の化合物(1)またはその薬学的に許容され得る塩(ここで、化合物(1)は、以下の構造式によって表される)は、A形の化合物(1)・1/2H2OのHCl塩、F形の化合物(1)・3H2OのHCl塩、D形の化合物(1)のHCl塩、A形の化合物(1)およびA形の化合物(1)のトシレート塩である。そのような多形体...

    インフルエンザウイルスの複製の阻害剤

  8. 【課題・解決手段】本発明は遷移金属−シッフ塩基(イミン)配位子錯体の製造方法に関する。この方法では、20℃〜40℃の温度のハロゲン化液体溶媒に遷移金属ハロゲン化物を添加することによって、シッフ塩基(イミン)配位子の直接キレート化を行う。また、この方法では、有害性が低い試薬および温和な反応条件を使用して前記錯体が生成される。該錯体は、絡み合いが解きほぐされた超高分子量ポ...

    遷移金属−シッフ塩基(イミン)配位子錯体の製造方法

  9. 【課題・解決手段】式Iの複合体であって:L−(DL)p (I)式中、Lは、リガンド単位であり、Dは、式IIの薬物リンカー単位であり:式中、(a)R10およびR11が、これらが結合している窒素原子および炭素原子間で窒素−炭素二重結合を形成する;又は(b)R10がOHであり、R11が:である;のいずれかであり、pは、1〜20の整数である;上記複合体。

    ピロロベンゾジアゼピン複合体

  10. 【課題】抗ウイルス治療用の2’−フルオロ置換カルバヌクレオシド類似体の提供。【解決手段】式(I)で表される、ヌクレオシド糖の2’位がハロゲン及び炭素置換基に置換されている、選択されたイミダゾ[1,2−f][1,2,4]トリアジニルヌクレオシド、リン酸ヌクレオシド及びそれらのプロドラッグ。[R1はC1〜C8アルキル;R2はハロゲン;R3〜R5及びR7は、各々独立してH等...

  11. 【課題・解決手段】本明細書には抗菌化合物が提供され、ここで幾つかの実施形態における化合物は、広域生物活性を有する。様々な実施形態では、化合物は、細菌中の不可欠なタンパク質である、細菌型1シグナルペプチターゼ(SpsB)の阻害によって作用する。本明細書に記載される化合物を使用する処置のための医薬組成物および方法も提供される。

    大環状広域抗生物質

  12. 【課題・解決手段】本発明は、式(XI)(式中、R1a、R2a、R3a、R4a、R5a、R6a、およびAaは本明細書で定義される通り)の化合物およびその薬学的に許容可能な塩に関する。本発明の化合物は、造血器型プロスタグランジンD合成酵素(H−PGDS)阻害剤の阻害剤であり、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療において有用であり得る。したがって、本発明はさらに、本発明の化...

    H−PGDS阻害剤としてのキノリン−3−カルボキサミド

  13. 技術 架橋剤

    【課題】高い架橋反応性と安全性を兼備するビニルアルコール系重合体を含む新規な架橋剤及びその製造方法の提供。【解決手段】ビニルアルコール系重合体が、分子鎖の両末端にアルデヒド基又はそのアセタール化体を有し、ビニルアルコール系重合体の全構造単位に対するアルデヒド基又はそのアセタール化体の含有量が0.4〜2.0mol%であり、分子量分布(Mw/Mn)が1.01〜1.90であ...

    架橋剤

  14. 【課題】高い架橋反応性を有する新規な分子鎖の両末端にアルデヒド基又はそのアセタール化体を有するビニルアルコール系重合体及びその製造方法の提供。【解決手段】多官能ヨウ素化合物の存在下に制御ラジカル重合によって得られる、両末端にヨウ素が導入されたビニルエステル系重合体に、水と接触させて両末端にアルデヒド基が導入されたビニルエステル系重合体を得た後、けん化することで得られる...

    ビニルアルコール系重合体及びその製造方法

  15. 【課題・解決手段】本開示は、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤としての式(I)の化合物及びそれらの調製、並びに式(I)の化合物を含む組成物を対象とする。化1】。

    ブルトン型チロシンキナーゼの阻害剤としての多環式化合物

  16. 【課題】エレクトロウェッティングの現在の解決策は、性質が極めて限られたものであり、追加機能を拡大縮小又は実施することができない。【解決手段】 エレクトロウェッティング構成及び最適化された液滴作動表面を有するマイクロ流体デバイスが提供される。デバイスは、誘電層と、誘電層に共有結合した疎水性層と、誘電層に電気的に結合され、且つ電圧源に接続されるように構成される第1の電極...

    共有結合した疎水性表面を有するマイクロ流体エレクトロウェッティングデバイス装置

  17. 【課題・解決手段】本発明は、式(I)のクリプトフィシン化合物に関する。本発明はまた、クリプトフィシンペイロードと、クリプトフィシンコンジュゲートと、これらを含有する組成物と、特に抗がん剤としてのこれらの治療用途とにも関する。本発明はまた、これらのコンジュゲートを製造するための方法にも関する。化1】。

    新規なクリプトフィシン化合物およびコンジュゲート、これらの製造およびこれらの治療用途

  18. 【課題】ケトン修飾オピオイドプロドラッグの提供。【解決手段】酵素活性化および分子内環化するとケトン含有オピオイドを放出することが可能なプロドラッグを使用して、患者にケトン含有オピオイドの制御放出を提供する方法、そのようなプロドラッグ化合物およびそのような化合物を含んでなる医薬組成物を提供する。そのような医薬組成物は、場合により、プロドラッグからのケトン含有オピオイドの...

    酵素切断可能なケトン修飾オピオイドプロドラッグとその任意選択のインヒビターとを含んでなる組成物

  19. 【課題】炎症疾患、癌およびAIDSなどの疾患および状態の治療における薬剤として有用な化合物、該化合物を含む医薬組成物の提供。【解決手段】6−メチル−4−(2−フェノキシフェニル)−1,6−ジヒドロ−7H−ピロロ[2,3−c]ピリジン−7−オンで例示される特定の縮合複素環系化合物。

  20. 【課題・解決手段】本発明は、ベースポリマーとして少なくとも1種または複数の固形アクリロニトリル−ブタジエンゴムおよび接着樹脂を含有しており、接着樹脂の割合が30〜130phrである感圧接着剤において、1種または複数の固形アクリロニトリル−ブタジエンゴム中のアクリロニトリル含有率が10〜30質量%の間であることを特徴とする感圧接着料に関する。

    アクリロニトリル−ブタジエンゴムをベースとする感圧接着材料

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 187