CaO濃度 に関する公開一覧

CaO濃度」に該当した技術の詳細情報一覧です。あらゆる文献や技術を元に、価値のある「CaO濃度」の詳細情報や、「CaO濃度」を活用可能な分野・領域の探索など、目的にあった情報を見つける事ができます。 「CaO濃度」の意味・用法はこちら

1〜20件を表示(779件中)1/39ページ目

  1. 【課題】非金属介在物の組成や、特に表面における個数を制御することにより、表面性状を制御し、十分な耐食性および意匠性を有するステンレス鋼板を提供する。【解決手段】C:0.03質量%以下、Si:0.6質量%以下、Mn:0.01〜2質量%、Ni:17.0〜40.0質量%、Cr:19.0〜25.0質量%、Mo:4.0〜10.0質量%、Cu:0.01〜2.0質量%、Al:0.0...

  2. 【課題】導光体の表面上加工によって表面全体に均一な光出力を提供する。【解決手段】起伏加工表面を有する基板は、導光体を備える発光体14、例えばディスプレイデバイス10中での使用のためのバックライト素子であってよく、導光体、例えばガラス基板18の表面は、所定のRMS粗度及び起伏の所定の相関長を有する起伏加工表面を有する。複数の光散乱抑制特徴部分を起伏加工表面上に設ける。起...

    ディスプレイ用途のための起伏加工表面

  3. 【課題】原料の粒度の変化に伴う焼結原料層の高さ方向の原料の分布を推定する。【解決手段】高さ方向原料分布推定装置40は、対象原料の粒度の分布を示す対象原料粒度分布情報を取得する対象原料粒度分布情報取得部51と、対象原料を含む複数の原料により造粒された擬似粒子における対象原料の粒度の分布を示す対象原料賦存情報を取得する対象原料賦存情報取得部52と、擬似粒子が積層された焼結...

    高さ方向原料分布推定装置、高さ方向原料分布推定プログラム、及びその方法

  4. 【課題】脱珪反応の反応効率を向上させることができる、溶銑の脱珪処理方法を提供すること。【解決手段】溶銑3に酸化鉄を含む脱珪剤を投入する工程と、容器(例えば、溶銑鍋2)に収容された溶銑3にインペラ11を浸漬させ、インペラ11を回転させることで、溶銑3を攪拌する工程と、を備え、溶銑3を攪拌する工程では、脱珪処理後の容器内のスラグ5の塩基度が0.3以上0.8以下となるように...

    溶銑の脱珪処理方法

  5. 【課題】溶銑予備処理段階や転炉吹錬段階で重負荷をかけることなく、さらには予め大量のエネルギーや操業コストを抑え、RH工程においてCaO系脱燐スラグによる効率的な、高炭素濃度を有する溶鋼の脱燐処理方法を提供する。【解決手段】RH型精錬設備の真空槽内の高炭素溶鋼に対して、上吹きランスから噴流衝突流速15m/s以上で酸素源を供給して内部脱炭による強撹拌条件を確保し、真空槽内...

    溶鋼の脱燐処理方法

  6. 【課題】効率よく焼結原料を造粒し、造粒した焼結原料を焼結して焼結鉱を製造する焼結鉱の製造方法を提供する。【解決手段】少なくとも鉄含有原料、CaO含有原料および凝結材が配合された焼結原料を造粒機で造粒し、造粒された焼結原料を焼結機で焼結して焼結鉱を製造する焼結鉱の製造方法であって、鉄含有原料、焼結原料のうち少なくとも1つの成分濃度を連続測定する測定工程と、測定工程で測定...

    焼結鉱の製造方法

  7. 【課題】成品焼結鉱を製造する際の複数の管理項目の管理値を満足できる焼結機の操業条件が定まる可能性を高めることができる焼結鉱製造設備の制御装置を提供する。【解決手段】鉄含有原料、CaO含有原料および凝結材を含む焼結原料に水を添加して造粒し、造粒された焼結原料を焼結機のパレット台車に装入して装入層を形成させ、前記装入層を焼結して焼結鉱を製造する焼結鉱製造設備の製造条件を設...

    焼結鉱製造設備の制御装置、焼結鉱製造設備および焼結鉱の製造方法

  8. 【課題】本発明は高Si含有のオーステナイト系ステンレス鋼の製造において、鋳片の割れを防止して良好な製造性を提供する。【解決手段】質量%でC:≦0.25%、Si:1.5〜4.0%、Mn:≦2.0%、P:≦0.045%、S:≦0.0015%、Cr:16〜26%、Ni:8.0〜22.0%、Mo:≦3.0%、Cu:≦2.5%、Al:0.003〜0.2%、Ca:1〜50ppm、...

  9. 【課題】天然のセピオライトを原料として用いて、短時間の焼成で簡便にマグネシウム珪酸塩またはカルシウムマグネシウム珪酸塩の蛍光材を製造できる、蛍光材の製造方法を提供する。【解決手段】セピオライトに所定の添加材を添加し混合する工程と、前記混合した原料を還元雰囲気、900℃以上1300℃以下の温度で焼成する工程と、を含む。これにより、試薬を用いて製造する場合に比べて、短時間...

    焼成型の蛍光材の製造方法

  10. 【書類】 第1の表面および反対側の第2の表面を含んでなり、該第1の表面が複数の光抽出特徴部を含み、該複数の光抽出特徴部の一部が散乱粒子およびバインダー材料を有しており、該複数の光抽出特徴部が、長さ500mmあたり0.01未満の色ずれΔyを生じさせ、450nmと630nmでそれぞれのガラス物品内で測定される45度での第1の表面におけるフレネル反射の差が0.015%未満...

    光抽出特徴部を含むガラス物品

  11. 【課題】鋳造直前における溶鋼中のりんの含有量が製品規格を確実に下回るように、復りん濃度を正確に推定し、出鋼の可否を正しく判定することができる転炉の操業方法を提供する。【解決手段】本発明は、上底吹転炉1において吹錬を行う際に、「スラグ14中のりん濃度」を含む複数の変数を用いて、出鋼された後に発生する溶鋼鍋6での「溶鋼13への復りん濃度」を推定する推定式を過去の転炉1の操...

    転炉の操業方法

  12. 【課題】ノズル閉塞の発生を抑制することができる、鋼の溶製方法及び連続鋳造方法を提供すること。【解決手段】脱炭精錬処理を施した溶鋼に対して、取鍋精錬処理を施した後、脱ガス処理を施すことで2次精錬処理を行う鋼の溶製方法であって、取鍋精錬処理では、スラグ中のAl2O3濃度(mass%)に対するCaO濃度(mass%)の比であるCaO/Al2O3が、1.7以上2.3以下となる...

    鋼の溶製方法及び連続鋳造方法

  13. 【課題】下段焼結鉱の被還元性をより向上させることが可能な、新規かつ改良された焼結鉱の製造方法を提供する。【解決手段】上記課題を解決するために、本発明のある観点によれば、焼結機内に下段系の配合原料造粒物を装入することで、下段原料充填層を形成する工程と、下段原料充填層上に上段系の配合原料造粒物を装入することで、上段原料充填層を形成する工程と、下段原料充填層の表面および上段...

    焼結鉱の製造方法

  14. 【課題】MURC操業における転炉吹錬吹止め時の溶鋼中りん濃度を精度高く推定する。【解決手段】本発明に係る溶鋼中りん濃度推定方法は、中間排滓処理時の転炉の炉傾動角を取得する炉傾動角取得ステップと、脱炭処理時の排ガス成分および排ガス流量を取得する排ガスデータ取得ステップと、脱炭処理時におけるサブランス測定により溶鋼温度および溶鋼中の炭素濃度を取得する溶鋼データ取得ステップ...

    溶鋼中りん濃度推定方法、転炉吹錬制御装置、プログラム及び記録媒体

  15. 【課題】MURC操業における転炉吹錬吹止め時の溶鋼中りん濃度を精度高く推定すること。【解決手段】本発明に係る溶鋼中りん濃度推定方法は、脱炭処理時の排ガス成分および排ガス流量を取得する排ガスデータ取得ステップと、脱炭処理時におけるサブランス測定により溶鋼温度および溶鋼中の炭素濃度を取得する溶鋼データ取得ステップと、排ガス成分、排ガス流量、溶鋼温度および炭素濃度に係るデー...

    溶鋼中りん濃度推定方法、転炉吹錬制御装置、プログラム及び記録媒体

  16. 【課題】上底吹き転炉型精錬容器において、ランスを回転させる以外の方法で、吹錬中に連続的に火点を移動させることが可能な上吹きランスおよびそれを用いた転炉吹錬方法を提供する。【解決手段】上吹きランスのノズル部に形成された複数の噴出孔はそれぞれ、ノズルの中心軸に垂直な断面が円形である2つのノズルが合流して共有する噴出孔であり、第1のノズルのねじれ角をα、第2のノズルのねじれ...

    上吹きランス及びそれを用いた転炉吹錬方法

  17. 【課題】精錬容器中の溶銑に精錬剤を吹き込む予備処理(脱珪脱燐)において、CaOの滓化を促進してCaOの利用効率を高めるとともに、投入する酸素の反応効率を高める。【解決手段】精錬容器内の溶銑に、酸化鉄源、気体酸素、及び、生石灰を含む精錬剤を、溶銑に浸漬した精錬剤吹込みランスから吹込み、脱珪処理と脱燐処理を連続して行なう溶銑の予備処理方法において、上記精錬剤を、生石灰吹込...

    溶銑の予備処理方法

  18. 【課題・解決手段】本開示は、第1のカルシウムイオン濃度を含む第1の水酸化カルシウム溶液および第2のカルシウムイオン濃度を含む第2の水酸化カルシウム溶液を得る工程、リン酸溶液を第1の水酸化カルシウム溶液に添加して、リン酸二水素カルシウム粒子の水性懸濁液を特徴とする合わせた溶液を生成する工程、および第2の水酸化カルシウム溶液を合わせた溶液に添加してリン酸カルシウム組成物の...

    リン酸カルシウム組成物を生産すること

  19. 【課題】焼結原料用の造粒物において、転炉スラグと微粉原料を付着層内に配置した造粒物を用いて焼結鉱を製造する方法の提供。【解決手段】粒径最大長1.0mm超の核粒子2外周囲に母材と転炉スラグの付着層3が形成され母材4が鉄鉱石、スケール、ダスト、石灰石、消石灰、硅石、ドロマイト、粉コークス1種類以上含み粒径最大長500μm以下の粒子を有する造粒物を用い焼結鉱を製造する方法に...

    焼結鉱の製造方法

  20. 【課題】Ti、N、Al、Mg、Ca濃度を制御して、TiN介在物の凝集合体を防止する。そして、表面性状に優れたFe−Cr−Ni合金を提供するとともに、該Fe‐Cr−Ni合金を汎用の設備を用いて安価に製造する方法を提案する。【解決手段】mass%にて、C≦0.05%、Si:0.1〜0.8%、Mn:0.2〜0.8%、P≦0.03%、S≦0.001%、Ni:16〜35%、Cr...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. ...
  8. 39