LF処理 に関する公開一覧

LF処理」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「LF処理」の詳細情報や、「LF処理」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「LF処理」の意味・用法はこちら

101〜120件を表示(144件中)6/8ページ目

  1. 【課題】ホタル石を無添加とした場合の、脱酸、脱硫の進行が遅れ、処理時間が延長する、スラグの介在物吸収能力が低下し、鋼中介在物、CCノズル閉塞の発生が増加する、等の問題を解決したLF処理方法を提供する。【解決手段】電気炉出鋼中に、取鍋内へ、CaO、Al2O3、Al、SiO2及びMgOを含む、溶鋼で滓化して十分に溶融状態となるように組成を選択した複合造滓剤を混合して、LF...

    ホタル石無添加LF処理方法

  2. 【課 題】取鍋に出鋼された溶鋼の脱酸処理を行なうにあたって、脱酸剤の添加量を削減することによって、清浄性に優れた溶鋼を安価に製造する方法を提供する。【解決手段】脱炭処理の後、取鍋に出鋼された溶鋼に対して脱酸剤を添加するとともに水素および/または炭化水素を供給して攪拌し、次いで溶鋼中の水素を除去した後、脱酸処理を施す。

    溶鋼の取鍋精錬方法

  3. 【課題】取鍋精錬炉による処理後のスラグ成分を調整し、スラグ中および溶鋼中の酸化物系介在物を低減し、容易で、安価に清浄度の高い鋼材を得る方法を提供する。【解決手段】取鍋精錬炉により還元精錬を行った後に、スラグ表面にカーボン粒を添加し、ついで還元真空脱ガス処理を行った後、再度取鍋精錬炉に戻し、溶鋼をバブリングガスにより弱攪拌することからなるカーバイドスラグを利用した取鍋精...

  4. 【課題】従来の分割精錬で達成された脱P、脱S工程能力を維持しつつ、大幅な熱裕度の向上をもたらす効果的な精錬方法を提供する。【解決手段】溶銑から連続鋳造に供する溶鋼を製造する方法であって、高炉から出銑された溶銑をそのまま転炉に装入し、以降の精錬については、脱Si脱P処理を行った後、排滓を行い、その後同一転炉で、引き続き脱C処理を行い、溶鋼を取鍋に出鋼してアーク加熱取鍋精...

    溶鋼の製造方法

  5. 【課題】鋼塊にスラグ巻き込みに起因する介在物がほとんど存在しない高清浄鋼を製造する。【解決手段】1回目の2次精錬処理では、攪拌動力密度が5〜60W/tonとなるように吹き込みガスの流量を調整すると共に、脱ガス処理後のスラグ組成が、CaO/SiO2≧3.5且つCaO/Al2O3=1.5〜3.5且つT.Fe+MnO≦1.0質量%となるようにスラグ調整を行い、脱ガス処理では...

    高清浄鋼の製造方法

  6. 【課題】 転動疲労寿命などを悪化させる非金属介在物を溶鋼中から除去可能なものにするアルミキルド鋼の製造方法を提供する。【解決手段】 アーク加熱とガス攪拌又は電磁攪拌による還元精錬(取鍋精練)後における取鍋内の溶鋼の溶存Mg濃度を0.1ppm以上2.0ppm以下とする。前記取鍋耐火物のうち、前記還元精練時においてスラグの接するスラグライン耐火物のMgO成分を70%以...

    アルミキルド鋼の製造方法

  7. 【課題】二次精錬の全工程を減圧下で行うことにより、生産性を阻害することなく、容易に酸素含有量の極めて低い清浄鋼を得ることのできる清浄鋼の製造方法を提供する。【解決手段】溶鋼の二次精錬を第1工程および第2工程に分離し、前記第1工程では取鍋内に収容した溶鋼に対して減圧下でスラグを用いた精錬および溶鋼の昇熱処理を行い、続く第2工程では取鍋内と減圧槽内との間で溶鋼を環流させる...

    清浄鋼の製造方法

  8. 技術 利得補償

    【課題・解決手段】自動利得制御回路は、第1の利得係数(g)を決定するための利得決定回路(B2)と、第1の利得係数(g)を用いて入力信号(S1)の振幅を制御して利得制御された信号(S3)を供給する第1の利得制御器(B3)とを有している。所定の限られたダイナミックレンジを有する処理回路(B1;B1,B11)は、利得制御された信号(S3)を処理して、出力信号(S4;S2)を...

    利得補償

  9. 【課題】 ベルトの引張剛性を強化することができるとともに、ピッチライン外周側の屈曲性を調整することで、多角形噛み合いによる心線の局部的屈曲を防止し、ベルトの耐屈曲疲労性を向上することができる。【解決手段】 リング状のベルト本体3と、前記ベルト本体3の内周面に沿って所定の間隔で複数形成された歯部2と、ベルト本体3の周方向に沿って埋設される心線6と、ベルト本体3におけ...

    タイミングベルト

  10. 【課題】電力原単位が高く、ハンドリングが複雑なLF技術やフラックスインジエクション及びRH技術を用いることなく、炭素鋼の[S]≦0.0020質量%の極低硫鋼を製造する。【解決手段】転炉で脱炭精錬した溶鋼を、VOD処理用の取鍋に受鋼し、溶鋼中の[S]に応じて脱硫に必要な組成、スラグ量を満たすようCaO及びAl2O3を投入し真空中にて底吹き不活性ガス吹き込みによりスラグ−...

    極低硫鋼の製造方法

  11. 【課題・解決手段】本発明は、抗生物質耐性微生物の病原体、特にβ-ラクタム耐性微生物によって引き起こされる感染の治療を改善する、新規の組成物、用途および方法に関する。ラクトフェリン(LF)またはラクトフェリシン(LFC)を単独で、または抗生物質と組み合わせて投与し、標的微生物の増殖、生理、および形態に影響を及ぼすことができる。ラクトフェリンにより、感受性を増強し微生物の...

    抗生物質耐性微生物の感染の治療および/または予防のための方法および組成物

  12. 【課題】従来のバナジウム添加材であるフェロバナジウムの製造工程中の安価な中間生成物であるところのメタバナジン酸アンモンにシリコン、アルミニウム等の還元材を混合し成型した鉄鋼用バナジウム添加材。【解決手段】メタバナジン酸アンモン及び還元材にバインダーを加え混合したのち製団機を用いてブリケットにする。

    バナジウム添加材

  13. 【課題】機械部品使用環境の過酷化の要求特性に応え得る清浄度の高い鋼材を高コストな再溶解法によることなく提供することである。【解決手段】アーク溶解炉または転炉にて溶製された溶鋼を取鍋に移注して60分以下の短時間で取鍋精錬し、脱ガスを25分以上の長時間、特に環流式真空脱ガス装置にて溶鋼の環流量を全溶鋼の8倍以上として長時間の脱ガスを行った後、鋳塊とする高清浄度鋼の製造方法。

    高清浄度鋼およびその製造方法

  14. 【課題】優れた伸線性が要求される極細鋼線や優れた疲労特性が要求される薄鋼板等に適用される高清浄鋼を製造するに当たり、鋼中に存在するAl2O3を低減して鋼の高清浄化を図ることによって冷間加工性および疲労特性を良好なものとすることができる高清浄鋼の製造方法を提供する。【解決手段】真空アーク再溶解法で鋼塊を1回または2回以上溶解することによって、最終鋼塊成分をC:0.3〜1...

    冷間加工性および疲労特性に優れた高清浄鋼の製造方法

  15. 【課題】浸潤性、耐食性に優れ、かつ安定したガス供給の可能でバブリング不良の発生を防止したポーラス耐火物を提供する。【解決手段】ポーラス耐火物の耐火性原料は、骨材粒子として球形あるいは球形に近い形状に造粒されたジルコニア質球状粒子を80〜95重量%、残部をジルコニア、シリカ、アルミナ、粘土類、酸化クロムから選ばれた少なくとも一種類以上の微粉原料で構成される。

    ポーラス耐火物

  16. 技術 プリンタ

    【課題】異常が発生した場合その異常がどういう種類のものであるのかを検出することができる。【解決手段】プリンタ10の制御部1にはラインフィードモータ部2(LFモータ部2)が接続されている。LFモータ部2は、LFモータ駆動回路2a、2bによりステッピングモータ(LFモータ)2cを駆動する。LFモータ駆動回路2a、2bには、巻線に流れる電流に比例した電圧が両端に発生する、図...

    プリンタ

  17. 【解決課題】溶鋼にフラックスを供給して減圧下で真空精錬を行うに際し、フラックスの投入による溶鋼の温度低下を防止し、真空精錬を効率的に行い得るようにする。【解決手段】溶鋼にフラックス26を供給して溶鋼を減圧下で精錬するに際し、フラックス26を予め溶融させた状態で溶鋼に供給する。

    真空精錬方法

  18. 【課題】熱間加工のままで優れた冷間加工性を有し、従来行われてきた球状化焼なまし処理を省略することを可能とし、同時に、優れた結晶粒の粗大化特性を有し浸炭処理前の焼ならし処理を省略しても結晶粒の粗大化を生ずることなく、安定した強度が確保できる材料を提供する。【解決手段】C、Si、Mn、S、B、N、s−Al、Ti、Nbを特定した鋼において、熱間圧延または熱間鍛造後の素材に存...

  19. 【目的】従来のスラグコントロール法に比べ、取鍋内のスラグへのMgO含有耐火物の溶出し抑制に優れた取鍋耐火物の溶損抑制方法を提供することを目的としている。【構成】取鍋内の溶融スラグにMgOを主成分とする物質を添加して取鍋に内張したMgO含有耐火物の溶損速度を抑制する方法において、上記物質添加後の溶融スラグがある関係式を満足するように、上記物質を添加する。

    取鍋耐火物の溶損抑制方法

  20. 【目的】タイプライタモードとワードプロセッサモードとを選択的に設定可能なタイプライタにおいて、タイプライタモード時におけるコレクションを正確に行なうことができるとともに、ワードプロセッサモード時にタイプライタ全体として文字等の印字スピードを向上することができるタイプライタを提供する。【構成】用紙挿入キーを介して印字用紙をタイプライタ内に挿入する際に、印字開始位置メモリ...

    タイプライタ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8