ボーリング孔 に関する公開一覧

ボーリング孔」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「ボーリング孔」の詳細情報や、「ボーリング孔」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「ボーリング孔」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(1,711件中)1/86ページ目

  1. 【課題】地盤改良体と地盤との境界面の位置精度を高めて、出来形精度を向上させることができる。【解決手段】地盤改良体2の造成時に改良剤とともに現地盤Gに添加される塩と、地盤改良体2の造成中に形成され鉛直方向に延在して改良剤の注入孔2aに挿入され、注入孔2aから地盤改良体2に向けて電気を発信する電気発信器4と、電気発信器4が挿入された注入孔2aに挿入され、電気発信器4で発信...

    改良体管理システム及び改良体管理方法

  2. 【課題】避雷接地と電気接地を共用化した風力発電機に落雷が生じた際に避雷接地と電気接地とを切り離して風力発電機の電気設備を保護することができる避雷接地装置及び避雷接地方法を提供する。【解決手段】本発明は、風力発電機の避雷のための避雷接地装置Sであって、風力発電機を制御する電気設備を接地させる電気接地5と、風力発電機に落雷した際に流れる雷電流を逃すように接地させる避雷接地...

    避雷接地装置及び避雷接地方法

  3. 【課題】 口元管を地山に確実に保持或いは固定することが出来ると共に、口元管を経由して地中に供給された材料が地上側に漏出してしまうことを確実に防止することが出来る口元管と、その様な口元管を用いた工法の提供。【解決手段】 本発明の口元管(10)は、口元管(10)の本体部(11)に螺旋状の翼(12、螺旋:スクリュー)を設け、本体部(11)の地上側端部に本体部を覆うことが...

    口元管及びそれを用いた工法

  4. 【課題】 CCDカメラ等で撮影した画像から、特定波長帯のレーザー光を抽出する際に、設定により所望の波長帯のレーザー光を抽出できるとともに、製造が容易でかつ製造コストを低減することが可能な画像処理装置及び当該画像処理装置を利用した空間内面形状の計測装置を提供する。【解決手段】 画像処理装置は、物体に照射され、当該物体から反射してきた可視光線であるレーザー光の光像を撮...

    画像処理装置及びこれを利用した空間内面形状の計測装置

  5. 【課題】透明管をボアホールに挿入して行われる地質調査において、透明管内部も含めたボアホール内全体に水を充満させるための補助具であるジョイント部材を提供する。【解決手段】ジョイント部材は、掘削されたボアホールに円管状の透明管を挿入し、該透明管に撮像装置を内蔵したプローブを挿入して前記ボアホール内の孔壁面を撮像するための前記透明管の開口端部を塞ぐためのジョイント部材であっ...

    地質調査に用いる透明管の開口端を塞ぐジョイント部材

  6. 【課題】地盤改良工において、支持地盤上の改良地盤の強度および剛性を簡易かつ短時間に評価することができる、改良地盤の改良効果の評価方法を提供する。【解決手段】支持地盤1上の改良地盤の強度評価方法であって、地盤改良前後において、地表面の同じ観測位置で、支持地盤1の深度が既知の基準点Pと、基準点Pと間隔をあけた観測地点との同時の常時微動観測を複数セット行い、前記常時微動観測...

    改良地盤の改良効果の評価方法

  7. 【課題】地すべり地の地盤の変形量のモニタリングや構造物の撓み量のモニタリングができるパイプを用いる撓み測定装置を提供する。【解決手段】複数の非導電性の可撓性パイプを連結してなる地滑り測定装置であって、パイプ11は軸方向に伸展されたセンサ13を備えるセンサ装置であって、パイプの撓み量に応じた出力を生成するセンサ装置を備え、各パイプのセンサ装置からの出力をモニタするモニタ...

    パイプを用いる撓み測定装置

    • 公開日:2020/07/09
    • 出願人: 山内常生 、...
    • 発明者: 山内常生 、...
    • 公開番号:2020-106273号
  8. 【課題】種類が異なるコンクリートを高さ方向で連続して打設する場合において、打設コンクリートの強度の変化点を合理的に把握することができるコンクリート打ち分け確認方法およびコンクリート構造物の構築方法を提案する。【解決手段】所定の高さまで下部コンクリート2を打設した後、既打設コンクリートのコンクリート打設上面1aよりも下方から上部コンクリート3を打設する際に、下部コンクリ...

    コンクリート打ち分けの確認方法およびコンクリート構造物の構築方法

  9. 【課題】小型で精度よく簡易な構成で地中の状態を観測することができる装置を提案する。【解決手段】地中状態観測装置は、扁平面に等間隔に配列した複数のワイヤーによりミュオンを検出する矩形形状の複数のガス検出器と、各ガス検出器の間に配置された鉛板による放射線シールドと、を備える複数の観測部を有し、複数の観測部を、一列に、且つ、少なくとも1つの観測部におけるガス検出器の扁平面の...

    地中状態観測装置

  10. 【課題】 掘削機械の操作者に、対象領域に存在している地中埋設物を容易かつ確実に教示することができる地中レーダ探査装置を提供する。【解決手段】 操作者によって操作される操作装置2が設けられ、操作装置2の操作に応答して走行可能な掘削機本体3と、掘削機本体3に設けられ、操作装置2の操作に応答して移動可能なバケット4と、を含む掘削機1に備えられる地中レーダ探査装置であって...

    地中レーダ探査装置

  11. 【課題】本願発明の課題は、従来技術が抱える問題を解決することであり、すなわち地盤のP波速度及びS波速度を測定することができ、しかも多層地盤であってもそれぞれの地層に受信機を配置することができ、しかも地盤の性状を3次元で可視化することができる、波動測定装置、及び波動測定方法を提供することである。【解決手段】本願発明の波動測定装置は、地盤中を伝わる弾性波速度を測定する装置...

    波動測定装置、及び波動測定方法

  12. 【課題】深度の異なる帯水層における地下水を、単一のボーリング孔から取水することが可能な取水構造体を提供する。【解決手段】本発明に係る取水構造体1は、取水孔が穿孔された穿孔区間を有するパイプ部材10と、前記パイプ部材10が内嵌される縦孔を有する節部材30と、からなる取水構造体1において、前記節部材30として、前記縦孔を1つのみ有するものと、前記縦孔を複数有するものとが設...

    取水構造体

  13. 技術 補助工法

    【課題】削孔の曲率を調整することができ、工期を短縮し工費を縮減できる補助工法を提供する。【解決手段】ボーリングマシン5を用いて削孔ロッド11に振動を加えつつ削孔ロッド11の回転と非回転を制御することにより、削孔ロッド11をトンネル3の一部から発進させる。そして、トンネル3の拡幅予定範囲17の外側の地盤1に曲線状の孔15を削孔し、トンネル3の他部に到達させる。孔15は、...

    補助工法

  14. 【課題】土留め壁内の掘削と並行して、土留め壁の支保や底盤改良のための地中支持体を効率良く施工できる地下構造体の施工方法を提供すること。【解決手段】地盤1中に土留め壁3を設置した後、土留め壁3の外側の地上から削孔ロッド5を発進させ、削孔ロッド5に振動を、ないしは先端ビット7に打撃を加えつつ、削孔ロッド5の回転と非回転とを制御することにより、土留め壁3の一部を貫通し、土留...

    地下構造体の施工方法

  15. 【課題】帯水層から効率良く採熱できる位置に採熱用の配管を容易に設置できる地中熱交換器の埋設方法を提供すること。【解決手段】熱利用施設19の周囲の地盤1a上から削孔ロッド11を発進させ、削孔ロッド11に振動を、ないしは削孔ロッドの先端ビットに打撃を加えつつ、削孔ロッド11の回転と非回転とを制御することにより、地盤1aに曲がりボーリング孔21aを削孔する。このとき、削孔ロ...

    地中熱交換器の埋設方法

  16. 【課題】アンカ孔の削孔や定着体の形成を地上部から一括して行うことで工種の輻輳を防ぎ、施工機械の入れ替えを減らして工期を短縮することができる山留壁のアースアンカの施工方法を提供する。【解決手段】地盤1に構築した山留壁3から掘削側35に所定の離隔37にある位置に設置したボーリングマシン7から削孔ロッド5を発進させ、削孔ロッド5に振動を、ないしは先端ビット13に打撃を加えつ...

    山留壁のアースアンカの施工方法

  17. 【課題】安価なカメラを用いて簡便に孔壁観察を行うことができる孔壁観察システムを提供する。【解決手段】ボーリング孔の内壁を撮影する全天球カメラ11を搭載した撮影台車1と、撮影データから孔壁展開図Hallを生成する孔壁展開図生成装置2とを具備し、孔壁展開図生成装置2は、画像取得部31によって取得された所定時間毎の撮影データから、周方向全域を写した360度パノラマ画像を部分...

    孔壁観察システム

  18. 【課題】地山補強土工と組み合わされた吹付工法における作業性が良好であり、既存吹付層の表面に凹凸や不陸が存在する法面或いは既存吹付層においても高い作業精度を保持することを可能にする補強部材保持用治具及びそれを用いた吹付工法の提供。【解決手段】本発明の補強部材保持用治具(10、20:地山補強材接続カプラー)は、雄ネジ(MS)が形成されている地山補強材(1:ロックボルト)に...

    補強部材保持用治具及びそれを用いた吹付工法

  19. 【課題】ボーリング孔を掘削するための本体及びケーシングを同時に地中に導入するために本体に取り付けられた付属装置を使用する杭基礎工事における動力管理方法を提供する。【解決手段】旋回可能な上部構造と、ブーム2と、グラブ3とを備えるケーブル式掘削機1は、穴の掘削を行う。ケーブル式掘削機には、ベースプレート201と、ベースプレート201に対する距離を調節可能なテーブル301と...

    本体及びそれに取り付けられた付属装置を使用する杭基礎工事における動力管理方法

  20. 【課題】 単位時間当たりにより多くの材料をボーリング孔に導入することを可能にする。【解決手段】 長手方向軸(101)と、第1の端部(111)と、第2の端部(112)とを有するサイロパイプ(110)と、前記サイロパイプ(110)と機械的に結合した振動ユニット(140)と、前記第1の端部(111)で前記サイロパイプ(110)に通じ、材料を収容して前記サイロパイプ(11...

    ストーンコラムを作成するための振動装置及びストーンコラムを作成するための方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 86