TiAl系 に関する公開一覧

TiAl系」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「TiAl系」の詳細情報や、「TiAl系」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「TiAl系」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(226件中)1/12ページ目

  1. 【課題】高周波数(例えば高回転数)域の交番磁界中で使用されても、渦電流損を小さくでき、高剛性で高強度で変形や破損を生じ難い非磁性材からなる非磁性部材を提供する。【解決手段】本発明は、交番磁界中で用いられる非磁性部材である。この非磁性部材は、チタン合金からなるマトリックス中に強化粒子が分散したチタン基複合材からなる。その強化粒子は、TiCy(0<y<1)からなる。yは、...

    非磁性部材とその製造方法および電動装置とその界磁子

  2. 【課題】靱性と耐摩耗性を向上させた硬質皮膜被覆部材、特に切削工具への適用に適した硬質皮膜被覆部材の提供。【解決手段】下側皮膜層12と上側皮膜層14と、これら下側皮膜層12と上側皮膜層14との間に形成された中間皮膜層13を備え、中間皮膜層13は、Al、Cr、Tiの窒化物または炭窒化物からなる第1の皮膜16a、17aと、Ti、Siの窒化物または炭窒化物からなる第2の皮膜1...

    硬質皮膜被覆部材、及び硬質皮膜被覆工具

  3. 【課題】鋳造法に比べて性能が高く、かつ、総切削加工法に比べて低コストなTiAl系タービンホイールを製造するために用いられるプリフォーム、及びこれを用いたTiAl系タービンホイールの製造方法を提供すること。【解決手段】プリフォームは、28.0mass%≦Al≦35.0mass%、1.0mass%≦Nb+Mo+W+Ta≦15.0mass%、0.1mass%≦Cr+Mn+V...

    プリフォーム及びTiAl系タービンホイールの製造方法

  4. 【課題・解決手段】TiAlターボ機械部品の破断面または亀裂面(10)を分析するプロセスは、a)表面上で、劈開面の位置および方位にマーキングを施して、破断または亀裂の開始領域を特定し、そしてこの破断または亀裂の伝播方向を確認するステップ、b)表面を分析して、等軸粒子および/または薄層状粒子を含む領域を検出することにより、破断または亀裂が発生したときの温度を求めるステップ...

    タービンエンジンの部品の破断面を分析する方法

  5. 【課題・解決手段】傾斜機能特性を持たせた金属焼結体を適切に製造する。金属粉末射出成形方法は、第1金属粉末を射出成形機によって型に射出して成形する第1射出成形ステップと、第1金属粉末と同成分であり平均粒子径が異なる第2金属粉末を、射出成形機によって型に射出して成形する第2射出成形ステップと、第1射出成形ステップ及び第2射出成形ステップで成形した成形体を焼結して、第1射出...

    金属粉末射出成形方法

  6. 【課題】本発明の課題は、硬度と潤滑性に優れた硬質皮膜およびその関連技術を提供することにある。【解決手段】本発明は、(Al1-a-b-c-d-eVaSibBcModWe)(C1-XNX)からなる硬質皮膜であって、0.2≦a≦0.75、0<b+c≦0.20、0<d+e≦0.3、0.3≦X≦1(式中、a、b、c、d、eおよびXは互いに独立して、原子比を示す:なおbおよびcは...

    硬質皮膜および硬質皮膜の製造方法

  7. 【課題】多刃エンドミルを用いてインペラー等の薄肉素材を高送りの加工を行う場合に発生する切屑の排出性を良好にする。【解決手段】複数枚の切刃を備えた切刃部3と、工具軸O回りの回転方向に隣接する切刃間に形成された刃溝8を有する多刃エンドミル1において、切刃のすくい面を、工具軸O側からシャンク部2の外周側へかけて底刃6のすくい面6aと、これに隣接するコーナR刃5のすくい面5a...

    多刃エンドミル

  8. 【課題】硬度と潤滑性に優れた硬質皮膜及びその関連技術の提供。【解決手段】(Al1-aVa)(C1-XNX)からなり、0.27≦a≦0.75、0.3≦X≦1(a及びXは各々独立に、原子比)の組成、又は、(Al1-a-b-cVaSibBc)(C1-XNX)からなり、0.1≦a≦0.75、0<b+c≦0.20、0.3≦X≦1(a、b、c及びXは各々独立に、原子比:尚b及びc...

    硬質皮膜および硬質皮膜の製造方法

  9. 【課題】TiAl製タービンホイールと炭素鋼製シャフトとをNiろう材によって接合するタービンロータにおいて、ろう付け位置をタービンホイールの背面から最適範囲の位置に遠ざけて排ガス温度によるろう付け部分の強度低下を防止するとともにターボチャージャのコンパクト化を保持することを目的とする。【解決手段】TiAl製タービンホイールと炭素鋼製シャフトとをNiろう材によって接合する...

    過給機のタービンロータおよびその製造方法

  10. 【課題・解決手段】本発明は、質量比で0.6%〜1.2%のCを含み、硬さが60HRC以上に調整された冷間工具鋼を、金属(半金属を含む)部分の原子比率でAlが50%よりも多いAlTiの窒化物皮膜が被覆された被覆切削工具を用いて切削する冷間工具鋼の切削方法を提供する。

    冷間工具鋼の切削方法及び冷間金型材料の製造方法

  11. 【課題】高速断続切削加工ですぐれた耐チッピング性及び耐摩耗性を発揮する表面被覆切削工具を提供する。【解決手段】基体表面に、例えば、Al(CH3)3を反応ガス成分として含有する化学蒸着法で少なくともA層及びB層の積層構造からなる硬質被覆層を蒸着形成した表面被覆切削工具であって、A層は、0.60≦x≦0.75、0≦y≦0.005を満足する組成式:(Ti1−xAlx)(Cy...

  12. 【課題】内部の機械的特性を良好に維持したまま、表面のみを高硬度化させたTiAl系耐熱部材を提供すること。【解決手段】TiAl系耐熱部材は、28.0mass%≦Al≦35.0mass%、1.0mass%≦Nb+Mo+W+Ta≦15.0mass%、0.1mass%≦Cr+Mn+V≦5.0mass%、及び、0.1mass%≦Si≦1.0mass%を含み、残部がTi及び不可避...

    TiAl系耐熱部材

  13. 【課題】タービンブレードやインプラントに用いる金属材料、セラミックス材料等の無機材料について従来と異なる単結晶の製造方法の提供。【解決手段】無機材料単結晶の製造方法は、種結晶を準備する準備工程と、付加製造技術を用いて、種結晶上に無機材料である無機粉末粒子40を供給し、熱エネルギー30により無機粉末粒子40を溶融して、種結晶上に単結晶を育成する育成工程とを備え、好ましく...

    単結晶の製造方法

  14. 【課題】高温特性に優れ、かつHIP処理による高温特性改善が可能なTiAl系合金からなるTiAl製タービンホイールを提供すること。【解決手段】TiAl製タービンホイールは、30.0mass%≦Al≦33.0mass%、0.06mass%≦C≦0.12mass%、O<0.1mass%、及び、N<0.05mass%を含み、残部がTi及び不可避的不純物からなるTiAl系合金か...

    TiAl製タービンホイール

  15. 【課題】クレーター摩耗を低減するとともに高度な耐摩耗性を付与することができる被膜を備えた表面被覆切削工具を提供する。【解決手段】基材と該基材上に形成された被膜とを備える表面被覆切削工具であって、該被膜は、1以上の層を含み、該層のうち少なくとも1の層は、化学式Ti1-XMXZY(ただし、X、Yはそれぞれ原子比を示し、Xは0<X≦0.15であり、Yは0.1≦Y≦1である。...

    表面被覆切削工具

  16. 【課題】改善された表面仕上げを有するチタン含有物品および例えばオーバーストックを取り除くことによってチタン含有物品の表面を変えるための方法を提供する。【解決手段】高圧下の流体を、チタンアルミナイド合金含有物品、例えばタービンブレードの表面の端から端までに高い直線速度で通過させることにより、チタンアルミナイド合金含有物品の表面を変形することと、チタンアルミナイド合金含有...

    表面仕上げが改善されたチタンアルミナイド物品

  17. 【課題】本発明の課題は、硬度と潤滑性に優れた硬質皮膜およびその関連技術を提供することにある。【解決手段】本発明は、(Al1-a-d-eVaModWe)(C1-XNX)からなる硬質皮膜であって、0.2≦a≦0.75、0<d+e≦0.3、0.3≦X≦1(式中、a、d、eおよびXは互いに独立して原子比を示す:なおdおよびeは、一方が0であってもよいが、両方が0になることはな...

    硬質皮膜および硬質皮膜の製造方法

  18. 【課題】硬さと靭性を兼ね備えた難削材といわれる最近のプラスチック金型材の湿式仕上げ加工を含めた加工において、ボール刃全域で、チッピングなどの異常摩耗が抑制でき、チッピングなどがなく、仕上面荒さが良好な状態を維持しながら安定して切削加工できるボールエンドミル及びその製造方法を提供する。【解決手段】工具先端部に略円弧状のボール刃を有し、ボール刃の後端は外周刃につながる切れ...

    ボールエンドミル及びその製造方法

  19. 【課題】Y、希土類、Ti、Zr、Hf、V、Nb、Ta、Cr、Mo、W、MnまたはRe等の活性高融点金属元素を合金成分として含有する長尺の鋳塊を、成分偏析を発生させることなく、CCMI法により製造する。【解決手段】るつぼ底が上下方向に駆動できる水冷式銅るつぼ2および同るつぼの外周を取り巻く高周波誘導加熱コイル1を使用し、CCMI方式により、真空または不活性ガス雰囲気下に...

    活性高融点金属合金の長尺鋳塊製造法

  20. 【課題】タービンホイールとシャフトとをろう材によって接合するタービンロータを備えるターボチャージャにおいて、タービンホイールの入口側から背面を通ってろう付け部へ漏れ出てくる排ガス量を低減して、運転中のろう付け部温度の上昇によるろう付け部の強度低下を抑制することを目的とする。【解決手段】タービンハウジング3と軸受ハウジング10とを備え、前記タービンホイール5の背面側に背...

    ターボチャージャ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 12