P精錬 に関する公開一覧

P精錬」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「P精錬」の詳細情報や、「P精錬」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「P精錬」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(43件中)1/3ページ目

  1. 【課題・解決手段】スラグフォーミング鎮静材は、水酸化物を50質量%以上含み、吸熱量が1800J/g以上である。スラグフォーミング鎮静方法は、このスラグフォーミング鎮静材を、スラグを排滓する排滓鍋に投入する。転炉吹錬方法は、1基の転炉に装入された溶銑に脱Si吹錬及び脱P吹錬を行って、あるいは、2基以上の転炉のうち少なくとも1基の転炉に装入された溶銑に脱Si吹錬を行って、...

    スラグフォーミング鎮静材及びスラグフォーミング鎮静方法並びに転炉吹錬方法

  2. 【課題】溶銑の転炉精錬前処理装置や電気炉等において、高温のガスを導くために用いられる高温ガスダクトとして、ダクトユニットの熱損傷(亀裂発生)を的確に防止することができる高温ガスダクトを提供する。【解決手段】高温ガスダクト1を構成するユニット11Aは、下側端部に排水部20(排水枡21、排水配管22)が設けられているとともに、下側端部の内縁(内板12側の縁)が曲面部30に...

    高温ガスダクト

  3. 【課題】溶銑脱硫スラグの発生をなくし、転炉スラグのフッ素レス化と脱Cスラグの脱P工程リサイクルを促進し、さら二次精錬スラグをフッ素レス化して製鋼工程内リサイクルを進め、製鋼工程から系外に排出されるスラグ量を低減するとともに、系外に排出されるスラグのフッ素レス化を実現する。【解決手段】RH真空脱ガス装置に加えて、アーク加熱手段を有する二次精錬装置(アーク加熱二次精錬装置...

    製鋼スラグの資源化方法

  4. 【課題】転炉での生産性を確保し、炉口や炉内側壁耐火物を損傷させず、地金の付着状態を良好に管理する精錬炉の操業方法。【解決手段】炉内付着地金の分布状態に応じて、吹錬専用ランス5又は地金溶解ノズル7の併設ランス5'を選定し、いずれのランスも1ヒート以上に継続して交互に使用する。目視観察又はモニターカメラで付着地金分布を観察し、それに基づき所定のランスに切替える。地金溶解ノ...

    精錬炉内の地金付着制御操業方法

  5. 【課題】 転炉製鋼法で、脱炭後のリサイクルするスラグ量を制御し、その量を過不足なく、あるいは精度良く把握し、脱P精錬の制御性を悪化させることなくリサイクルする方法を提供する。【解決手段】 転炉に主原料を装入する第一工程、脱Si・脱Pを行う脱二工程、転炉を傾動させ第二工程で生成したスラグを排滓する第三工程、炉を直立させ上吹きランスから酸素を供給して脱Cせしめる第四工...

    転炉製鋼法

  6. 【課題】溶解炉内または溶解炉から排出された溶融スラグがフォーミングした際に、フォーミングを鎮静する手段として、フォーミング鎮静剤の成分調整や成型、サイズ調整等の事前処理を必要とせず、かつコスト的にも高くならず、十分な効果を出すスラグの鎮静方法を提供する。【解決手段】溶解炉内あるいは溶解炉から排出した溶融スラグのフォーミング鎮静方法であって、フォーミングした溶融スラグに...

    溶融スラグのフォーミング鎮静方法

  7. 【課題】 溶鋼中のN、SおよびP量をそれぞれ、〔N〕≦20ppm、〔S〕≦9ppm、〔P〕≦45ppm程度とした高清浄鋼の有利な溶製方法を提案する。【解決手段】 予備処理済みの溶銑を一次精錬炉にて脱Cおよび脱P精錬して未脱酸溶鋼を溶製し、その溶鋼を取鍋精錬炉に移しCaO含有フラックスを添加して脱S処理を行うと共に、加炭とAlの添加を行い、その後、VODに移して送酸...

    高清浄鋼の溶製方法

  8. 【課題】シャドウマスクにFe-Ni-Co系合金薄帯を加工する際の穿孔不良を少なくする。【解決手段】 ・ 合金組成: Ni:30〜35%、Co:2〜6%、Nb:0.05〜0.5%、Mn:0.2〜0.5%、Si:0.02〜0.10%、Al:0.001%〜0.005%、残部Feと、C,S,N,O,Ca及びMgを含む不可避的不純物からなり、不可避的不純物のうち、C:0....

    エッチング穿孔性に優れたシャドウマスク用高強度低熱膨張Fe−Ni−Co系合金薄帯

  9. 【課題】ダブルスラグ法において、前チャージスラグを最大限に有効利用する。【解決手段】前チャージの脱Cスラグを残し前記脱P処理のためのスラグとして使用する際に、この脱Cスラグのスラグ残し量(SR)を下式1及び2を同時に満足させる。SR(kg/粗鋼t)≦(溶銑[%S]×9.2−規格上限[%S]−0.001)×(溶銑[%P]×24−吹止目標[%P]×80+10))/((規格...

    溶銑の精錬方法

  10. 【課題】クロム含有廃棄物を無害化、六価クロムの溶出しないスラグを生成し、安価で環境にもやさしく容易にリサイクルできる方法を提供する。【解決手段】転炉を利用して、脱Siまたは脱Si脱P精錬を行った後、一旦吹錬を中断してスラグを排出する中間排滓工程をもうけ、排滓終了後脱C精錬を連続的に行い、出鋼終了後、脱Cスラグを排滓せず炉内に高温状態で残留させたまま次溶銑の脱Siまたは...

    クロム含有廃棄物の処理方法

  11. 【課題】転炉精錬や電気炉精錬と連続鋳造を組み合わせた通常の量産鋼精錬設備を用い、純鉄なみに優れた延性を有すると同時に、必要な強度をも具備する鋼とその製造方法を提供する。【解決手段】質量%で、C:0.0025%以下、P:0.010%以下、S:0.0015%以下、sol.Al:0.0070%以下、Nb:0.04〜0.5%、Ti:0.003〜0.006%、N:0.0025%...

  12. 【課題】 転炉で予備処理と脱炭を連続して行う製鋼法において、トータルコストのミニマム化を図る。【解決手段】 転炉に、溶銑、溶銑とスクラップ、又は、溶銑とスクラップと銑鉄を主原料として主原料として装入する第一工程、脱Si・脱Pを行う脱二工程、転炉を傾動させ、第二工程で生成したスラグを排滓する第三工程、炉を直立させ、上吹きランスから酸素を供給して脱Cを行う第四工程、生...

    転炉製鋼法

  13. 【課題】製鉄所で発生する使用済み耐火物のすべてを有効利用し、廃棄処理をゼロとすることのできる再利用方法を提供する。【解決手段】製鉄所で発生する使用済み耐火物を回収して組成別に分別し、製鉄所内に配置する粉砕分級設備列23を用いて各組成別に粉砕し分級した後、組成、粒径に基づいて、一部は製鉄所内の耐火物製造設備24でそのまま原材料と混合して耐火物を製造するとともに該製造した...

    使用済み耐火物の再利用方法

  14. 【課題】本発明は、転炉溶銑脱P・S処理に際し、生産性を阻害することなく、処理後スラグの排滓量を確保する方法を提供する。【解決手段】上底吹き転炉において、溶銑の脱Si・P・S処理を行った後、生成スラグを排滓し、その後脱C吹錬を連続して行う溶鋼の製造方法において、溶銑の脱Si・P・S処理実施におけるスラグ中塩基度が1.0〜2.5、底吹撹拌エネルギーが1.0kW/t・s以上...

    溶鋼の精錬方法

  15. 【課題】本発明は、転炉溶銑脱P・S処理に際し、生産性を阻害することなく、処理後スラグの排滓量を確保する方法を提供する。【解決手段】上底吹き転炉において、溶銑の脱Si・P・S処理を行った後、生成スラグを排滓し、その後脱C吹錬を連続して行う溶鋼の製造方法において、溶銑の脱Si・P・S処理工程末期に、2.0kW/t・s以上とした上吹撹拌エネルギーを上吹送酸速度及び/または上...

    溶鋼の精錬方法

  16. 【課題】溶銑予備処理・脱炭工程ともに蛍石を使用しない精錬を可能にし、脱P工程、脱炭工程での脱P用スラグの形成を最小限にし、溶銑中に加炭材を効率よく添加して熱裕度の向上を図る溶銑予備処理方法及び精錬方法を提供する。【解決手段】上底吹き可能な精錬容器を用い、上吹きランスからの酸素供給による脱Si処理時に同時に底吹きノズルから加炭材供給を行い、その後精錬容器からの中間排滓を...

    溶銑の予備処理方法

  17. 【課題】高炭素鋼(脱炭吹止%C≧0.1)溶製時の転炉脱炭吹錬において、高脱りん精錬能の確保と安定操業を両立することができる吹錬方法を提供する。【解決手段】スラグ中のT.Fe(FeO)について、その生成速度は送酸速度(FO2)と気体酸素-溶銑との反応界面積(火点面積:S)の積に比例し、消滅速度はFO2の2乗に比例すると仮定でき、スラグ中のT.Fe(FeO)は、その生成と...

    転炉の精錬方法

  18. 【課題】 本発明の目的は、電気炉でスクラップを溶解・精錬して低P鋼を確実に製造できる方法を提供することにある。また本発明の他の目的は、低P鋼を製造する際に電気炉から排出されるスラグの再利用性を高めることにある。【解決手段】 電気炉でスクラップを溶解・精錬して低P鋼を製造するに当たり、CaOとカルシウム・フェライトを含むスラグ造滓材を使用し、且つ、前記スクラップが完...

    低P鋼の製法

  19. 【課題】脱Si、脱P処理時にはもちろん、脱Si脱P複合精錬時においても良好なスラグフォーミング鎮静効果を有するスラグフォーミング抑制材を提供し、さらに溶銑予備処理時にも脱C精錬時にも良好なスラグフォーミング鎮静効果を発揮するスラグフォーミング抑制材を提供する。【解決手段】製鋼精錬工程の脱Si、脱Pまたはこれらの複合精錬に使用されるスラグフォーミング抑制材であって、熱可...

    製鋼精錬用スラグフォーミング抑制材

  20. 【課題】本願発明の目的は、上記課題に鑑み、より生産性の高い転炉型溶銑予備処理方法を提供することである。【解決手段】転炉内にて溶湯を脱P精錬した後、当該溶湯を当該転炉から出湯し、引き続き当該転炉内にて脱P精錬された溶湯を脱C精錬を行う転炉型溶銑予備処理方法において、当該転炉内における脱P精錬処理後に出湯した当該溶湯(以下、溶湯Aと称す)以外であって、別に脱P精錬された溶...

    転炉型溶銑予備処理方法

  1. 1
  2. 2
  3. 3