RNA配列 に関する公開一覧

RNA配列」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「RNA配列」の詳細情報や、「RNA配列」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「RNA配列」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(15,075件中)1/754ページ目

  1. 【課題】本発明の課題は、癌細胞、特に癌幹細胞における免疫チェックポイント因子の発現抑制剤を提供することにある。【解決手段】(I)RAB3B遺伝子を標的とし、RAB3B遺伝子の発現を抑制する核酸分子;(II)配列番号1に示されるRAB3Bタンパク質に結合する低分子化合物;の(I)又は(II)のいずれかを有効成分とする、癌細胞における免疫チェックポイント因子の発現抑制剤を...

    癌細胞における免疫チェックポイント因子の発現抑制剤及び癌治療用医薬組成物

  2. 【課題】 大腸菌を用いて生産される、野生型(天然型)もしくはそのアミノ酸配列の一部が置換された組換えT7RNAポリメラーゼを効率的に高純度で製造する製造方法を提供すること。【解決手段】T7RNAポリメラーゼを発現可能な組換え大腸菌を培養する工程、及び培養した大腸菌からT7RNAポリメラーゼを精製する工程を含む、T7RNAポリメラーゼの製造方法であって、精製工程で使用...

    T7RNAポリメラーゼの製造方法

  3. 【課題】ガイドされたヌクレアーゼシステムを使用してウイルス感染を選択的に処置する方法、および処置するための組成物の提供。【解決手段】以下の工程を含む、ウイルス感染を処置する方法:ヌクレアーゼおよび配列特異的ターゲティング部分を細胞中に導入する工程;該配列特異的ターゲティング部分によって該ヌクレアーゼをウイルス核酸へターゲティングする工程;ならびに宿主ゲノムに干渉するこ...

    潜伏性ウイルス感染を処置するための組成物および方法

  4. 【課題】ガイドRNAとの結合能は維持しつつ標的配列の制限が緩和された改変されたCas9タンパク質及びその用途の提供。【解決手段】Cas9タンパクにおいて1335位のアルギニンがアラニン(R1335A)、イソロイシン(R1335I)、メチオニン(R1335M)、スレオニン(R1335T)又はバリン(R1335V)に、1111位のロイシンがアルギニンに(L1111R)、1...

    改変されたCas9タンパク質及びその用途

  5. 【課題】ガイドRNAとの結合能を維持しつつ標的配列の制限が緩和された変異型SaCas9タンパク質及びその用途の提供。【解決手段】SaCas9タンパク質において、782位のグルタミン酸がリジンに(E782K)、800位のロイシンがアルギニンに(L800R)、968位のアスパラギンがアルギニンに(N968R)、985位のアスパラギンがアラニンに(N985A)、991位のア...

    改変されたCas9タンパク質及びその用途

  6. 【課題】Cas9酵素、ガイドRNA及び関連する特定PAMを利用するIIType II CRISPR−Casシステムを提供すること。【解決手段】1つの態様において、本開示は、ガイドRNA、単分子及び二重分子の双方のガイドRNA、並びにそのガイドRNA及び/またはそのガイドRNAをコードするDNA(ベクターを含む)を使用した細胞中で、DNAを操作する方法を提供する。ガ...

    CRISPR−CASシステムの材料及び方法

  7. 【課題】一定温度(41−44℃)で,安定に検出することができるRNA増幅法により、う蝕の原因菌であるミュータンス菌を特異的に検出する方法の提供。【解決手段】特定の配列を有するミュータンス菌rRNAをコードするDNAの一部を標的とするRNA増幅法を用いるミュータンス菌の検出法であって、第一のプライマーが特定の配列からなり、第二のプライマーが特定の配列及びプロモーター配列...

    ミュータンス菌の検出法

  8. 【課題】生物学的経路の調節相互作用の学習および同定用のシステムならびに方法を提供する。【解決手段】経路モデルが、複数の経路要素を含み、少なくとも2つの経路要素が進路を介して互いに結合し、調節ノードが複数の調節型パラメータの関数として、前記進路に沿って活性を調節し、オミックス入力インターフェースを介して、DNA配列情報、RNA発現情報、タンパク質情報およびタンパク質活性...

    生物学的経路の調節相互作用の学習および同定用のシステムならびに方法

  9. 【課題】抗体及びその組成物、当該抗体をコードするポリヌクレオチド、当該抗体の産生のための発現ベクター及び宿主細胞、ならびに補体が媒介する疾患を診断及び処置するための組成物及び方法を提供する。【解決手段】本開示は、補体経路の活性を阻害、制御または低減するために用いることができる、抗体及び当該抗体をコードするポリヌクレオチドに関する。加えて、本開示は、補体C5が媒介または...

    補体成分C5抗体

  10. 【課題】RNA誘導型ゲノム編集、例えば、CRISPR/Cas9系を用いた編集の特異性を増大させる方法を提供する。【解決手段】dCas9の末端、たとえばN末端に融合するFokI触媒ドメイン配列を含むFokI−dCas9融合タンパク質であって、任意に、介在リンカー、たとえば、2〜30個、たとえば4〜12個のアミノ酸、たとえば、Gly4Serのリンカーを含む、FokI−Ca...

    RNA誘導型FokIヌクレアーゼ(RFN)を用いたRNA誘導型ゲノム編集の特異性の増大

  11. 【課題】RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物を提供する。【解決手段】ターゲティング配列を含み、修飾ポリペプチドと共に、標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾を与える、DNA標的化RNA。部位特異的修飾ポリペプチド。標的DNAおよび/または標的DNAと結合したポリペプチドの部位特異的修飾の方法。標...

    RNA依存性標的DNA修飾およびRNA依存性転写調節のための方法および組成物

  12. 【課題】B型肝炎ウイルス(HBV)及びトランスサイレチン(TTR)発現を調節するための組成物および方法の提供。【解決手段】修飾オリゴヌクレオチドおよび共役基を含む化合物であって、前記修飾オリゴヌクレオチドが、8〜80個の連結したヌクレオシドからなり、かつトランスサイレチン(TTR)をコードする核酸塩基配列に少なくとも85%、90%、95%、または100%相補的な核酸塩...

  13. 【課題】B型肝炎ウイルス(HBV)及びトランスサイレチン(TTR)発現を調節するための組成物および方法の提供。【解決手段】修飾オリゴヌクレオチドおよび共役基を含む化合物であって、前記修飾オリゴヌクレオチドが、8〜80個の連結したヌクレオシドからなり、かつトランスサイレチン(TTR)をコードする特定の配列に少なくとも85%、90%、95%、または100%相補的な核酸塩基...

  14. 【課題】動物において、DMPKのmRNA及びタンパク質の発現を低減させる方法、化合物及び組成物の提供。【解決手段】10〜30個の連結したヌクレオシドから成り、DMPK核酸の等しい長さの標的領域に対して相補的な少なくとも8個の連続的な核酸塩基を含有する相補的領域を含む核酸塩基配列を有する修飾オリゴヌクレオチドを含む化合物、医薬的に許容可能な担体または希釈剤を含む組成物、...

  15. 【課題】RNA 干渉のRNA 配列特異的メディエータを提供すること。【解決手段】共有結合していない二本の別個のRNA鎖の形態である二本鎖RNAであって、該単離された二本鎖RNAの両方の各々の鎖は、21〜23ヌクレオチド長であり、該単離された二本鎖RNAの一方の鎖は、遺伝子のmRNAに対して完全な配列相補性を有し、該単離された二本鎖RNAは、mRNAの切断を引き起こすこ...

    RNA  干渉のRNA  配列特異的メディエータ

  16. 【課題】mRNA前駆体スプライシングに対するゲノム変異の影響を予測するためのシステムおよび方法の提供。【解決手段】この方法は、少なくとも1つの候補変異体のゲノム位置情報、遺伝子転写物、および遺伝子転写物のゲノム座標情報を受け取ることと、遺伝子転写物の座標情報と、少なくとも1つの候補変異体のゲノム位置情報とに基づいて、少なくとも1つの候補変異体を、スプライスアクセプタ部...

    mRNA前駆体スプライシングに対するゲノム変異の影響を予測するためのシステムおよび方法

  17. 【課題】全部のncRNAに関する機能的標的を同定するための偏りのない全ゲノム戦略を実施するための試薬、組成物、および方法の提供。【解決手段】第1および第2ポリヌクレオチドを含むRNAリンカー、ここで、該第1および該第2ポリヌクレオチドは、第1ライゲーション適合末端および該第1ポリヌクレオチドの3’末端の3’オーバーハングにより隣接される第1二本鎖領域を形成しており、こ...

    RNA−クロマチン相互作用分析のための組成物およびその使用

  18. 【課題】血栓性微小血管症(TMA)に罹患している又は発症するリスクを有する対象におけるMASP−2依存性補体活性化の作用を阻害する方法であって、該TMAが、(i)癌に続発するTMA、(ii)化学療法に続発するTMA、又は(iii)移植に続発するTMAのうちの少なくとも1つである方法、の提供。【解決手段】有効量のMASP−2阻害物質、ある態様では抗MASP−2抗体または...

    MASP−2依存性補体活性化に関連した状態を治療するための方法

  19. 【課題】補体B因子(CFB)特異的阻害薬を対象へ投与することによって補体代替経路の調節不全と関係した疾患を治療、予防、または寛解させるための方法、化合物、及び組成物の提供。【解決手段】特定の塩基配列からなる配列の複数の特定の核酸塩基配列内で相補的な8〜80個の結合したヌクレオチドからなる修飾されたオリゴヌクレオチドを含む化合物であって、前記修飾されたオリゴヌクレオチド...

  20. 【課題】グリコール酸オキシダーゼ(HAO1)遺伝子の発現および/または活性の調節に応答する特性、疾患および状態の研究、診断および処置のための化合物、組成物、および方法の提供。【解決手段】15〜80の長さのヌクレオチドのオリゴヌクレオチド鎖を含む核酸であって、前記核酸が哺乳類細胞内に導入される際にHAO1標的mRNAの発現を低減するように、前記オリゴヌクレオチド鎖が前記...

    二本鎖RNAによるグリコール酸オキシダーゼ(HAO1)の特異的阻害に関する方法および組成物

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 285